Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

   ***STORY***               2008年  アメリカ
ニューヨーク郊外にある小さな宝石店に強盗が押し入る。隙を見て女性店員が強盗を撃つが、彼女もまた銃弾を浴びる。慌てて逃げる共犯者ハンクの車…。強盗3日前、ハンクは兄のアンディから両親が経営する宝石店への強盗計画を持ちかけられる。ハンクは養育費の支払いが滞り、お金に困っていた。一見、贅沢な暮らしを送るアンディもまた、ドラッグに溺れて会社の金に手を出していた。やがて二人は強盗が失敗しただけでなく、撃たれたのが自分たちの母親だと知り愕然とする。  gooより   


最初から最後まで緊張しっぱなしで見ました。
すごく怖い・・
いえ惨殺シーンとかがあるわけではなくて、事件が展開していくのと
人間の心の中の闇が明らかなになるのがうまく絡まっていて見事なのです。
こういうハードボイルドもの好きで、これは今年のベストに入れます。

最初はNY郊外の宝石店に強盗が入るシーン。
この時点では全体がさらりと描かれていて、その後、
この”事件の3日前、アンディ”というように主な登場人物3人の視点から繰り返されます。
私は、おおなるほど・・と思って見ていたのですが、人によってはくどいと感じる人も
いるかもしれません。

さてその登場人物3人ですが、兄弟とその父です。
ニューヨークに住む不動産会計士のアンディーは立派なオフィスに勤め、かなりレヴェルの高い
暮らしをしているのに実は麻薬におぼれていて、ブラジル移住を計画していてそのための資金が
必要になってます。
ハンクの経済状態はかなり厳しくて、かなり慰謝料を払って離婚させられ、その後の娘の養育費
支払いにも事欠くような状態です。

後々このふたりの関係が浮かび上がってくるのですが、色々な映画を見てきてわかったのは
同性の兄弟や姉妹の確執って深くてコワイものがあるということ。
もちろん普通は仲良くしていくものですが、たまにこじれるとむずかしい・・
この兄弟も兄は弟の甘いルックスが羨ましかったようだし、
弟はアタマが良くて押しの強い兄に終始コンプレックスを感じていたようでした。

まあここまではよくあります。
でもこの映画ではここに父も大きく絡んできます。
もともと貧しいユダヤ人で、若いときはマンハッタンのダイヤモンド街で闇の仕事をしていました。
でも更正したいと思ったのでしょう。
多分ですが、きちんとした階級の美しい奥さんをもらい、郊外のモールで宝石店を経営できるまでになりました。そして生まれた長男はアタマ良かったので、かなりの期待をかけたようです。
でも彼らが子供のころ、きちんと向き合い、愛することをしてこなかったようでした。
ここにこの事件の原点があり、物語がより複雑に、そしてとてつもなく深くなっていって
ラストまで持っていかれます。

もしかしたら本当の主人公はこのお父さんかもしれません。
人間の心って実にやっかいなものですね。
見た後、重さをひきずりますが、とても見ごたえある作品でした。



『12人の怒れる男』『狼たちの午後』など硬派な作品で知られる、シドニー・ルメット監督の
作品です。しかし今年84歳!!う〜ん・・素晴らしいです。
1964年の『質屋』のモチーフが使われているそう。


原題は『Before the Devil Knows You're Dead』。
この映画の内容をよく表しています。
いつも邦題には文句ばかり言ってますが今回この邦題も素敵。


監督:シドニー・ルメット
出演:フィリップ・シーモア・ホフマン /イーサン・ホーク /マリサ・トメイ
アルバート・フィニー /ブライアン・F・バーン

閉じる コメント(49)

顔アイコン

この映画、とんでもないドツボにはまっていく皆様のお話なのに、一瞬たりとも目を話せない魅力がありました。主人公たちが何か感情を腹の中で押さえ込んでいるような展開になるのですが、それを正面きって見せないところがうまいし、圧巻でした。TBさせてください。

2008/11/17(月) 午後 0:58 [ einhorn2233 ]

顔アイコン

einhorn2233さん。ほんと3人の持っている感情がどんどんと事件を悪化させていきました。重いけれど、かといって暗くはなくてエンタメ性もあるところがこの映画のすごさですね。

2008/11/17(月) 午後 10:40 car*ou*he*ak

観終わった後、余韻に浸ることなく哀しみに放り出された気分になりました。この重厚感は、最近の作品では、なかなか味わえないですね・・・。見届けたことを忘れることの難しい作品です。

2008/11/18(火) 午後 2:26 Jumble-Mari

シドニー・ルメット監督作品 メチャクチャ観たいんですよぉ〜。。。 でも。。。。恵比寿・・・遠くて・・・・ はぁ〜{)

