Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

   ***STORY***              2007年 アメリカ=中国=台湾=香港
日本軍占領下の1942年の上海。傀儡政府のスパイのトップであるイーは、かつて香港で出会った女性ワンと再会する。数年前、香港大学の学生だったワンは、抗日に燃える演劇仲間たちとイーの暗殺計画に加わっていた。その時、イーが突然上海に帰ったことで計画は流れたが、レジスタンス活動を行う組織は、上海に戻っていたワンに再びイーの暗殺計画への協力を求める。ワンはイーに近づき、彼の愛人になることに成功。やがて二人は…。                    gooより


前作「ブロークバック・マウンテン(BBM)」は米国西部を舞台に、まだまだ色々なことに
偏見の強かった時代のカウボーイの同性愛が描かれていました。
そしてこの作品では愛国主義の時代を背景に、男女の心情を追求してします。
共通なのは”禁断の愛”。
今回は不倫というのはほとんど意味に入ってなくて、あくまでも敵、味方という間柄で・・です。

もう〜〜とにかく静かで美しくて、でも全編に渡って緊張感があり、ぐいぐい引き込まれ
長い作品だと気付かず終わります。素敵〜〜。

香港と上海が舞台ですが、当時の町並みや大邸宅の洗練された室内の見事なこと。
そして冒頭登場するマダ〜ムたちの色香。
ぴったりとしたチャイナドレスを着こなして、手入れされたきれいな指でパイと持ち
エレガントに麻雀に興じています。
このシーンは何度も繰り返し出てくるのですが、中国の“国技”ともいえる麻雀を、
女性同士の表面上は静かな内戦に見立てているところがすごいです。
みんなそれぞれのダンナさんの立場の変化の探りあい。
それぞれにけん制しつつも助け合ったり、でも深入りしないようにしたり・・
これは一種の”政治”でもあるようです。
麻雀のやり方がわかる人だと一層心理を読み込めるかもしれません。

そんな麻雀仲間にするりと滑り込んだのがワン。
手広く輸出業をやっているちいうふれこみですが、実はスパイです。
そして印象的だったのはイーとの出会い。
ほんの一瞬しかお互い視線を交わさないのに、ワンの走り書きした電話番号のメモを
イーが盗み見るところはこの映画で最高にスリリングだったといってもいいくらいです。

その後3年経って再会したふたりが逢瀬をかさねるようになるのですが、そのとき外は雨。
大体、この映画では雨が多く、陰鬱な感じがこの映画をしっとりとさせています。

最初は猜疑心が強く横暴だったイー。
ただワンの表面的な美しさを独り占めしたかっただけでした。
そんな彼の表情がいつしか和み、親しみといとおしさを持って彼女のことを眺めだすところが
見所です。
今までスパイに言い寄られてもすぐに見破った彼が今回はそのワナにかかったのは
(いえ、もしかしたら知っていたかもしれませんが・・)
ひとつには宗主国日本の敗色は濃く、それを彼は人の何倍も知っていて虚無感と絶望感を
抱えていたからかもしれません。
ここ大事なポイントです。

イーはワンに孤独感と緊張感から逃れるために会い、ワンは任務だったものの早い時点で
愛に変わっていて・・
う〜〜ん。そのあたりものすご〜く見ごたえがあります。


ただ・・
欲を言えば反革命分子の同志の心情をもっと掘り下げてもよかったのでは?
どうして身も心もそういう活動に捧げられたのでしょう?
ワンにとっては同じ学生であったユイミンへの恋心がきっかけでしょうか?
それからラスト。
席から立ち上がれないほどのインパクトではありません。
どうしようもない、ねじれた感情にとらわれる・とまでいかないのです。
いえいえもちろん、ごく普通の作品に比べれば素晴らしいのですが、どうしてもBBMと
比べてしまって・・





この映画では1940年代の上海の様子もさることながら、インテリアから衣装まで
実に見ごたえがあります。
特にチャイナドレス。最初の出会いのとき彼女が試着室から出てきたときに着ていたのは濃紺。
若く、清楚だからこそ合う色です。そしてこのとき紺色の地味なイヤリングをしていたのですが
それをそっと外し、白に替えます。
これは白から始まりますよ〜ということだったのでしょうか。
やたら気になりました。
後半で着ていた黒地に白百合の模様のドレスも素敵。
このころは彼女に”色香”が加わっていました。

**李安(アン・リー)監督

台湾出身。いまやハリウッドに進出して、国際的な映画祭でも数多くの受賞歴を持っていて
巨匠の域に入りつつあります。
代表作は『ウェディング・バンケット』『いつか晴れた日に』『グリーン・デスティニー』
『ブロークバック・マウンテン』などがあります。
『ブロークバック・マウンテン』では、アカデミー賞監督賞を受賞し、この作品で、
中国人初のアカデミー賞受賞監督になりました。
またこの作品はヴェネチア国際映画祭でグランプリの金獅子賞と撮影賞をW受賞しています。


監督 : アン・リー
原作 : アイリーン・チャン
出演 : トニー・レオン 、 タン・ウェイ 、 ワン・リーホン 、 ジョアン・チェン 、
トゥオ・ツォンホァ

閉じる コメント(84)

