Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

     ***STORY***                 日本
両親と仲良く暮らしていた女子高生・みつこ。だが母が病死してしまい、父親は母が死んだ日にそのまま失踪。それから半年後、父は町外れの草原にぽつんと立つ屋敷で発見された。そこは、小さな田舎町の中の異国。昔はタンゴやスペイン語を教えていたが、今はちょっと頭がおかしい、と噂される“アルゼンチンババア”の屋敷だった。母の供養もせず、どうして父はそんなところに?! みつこは父親奪還のため、屋敷に向かうが……。                  gooより            

ばななさんの本も、アルゼンチンタンゴも好きなので、期待しすぎたせいか?共感するには至りませんでした。

みつこの父、悟は妻が亡くなったことを受け入れることが出来ずに、娘もほったらかして、ユリの元へ逃げ込んでしまいます。きっと奥さんのことをとても愛していたから現実から目をそむけたかったのでしょう。お父さんというと今までは一家の大黒柱で威厳があって・・という描かれ方でしたがここではお父さんの弱さをさらけだしてしまっています。そういうのが原作の持ち味ですね。

それをきっかけにみんながアルゼンチンビルを訪ね、ババアに会うのですが、どうも臭そうなのです(笑)。これって変わり者で浮浪者っぽいから・・ということなのですが、最初だけだし、必要性がないように思ってしまいました。
彼女もトラウマを抱えていて、こんなすさんだ生活をしているのですが、でも物事の芯はつかんでいる人。結局アルゼンチンババアはマリア様であり観音様だったのかもしれません。
蜂を飼ってしてハチミツを自分で採取し、みんなに分けるのですが、これはショコラに出てくるチョコ=カカオのように媚薬のような効能があり、みんなに愛を分け与えることになります。

ただ鈴木京香さん演じるアルゼンチンババアは「ババア」らしくなくきれいで、存在感もいまひとつ・・でした。又、アルゼンチンタンゴとの絡みが希薄でしたし、踊りもあまりお上手ではなくて(ちょっと練習したくらいではこなせないのでしょう)ちょっと??。
でも心に傷を負った人が逃げ込むひとつのシェルターのようなものであることはわかるし、このビルもお部屋も個性的で素敵で独特の世界が楽しめました。

ばななさんのお話によく出てくるのがお料理や手仕事。
みつこはパンを焼くのが趣味だし、お父さんは石を刻みます。
このように何かをコツコツ作ることがベースになっているのは好きです。

・・で結局、それまで異端児だったアルゼンチンババアによってみんなが幸福になる・・というふんわりさ加減はとても好きです。そして舞台もストーリーもいいけれど”何かがツボにはまっていない”。
”何かがふっきれてない”そんな感じが残ってしまいました。


 
ユリの住むアルゼンチンビルは那須町の牧場に、約5000万円かけて作られ、、撮影されました。
終始流れるアルゼンチン・タンゴの楽曲は、 世界的バンドネオン奏者、小松亮太氏のよるもの。

**マテ茶
コーヒー、お茶と並ぶ世界三大飲料のひとつ、エルバ・マテの葉を原料としたお茶です。アルゼンチンやブラジルではポピュラーな飲み物。マテ茶葉には鉄分、カルシウム、カロテン、ビタミンC、食物繊維などの栄養成分が含まれ、肉料理が多い方の野菜不足を解消します。「マテ茶をごちそうになるひとは 必ず帰ってくる。」という古い格言に基づいているということです。




監督・脚本 : 長尾直樹
出演 : 役所広司、鈴木京香、掘北真希、森下愛子ほか

閉じる コメント(16)

顔アイコン

インパクトあるタイトルの割には、作品の中では、意外に地味な存在でしたね。綺麗過ぎの鈴木京香さんは、ババアの印象にはほど遠かったです。とはいえ、役所さんは、いい演技でしたし、真希ちゃんのセーラー服は日本一だし。テレビのホームドラマ以上のものはあったと思います。TBさせてください。

