Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

言わずと知れたロック界の超ビッグネーム、ザ・ローリング・ストーンズのライブを、映画界の巨匠マーティン・スコセッシが撮り上げるという、夢のような共演が実現した作品。撮影されたライブの会場はNYのコンサートホール、ビーコン・シアター。収容人数2800人とストーンズのライブとしてはかなり小さな会場でのライブだけに、ステージとオーディエンスの一体感がより強調された映像となっている。またミックやキースらストーンズの4人のステージ上での表情を細やかに捉えつつも、ライブならではのダイナミズムもしっかりと映像に表現。ストーンズファンはもちろん、音楽好きならマストで見るべき作品と言えるだろう。


年代的には少々リンクしてるのですが、まったくといっていほど知りませんし
ハマってませんでした。
でも大感動!
・・ということは今まで全然縁のなかった方にもオススメできます。

冒頭はコンサート前の様子です。
スコセッシ監督の思惑と彼らの意見と合わないし、曲目すら決まってないようで
少々、ハラハラしてしまいます。

でも無事当日。
カーネギーと並ぶ、アメリカ、マンハッタンの音楽の殿堂、ビーコン・シアター。
ここ、ものすご〜く素敵。
バックはクリムトの絵をそのまま舞台装置にしてしまったような感じで、デコラティブで
ありながらとてもシック。
孔雀の羽を広げたようなゴールドの装飾の前にミックが立つとこれが妙に調和してるんです。

客席も2800席しかなくてしかもヨーロッパの劇場のように左右に張り出していて、
視覚的には見えづらいかもしれないけれど、音源には近くなって一体感が増すような造りです。
しかも出入り口にはものすごい彫刻が!
この2800人の人たち。孫子の代にまでこのコンサートに行ったことを自慢できるでしょうね。

そしてまた普通はカメラはかなり引いたところに2、3台置いて広角で撮るのでしょうが
これは客席の中、ステージの脇にも設置。
しかもクレーンまで使っているので、彼らのアップや激しい動き、
そして一番大事なミックの足の動きなんかも充分見ることができます。

途中、過去のインタヴューフィルムなども挿入されるのですが、最初は
”まあ2年もったからあと1年くらいやっていけたらいいな〜”くらいだったのが
段々変わっていき
”60歳になってもやりたいね”にまで。(やってますけど)
そういえばライバルだったビートルズは早々に伝説のグループになってしまいましたけれど
彼らは40年以上も現役でしかもトップ。
あ〜なんてすごいのでしょう。

ミックは最初、赤いシャツ、次は黒のゴージャスなジャケット、そして白のシルクシャツ・・と
衣裳も変えて登場。・・といってもみんな脱いじゃいますけどね。
もう・・あのパワーはどこから来るのでしょうか。
すごい〜超人的。
英国でナイトの称号を授与されています。
インタヴューの中でどなたかが、
”彼はギャラ以上のことをやってくれる
っていうセリフがありましたけれど、まさにそうですね。

私が気になったのはチャーリー・ワッツです。
スーツ姿もさぞかしお似合いになんでしょうね。まさに英国紳士的です。
いつも冷静で、こういう人がちゃんとテンポとってないと情熱がありすぎて崩れそうですから
派手ではないけれど重要な人です。
そしてゲスト・アーティストの中でも一際目を引いたのがクリスティーナ・アギレラ。
白い衣裳で金髪なびかせて美しいし、ロック魂が宿った人。
ふたりの掛け合いは最高でした。

そしてラストが素晴らしい!!
演奏後ステージから楽屋に引き上げるキースをカメラは追っていくのですが、そのうちカメラは
いつの間にか彼を追い越して楽屋の外に出て上空に。
どんどんと引いていってマンハッタンを俯瞰。
コンサートの実録映画ではなくて見事”映画”にしてくれました。

そういえは今年は、プロ、アマ関係なく、いくつになってもがんばるそ〜という映画が多かったです。
精神的に似てるのは『団塊ボーイズ』
そして80を超えてもまだまだ・・っていうのは『マルタのやさしい刺繍』『ヤング@ハート』




監督:マーティン・スコセッシ
出演:ザ・ローリング・ストーンズ /クリスティーナ・アギレラ /バディ・ガイ
ジャック・ホワイト

閉じる コメント(48)

僕も「地獄の黙示録」で、黒人兵士がサティスファクションを踊るシーンで初めてローリングストーンズの魅力を知った口で、それほど詳しくはないんですが、ぜひこれは観に行こうと思ってます!

