Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

   ***STORY***
やり手の出版社編集長マーガレット(40歳)と、そのアシスタントのアンドリュー(28歳)。目的のためなら手段を選ばない“アラフォー”バリキャリ女子と、彼女に振り回されっぱなしの“草食系”男子は、3年間コンビを組んできた。主にアンドリューの忍耐力による二人の関係は、ある日突然に変化する。実はカナダ人のマーガレットがビザの申請を怠ったために、国外退去を命じられてしまったのだ。だが、そんなことでキャリアを諦めるマーガレットではなかった。最少の犠牲で最大の効果をあげる、究極のアイデアを瞬時に思いついた彼女は、アンドリューの腕をひっつかみ宣言する…「私とアンドリュー、結婚します!」   gooより

映画館で流れる予告をご覧になった方も多いと思いますが、あれで前半のあらすじはほとんど
わかってしまうし、ラストも完全ベタ系、いえまあよくいえば安定系でしょうか。
でもけっこう楽しめました!。

出版社に勤めるマーガレットは今まで自分の私生活を犠牲にしてまでも仕事に賭けてきて
今、40歳で編集長のポストに収まっています。
彼女が出社すると、みんなが通路を広げ、社内ネット上には”魔女が来た、来た・・”って
いうメッセージが流れるほどの”鬼”ぶり。

そんな彼女のアシスタント、というか秘書というか、使いっ走りというか・・が
この映画のもうひとりの主人公、アンドリューです。
しかしビザの申請でトラブったがため国外退去というハメに陥りそうな彼女が
とっさに選んだのはちょうど隣にいたアンドリューとの偽装結婚でした。

その昔、映画『グリーンカード』でこの偽装結婚について知ったのですが、そういう人が
跡を絶たないため、けっこう厳しく追跡調査されます。
個別に呼ばれて別室でそれぞれ相手の趣味や嗜好を聞かれたり、尾行されたり、いきなり
部屋に来られたり・・
その対策のため、ふたりは彼の故郷であるアラスカに週末行くことになりました。

アラスカと聞いて思い浮かべたのはアメリカ大陸、西海岸の最北端です。
一年中氷が張ってるところでトナカイに乗ったエスキモーがいる・・というイメージでしたが、
今ネットで調べたらそれは極北アラスカの話。
彼らが行ったシトカという街はアラスカとはいえ飛び地になってる南東部なのでかなり南。
つまりアメリカのシアトルの上がカナダのバンクーバーですがそのもう少し北=上なだけなのですね。
ああ・だからみんなうすいセーター姿だし、町もやたら垢ぬけているのでした。

そのシトカの町にある彼の実家は・・
このあたりがさすがアメリカのラブコメでお約束通りのリッチな雰囲気。
しかもそんな一回りも上の嫁なんて・・とイジワルされるかと思いきや・・


この映画は恋愛映画というか、どちらかというと三世代に渡る女性同士の情愛モノでした。
ワケあって疎遠になっていたアンドリューが帰ってきてくれたっていうだけでもう彼女に
感謝していたのですね。
もちろん最初は”女の子”がタラップを降りてくるのかと思ってたのに、そこに現れたのは
ピンヒールはいたやたら荷物の多いキャリアウーマン。

ところがマーガレットという人は確かに仕事に於いては厳しくてオニっぽかったけれど、
意外に基本的にはとても素直で、情の厚い人。
お母さんとおばあさまに接し、大事にされ、しかもアラスカの大自然に魅せられていくうち
ピンヒールをスニーカーに履き替えるように、段々と心を開いていったところが素敵でした。
女性ってやはりこういう”かわいらしさ”が必要ですね。
そして三世代の女性がこんな風に尊敬しあい、いたわりあえるって最高です。

あ・アンドリューくんのこと忘れてましたが、彼もまた普段と違う、素直でかわいらしい
マーガレットのかわいらしさに気付き始め・・
たった4日前には会社でアゴで使われていたのに、いつのまにか彼がたくましく見えていく
ところなども良かったです。


そういえば今年、『扉をたたく人』『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』と続けて移民問題を
主題にした映画を見ましたが、やはりアメリカにとっては大きな問題。
前二作はシリアスで重たい作品でしたが、こういう描き方もあるのですね。

**アン・フレッチャー監督(Anne Fletcher、1966年5月1日 - )**
アメリカ合衆国の映画監督及び振付師。
15歳の時にプロのダンサーとしてデビューし、ダンサーとして『マスク』や『チアーズ!』などに出演
されてますからご自身も美しい女性です。
また、『ブギーナイツ』や『恋は邪魔者』、『40歳の童貞男』などの振り付けも手がけてます。
『ステップ・アップ』で映画監督デビュー。
[『幸せになるための27のドレス』]も良かったです。


監督: アン・フレッチャー
脚本: ピーター・チアレッリ
撮影監督: オリヴァー・ステイプルトン
音楽: アーロン・ジグマン
衣装デザイン: キャサリン・マリー・トーマス
キャスト
サンドラ・ブロック
ライアン・レイノルズ
ベティ・ホワイト
メアリー・スティーンバージェン
クレイグ・T・ネルソン
オスカー・ヌニェス
マリン・アッカーマン

閉じる コメント(48)

移民や国際結婚に関してはまったくの無知だったんでσ(・ω・。)、マジで!?そんなに!?と驚いちゃったよ。
ベタで展開も読め読めなんだけど、やっぱおもしろいよねぇ〜〜。分かってるのに、どうするの?どうなっちゃうの??ってドキドキしたりして♪
サンドラ、かなりいい歳なのに、あの全裸といい、まだまだキュートですねぇ〜
ここ最近では一番楽しめたラブコメでしたっ
TBさせてね(。・ω・)ノ゙

