Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

*キサラギ*

イメージ 1

   ***STORY***              2007年   日本
知る人ぞ知るアイドル如月ミキが自殺をして一年が経ち、一周忌追悼会に集まった5人の男たち―家元、オダユージ、スネーク、安男、イチゴ娘。ファンサイトの常連である彼らはそこで初めて顔を合わせた。それぞれオタク心を通わせながら、彼女の思い出話に花を咲かせる。誰しもが「自殺なんかする娘じゃない」と思っていた。そして誰かが「彼女は殺されたんだ」と。この発言をきっかけに、男たちの侃々諤々の推理が始まった…。                      gooより



これはおもしろかったです!!お見事。
ただ、『プレステージ』以上にネタバレ禁物なので、記事書くの困ってしまいます〜

密室劇です。
といっても閉じこめられちゃったわけも部屋が閉ざされている訳でもなく、
一人がちょっとだけ出たり入ったりするのを除いて、最初から最後まで一つの部屋を
動かないという意味です。
 
一つの空間の中での会話劇だから、演劇を見てるよう。
それもそのはず元々は、48BLUESという劇団が中野の小劇場で演じた舞台劇だそうです。

何がおもしろいって最初の方で語られたエピソードが、いろいろと伏線となっていて、
それらが徐々に絡み合って、思いもかけない結末へと向かう展開なのです。
そして5人もいるとスポットライトが当たる人と当たらない人が出てきてしまうのは当然のこと。
そう思って見ていたら、その当たらなかった人がラストで俄然重要人物だったり、
大きなヒミツを握っていたり・・
そんな意味でとっても公平な映画でした。


終始、みんなの会話で成り立っているのですが、一体どこまでが演出で、どこからがアドリブ
なのか分からないほどです。
しかしこれはこの豪華キャストだからこそなせるワザですね。


そうそう。最初はネットで知り合った人たちのオフ会のノリでそれもおもしろいです。
みんなミキちゃんの関わった人たちですから、それぞれに思いいれも深く、
ライバルのようなもので最初は空気の冷たいもの。
それが・・
ラスト近くになると・・

ああ。もっと書きたいけれどこの辺でやめておきます。
 


現実味のあるアイドルの死の真相の追求というお話を、ここまでふくらませることができ、
ラストにははんわか〜幸せな気分にさせてくれるのはやはり脚本の威力ですね。
原作・脚本の古沢良太さんは『ALWAYS 三丁目の夕日』の脚本家さんでした。ナットク。 

監督の佐藤祐市さんは、テレビドラマ演出家で映画監督。
ドラマでは大奥、花嫁とパパなどなど
映画はプレイ (2005年) 、シムソンズ (2006年)







監督:佐藤祐市
原作・脚本:古沢良太
出演:小栗旬(家元)、ユースケ・サンタマリア(オダ・ユージ)、小出恵介(スネーク)、塚地武雅(安男)、香川照之(いちご娘)、酒井香奈子(如月ミキ)、宍戸錠(如月ミキショーの司会者)

この記事に

閉じる コメント(76)

顔アイコン

確かにレビュー書きにくい作品ですよね〜うだうだはいいからとにかく観ろ!っていいたい作品です(笑)TBお返しします♪

2007/9/6(木) 午前 5:34 [ - ] 返信する

顔アイコン

そうそう。これはとにかく”見て!ソンはありませんから・・”って
言いたくなります。
ネタバレせずに書くのはむずかしくて・・

2007/9/6(木) 午前 9:59 car*ou*he*ak 返信する

アバター

恥ずかしながら、トラバお願いします。

2007/9/7(金) 午前 10:54 セニャ 返信する

顔アイコン

セニャさん。とんでもないです。
ありがとうございます。

2007/9/7(金) 午後 4:33 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

お久しぶりです!とても楽しい映画でした♪
鑑賞してから、かなり日が経っていますが、インパクトの強い
内容に、観終った後でも思い出し笑いをしてしまう程、面白い
作品でした(^^)。TBさせてください♪

