Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

   ***STORY***
アメリカ中西部の小さな町に暮らすラースは、優しくて純粋な青年で町の人気者だが、ずっと彼女がいないために兄のガス、義姉カリンらは心配していた。そんなある日、ラースが「彼女を紹介する」と兄夫婦のもとにやってくる。しかしラースが連れてきたのは、ビアンカと名づけられた等身大のリアルドールだった。兄夫婦を始め、街の人たちは驚きながらも、ラースを傷つけないようにビアンカを受け入れようとするが…。   gooより


予告で見ていたときにはお人形と座っているラースがちょっと異様だったのですが
見てみるとお人形がどうのこうのということではありません。深くそして温かな映画でした。

透明感ある映像に北欧映画かと思ってましたらアメリカ映画で舞台もアメリカ中西部の
とある町でした。この町は小さめでみんな顔見知りのよう。
とてもやさしくて温和なラースはみんなに愛されていました。
でもある日突然、インターネットでリアルドールを購入。
まるで恋人のようにビアンカを扱う様子に、周りの人たちは驚き、そして精神異常を疑います。

まず普通ならこの時点で彼は病院に入院させられてしまうところでしょう。
兄と兄嫁も最初はそうしたかったはずです。
でもまずは普通のクリニックに連れて行くと、女医さんは静かに彼のことを受け止めて
ビアンカを”診察”してくれるのです。

まずこれが第一歩でした。
そしてそのうち町の人々や会社の同僚が段々と”そんなラース”を受け入れて入れ始めるのです。
これはむずかしいけれど、今の社会で一番必要なことですね。
人間は誰しもちょっと変わった人のことを色眼鏡で見てしまうし、社会は排除したがります。
これは病気のことばかりでなく、人種や宗教問題にもいえること。
でもちょっとくらい変わっていることが悪いことでしょうか

まあそれにはこの町が小さくて、みんなそれまでのラースのことを知っていたということが
幸いしました。この”ご近所力”も私たちが失ってしまっているものです。

人々のラースへの接し方もさまざまです。
兄嫁はとても気が良くて、とっても親切。でもたまにちょっと押し付けがましいところもあって
それはときにラースを苦しめます。
でも女医さんは、かなりクール。淡々としているけれど、自分の境遇やダンナさんを亡くして
寂しいことなども打ち明け、彼の心を解きほぐしていくのです。
また近所のご高齢の方たちの接し方も素晴らしかったです!。
ビアンカが病気のときラースのところに来るのですが、何も言わず、編み物などしながら、
”ただここに居るから”と言うのです。
人が苦境にあるとき、おおげさな言葉をかけてしまいがちですが、こういうことこそが大事なのですね。

人と握手することさえ苦手なラース。
今日本でもネットやケイタイ、ゲームの中だけで生きているとラースと同じような人が
たくさんいそうです。
でも”何か”をきかっけにして心を開き、コミュニケートすることの楽しさを知ってほしいです。
そういえば女の子にとって人形遊びは普通のことで、私にも小さなころ
”まりこ”がいました。
それがただ成人男性だったからちょっと奇異に映ってしまっっただけのこと。
”ちょっとした違いは大目に見る、偏見をなくす”
これは私たち社会への大きなメッセージでもありました。


**最初のシーンで知り合いのおばさんから”好きな子にこれでもあげなさい”と言われて
もらったのが薄いオレンジ色のカーネーション。
そしてラストシーンではそれを背広の胸ポケットにさしてました。
赤でも白でもないカーネーション。ラースのお母さんへの想いも含まれていたかもしれません。

なんといってもこの映画の成功は主演のライアン・ゴズリングにあります。
シャイで人と接するのが苦手だけれど、とっても純粋で素敵で・・
『きみに読む物語』を思い出してしまいました。
女医さん役のパトリシア・クラークソンは透き通るような、そしてとても知的なとっても美しい人。
親切をおしつけすぎない女医さん役にぴったりでした。
『エデンより彼方に』や『幸せのレシピ』などかなりたくさんの映画に出演しています。






監督 : クレイグ・ギレスピー
出演 : ライアン・ゴズリング 、 エミリー・モーティマー 、 ポール・シュナイダー 、
ケリ・ガーナー 、 パトリシア・クラークソン

閉じる コメント(83)

顔アイコン

こんにちは!最近映画館もDVD鑑賞からも遠ざかっていますが、やっとDVD鑑賞できました
ハート・ウォーミングな作品でしたね♪
>義姉が…でもたまにちょっと押し付けがましいところもあって
それはときにラースを苦しめます
そうでした!そうでした!
兄夫婦は本心はとてもラースを愛していて
心配もしているのですが、夫婦のいたずらみたいに接してしまう時もありましたね
キャストも良かったですね
女医のパトリーシア・クラークソンがキィ・パーソンで
素敵な医者で、美人だなぁ!って思いました
TBさせて下さいね 削除

2009/8/18(火) 午後 7:08 [ Maria ] 返信する

顔アイコン

Mariaさま。お久しぶりです。
これはとっても心温まる素敵な作品でした。
はは・・そうなんです。あの姉夫婦のことが妙に気になってしまって・・もちろんすべて善意からなのですが。
私、パトリシア・クラークソンのファンです〜。
バルセロナ〜でも素敵でした。