2007/3/27(火) 午後 8:11 ■Doobie■

顔アイコン

そうですね。京香さんどんなに老けメイクしてもきれいすぎちゃってババアには程遠かったですね。ほんわか〜を楽しむ映画だということは充分わかっているのですが、なんだかピンとこないまま終わってしまいました。グリーンがかったような映像はきれいでしたね。

2007/3/27(火) 午後 10:06 car*ou*he*ak

まだ観てませんが。。。鈴木京香に関しては想像通りみたいですね。彼女に存在感を求めるのは酷だと思ってます。嫌いではないけど女優とては限界なのではないでしょうか。自分の眼で確かめますね。

2007/3/27(火) 午後 11:31 [ - ]

顔アイコン

この映画が素直に心に響いてこないのは、やっぱり”それ”が原因でしょうか?う〜ん。確かめたら是非トラバくださいね。原因が知りたいので。

2007/3/27(火) 午後 11:46 car*ou*he*ak

はじめまして!私は、オンライン試写会でみたのですが、いい内容なのに、イマイチ地味に仕上がっていたと思いました。役者さん達の演技はすごくよかった!京香さんがババアに見えなかったことを除けば…。きれいすぎるもん!マテ茶の事は全然知りませんでしたっ!大切な人に入れてあげたいですね。TBさせてください。

2007/3/28(水) 午後 2:26 まい

マテ茶は両親がアルゼンチンに旅行に行ったときにお土産で持って帰ってきましたが僕は苦手でした^ ^; 熱いのにストローみたいなもので飲むので火傷しそうになるんですよ。トラバさせて下さいね。

2007/3/28(水) 午後 7:33 lanetower

顔アイコン

maiさん。はじめまして。そうなんですよね。いい作品なのに地味というか何か伝わってくるものが少ないというか??俳優さんたちもいいのですけどね。マテ茶。とても気になりますね。

2007/3/29(木) 午前 9:30 car*ou*he*ak

顔アイコン

lanetowerさん。あら。そうなんですかマテ茶はクセがあるようですね。え〜ストローで飲むのですか。でも興味あります。

2007/3/29(木) 午前 9:32 car*ou*he*ak

顔アイコン

すいません、間違って春クマのTBをしてしまいましたっ。 サクッと削除お願いしますです。 私は個人的にいい感じの映画だったんですが どうも評判がよくないんですよ、まわりで。 とっても賛否両論のようで。 ・・・ところで抱きつかれるとウワッってドン引きするような においって・・・。ぜんぜん伝わらなかったんですけどね。

2007/3/30(金) 午前 0:01 [ Ageha ]

顔アイコン

削除しました。新たにTばりがとうございました。これお好きでしたか。そうですね。賛否両論。私は何もかも好みのテイストなのに何故かピンときませんでした。そうそう。匂いって・・

2007/4/1(日) 午後 7:45 car*ou*he*ak

観ましたよ〜。ババアが物語の本筋とは離れているのですね。なので余計に個性が強くないと難しいのではないでしょうか。「臭さ」は僕も必要無いな〜と思いました。新ブログからTBできました。

2007/4/1(日) 午後 8:29 [ - ]

顔アイコン

う〜む。。なるほど少しわかってきました。包み込むだけの深さが足りなかったのですね。確かにそうでした。映像きれいだったのに勿体ないですね。

2007/4/1(日) 午後 10:07 car*ou*he*ak

顔アイコン

うー、映画、見そこねました。TBさせてください。

2007/9/10(月) 午後 9:10 AKIKO

ホント!ババアの作る蜂蜜は、「ショコラ」のチョコレートのようでした♪
ただ、鈴木京香は綺麗すぎて…内容もイマイチ共感できませんでしたねぇ〜!

2009/6/11(木) 午前 1:00 やっくん

顔アイコン

あきこさん。はいよろしくお願いします。

2009/6/11(木) 午後 10:51 car*ou*he*ak

顔アイコン

やっくんさんもそうでしたか。
いい映画なのかお・・と思いつつ、共感できないまま
終わってしまいました。

2009/6/11(木) 午後 10:52 car*ou*he*ak

開く トラックバック(24)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事