Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

*ハゲタカ*

イメージ 1

   ***STORY***                2009年  日本
鷲津政彦は、ニューヨークの敏腕ファンドマネージャーとして鳴らした後、1998年に日本に帰国。以来、投資家から募った資金をもとに、徹底した合理主義で幾多の企業を買い叩き、“ハゲタカ”の異名をとっていた。数年後、相変わらず閉鎖的で不透明な日本のマーケットに絶望し、海外生活を送る鷲津のもとへ、盟友・芝野が訪れる。芝野は、日本有数の大手自動車会社に対するとある巨大ファンドの買収を察知し、鷲津にこの危機を救ってほしいと頼みにきたのだ。その巨大ファンドとは、豊富な資金力を背景に設立された中国系ファンド。その命を受けた最強の敵“赤いハゲタカ・劉”が、鷲津に真っ向から戦いを挑む。    gooより


社会派ノベルを書かれてる元新聞記者の作家・真山仁の小説『ハゲタカ』と『バイアウト』
の2作品を原作として、NHKがドラマ化し、2007年2〜3月に放映されました。
先月だったかにも再放送されていたのですが、どちらも見逃したまま鑑賞。
企業買収というテーマでドキュメンタリータッチでものすごく見ごたえありましたが
やはりそれぞれの人物の過去を知らないので、?・な部分もあったのが残念です。

ドラマ未見でこれからご覧になる人のために少々・・
<鷲津(大森南朋)は、バブル経済崩壊後、ある事件をきっかけに「三葉銀行」を退職。
渡米したのち、投資ファンド「ホライズン・インベストメント・ワークス」日本代表に就任し、帰国。
ファンドマネージャーとして次々と日本企業を買収する「ハゲタカ」という異名を持つようになった。
そして三葉銀行の資産流動対策室の室長であり、鷲津の元上司であった芝野(柴田恭兵)と
再会することになる。銀行がかかえるバルクセール(保有債権のまとめ売り)を売る側、
バルクセールを買う側という様に…。その後、運命というかのように2人はぶつかることとなる。

更にドラマ後半には、鷲津が目指していた大手電機メーカーの買収(株式公開買い付け、TOB)に西野(松田龍平)が名乗りを上げる。西野はITベンチャー企業の社長であるが、実家の旅館「西乃屋」が
鷲津の手によって売り飛ばされたことをきっかけに起業家に転向した過去を持つ。
西野にとっては鷲津は目標でもあり、また宿命のライバルでもあった。〜〜Wikipediaより


鷲津がいきなり南国のラグジュアリーホテルで寛いでいるシーンから始まるので
彼が何者か?そして西野も意外に重要な役柄なのでどういう経緯で彼と知り合いになったのか
だけでもおさえておいたほうがいいと思います。

人物的なことと経済的なことがむずかしいのですが、この映画が言いたかったことは?と
考えると・・
”日本の伝統的な企業経営スタイルが古くなってきていること”
”結局、会社を守るって何?”
”買収後にどうするの?”など。

でも一番重要だと思ったのは、例えばここに出てくるクルマ産業など製造業では、
現場では1円でも安く・・と色々な面で非常に努力してコスト削減しているし、
作る側には「夢や希望」もあるのに”株式”や”経済”というものによって
踊らされてしまうこと。
クルマ会社の社長さんと銀行や証券会社の人とのやりとりでそう感じ
だんぜん製造業者の人たちの肩を持ちたいです。
でも会社経営のためにはそれも必要だし、なんともむずかしいです。

ラストはリーマンショックを題材にしたクライマックスへの持って行き方で
これがすべて事実ではないことがわかっていながらも、ああこうして株価って急落し
この不況が始まったのね・・と見ていて怖くなりました。

邦画って内容は良くても映像的に安っぽいことがありますがこの作品はそれを克服しつつあります。
マンダリンオリエンタルのエレベーターや記者会見場には宴会場を使っていました。
また会議場でのシーンなどセピア色かけていましたし、東京の夜景などものすごくきれいでした。



監督: 大友啓史
製作: 富山省吾
原作: 真山仁 『ハゲタカ』『ハゲタカII』『レッドゾーン』
脚本: 林宏司
撮影: 清久素延
美術: 花谷秀文
音楽: 佐藤直紀
出演: 大森南朋--- 鷲津政彦
玉山鉄二--- 劉一華
栗山千明--- 三島由香
高良健吾 ---守山翔
遠藤憲一--- 古谷隆史
松田龍平--- 西野治
中尾彬--- 飯島亮介
柴田恭兵---芝野健夫

この記事に

閉じる コメント(50)

顔アイコン

anemoneさん。そちらでドラマが見られたのですね。
帰国されたときに録画したのかしら?
確かにドラマ→映画というパターンはよくないですが、これは
ドラマファンにも評判いいみたいです。