2008/12/12(金) 午後 1:31 wakuwakuwakappchan

顔アイコン

Jumbleさん。そうですね。私もこの後、とても重いものを背負ってしまいました。救いもないですし・・でも後味が悪くはなかったです。

2008/12/12(金) 午後 8:38 car*ou*he*ak

顔アイコン

わかさん。そうですよね。最近は拡大ロードショーが多いですが
これは恵比寿のみでした。そろそろ終わってしまうかしら・・

2008/12/12(金) 午後 8:40 car*ou*he*ak

アバター

これはおっしゃる通り、今年のベストテンに間違いなく入る作品でしょう。僕も自分のベストテンには必ず入れたいと思います。さて、代わりにどの作品を追いだしたらいいのかまた迷ってしまいますが…。
練りに練られた脚本にラストまで引っ張られて、そして衝撃の…。
映画として素晴らしい傑作を堪能いたしました。
TBいたします。

2008/12/25(木) 午前 10:52 出木杉のびた

顔アイコン

のびたさん。これは見ごたえある作品でしたね。
時間軸が前後しますがそれでも混乱せず、兄弟の心のうち、
それに絡む父の気持ち。。それらが一体となって見事な終結を
迎えました。

2008/12/25(木) 午後 0:04 car*ou*he*ak

アバター

観れました!
評判通りの凄い人間ドラマが展開してました。
追い詰められたときに人間の本性って出てしまうもんですね。
役者も文句なく完璧なキャスティングでした!

2009/2/9(月) 午前 9:06 木蓮

顔アイコン

もくれんさん。これは後味良くないですが、とっても見ごたえありますね。そうそう。追い詰められたとき、その人の本性があらわになってしまいますね。キャストも完璧でした。

2009/2/9(月) 午後 10:12 car*ou*he*ak

顔アイコン

予備知識一切なしでDVD鑑賞しましたので、最初からびっくりでした。どの配役もよかったし上手かったです。こういう悲惨な悪循環に陥った原因も、父と長男にあったのでしょうかね・・・
TBお願いします。

2009/7/8(水) 午前 0:55 オネム

顔アイコン

オネムさん。これ相当悲惨ししたよね。
ほんとそうですね。こうなったのもお父さんと長男に原因が
ありますね。
見たあと気持ちが重くなりました。

2009/7/10(金) 午後 4:37 car*ou*he*ak

顔アイコン

アルバート・フィニーが最後に見せ場をさらっていったようにも思えました。父と長男の確執は根深いものがあったようで・・。
そうそう、同性の兄弟姉妹も、一度こじれるととことん悪循環に陥りそうですよね。
TBさせてくださいね。

2009/7/12(日) 午後 5:17 Swan

顔アイコン

骨太のクライムサスペンス映画っていう気がします。うまい監督ですね。

2009/7/12(日) 午後 9:11 mossan

顔アイコン

Swanさん。ほんとラストでかっさらっていきましたよね。
父と長男の確執の深さって恐ろしいです。
次男なんてかわいいものでしたね。
同性の兄弟姉妹の関係ってむずかしそうです。

2009/7/12(日) 午後 9:43 car*ou*he*ak

顔アイコン

もっさんさん。まさにそうですね。
究極の骨太クライムサスペンス。
さすがルメット監督です。

2009/7/12(日) 午後 9:45 car*ou*he*ak

リスト1位に順番入れ替えて観ちゃいました(笑)
邦題もなかなかのセンスですけど、やっぱり原題が秀逸ですよね。
そうそう、お父さんが本当の主人公だったのかもってわかります〜
昔の馴染み(?)のオヤジさんをシーンに入れたことで、その意味が伝わってきたように思います。
凄い作品でした。
こちらからもトラバさせてくださいね♪

2009/7/14(火) 午前 0:45 じゅり

アバター

どんな気持ちで自分の子を殺したんだろう?
切ないですね。。

TBしてきます♪

2009/7/14(火) 午前 11:29 sup**nat*ral

個人的には少し課題が残りました・・・。中盤以降の展開は唐突感とともに何とも重苦しさを残しました・・・。TBさせていただきます!

2009/8/9(日) 午後 2:08 takutaku!

顔アイコン

今朝 アニキ役のフィリップが亡くなったニュースをみました。ご冥福をおいのりします。

作品ですが まあ 失敗に失敗を重ねまくったドミノ倒しな破綻を描いてましたね。
アニキのアンディは社会的地位は確立したものの 会社の金を使い込んでいたし 父親への愛情の渇望や憎しみがあった。弟は妻と離婚して アニキの妻とできてたし・・・心の闇がしっかり伏線になってました。

で・・・お粗末な計画は お粗末な結果しか待ってなかった。

弟のハンクは逃げた後が描かれてませんでしたが まあ捕まったでしょうね。
別れた妻や娘からは 愛想つかされて絶縁されたと見ています。

2014/2/3(月) 午後 6:54 [ zebra ]

開く トラックバック(21)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事