Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

                       (c) 2009 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

   ***STORY***         2009年 イギリス
1966年、北海に浮かぶ船に高校を退学になったカールがやってくる。更正のため、母親に名付け親のクエンティンに預けられたのだ。この船は海賊ラジオ局で、クエンティンはその経営者。1日45分しかヒットレコードをかける時間がないBBCラジオに対し、24時間いつでもロックを流すこのラジオ局は若者に圧倒的な支持を受けていた。しかしその一方、政府はこの海賊ラジオ局を潰そうと画策しているのだった…。   gooより


10月24日(土)より公開されるこの作品。英国大使館にご招待いただいて、ひと足先に見てきました。
マイナーファンにもメジャー志向にも、そしてイギリスやロックが大好きな人は2〜3倍。
そうでない人もエンタメとして充分楽しめる作品でした!!。

イギリスでのロックの始まりは1962年、ビートルズの、翌年のローリングストーンズの
レコードデビューが原点でその後次々と色々なバンドがデビューしこの66年ころは
ブリティッシュ・ロックが絶頂期を迎えていました。
ところがイギリスではなんと民放ラジオが許可されてなくて、英国放送協会、いわゆるBBC
しかありませんでした。
これはアメリカのように多くのラジオ局が限られた周波数に集中して海賊放送に走ること
恐れたためとも、コンサートに足を運ぶ人が減ってしまうためとも言われています。
しかもクラッシックやジャズばかりでロックは一日45分間に制限されてました。

でもそういうことにガマン出来なかった人たちがイギリスの法律が適応されなくなる距離まで
船ごと沖合いに出て、そこから放送していたのです。
そんな昔のことではないのにこんなだったなんて・・びっくりです。

映画はその船に高校を退学になったカールが送り込まれるところから始まるのですが
今、あらすじ見て、あれ?更生のため??
正反対とも言っていいかもしれない、彼にとっては”オトナになるための”合宿のような
生活が待っていたのです。

もう〜すごいんです。彼らの生活が。
まあキャストのメンツをご覧になって想像がつくかとは思いますが、見事に個性派ぞろい。
しかもロック好きな人たちですからその生活たるや・・
いえいえみなさんちゃんとプロで業務はしっかりとこなしているのですが、特に
女性関係においてあらら・・・。
沖から離れてるというのに定期的にファンの美女軍団がやってきてモテモテ。
狭い船内なのに、まあ・・
もちろんみんながみんなそうではなくて、マジメに図鑑読んでる人とかもいます。
あ〜それにしても何て楽しそうなの!

ストーリーとしてはそんなところで起こるイザコザの様子や、アメリカからやってきたカリスマDJが
加わって一波乱あったり・・と飽きさせず展開していきますが、どんなことがあっても
彼らの友情は深まるばかりで、ひとつひとつのエピが効いています。

ところがもちろんこれはいくら法の目をくぐってるとはいえ当局は取り締まろうとしていますから
彼らは次々と手を打ってきます。
でもそれをかわして営業を続けていたのですが、ついに・・・


今現在、イギリスのラジオ放送局は299になりました。
日本でもデジタルのケーブルに加入していればテレビだけで70チャンネルくらいありますし
ラジオもインターネットも・・そしてビデオレンタルあります。
だからこの時のようにひとつの放送局を2000万人の人が聴いていたなんてことはすごいこと!!

映画の中でも看護婦さんたち、受験生たち、お店の人たち・・
みんながこの放送を楽しみにし、DJその他、出演者のことを知りつくしていたのですね。
しかもラジオっていうのはリクエストして、それが読んでもらえて曲がかかるという
いわば双方向性のものですからその一体感たるや私たちの想像を超えるものだったのでしょう。
60年代から70年代にかけて、ブリティッシュロックが最もホットだったとき
ひとつの社会現象。いえいえもっと大きなもので彼らの生活の必須アイテムだったといっても
いいでしょう。

ところでラストになって当局がやっきになって海賊放送を阻止しようとしていた理由が
もうひとつわかりました。
それはやはりロックというものはひとつの”社会に対する発言の場”でもあったのですね。
社会をかき乱してもらっては困る・・
そんな政府の思惑もあったのかもしれません。