書きかけの電話番号。男と女ってこんな高度なコミュニケーションをやってしまうところがすごいですよね。
イーが、チアチーがお互いにひかれたのは、お互いの何にでしょう?これも言葉では言い表せないことかも。
切ない愛を描かせたらアン・リー監督ですね。

2008/10/9(木) 午前 10:21 ちいず 返信する

顔アイコン

ちぃずさん。あの電話番号のシーンは印象的でした。
う〜ん何に・・って一言では言えないけれど、とてもわかる気がします。アン・リーってすごい〜

2008/10/29(水) 午後 9:55 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

この映画、内容もさることながら、登場人物のレトロなファッションが優雅でお洒落な感じがする所も魅力でしたね。TBさせてくださいね。

2008/11/5(水) 午前 7:54 ディンドン 返信する

見応えのある映画でしたね・・・。異なる様々な印象を受ける映画でもありました。遅ればせながらTBさせていただきます!

2008/12/10(水) 午後 10:45 takutaku! 返信する

顔アイコン

Dingdongさん。そうですね。内容もすごいけれど当時の上海の
雰囲気がとてもレトロに素敵に描かれていました。

2008/12/16(火) 午後 10:35 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

たくたくさん。みどころがたくさんある作品でした。
内容的にも深かったですね。

2008/12/16(火) 午後 10:37 car*ou*he*ak 返信する

チャイナ・ドレスで婦人達が麻雀・・なんかとっても優雅な雰囲気ですね!
新人とは思えないほどの演技だったタン・ウェイ、綺麗なだけじゃなくて、存在感も抜群〜!
あんなにも大胆なベットシーンも、エロティックというよりも、激しくて、攻撃的で・・・。
ラストはなんとも切なかったですね〜
TB,させてください☆

2009/1/9(金) 午後 8:03 A☆co 返信する

顔アイコン

A★coさん。ほんと最初童顔に見えましたが後半ツヤっぽくて
素敵でしたね〜
ラストはハラハラ、ドキドキ・・
そして切なく悲しかったです。

2009/1/9(金) 午後 11:22 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

アン・リー監督だけあって、見応え十分。過激な性描写があったからこそ、ラストが光るんですよね?

2009/1/25(日) 午後 10:39 mossan 返信する

顔アイコン

もっさんさん。そうですね。あの情熱的なシーンがあったからこそラストで感動が深まりました。

2009/1/25(日) 午後 11:43 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

昨晩、明け方までかかってやっとこの映画を見ることができました。
おっしゃるとおり気品のある映画でしたね。こういう品のある映画を見ると、とても心が豊かになったような気分になります。
美しいと感じる気持ちが大事だと思いました。

http://cinema.intercritique.com/comment.cgi?u=1758&mid=19852

2009/3/18(水) 午後 0:52 [ dalichoko ] 返信する

顔アイコン

chokoboさん。ストーリーもいいですが、全編になんとも言えない
アジアの雰囲気が漂ってました。
濃厚だけれど、とっても上品で素敵でした。

2009/3/18(水) 午後 7:49 car*ou*he*ak 返信する

確かに、同士への思いをもっと深く描いていたら、さらに深く切なかったかもしれませんね。
でも、全体に緊迫感が溢れていて、夢中になってみてしまいました。

2009/4/18(土) 午前 9:25 kuu 返信する

顔アイコン

kuuさん。そうなんです。そのあたりがおしかったです。
でも今思い返してみても官能的なシーンなど素敵でした。

2009/4/18(土) 午後 8:33 car*ou*he*ak 返信する

最初は驚きを隠せなかったHなシーンが
後半、激しさゆえに切なくて切なくてため息の連続でした(*´д`*)〜З
TBします

2009/6/8(月) 午後 0:03 [ 翔syow ] 返信する

顔アイコン

syowさん。ほんと最初はけっこう戸惑ってしまいますよね。
でもそのうちそおれが哀しさとか切なさになっていって・・
素敵な映画でした。

2009/6/8(月) 午後 4:53 car*ou*he*ak 返信する

2時間40分という長時間を感じさせない濃密な内容でした!
私は「ブロークバック」より、こちらの作品の方が好きです。
心の琴線に触れたという感じかな?
アカデミーとヴェネチア、甲乙つけ難い名作ですね…^^

2009/10/10(土) 午後 11:01 やっくん 返信する

顔アイコン

やっくんさん。うわ・これ2時間40分もあったのですが
でもそうと思えないほど集中して見てしまいました。
私はこのときの体調のせいでいまひとつだったのですが
再見するちもっと響いてくると思います。
そうですね。どちらも甲乙つけがたいですね。

2009/10/11(日) 午前 0:07 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

これは「すごかった」というのが正直な感想です。

TBおねがいします

2011/1/23(日) 午後 9:02 る〜 返信する

顔アイコン

る〜さん。そうですね。これラストがもう・・
たまりませんね。

2011/1/23(日) 午後 9:28 car*ou*he*ak 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(52)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事