2007/9/8(土) 午後 3:11 swing(スウィング) 返信する

顔アイコン

すごい緻密な記事で勉強させていただきました。
なるほど。計算しつくされた映画だったのですね。
TBありがとうございました。

2007/9/10(月) 午前 9:45 car*ou*he*ak 返信する

この映画は本当に面白かったですね。
観て思ったことビックリしたこと大爆笑したことなどなどたくさんあるのに、記事には書けないことばっかりで私も大変でした。
TBさせてくださいね♪

2007/9/24(月) 午後 5:53 ゆき 返信する

顔アイコン

ゆきさん。これは見事な作品でした。
でも・・ネタバレせずに書くのが大変ですよね。
TBありがとうございます。

2007/9/24(月) 午後 10:54 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

次から次へと謎が出てきては少しずつ解明されていく。
メッチャ面白かったです!

2007/11/18(日) 午前 1:48 ken 返信する

顔アイコン

kentaさん。ほんとそうですね。小品なのにすごいインパクト。
お見事でした。

2008/1/8(火) 午後 4:26 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

やっと観れました。何度、観ても最初から楽しめそうですね。
最後の5人で踊るダンスはほのぼのとしてよかったなぁー。TBさせてね。

2008/1/11(金) 午後 10:23 mossan 返信する

顔アイコン

もうDVDになったのですね。これは誰しもが2007年邦画ベストに入れたことと思います。お見事な作品でした。

2008/1/11(金) 午後 11:06 car*ou*he*ak 返信する

もともとお芝居だったんですね。そんなノリでしたものね。けど、聞けばスタッフも腰の入った方々。このおもしろさは納得ですね!全然おみそかと思ってた人がいきなり中央に踊り出てきたり、正体にびっくりしたり。たった5人の登場人物が十二分に引き立っていました!

2008/1/29(火) 午後 8:47 ちいず 返信する

顔アイコン

ちぃずさん。そうそう。人の絡み方に意外性があってそれがとても
おもしろかったですね。しかし、これだけの映画がよくぞ撮れたものです。

2008/1/30(水) 午前 10:13 car*ou*he*ak 返信する

気になっていたこの映画、やっと観ました〜面白かったです♪
次々と「正体」が明らかになって、その度に家元が凹んでいく・・(笑)
テンポもいいしユーモアもたっぷりでしたね〜
香川照之さんの怪しげな・・・怪しすぎる雰囲気・・素晴らしいです( ´∀`)v
いい俳優さんですね〜
TB、させてください☆.。.:*・゜

2008/2/2(土) 午後 11:03 A☆co 返信する

顔アイコン

これはほんとお見事。
最初重要人物だと思っていた人がそうでもなかったり、オミソ的
な人が意外にも・・だったり。
こういう映画って邦画ならではの味わいがありますね。
ほんと香川さんの怪演ぶりが良かったです〜

2008/2/3(日) 午前 11:57 car*ou*he*ak 返信する

集まった5人が最初に見せた顔とは全く別の顔を持っていた!まさに脚本の勝利と言えるでしょう。また、演者もそれに応えたしね!大変に面白い作品でした!評判通り♪

2008/8/30(土) 午前 0:28 やっくん 返信する

顔アイコン

やっくんさん。そうなんです。最初、重要そうでない人が、後々
えええ?っていう人だったりして、最後、あで飽きずに見られました。すごいつくりですよね。

2008/8/30(土) 午後 2:56 car*ou*he*ak 返信する

同じ作品観たのでTBさせて頂きますね。
集まった5人が、そういうつながりとは、最後にビックリしました。

2008/9/21(日) 午後 10:01 taka-9 返信する

顔アイコン

あ、もとは舞台劇だったのですか〜。 なるほど納得です。
お見事な展開でしたよね。 アキバ系、というのもちょっとツボでした。^^;
TB、お願いします。

2009/4/3(金) 午後 11:00 サムソン 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(44)


.


みんなの更新記事