2009/10/20(火) 午前 9:42 ハイダウェイ

顔アイコン

hideawayさん。ほんとこれ最初から全部読めてしまうのに
すっごく楽しいですよね。
サンドラは45歳って信じられません。
アメリカのグリーンカード問題ってむずかしいですね。

2009/10/20(火) 午前 9:59 car*ou*he*ak

ベタなラブコメが好きな者としては・・・お約束の展開で楽しめました♪
サンドラのコメディエンヌぶりは最高だし、しかも、セミヌード披露でサービス満点!
相手役のスカヨハの旦那様ライアンもへタレ役がお似合いで良かったです^^
トラバお願いします!

2009/10/20(火) 午後 7:49 くるみ

顔アイコン

これは面白かったですよね。そそ、完全ベタ系なのに最後まで楽しめる。。ハリウッドコメディってのは廃れないですよね。
サンドラの体当たりな?演技もすっごく良かったです。
記事アップしたらまた来ますね^^

2009/10/21(水) 午後 0:50 SHIGE

顔アイコン

くるみさん。ラブコネってベタでもやっぱり楽しいですよね。
サンドラって最近特にコメディーが似会いますね。
ライアンも好演でした。

2009/10/21(水) 午後 11:48 car*ou*he*ak

顔アイコン

SHIGEさん。ハリウッドのラブコメってやっぱり真似できないところがありますよね。ベタでも楽しくて仕方ないし・・
サンドラってこういう役もとっても上手〜
記事書かれたらTBくださいね〜

2009/10/21(水) 午後 11:49 car*ou*he*ak

見てきました〜(≧∇≦)
楽しかったですね〜
サンドラのちょぃちょぃ見せる女性的な部分が見てて
可愛いし、もう大好きです( ´艸`)ムププ
TBさせてください

2009/10/23(金) 午前 9:11 [ 翔syow ]

顔アイコン

マーガレットは「魔女」呼ばわりされていた割には可愛らしいところがいっぱいありましたね。
サンドラは45歳でラブコメ&セミヌード・・・頑張ってますね〜
TBさせてくださいね。

2009/10/28(水) 午前 0:29 Swan

顔アイコン

Syowさん。仕事バリバリの女性がふと見せるかわいらしさって
とってもいいですよね。
素直だからこそ幸せをつかめました。
私もなかなか好き

2009/10/28(水) 午後 5:46 car*ou*he*ak

顔アイコン

Swanさん。そうなんですよね。魔女って言われていたわりには
女性的で素直。
だからこそ愛されたのですよね。
ほんと45歳でこの演技はあっぱれです。

2009/10/28(水) 午後 5:47 car*ou*he*ak

この設定の、ラブコメって、アメリカらしい感じですね。
サービスショットまで、出したサンドラもすごいですが、
おばあちゃんもかわいかったですね。

2009/10/29(木) 午後 11:09 [ ティルク ]

顔アイコン

ティルクさん。ほんと全体にすごくアメリカ〜って感じが
しました。サンドラのコメディエンヌぶりもすごかったですね。
あ・そうそう。おばあちゃんもいい味でした。

2009/10/30(金) 午前 0:02 car*ou*he*ak

機内で楽しく観てきました。アップできましたので、TBさせてくださいね。

2009/10/30(金) 午後 9:07 アンダンテ

顔アイコン

アンダンテさん。はい。ありがとうございます。

2009/10/31(土) 午後 5:43 car*ou*he*ak

顔アイコン

定番コメディの中ではアンドリューの両親を演じたクレイグ・T・ネルソンとメアリー・スティーンバージェンがいい感じに年を取ってるのが印象的でした。スティーンバージェンは昔から若さは今イチですが、その分年を取らないなあって感心。彼女、シリアスもコメディもこなすうまい女優さんだと思います。TBさせてください。

2009/11/3(火) 午後 8:38 [ einhorn2233 ]

顔アイコン

einhorn2233さん。そうですね。ご両親もとても上品で素敵にトシをとられてました。なかなか面白い作品ですよね。

2009/11/3(火) 午後 11:52 car*ou*he*ak

顔アイコン

こんばんは!
単純明快なストーリーで思った通りの映画ですが、でもサンドラ・ブロックとライアン・レイノルズの絶妙な掛け合い、サンドラの体張った演技(笑)のお陰でとても楽しめました♪
やっぱりサンドラはラブコメが似合います^^
TBさせて下さい!

2009/11/22(日) 午後 9:35 [ Mr.potatohead ]

顔アイコン

Mr.potatoheadさん。そうそう、展開はベタなのですが、サンドラにかわいげあるし、展開もなかなか楽しめました。
ラブコメ、似会いますよね。

2009/11/29(日) 午後 3:43 car*ou*he*ak

完全ベタ系も、こういう秀作を観ると凄く癒されるのを感じます^^
サンドラの魅力全開で、最高でした♪
「三世代の女性がこんな風に尊敬しあい、いたわりあえるって最高
」本当ですよね、微笑ましかったです!
TB,させて下さい☆

2010/4/30(金) 午前 0:57 A☆co

顔アイコン

A☆COさん。ほんとベタですよね(笑)
それなのに許せるっ!
やはりベタつかないサンドラの魅力あってこそでしょうか
他のエピもなかなかグッド。

2010/4/30(金) 午後 9:10 car*ou*he*ak

開く トラックバック(29)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事