Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

*ハンサム★スーツ*

イメージ 1

   ***STORY***           2008年  日本
母親の残した定食屋を継いだ琢郎は、ブサイクだが料理の腕前は天下一品の優しい男。これまで数々の女性に告白してはフラれ続けてきたが、心優しい美女、寛子がバイトに来るようになってから、琢郎の生活は変わった。しかし、寛子にもあっけなくフラれた琢郎は、自分がモテないのはブサイクなルックスのせいだとひどく落ち込む。そんな時、立ち寄った洋品店で、着るとハンサムになれる“ハンサム・スーツ”を勧められる。


テレビのコメディーやバラエティ番組はひとつも見ないので気づかなかったのですが
私はけっこうコメディ好きみたい・・
これとってもおもしろくて仕方ありませんでした。
『舞妓Haaaan!!!』
『デトロイト・メタル・シティ』に通じるものがあってヘンな媚びがなくてまっすぐなんです。
某日本を代表する監督さんの作品では計算づくし感ばかり感じてしまったけれどこれらにはなく、
そして”勢い”を感じます。

よくぞ考え付きましたね。ハンサムスーツ。
確かに杏仁のような美貌へ変身したいという願望は、男女みんなが持っているものでしょう。
そして端から見れば充分カッコいい人でも当人にとっては
”あと3ミリ鼻が高かったら・・”なんていう、より高度な願望があるもので、限りがありません。

琢郎は食堂のオーナーで料理人。
彼のぽっちゃりとした手から生み出される定食のおいしそうなこと!
ああいう体型だからこそ出来る温かな味かもしれません。

でもみんなからあんなに気持ち悪がられる・・までいってしまうとかわいそう。
彼がこのスーツを着ることを決心してしまうのもわかります。
それから変わる人生!
芸能界デビューの話はさておいても電車やバスの中で振り返られるっていうのは
さぞかし気持ちいいことでしょう。

でもそれをほんとに手に入れたからといって幸福になれるのでしょうか。
後半は予期せぬ展開もあり、人間の生き方についてかなりシリアスに考えさせられました。

そもそもどういう体型や顔つきがカッコいのか?っていうのはその国、その時代によって
違うもの。今でも太ってないと美人じゃない・・っていう国もありますし、日本でも
かつてはうりざね顔のぽっちゃり型が美女とされていた時代もありました。

途中、さまざまなシーンで渡辺美里さんの「My Revolution」が流れます。
86年のヒット曲ですが、これがたまらない。
勇気をくれる曲ですが、ラストではなんだか涙が出てしまうのはナゼ?
当時のことを思い出すというより”未来が明るかった”ってことが懐かしいのかもしれません。


塚地武雅さんのおもしろぶりは大体察しがつくのですが、びっくりしたのは谷原章介さん。
二枚目俳優さんなのにまあすごい!コミカルな演技もバッチリなんですね。
そしてツボだったのは大島美幸さん。なんかほんわりとしていてお友達だったら
嬉しいな〜って言う感じ。放送作家でこの映画の脚本担当の鈴木おさむさんの奥さんです。



監督:英勉
脚本:鈴木おさむ
出演:谷原章介 /塚地武雅 /北川景子 /佐田真由美 /大島美幸 /池内博之
本上まなみ /佐々木希 /山本裕典 /ブラザートム /温水洋一 /中条きよし /伊武雅刀

閉じる コメント(61)

主役のふたりはぴったりのはまり役でしたね。
内面はすごいハンサムなのに外見のせいで、あんなに人から嫌がられてしまう琢郎が気の毒でした。本当のハンサムとはどんな人のことを言うんだろうと考えさせてくれた映画でした。寛子ちゃんが琢郎と始めて出会ったシーンで、琢郎の優しさを感じてまず号泣!!それ以降も笑いと涙が目まぐるしく交錯する素敵な映画でした。本江さんもとっても素敵な女性でしたね。
TBさせてくださいね。

2008/11/8(土) 午後 9:50 つらら

顔アイコン

Choroさん。そうなんですよね。お話の展開は読めてしまうけれど
素直に楽しみたいです。
それにそう元気がもらえますね。
私もこの時代の曲はみんな聴いただけでうるうるしてしまいます。
年代的なものもありますね(笑)

2008/11/9(日) 午後 7:34 car*ou*he*ak

顔アイコン

つららさん。本当のハンサムってそういうことか考えさせられました。一見コメディですがちゃんとしてましたね。
そしてそうそう。ふたりが適役。特に谷原さんの弾けぶりがすごかったです。こういう作品っていいですね。