2009/8/18(火) 午後 8:33 car*ou*he*ak 返信する

やっと届いて観れました〜^^
有り得ない設定の中に、忘れてはならない大切なものを思い出させてくれる、とっても素敵な作品でしたね〜
ライアン好演でしたよね〜有り得ない設定に説得力が出たと思います。
脚本もお見事でした。
こちらからもトラバさせてくださいね♪

2009/8/18(火) 午後 9:57 じゅり 返信する

顔アイコン

じゅりさん。最初この設定を予告編で見たときには??って思いました。でも描かれてることは彼の純真さ、ご近所の人たちの温かさで
とってもいい作品でしたね。
そうですね。ライアンあってこそでした。

2009/8/18(火) 午後 11:37 car*ou*he*ak 返信する

ライアン・ゴズリングが繊細で純粋な青年ラースを見事に体現してましたよね〜とっても良かったわ。
私もね、予告編で観たとき、どんな映画なんだろうって思いました。素敵な愛であふれた映画でしたよね。
TB返しさせてくださいね。

2009/9/12(土) 午後 9:13 [ ake*omy*ujo*3 ] 返信する

顔アイコン

明星さん。予告で見ていたとき変な設定・・って思いましたが
実はとってもハートフルな作品でした。
そうですね。ライアン・ゴズリングがが見事でした。

2009/9/12(土) 午後 10:46 car*ou*he*ak 返信する

これ、安価でこの前DVD見つけました。
最初にコレを見つけて『よし買おう!!』と思ったんですが・・・。
もっと私の欲しかったDVDに3枚も見つけてしまって・・・・。
なので次回購入を考えております。
こういうあらすじとは知らなかったので、ジャケを見たとき『ああ、彼女って人間じゃないんだ』とビックリしました☆

2009/11/4(水) 午前 7:21 anemone*DDR 返信する

顔アイコン

anemoneさん。これはきっとお気に召すと思いますので次回見つけたら是非・・。なんだかほのぼの・・いい作品なんです。
その3枚は何かしら?気になります。

2009/11/4(水) 午前 10:10 car*ou*he*ak 返信する

これは予想以上に心に響いた作品でしたね・・・。
遅ればせながらTBさせていただきます!

2009/11/7(土) 午前 0:41 takutaku! 返信する

顔アイコン

たくたくさん。これは心温まる素敵な作品ですよね!

2009/11/7(土) 午前 9:11 car*ou*he*ak 返信する

ライアン・ゴズリングが好演でしたね
偏見を捨てて周りの人達に救われ
温かい気持ちになれました!
TBしますね+.(≧∀≦)゚+.゚

2009/11/30(月) 午前 9:40 [ 翔syow ] 返信する

顔アイコン

SYOWさん。周りに人たちに偏見がなかったのが彼にとって
すごく幸せだったですね。
でもこれ日本だとどうでしょう??

2009/11/30(月) 午前 9:59 car*ou*he*ak 返信する

公開されなかった作品だったので、DVDで鑑賞しました。
「理解すること」「理解されること」・・・難しさ、大切さ、温かさを感じました。
受け入れること・・・素敵なメッセージだったと思います♪トラバお願いします!

2010/1/5(火) 午後 8:16 くるみ 返信する

顔アイコン

くるみさん。特殊ときめつけないで、理解してもらえて
ほんと良かったです。ご近所力の強さですね。
素敵な映画でした。

2010/1/5(火) 午後 10:09 car*ou*he*ak 返信する

過去記事整理してたら
これのこと書いてた
この映画はあの映画のアンサーだ!

そしてそんなことを言ってるのは
どうやら世界中で俺ひとりのようです
寂しいよ〜

TBよろしく

2010/5/4(火) 午後 0:01 [ HK ] 返信する

顔アイコン

HKさん。いいえ私同感ですよ〜〜
ひとりじゃありません。
おっしゃる意味、とってわかりました。
結局少々変わった人がいてもそれを変!!ってみんなが思わず
受け止めれば世の中うまくいくのですよね。

2010/5/4(火) 午後 2:18 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

>コミュニケートすることの楽しさを〜と云うのにはほんと同感です。
殺伐とした部分がだけが目立っちゃうと云うのはある意味マスコミの罪悪かもしれませんね。
この作品はラースに母親がいたらまた違ったかもしれませんね。
そう云う意味でも地域や家庭の大切さも描かれていた作品かもしれませんね。
俳優はみんな文句なく良かったです。
TBさせてくださいね。

2010/6/4(金) 午後 7:12 [ miskatonic_mgs_b ] 返信する

顔アイコン

miskatonic_mgs_bさん。ひととひとが直に触れあうことの楽しさ
貴重さがとてもよくわかった作品です。
なるほどそうですね。マスコミにより影響もあるかもしれません。
結局地域や家庭があらゆることの基盤なのですよね。

2010/6/5(土) 午後 3:25 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

なんか、ちょっと切なくて、村(町?)の皆さんがあたたかくて
すきになってしまいました〜

TBおねがいします

2011/3/5(土) 午後 2:31 る〜 返信する

顔アイコン

る〜さん。そうですね。これはこの村の人たちが彼を変な人
扱いしなかったところが一番のポイントでしたね。

2011/3/5(土) 午後 4:39 car*ou*he*ak 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(43)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事