キャストは豪華で個性派ぞろい。
中でも際立っていたのが、『シッピング・ニュース』『ノッティングヒルの恋人』では
ヒューさまの同居人だったリス・エヴァンス。
マイク食べちゃいそうにしてリスナーに話す様子はセクシーさ満開で迫力ありました。
また『カポーティ』、最近では『ダウト〜あるカトリック学校で〜』とはまるで違う顔を
見せてくれたのはフィリップ・シーモア・ホフマン 。
リス・エヴァンスとはまた一味違う路線のDJぶりがうまかったです。


**リチャード・カーティス(1956年11月8日 - )
ニュージーランド出身のイギリスを拠点としている脚本家・映画監督
『ミスター・ビーン』『フォー・ウェディング』『ノッティングヒルの恋人』
[『ブリジット・ジョーンズの日記』]とイギリス映画の中でも代表的なヒット作の脚本を担当。
監督さんとしては『ラブ・アクチュアリー』に続き、これが二作目です。

追記:今、英語サイトを見ていて気付いたのですが、ラスト近くで華やかに登場するカールの
お母さんがなんとエマ・トンプソンでした!
いつもの役とはガラリと違ってロックしちゃってるいでたちで、すごくカッコいいんです。
日本語のサイトにはどこにも載ってないのはナゼ?

原題:The Boat That Rocked
監督・脚本・製作総指揮: リチャード・カーティス
撮影: ダニー・コーエン
美術: マーク・ティルデスリー
衣装: ジョアンナ・ジョンストン
編集: エマ・E・ヒコックス
音楽: ニック・エンジェル
キャスト
フィリップ・シーモア・ホフマン
トム・スターリッジ
ビル・ナイ
リス・エヴァンス
ケネス・ブラナー
クリス・オダウド
キャサリン・パーキンソン
リス・ダービー
トム・ウィズダム


10.24(土)TOHOシネマズ六本木ヒルズ・みゆき座ほか全国ロードショー

閉じる コメント(51)

顔アイコン

オネムさん。え〜エマトンプソンだってすぐわかったのですか
それはすごい。私はまったくわかりませんでした。
全体にイギリスの豪華な俳優さんたち総出といった感じでした。

2009/11/19(木) 午後 9:18 car*ou*he*ak 返信する

お久しぶりです〜。
長〜いおさぼりから復帰して1か月、ぼちぼち映画の記事もやっと
出てまいりました。
この作品はサイコーでした♪DJ達は勿論、イギリスの老若男女が
ラジオから流れる音楽を楽しみにしているカットが随所に入るのが
とってもよかった。
時折ミュージカルのようになったりミュージックヴィデオのようになったりする編集もナイスでした。
遅ればせながら、TBさせてくださいね。

2009/11/20(金) 午前 1:03 shiromi 返信する

私も観てまいりました!早くから観たいとは思ってましたが(^^ゞ
いや〜観て良かったです、おしゃれでかっこいい映画でした!
○ズではありませんが…料理人に雇ってほしいって思いました(爆!)ロックって、DJってセクシーだわ〜v
ざっくりでミーハーな記事ですがTBさせてくださいませ♪

2009/11/24(火) 午後 2:39 ふぇい 返信する

顔アイコン

SHIROMIさん。こちらこそご無沙汰しています。
そうそうこれSIROMIさん好みですよね〜
当時みんながいかにあの放送を楽しみにしていたのかが
温かく伝わってきました。
そうでしたね。ミュージックビデオっぽいシーンもありました。
英国好きにはたまりませんよね。

2009/11/24(火) 午後 4:47 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

フェイさん。それは良かったです〜
これ単館なのがもったいなくて・・しかも早く終わってるようだし。
でも映画好き、英国好きにはたまりませんよね!!
はは・・あの人ね。紅一点でうらやましいですよね。

2009/11/24(火) 午後 4:49 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

キンクス、フー、ストーンズなどの曲は元気が出ました。イギリス英語、やっぱりきれいですね。

2009/11/29(日) 午後 10:09 mossan 返信する

顔アイコン

もっさんさん。イギリスロックにお詳しいのですね。
英語もきれいでした。

2009/11/29(日) 午後 11:45 car*ou*he*ak 返信する

都内に行く用事があり、観ることができました。。。
個人的には好みの作品です。マークが好きかな♪
トラバお願いします!