2008/12/19(金) 午前 5:49 suzushim

ストーンズは95年の東京ドームに行きました。ファン暦40年です^^;
当時彼らは帝国ホテルに滞在してたので、出待ちしたりしてました。
スコセッシが撮った『シャイン・ア・ライト』も好きなので、この作品
も観る予定です。スコセッシはロックの最盛期に青春時代を過ごしたから、
ライブ映像の作品も多いですね。

2008/12/23(火) 午後 2:33 papillon

顔アイコン

恥ずかしい話ローリングストーンズ知らないんですが、あの年であの迫力には度肝をぬかれました(苦笑)
劇場がライブと一体感となっていました☆
TBさせてください♪

2008/12/30(火) 午前 11:10 かず

顔アイコン

Mさんはビートルズ派だったのですね。
でもこれはファンでなくても楽しめること請け合いです。

2008/12/30(火) 午後 7:29 car*ou*he*ak

顔アイコン

anemoneさん。多分世代が違うからリアルタイムではないのでしょうが、改めて聴いてみるとびっくりしますよね。
スコセッシ監督だからこそドキュメンタリーだけれど地味にならず
エンタメ性もあってうまく出来てると思います。

2008/12/30(火) 午後 7:31 car*ou*he*ak

顔アイコン

suzuzhinさん。そうそう。『サティスファクション』。最高に
カッコいいですよね!
そうでしたか。「地獄の黙示録」で踊るシーンがありまいsたっけね

2008/12/30(火) 午後 7:33 car*ou*he*ak

顔アイコン

Papillonさん。私も95年のライブに行ってます!
あ・そうなのですか。スコセッシ監督ってライブ映像の作品も多いですか。なるほどロックと共に育ったわけなのですね。

2008/12/30(火) 午後 7:36 car*ou*he*ak

顔アイコン

かずさん。あまりご存知なくてもびっくりしちゃうし、感動しますよね。でも私が見た劇場は小さくて、音響も特別良くなかったのが残念でした。大きな劇場で見たかったな・・

2008/12/30(火) 午後 7:38 car*ou*he*ak

顔アイコン

これは強烈でしたね〜。終わってもしばらくストーンズが頭を回ってました^^僕は中学生〜高校生に夢中で聞いてたんですが日本公演なんかに行った事がなかったんですよね。だからこの臨場感のある映像はほんと嬉しかったです。
TBお返しさせて下さいね〜

2009/1/14(水) 午後 0:37 SHIGE

顔アイコン

SHIGEさん。そうでしたか。ストーンズのファンだったのですね。
どうしても後楽園ドームなどでは点くらいにしか見えないので
こんなすごいカメラワークで見られると感激しちゃいますよね。

2009/1/14(水) 午後 7:37 car*ou*he*ak

こちらも遅ればせながら観たのでTBさせてください。
ライブ始まる直前にセットリストが届いてスコセッシがよし!という瞬間が
カッコよかったですね。
そしてもちろんストーンズも・・・遅れてでも観にいってよかった!

2009/1/15(木) 午前 3:00 shiromi

顔アイコン

SHIROMIさん。これは是非とも劇場で見たい作品ですよね。
そうそう。ドキュメンタリーではなくて、ちゃんと”映画”になっていたのでそのシーンも臨場感があり、よかったです。

2009/1/15(木) 午後 9:35 car*ou*he*ak

アバター

伝説となったビートルズと、今でも現役のストーンズ。どちらも素晴らしいですね。音楽的にはビートルズの方が好みですが、この作品では、ストーンズファンではない僕も、とても興奮しました。
そうですね、ラストのカメラワークが、爽快でした。
こちらからもTBいたします。

2009/3/3(火) 午後 6:28 出木杉のびた

顔アイコン

のびたさん。そうですね。ビートルズは早々に伝説になってしまったけれど、彼らは活躍中。息が長いです。それもむずかしいことですから、すごいですよね。
ラストのカメラの引きが素敵でした。

2009/3/10(火) 午後 7:55 car*ou*he*ak

アバター

昔はミック・ジャガーがあまり好きじゃなかったんですけどね〜(^_^;)
今はかっこいいと思うから不思議です(^_^;)
リアルなライブ映像堪能しました(^^ゞ

2009/3/23(月) 午後 10:59 木蓮

顔アイコン

もくれんさん。私も特別ファンではなかったのにこの映画で
すっかり魅せられてしまいました。
ほんとリアルなライブに行ったようでしたね。

2009/3/23(月) 午後 11:49 car*ou*he*ak

顔アイコン

久々にハッピー大満足なDVD鑑賞でした。劇場で見逃して、今まで観ていなかったのですが、実際目の当たりに彼らを見てみたいですね。
TBお願いします。

2009/10/27(火) 午後 11:49 オネム

顔アイコン

オネムさん。劇場でご覧になれなかったのは残念でしたね。
ほんとこうなると生で見たいと思ってしまいますよね。
トシに関係なくいつまでもがんばってほしいです。

2009/10/28(水) 午後 5:40 car*ou*he*ak

顔アイコン

ちょっと、高額なのでLIVEいけないし
こういう作品はうれしいのです〜

TBおねがいします

2011/6/20(月) 午後 10:58 る〜

顔アイコン

る〜さん。そうですね。ライブへはなかなか・・
これはほんと迫力ある作品でした。

2011/6/20(月) 午後 11:00 car*ou*he*ak

開く トラックバック(11)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事