Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

   ***STORY***                2009年  アメリカ
25歳のレベッカは、一流ファッション誌の記者になることを夢見る普通の女の子。しかし、現実は地味な園芸雑誌の編集者。レベッカは、毎日のストレスを大好きなお買いもので発散していた。そして、月末になると請求書の山と支払い催促の電話に悩まされるのだった。こんな自分を変えたいと、一念発起したレベッカは転職活動を開始。憧れのファッション誌に入るため、同じ出版社のお堅い経済雑誌の編集者として働き始めることに…。   gooより    



イギリスでは2000年に日本では2003年に出版されたソフィー・キンセラのベストセラー
『レベッカのお買いもの日記』が原作。
「NYでハッスル編」とか「波乱の新婚生活」・・ともう5部まで出ていてすごく面白そうです。
その最初の吃瑤鬟蹈鵐疋鵑らニューヨークへ舞台を移し、お買いものがやめられないヒロインの
サクセス・ストーリーとして映画化されました。
まあこういうのは出来すぎだとか、あの部分はどうも・・とか考えず見ました(笑)
けれど楽しめます!

「お買いものをすると世界が素敵になる。」
いや、もちろんその通りです。
これを否定する女性なんてまずいないと思いますし、私もOL時代にはけっこう怪しかったです。
でも大抵の人はお金の限度も、維持できる限度も知っているもの。
でもコワイのはクレジットカードで、まあこれもほとんどの人が先月分の明細見て、出し残が
間違っているんじゃないの?と思い、ショック受けて翌日からセーブします。
ところがレベッカは何枚かあるクレジットカードを駆使?して限度額スレスレまで使ってしまって・・

そんなレベッカですが、えらいのは、チャレンジ精神が旺盛なこと。
キャリアアップにもがんばるし、常に自分の目線で考えようと努力するのです。
確かに経済誌はむずかしすぎますから、彼女の書く記事みたいなものは必要だし
証券会社のウィンドウももっとカラフルでもいいのですよね。

しかし崖っぷちまで来てるのにお買いもの中毒はまだまだ治りません。
よく他の映画でも見る”自助会”なるものが登場しますが、確かに麻薬やアルコールと
同じ”中毒性”みたいなものがありますし、一種の依存症とも言えるのでしょう。
自分の普段の生活の中で抱える”不満”のひとつのハケ口でもあるのですね。
これを克服するには、何か習い事したり、お金を使わなくても楽しめることを探すしか
ありませんね。

ところで面白いのはレベッカが”アメリカ”そのものであるということ。
家庭の貯蓄率がかなり低くて、ファッションはじめ、サブプライムローン使って住宅も買いまくり、
そしてまた対外的にも他の国に借金を増やしていってしまったアメリカ。
この映画がつくられたのは2009年とありますが、製作段階で、もう今の世の中の状況がある程度
見えていたのかもしれません。
そんなアメリカ自身の反省っぽいものともとれます。



ショッピングが中心ですから、もちろん作品の中に登場するファッションは見事!
調達したのはもちろん、『プラダを着た悪魔』や『セックス・アンド・ザ・シティ』のスタイリストをつとめたパトリシア・フィールドです。
今回もまた豪華でスタイリッシュ。
揃えたブランドはバレンシアガ、マーク・ジェイコブス、ミュウミュウなど。
でもただそれらをそのまま使ったのではないし、今回は前作よりもカジュアル感が漂ってました。
なんでも来日され、「渋谷109」でも購入したとか・・


エンドクレジットを見ていて気付いたのですが、これって何とジェリー・ブラッカイマーなんですね!『パール・ハーバー』とか『アルマゲドン』など大作、アクション系のばかり撮られてきた
有名な超ヒットメイカーですから、これはちょっと意外な感じ。
でも確かにバーゲン会場になだれ込む人たちや商品を奪い取るシーンなんかは
戦争モノばりの迫力がありました(笑)

主演のアイラ・フィッシャーはあまり見たことがなかったのですが、今まで出演していたのは
日本未公開作品が多かったからなのですね。弾けていてキュートでした。
お相手は[『ジェイン・オースティンの読書会』]や[『美しすぎる母』]のヒュー・ダンシー。
超セレブでエリートなのにちょっと気弱な・・というかいい人そうで、とても素敵でした。
レベッカのお母さん役の人、きれいだな〜と思っていたら、。ジョン・キューザックの
お姉さんなのですね。顔が細くて似てます。



監督: P・J・ホーガン
製作: ジェリー・ブラッカイマー
原作: ソフィー・キンセラ
脚本: トレイシー・ジャクソン /ティム・ファース /カイラ・アルパート
撮影: ジョー・ウィレムズ
衣装デザイン: パトリシア・フィールド
音楽: ジェームズ・ニュートン・ハワード
アイラ・フィッシャー レベッカ・ブルームウッド
ヒュー・ダンシー ルーク・ブランドン
ジョーン・キューザック ジェーン・ブルームウッド
ジョン・グッドマン グレアム・ブルームウッド
ジョン・リスゴー エドガー・ウェスト
クリスティン・スコット・トーマス アレット・ネイラー
クリステン・リッター スーズ・クリース=スチュアート
レスリー・ビブ アリシア・ビリントン

閉じる コメント(47)

顔アイコン

カードって怖いですね。

2009/6/3(水) 午後 1:11 [ まりっぺ ]

