Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

   ***STORY***              2,007年  日本
戦場カメラマンとして活躍していた西崎は、現実に傷つき、また病気の妻を顧みずに死なせてしまった事を悔やむ日々を送っていた。ある夜、冬の山中で西崎は空を飛ぶ赤い光を撮影する。それは北アルプスに落下していく米軍のステルス爆撃機だった。すぐに自衛隊の特殊部隊が送り込まれた。ステルスには「特殊爆弾」が搭載されていた。一方、西崎も後輩の新聞記者と共に墜落現場へ向かう。しかし予想外の難関が彼らを待ち受けていた。         gooより    


ヨーロッパや中東を舞台にした戦争映画を見ていると、陸続きだから、あっという間に敵に
攻め込まれている・・というシーンはよく見かけます。
その点日本は島国だから大丈夫・・と思っていましたらとんでもない
易々と侵入されてるわ、爆撃機が飛んでくるわ・・
うかうかしてられないのでした。
こういうことってそのうち起こりそう・・
どころかこんな規模でなければ私たちが知らないだけで、未遂に終わっていることなど
あるのかもしれません。

前半はほとんどが雪山シーンです。
雪景色は美しいし音が吸い込まれる雪山は大好きなのですが、白い服着た工作員が息を
ひそめているのはコワイ・・
3人ともかすり傷ひとつ負いませんが(笑)攻防戦は迫力あります。

一方傷を負った工作員を追跡するのは記者の慶子。
え〜?記者の人ってこんなことまでするの?と思いましたが、工作員と心通わせていく場面など
なかなか良かったです。
それにしても・・
竹内結子さんの美しさったら!
お姉さんを殺された・・といってキリリと西崎をにらむときの強さ、工作員を連れて
逃げるときのりりしさ。時折見せるキュートな笑顔。
スーツが明らかにプレタポルテなのが気になりましたけど(笑)
日本の女優さんてほんときれい!!。

そして迎えるヤマ場とラストシーン。
息が詰まりました。
うるうるです。

この映画のテーマは色々にとれるでしょうが、私が思うのはやはり戦争反対です。
後半西崎は三等陸佐・佐伯と行動を共にしますが、西崎はジャーナリストですから
銃などバンバン撃てるわけではありません。
ものすごいコントロールでどんどん敵を打ち負かす佐伯にどうしてこういう職につき
国を守ろうと思うようになったか?と問われて佐伯は、こう答えます。
”西崎という人の戦争写真を見て、世の中から戦争をなくしたいと思ったから”と。

『マイティ・ハート/愛と絆』でも
ジャーナリスト魂と彼らの仕事が世界平和につながっているということを感じました。
同じように、戦場やそこで戦う人々、犠牲になる人たちを撮ってみんなに見てもらうこと=
戦争反対につながります。
そこの大事さをこの映画から汲むことができました。

そしてもうひとつ。
首相と記者慶子のシーンで、慶子は”正しく報道することの必要性”を語っていました。
でも首相は、知らせず内内に処理することも大切と諭します。
私も首相に賛成。
もちろん隠蔽はよくありませんが、知らせることでパニック状態になることも避けなければ
いけないことです。この判断はむずかしそうですけど・・


・・というわけでとても素敵な映画でした。
が。ちょっとだけ気になったこと。
司令室というのでしょうか・首相その他政府要人が詰めていたセットが安っぽいです。
そしてこれはあくまでも好みの問題なのですが、全編音楽はマッチしているとは思えませんでした。
特にラスト。感動がそがれてしまいました。



監督:成島 出
プロデューサー:小滝祥平/佐倉寛二郎、
原作:高嶋哲夫、
脚本:長谷川康夫/飯田健三郎
音楽:小林武史、
サウンドデザイン:クリストファー・アーキンス、
撮影:山本英夫
出演:大沢たかお /竹内結子 /玉木宏 /吉田栄作
袴田吉彦 /大森南朋 /石黒賢 /藤竜也

閉じる コメント(26)

顔アイコン

yaskazさん。音楽につきましえては私が今のJポップについていけてない。。ということでもあります(笑)
どこか少しでもクラッシックを使ってもらいたかったな〜

2007/11/28(水) 午後 2:20 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

MINAさん。レディースディですものね。
記事書いたらTBくださいね。

2007/11/28(水) 午後 2:21 car*ou*he*ak 返信する

私も、後半は涙、涙…でしたよぉ〜(T_T)
分かっていても、泣かされてしまいました…。
佐伯さん(吉田栄作)が「西崎の写真をみて…。」っと言った所は、私的には、「それは出来すぎでない?」って感じだったのですが、なるほど、Cartoucheさんのご意見を聞いて、それも戦争反対の大切なひとつの行動だと感じました。そう考えると、ステキですね。
TBさせてください。

