Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

*ノウイング*

イメージ 1

大学で宇宙物理学を教えているジョンは、ある日、小学生の息子ケレイブが持ち帰った紙に書かれた数字に目を留める。そこには過去に起きた大惨事の日付と犠牲者の数が書かれていたのだ。しかもそれは、50年前に小学校に埋められたタイムカプセルから出てきたものだった。やがて数字に予告された日付に大事故が起きる。さらに数字の最後には、人類がかつて遭遇したことがない大惨事が待っていた…。
                                             

この手の作品として、なかなか良かったです。
暗号にまつわるミステリーがドラマの中心ですが、パニック映画でもあり、スペクタクルシーンも
アクションシーンもすごく、そして少しファンタジー的でもありました。

タイムカプセルというのは古来、5000年くらい前から人間が後世に伝えたい・・・という
願いを込めて埋められてきました。
そして今風になったのは、1939年ニューヨーク博覧会でのこと。
文明が崩壊しているかもしれない5,000年後のための「時限爆弾(タイムボム)」を埋めることが
提案されたのですが、この言葉を和らげて「タイムカプセル」という言葉が使われるようになりました。
考えたのはSF作家さんでした。
中に入れたものは・・人形、本、主な穀物の種を入れた小瓶、顕微鏡、15分間のニュース映像、
通信販売カタログや辞書や年鑑を撮影したマイクロフィルム、万年筆、電球、煙草入れ、化粧品、
などなどです。

これは本格的なもので、その後日本では万博をきっかけに50年単位であけるよう埋めることが
流行りましたが、実際、埋めた場所を忘れちゃったりすることも多かったり(笑)
中がサビサビになってしまったり・・となんだか冴えません。 〜〜Wikipediaより

ところでこの映画ではある学校が1959年に埋めたものがちゃんと掘り起こされて、そこから
出てきた一通の手紙から展開していきます、
それは数字が羅列されたもの。
普通の人だとカンマもなく並べられた数字から”何か”を読みとることはむずかしいですが、
さすが学者さんであるジョンはその規則性に気付きました。
そして・・

この題名にもなっているknowing.
つまり”知ってること”。によって起きるふたりの人の悲劇を感じました。
ひとりはもちろん、”ささやき”によって知らされてしまったルシンダ。
知ってしまってもその後どうしていいかわからず、結局周りから狂人扱いされて・・

そしてもうひとりがこの主人公であるジョン・ケストラーです。
暗号解読してしまった人としてすべきことは、知らせることだけれど誰も取り合ってくれない
ものだから現地に行って、巻きこまれる・・
自分の力の小ささと、その犠牲になっていく人たちへの悲しみにあふれてしまうのです。
そもそも一年前に妻を失ってますが、それもこれと関係あり、彼の苦悩は深くなっていくばかりです。

この映画はジョンの苦しみや家族への愛など深く描かれていて、その分アクションシーンなど少なく、
退屈してしまう人もいるかもしれませんが、私はこちらのほうが好みです。
特に彼の家族への愛は並々ならぬもので、亡くなった奥さんがいかに素敵な人であったかは
よく伝わってくるし、その分、かなり教育に厳しくなってしまうけれど息子のケイレブに対する
深い深い愛も切なくなるほどでした。

映画はその後、思いもせぬ展開となっていくのですが、今まであったような宇宙人の侵略より
この方があり得そうで、より怖くなってしまいました。
ラストは賛否両論だと思いますが、私はけっこう気に入ってます。
”たとえ離れてしまっても一緒”っていうあのふたりの”手話がすべて”で、希望がないようで
ある・・そのあいまいさがいいと思いました。



映像は終始暗めでホラーっぽいこともありますが、なんといってもスゴイのは飛行機の墜落シーンです。
斜めに傾いた大きな飛行機が高速の上をこちらに向かって走ってくるのですが、大迫力!
その後、爆発が何度も起こって乗客が火だるまになって・・
CGだということはわかっていてもついつい手に汗握ってしまいますね。




**アレックス・プロヤス(Alex Proyas, 1963年 - )監督**
オーストラリアの映画監督、脚本家、プロデューサー。
映画監督になる前は多くのコマーシャルやミュージック・ビデオを手がけた。
クロウ/飛翔伝説 The Crow (1994)
ダークシティ Dark City (1998)
アイ,ロボット I, Robot (2004)
スピリッツ・オブ・ジ・エア SPIRITS OF THE AIR (1988)
ノウイング(2009)

監督: アレックス・プロヤス
原案: ライン・ダグラス・ピアソン
撮影: サイモン・ダガン
音楽: マルコ・ベルトラミ
ニコラス・ケイジ--- ジョン・ケストラー
ローズ・バーン--- ダイアナ・ウェイランド
チャンドラー・カンタベリー--- ケイレブ・ケストラー
ララ・ロビンソン--- ルシンダ・エンブリー/アビー・ウェイランド
ベン・メンデルソーン--- フィル・ベックマン
ナディア・タウンゼンド--- グレース・ケストラー

この記事に

閉じる コメント(41)

顔アイコン

Choroさん。ラストは好みですから賛否両論ですね。
そうですね。日本人にはわかりにくいキリスト教的な思想も
入っているのですべて理解するのはむずかしいですね。
どうしても宗教でつまづいてしまいます。
そうですね。ラストはあまりにも果敢な決断で・・

2009/7/13(月) 午後 7:16 car*ou*he*ak 返信する

そそ、ただのSFって言いきれない、いろんな面がありましたよね〜〜
オカルトっぽい雰囲気ってのは好きで、スーっと引き込まれてしまいました。そして、あの大惨事映像の迫力!!
イイ感じで盛り上がってたんで、ちょっとオチがおとなし目かなぁ〜とも思うけど、まぁ、あんな解釈もありですね。よっぽど年末のキアヌの映画よりいいやっ
TBさせてね(。・ω・)ノ゙