2009/6/18(木) 午後 9:24 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

Choroさんはちゃんとドラマもご覧になっていたのですね。
そういう方にはみんなの気持ちがよりわかって、楽しめたことでしょう。あ・ドラマファンとしての意見もあるのですね。
これから伺います。

2009/6/18(木) 午後 9:26 car*ou*he*ak 返信する

TVドラマの映画化の波が、ついにNHKもって思いましたが、出来はよかったですね。元自動車メーカーの現場で働いた物から、あるとすれば、派遣のことが、取り上げられてますが、正社員でも50代に
なってくると、早期退職を迫ってくることが多かったです。
景気のいいときからありましたよ。

2009/6/25(木) 午前 0:05 [ ティルク ] 返信する

顔アイコン

ティルクさん。そうなのですか。景気のいいときからそういうことはあったのですね。でもそれまでがんばってきた人たちをいきなり・・というのはあんまりです。
私はドラマ未見なのでわかりにくいところもあり残念でした。

2009/6/25(木) 午前 0:15 car*ou*he*ak 返信する

遅くなりましたが観てきました。面白かったです。
カルさんが映像がいいっておっしゃってたので少し気にして見てました。夜景、ホテルのシーンとスタイリッシュな感じがしました。
そうしたらドラマは映像で賞とってるんですね。TBお願いいたします。

2009/6/28(日) 午後 0:32 ひかり 返信する

顔アイコン

TVシリーズを観ていなかったので、人間関係の複雑さなどに映画の前半部分で多少戸惑いました。映画としては、人間ドラマで面白く、俳優が個性的で見ごたえがありました。2時間に凝縮するのでは、個々の人物の内面まで(とくに女性記者・三島など)描くには限界がありそうです。TBさせてください。

2009/7/5(日) 午前 10:19 fpd 返信する

アバター

考えることが多かったですね、この映画。
今年やっと3本目にこれを見ました。
レビューではないのですが、一応トラバさせてください〜〜〜♪

2009/7/10(金) 午前 10:28 セニャ 返信する

顔アイコン

ひかりさん。あ・そうなのですか。
ドラマは映像で賞をとっていたのですか
けっこうリッチな感じがしましたよね。

2009/7/10(金) 午後 4:17 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

fpdさん。やはりテレビシリーズを見てないとキャラの背景など
つかめませんよね。
確かに映画としては2時間でまとめるのは大変そうです。
私も三島のことなどわかりませんでした。

2009/7/10(金) 午後 4:19 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

セニャさん色々と考えさせられますよね。
はい。これから伺います。

2009/7/10(金) 午後 4:20 car*ou*he*ak 返信する

Cartoucheさん、コメントありがとうございました。
ドラマ未見で、臨まれたのは残念でしたね。
それでもこの「ハゲタカ」の、実直さや硬派なところが、民放ドラマの劇場版・・・とは全然違うところがすぐに解りますよね。私としては、ドラマでも映画でも「ハゲタカ」の世界が楽しめたことが、面白さにつながった作品です。

2009/7/15(水) 午前 1:01 Jumble-Mari 返信する

顔アイコン

Jumbleさん。そうなんです。やはりドラマ見てないとわからない部分がけっこうありますよね。
確かにそうですね。民放の作品とは大きく異なって骨太でした。
これからでもドラマが見てみたいです。

2009/7/31(金) 午後 3:57 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

映画デビューですが、M&Aは興味あることだったので楽しめました。
ドラマをこれから見ようと思います!
TBさせてください!

2009/8/5(水) 午後 0:31 かず 返信する

顔アイコン

かずさん。私もドラマ未見だったので、人物の背景などわからなかったのですが、企業買収びついてなどとてもリアルでしたね。

2009/8/5(水) 午後 0:32 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

経済大国日本、がんばってくれと応援したい映画です。

2010/1/15(金) 午後 7:33 mossan 返信する

顔アイコン

もっさんさん。
そうですね。バブルのころは弊害もありましたが懐かしいです。

2010/1/15(金) 午後 8:15 car*ou*he*ak 返信する

見応えのある作品ですよね・・・。
今後も質の高い作品シリーズになれば良いなと思います。
TBさせていただきます!

2010/2/15(月) 午後 11:33 takutaku! 返信する

顔アイコン

たくたくさん。ちょっと浅いと思われるところもありましたが
2時間枠では仕方ないですよね。
こういうシリーズは歓迎です。

2010/2/15(月) 午後 11:39 car*ou*he*ak 返信する

これは私もドラマを見逃していましたが、日本映画専門チャンネルでの一挙放送でドラマ・映画をまとめて観ることが出来ました♪やはり、ドラマ第一話から観ると、臨場感と緊張感が違いますよ!是非、ドラマも観てください^^

2010/5/13(木) 午後 9:40 やっくん 返信する

顔アイコン

やっくんさん。え〜〜ドラマと映画と両方放映されていたのですか
そのチャンネルはウチでも見ることができるので残念でした。

2010/5/14(金) 午後 5:46 car*ou*he*ak 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(34)


.


みんなの更新記事