顔アイコン

まりっぺさん。ほんと。
カード地獄に陥る人が最近は多いのでしょうね。

2009/6/3(水) 午後 11:53 car*ou*he*ak

タイトルに惹かれて観に行きたいと思っていました。
お買い物大好き〜♪
ストレス発散にもいいですよね。

2009/6/4(木) 午後 1:44 えり

顔アイコン

えりさん。はは・・お買いものはやっぱり楽しいですよね〜
この映画けっこう楽しめます。

2009/6/4(木) 午後 10:51 car*ou*he*ak

顔アイコン

けっこう面白かったです。自分の若い頃を見ているようで^^;私も昔は、バンバン買って請求書で、こんなの買ったか〜〜??みたいな事があったので、かなりレベッカの気持ちに入りこめました。そうですよね。アメリカの経済そのものですよね。最近アメリカの経済学者が、言ってましたが、倹約家だったアメリカ人が、レーガン政権の時にタガが外れて、ブッシュ政権で一気に加速したらしいです。TBさせてください。

2009/6/6(土) 午前 1:05 [ nomad ]

アバター

結構深刻な依存症の話なのに、こんなに明るく楽しい(?)作品になっちゃうところはアメリカ的ですよね〜面白く観られました。
なるほど、確かに今のアメリカを表していると言うのも納得です。ホント、そうですね〜そう思うとやっぱり深刻ですね。^^;
こちらからもTBさせてくださいね♪

2009/6/7(日) 午前 9:56 choro

顔アイコン

nomadさん。やはりそんな経験をお持ちでしたか。
誰でもこういう経験はありますよね。ただこれほど重症じゃ
なかっただけで・・
なるほど。レーガン政権〜ブッシュ政権で・・でああなって
しまったのですね。

2009/6/8(月) 午前 0:17 car*ou*he*ak

顔アイコン

Choroさん。ほんとそうですよね。けっこう深刻な依存症のお話なのにコミカルで明るくて・・
でもなんだか今のアメリカを見てるみたいでした。

2009/6/8(月) 午前 0:19 car*ou*he*ak

アメリカの人は貯蓄しないそうですね。
今回のサブプライム問題での金融ショック、
アメリカの人が話してましたね。私たちも日本人のように貯蓄しないといけないって。
でも難しいですね。あまり貯蓄に走られると益々消費が落ち込んで不景気になる〜〜
早く景気よくなって欲しいですね。
ブランドものがたくさん、衣装や靴や小物、
楽しめました。
TB返しさせてくださいね。

2009/6/8(月) 午後 11:02 [ ake*omy*ujo*3 ]

顔アイコン

明星さん。そうですねアメリカ人は貯蓄はあまりしないそう。
あ・そうなのですか。私たちのように・・と思っているのですね。
でもそうそう。あまり市場にお金が出回らなくなっても困りますよね
ブランドものを見てるだけでも楽しかったです。

2009/6/10(水) 午後 9:22 car*ou*he*ak

こんにちは♡
トラバ、ありがとうございましたヽ(o・∀・)ノ。゚

もうほんっと共感部分が沢山で、すごく面白くて元気になれた映画でした♡
レベッカ、可愛いですよね〜。
友人が『レベッカのお母さんが、あぶちゃんに似てた。
そう思ったら、あぶちゃんにしか見えなくなった』と言ってました(笑)

(*´・ω・)ノ凸傑作&トラバぽちっ

2009/6/11(木) 午前 10:05 わか

顔アイコン

わかさん。女性ならみんな共感しちゃうことがたくさん。
そしてなんだか元気になれる作品でした。
ほんとレベッカ、かわいかったですね。

2009/6/11(木) 午後 5:31 car*ou*he*ak

まさにアメリカを体現したヒロインでしたね〜。クレジットカードを何枚も使うなんて、日本人には、なかなか出来ないことですが、アメリカでは、それが当たり前と言うから怖ろしいことです。私は、気が小さいので、カードでバンバンお買いものって、出来ないんですよねーーー(^^)

2009/6/13(土) 午後 10:52 kuu

顔アイコン

kuuさん。あえてこの時期にこんな映画を・・って思いましたが
アメリカの反省みたいなものも感じられました。
ほんと何枚もカード持ったり、バンバン使ったりなんて
できませんよね〜

2009/6/13(土) 午後 11:02 car*ou*he*ak

アバター

今日、観てきました!期待以上に面白かったです!!o(*^-^*)o
もっとB級なのかと思っていたので(^^ゞ「プラダ〜」より好きかも。ほんと同じパトリシア・フィールドでも、25歳の普通の女の子の設定だけにカジュアルでPOPでかわいかったです!ルークもかっこよかったです。DVD出たら買っちゃいそうです(笑)TBさせてくださいね!

2009/6/14(日) 午後 10:41 りりぃ

顔アイコン

りりぃさん。そうですね。決してB級ではないです。
プラダ〜のファッションはあまりにも行きすぎだったけれど
こちらの方がカジュアルさがありましたね。
お話としてもちゃんと辛口のところがあるのも良かったです。

2009/6/14(日) 午後 11:21 car*ou*he*ak

色々な意味でとても楽しめた作品でした。ファッションも恋愛もこういうサクセスストーリーは女心にたまらないですね。
ルーク役のヒューダンシーカワイかっこ良くて気にいっちゃいました。確かに今のアメリカに苦言だったのかもしれませんですね。

2009/6/15(月) 午後 8:47 ひかり

顔アイコン

ひかりさん。話の展開は大体わかってしまいますが、でもそれでも
こういう作品はやはり女性にとっては楽しいです。
おお・カワイかっこいいって面白い言葉ですね。
まさに彼ってその通りでした。

2009/6/15(月) 午後 9:51 car*ou*he*ak

顔アイコン

アメリカの象徴でしたね。もっと警笛をならすべきでした。

2009/11/6(金) 午後 9:34 mossan

顔アイコン

もっさんさん。ほんとアメリカのひとつの側面ですね。

2009/11/6(金) 午後 10:52 car*ou*he*ak

開く トラックバック(30)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事