2009/12/8(火) 午後 8:04 くるみ 返信する

顔アイコン

くるみさん。マークですか 渋いとこきましたね。
これはとーっても素敵な作品ですよね。

2009/12/8(火) 午後 10:34 car*ou*he*ak 返信する

cartoucheさん、やっとオラが町にも来ただぁ〜(笑)
進富座☆万歳!!\(^▽^)/

めっちゃ楽しめたし興奮しましたぁ〜\(^▽^)/
もぅ、ずぅっとエアーギター弾きっぱなしでした(笑)
最後は、
”ロックンロール”って叫びそうになるくらい(≧∇≦)
この監督さんは、ホント、楽しませ上手!!

まさに、ブリリアントな作品やと思いました(^_^)v

2010/1/26(火) 午後 6:38 samo 返信する

アバター

文句なく楽しめた映画でした!
笑いだけでなくかなり盛りだくさんの内容でしたよね。
ちょっとうらやましいような楽しそうな船上生活でしたね。
TBさせてくださいね。

2010/2/3(水) 午後 9:48 木蓮 返信する

顔アイコン

samoさん。あ〜それは良かったです。
エアーギター〜カッコいいですね。
この監督さんほんとうまいし、楽しめました。
ブリリアントという言葉がぴったりですね。

2010/2/3(水) 午後 9:59 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

もくれんさん。そうですね。笑いだけれなく当時みんなが
いかにラジオを楽しんでいたのかよくわかる作品でした。
そうそう。船上生活楽しそうで参加したくなります。

2010/2/3(水) 午後 10:00 car*ou*he*ak 返信する

それぞれのエピソード面白かったです〜
そう!エマ・トンプソン!
格好よかったですよね〜
音楽もノリノリで楽しめました♪
TBさせてくださぃv(*´∀`*)v

2010/4/13(火) 午前 8:28 [ 翔syow ] 返信する

顔アイコン

syowさん。かなりエッチ系でしたがでもみんな愛すべき人たちで
エピも面白かったです。
でも何よりエマにはびっくり〜〜
ブリティッシュ・ロックも良かったですよね。

2010/4/14(水) 午後 9:46 car*ou*he*ak 返信する

観ているうちにリスナーの一人になっておりました(笑)
これやっぱりツボでした〜^^
そうそう、ラブアクの監督らしく、一つ一つのエピも丁寧に描かれていて、とっても素敵でした。
そそそ!私もラスト近くまでエマ・トンプソンわかんなかった〜(^-^;
こちらからもトラバさせてくださいね♪

2011/2/20(日) 午後 6:17 じゅり 返信する

顔アイコン

じゅりさん。そうそうリスナーの気分ですよね。
これは音楽モノだし、じゅりさんお好きそうって思ってました。
エマ・トンプソンってわからないですよね〜

2011/2/20(日) 午後 7:04 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

英国大使館で見たのですか!凄いですね!確か英国王のスピーチもそうだったんじゃないですか?凄いですね。
作品は愛情いっぱいに描かれえていて良かったですね。この監督さんが好きになりました。エマ・トンプソンは分からなかったなぁ〜。カルさん、凄いリサーチですね(笑)TBお返しさせてください。

2011/10/30(日) 午後 6:35 dance 返信する

顔アイコン

danceさん。あ・書き方が悪かったです。
英国大使館の中ではなく試写会場で見ました。
ほんと愛情いっぱいで楽しい作品。
また再見したくなってしまいました。

2011/10/30(日) 午後 8:50 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

これ、試写会ってうらやましいです〜

TBおねがいします。

2012/1/9(月) 午後 7:59 る〜 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(42)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事