2007/11/29(木) 午後 9:02 まい 返信する

顔アイコン

まいさん。私も後半うるうるでダメでした・・・
そうなんです。銃は撃てなくても写真というものが
戦争反対を訴える素晴らしいアイテムなのですよね。
知らずにいろいろな人に影響を与えている・・というのが
すごいです。

2007/11/29(木) 午後 11:04 car*ou*he*ak 返信する

慶子さん、取材に手当てに、最後には指令本部まで、いろいろ活躍していましたね(*^_^*)
作品としては楽しめたのですが、私も意外と(?)音楽は好きじゃなかったかも(爆)
TBさせてくださいね〜。

2007/12/2(日) 午後 8:37 [ - ] 返信する

顔アイコン

SHIMAさん。ほんと慶子さんご活躍。
あ・やっぱり音楽は・・でした?
なんでしょう?もう少し重厚なものも入れて欲しかったです。

2007/12/2(日) 午後 9:53 car*ou*he*ak 返信する

案の定号泣でございました、、、記事アップしたのでTBさせてください!

2007/12/5(水) 午後 2:08 MINA 返信する

顔アイコン

MINAさん。つっこみどころは色々あっても単純に泣かされて
しまいますよね。それでいいんだと思います。
ただ・・迫力的にもう少し・・

2007/12/6(木) 午前 0:03 car*ou*he*ak 返信する

アバター

本当に日本は島国なんて言って安心してられませんね。「亡国のイージス」もそうでしたが、いつどこから侵略されるかわからない世の中になっていると思います。
映画にするとどうしてもお話が大味になってしまうので、ちょっともの足りなくなるのは仕方がありませんが、ヒューマンドラマとしてはよかったですね。ラストはしっかり泣かされました〜^^;
これ、原作は面白かったですよ♪TBさせてくださいね。

2007/12/6(木) 午後 8:37 choro 返信する

テンポもよくて映像に迫力があり、とてもよく出来た映画だったと思います。それに内容も深くて、いろいろ(「国」とか「防衛」とか「未来」とか)考えさせられました。人間は一人でいる分には大したことはできませんが、集団もしくは組織になると、実に恐ろしい事を始めたりします。戦争がいい例でしょう。こういう映画を観ると、それはいつも思うことです。マサでした。

2007/12/10(月) 午前 11:04 マサ 返信する

顔アイコン

Choroさん。日本はみんな安心しきってますけど、たとえ架空でもありえないこともないな〜と思ってしまいます。
亡国のイージスは未見なので見てみたいです。
ちゃんと小説を読んでらっしゃるとそうかもしれませんね。
ラストはやっぱり涙〜

2007/12/10(月) 午後 0:52 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

マサさん。そうですね。映画として楽しめました。
でも普段考えていないけれど、日本について、防衛について・・なども考えさせられますよね。
ほんと同感です。ひとりひとるはいい人でも集団心理というのは
恐ろしいです。

2007/12/10(月) 午後 0:54 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

竹内結子はキレイだった。。。。
一緒に観た友人もクライマックスはグッときてましたね。。。。

2007/12/12(水) 午前 7:50 [ esu**i123 ] 返信する

顔アイコン

いろいろ突っ込み所はありましたが、よく出来たストーリーで迫力もあって楽しんで観る事が出来ました。私も佐伯陸佐と首相のセリフが印象に残りました。もちろん知る権利はあるかもしれませんが、時には伏せた方がいいということがあるはずですものね。楽しむだけでなくいろんなことを考えて観る事が出来た作品でした。TBさせてくださいね。

2007/12/15(土) 午後 11:20 つらら 返信する

顔アイコン

esupai123さん。竹内さんには私もうっとり〜でした。
クライマックスは泣かされますよね。

2007/12/16(日) 午前 0:01 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

つららさん。そうなんです。私は例によって深読みして、知るべきことと知らなくてもいいこと・・についてまで考えてしまいました。
もしかしたら私たちが知らないこともあるかもしれませんね。

2007/12/16(日) 午前 0:02 car*ou*he*ak 返信する

色々と課題は感じましたが、興味深いテーマの映画でしたね・・・。それ故にリアリティを高めてもらいたかったようにも感じます。遅ればせながらTBさせていただきます。

2008/7/21(月) 午後 11:19 takutaku! 返信する

顔アイコン

たくたくさん。そうですね。セットのやすっぽさなど気になりましたが、メインテーマはとてもよかったです。色々と残念な作品でした。

2008/7/22(火) 午前 0:09 car*ou*he*ak 返信する

日本映画にしては、スケール感がある大作って感じでしたね!
でも、竹内結子の役が、何で妻じゃなくて、妹だったんだろう…?

2009/3/17(火) 午後 8:54 やっくん 返信する

顔アイコン

やっくんさん邦画にしてはスケールが大きかったですが、なんとなくチープなところが残念でした。
ほんとなんで妹役だったのでしょうね。

2009/3/17(火) 午後 10:49 car*ou*he*ak 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(18)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事