2009/7/14(火) 午後 1:13 ハイダウェイ 返信する

アバター

色々と詰め込まれた映画でしたよね^^)本当に驚きの展開でしたが、とにくかドキドキハラハラしました。おっしゃる通り、飛行機の墜落シーンとか様々な大惨事のシーンがあまりにリアルで怖かったです。
ラストはへぇーっ、こんな結末ありなのねとまたまたびっくり。あそこは地球以外の星なんでしょうか?TBさせて下さいね。

2009/7/14(火) 午後 9:47 りーめい 返信する

顔アイコン

hideawayさん。これただのSFではなくて、父の息子に対する愛情
母の娘に対する愛情など深く描かれていました。
ホラーっぽい映像も良かったですよね。
はは・・そうそう。キアヌのあれよりかなりいいいですよね。

2009/7/14(火) 午後 11:36 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

りーめいさん。ただのサスペンスではなくて色々な要素が
盛り込まれてました。
飛行機のシーン、やたら怖かったですよね。
そうですね。あそこは地球以外の星でしょう。
そしてふたりともお母さんに会える気がします。

2009/7/14(火) 午後 11:37 car*ou*he*ak 返信する

アバター

飛行機の墜落シーンはリアルでしたよね。実際に目の前に落ちてきたら、
あんな距離感かなのかなぁと、恐ろしい想像をしてしまいました。映像は随所に
目を見張るものがありましたよね。ホラーを思わせる演出も、緊張感を高めましたね。
ラストには、絶望の後に希望の見えるシーンがあってよかったです。

2009/7/16(木) 午後 1:18 ffa**77 返信する

最近のニコラス君の作品の中では一番面白かったかも。
アクションはないですが事故のシーンの映像はものすごい迫力でした。あぁ、あの手話いいですね。息子にだけはどうにか助かってもらいたいという父の愛ですよね。つっこみどころはありましたが、なかなか面白くみれました。TBお返ししますね(遅くなってすみません^^;)

2009/7/16(木) 午後 3:25 LAGUNA 返信する

顔アイコン

ふぁろうさん。墜落シーンは迫力アリ。スクリーン破って
出てきそうでした。そうですね。ホラーっぽくもあり、
ヒューマンっぽくもあり・・
なかなか良かったです。ラストのあのシーンも希望がなさそうであって・・いいですね。

2009/7/16(木) 午後 10:15 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

らぐなさん。ニコラスくん(笑)ってとってもいい俳優さんなのに
なぜか作品に恵まれてませんものね。
そうそう。手放すのは辛かったでしょうが、息子だけには・・という
彼の気持ちの強さをひしひしと感じました。

2009/7/16(木) 午後 10:17 car*ou*he*ak 返信する

アバター

サスペンスタッチでなかなか面白く見れましたが、似たようなディザスタームービーが多いのはどうなんでしょうね?(^_^;)
不安の多い世の中だけに、逆にホッとする映画が良いな〜って気もします(^^ゞ
トラバさせてくださいね。

2009/7/20(月) 午後 7:56 木蓮 返信する

顔アイコン

流石埜魚水です。タイムカプセルの歴史と解説は参考になりました。

さらに、聖書の予言「エゼキエル書」の解説も読みたかった…!

2009/7/23(木) 午後 1:41 [ 流石埜魚水 ] 返信する

顔アイコン

こんいちは。
見てきました。予想以上に面白かったです。
Xファイルが好きだった私には良かったです。
迫力もありましたね。いやぁ〜想定外でした。
得した気分です(喜)

2009/7/24(金) 午後 1:35 dance 返信する

顔アイコン

もくれんさん。ほんと似たような作品って多いですよね。
確かに世の中に合わせてか、家族愛を描いたものが多くなってきて
いますね。

2009/7/25(土) 午前 0:11 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

sasuganogyosueさん。ありがとうございます。
あ・そうなんです。実はエゼキエル書もかなり気になってました。
そのうち調べたいと思います。

2009/7/25(土) 午前 0:12 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

danceさん。それは良かったです。
この手の作品は多くなってきていますが、家族愛や信じることに
重点が置かれていて良かったです。

2009/7/25(土) 午前 0:13 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

よからぬ噂?も耳にして 力入りましたが けっこう好みの映画になりました。
なんせ、ニコラス・ケイジさんですもの(^_^;)
遅ればせTBを〜。

2009/7/30(木) 午後 0:37 たんたん 返信する

顔アイコン

ジェットコースタームービーで、ハラハラどきどきさせられました。ラストはあーあするしかなかったんだろうか?別な展開にすると難しいのかな?

2010/8/18(水) 午前 1:06 mossan 返信する

人類滅亡の予言に、UFO、宇宙人、ノアの箱舟、アダムとイヴ、旧約聖書…盛り沢山のテンコ盛りでしたね^^; でも、映像技術は素晴らしいし、それなりに面白かったです♪

2011/7/11(月) 午後 10:15 やっくん 返信する

顔アイコン

たんたんさん。そうですね。良くないコメも多かったものの
私は好きです。
もっさんさん。そうですね。ラストは他にもありそうな・・

2011/7/11(月) 午後 10:47 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

やっくんさん。ほんとてんこ盛り。
でも映像がクールだしなかなか面白いですよね。

2011/7/11(月) 午後 10:49 car*ou*he*ak 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(37)


.


みんなの更新記事