2008/11/9(日) 午後 7:37 car*ou*he*ak

娘と観てきました〜♪ 面白いかったです☆ ほんわか〜アッタカーイ♪ (*´▽`)ノノ 襾~~気持ちになれました。笑顔になれ元気もらえました〜☆ TBさせて頂きます♪ ポチ凸

2008/11/22(土) 午後 9:54 wakuwakuwakappchan

谷原さんの弾けっぷりにはビックリですよね(*´艸`*)
笑いアリ涙ありで心温まる素敵な作品でした♡
TBさせてくださいね〜☆

2008/11/24(月) 午前 9:19 ゆき

顔アイコン

わかさん。ほんと見終わって心が温かくなりました。
邦画はこういうジャンルでがんばってほしいですね。

2008/11/24(月) 午後 2:36 car*ou*he*ak

顔アイコン

ゆきさん。私も谷原さんにはびっくりでした。
ドタバタかと思いきやしっかりとしたメッセージがあり
とってもいい作品だと思いました。

2008/11/24(月) 午後 2:38 car*ou*he*ak

顔アイコン

バカバカしいけど、楽しい映画でした。

2009/3/29(日) 午前 0:07 mossan

顔アイコン

もっさんさん。まさにそのとおり。
でもなんだか楽しめてしまいました。

2009/4/23(木) 午後 5:58 car*ou*he*ak

顔アイコン

思ったより楽しめる良作でした^^確かに塚地って料理が上手そうなイメージが。実際に店があったら足繁く通いそうです^^塚地と大島の演技の上手さはお笑い出身という経験が生きているような気がしました。最後のオチが好きです。TBしていきますね

2009/6/20(土) 午後 4:38 ディンドン

顔アイコン

dingdungさん。そうですね。私も軽いだけなのかと思ってましたら
そうでもなくてラストはしかkり響いてきました。
大島さんって魅力的です。

2009/6/20(土) 午後 5:59 car*ou*he*ak

顔アイコン

最初、安っぽいコメディなのかな〜と思っていたのですが、観たら印象が思いっきり変わりました。
私も大島さんの演技にぐぐっと惹かれました。塚地さんもとっても良かった! このお二人を見ていたら、他のお笑い芸人さんたちにも物凄い可能性を感じました。

2009/6/20(土) 午後 10:39 Maman

顔アイコン

mamanさま。私も最初見ようかどうしようか迷いました。
でも意外に良くて引き込まれました。
大島さんって魅力的ですよね。
他の方たちもすごくて将来性がありますね。

2009/6/25(木) 午後 9:21 car*ou*he*ak

実際、あそこまで嫌がられてしまったらハンサムになりたくもなってしまいたくもなると思います。私も1回ぐらい着てみたいかな(笑)塚地さんも谷原さんもなかなか楽しませる演技をしてくれていたなと思いました。トラバ返しさせてくださいね。

2009/9/27(日) 午前 0:11 いっちー

顔アイコン

いっちーさん。そうですよね。前半の描き方からすると
やはりどうしてもスーツを着たくなってしまう気持ちがわかります。
おふたりの演技は素晴らしかったですね。

2009/9/27(日) 午前 10:29 car*ou*he*ak

“中条きよしがスーツを脱いだら、温水洋一”とか、“ハンサムスーツの別バージョンが石田純一、ジローラモ、デーブ・スペクター”とか、小ネタが利いてて面白かった♪
琢朗と本江さんはお似合いでしたが、琢朗と星野寛子もお似合いでしたね^^

2010/3/4(木) 午後 11:17 やっくん

顔アイコン

やっくんさん。あ〜そういえばそんなセリフも満載でした。
これオーソドックスなテーマながら最高の面白くて、
すごく笑わせてもらいました。

2010/3/5(金) 午前 0:02 car*ou*he*ak

顔アイコン

ん〜純粋に楽しめる作品でしたね〜

TBおねがいします

2011/2/28(月) 午後 2:40 る〜

アバター

テレビで観ましたが凄く面白くて、大好きです。「舞妓…」も同じです。谷原さんの松本清張のドラマも観ました。

2011/2/28(月) 午後 6:23 hitomi

顔アイコン

る〜さん。そうですね。何も考えずに楽しめる作品でした。
hitomiさん。舞妓〜に通じるなんとも言えない面白さがありますね。邦画はこの路線を追求するといいと思います。

2011/2/28(月) 午後 9:04 car*ou*he*ak

開く トラックバック(25)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事