Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

*戦場でワルツを*

イメージ 1

   ***STORY***
2006年のイスラエル。映画監督のアリは、友人のボアズから26匹の犬に追いかけられる悪夢の話を打ち明けられる。若い頃に従軍したレバノン戦争の後遺症だとボアズは言うが、アリにはなぜか当時の記憶がない。不思議に思ったアリは、かつての戦友らを訪ね歩き、自分がその時何をしていたかを探る旅に出る。やがてアリは、ベイルートを占拠した際に起きた「住民虐殺事件」の日、自分がそこにいたことを知る…。    gooより

”今年見るべき1本”と評価されてる作品。
中東問題に弱いので後回しにしていたのですが、やはりそう言われるだけある作品で
特にラストは衝撃的。見てよかったです。

アニメーション・ドキュメンタリーと呼ばれる作品で、まずビデオで普通に撮影、編集
してからアニメ化されています。
輪郭が強く、ビュッフェの版画のような感じで、すごくスタイリッシュで美しいシーンお
たくさんあります。
でも描かれているのは重く、苦しいのもので、人間の記憶について色々と考えさせられます。

私の母は東京で戦禍にあい、家が焼かれて逃げまどいました。
小さなころは防空壕で親せきが亡くなってしまったことや逃げるときの様子など生々しく
話してくれて覚えているのですが、あるときからその内容が変わってきてることに
気づきました。
単にボケかと思っていたのですが、アリのようにあまりに辛かったことは段々と
封印してしまっているのかもしれません。

そのように人間の記憶ってあいまいで頼りないものですが、それは自己防衛機能とでも
いうべきもので決して悪いことではなく、身体や精神を守るものでもあるのかもしれません。

でもこの作品ではそこをあえて自分で掘り起こしていく・・という作業をし、観客である私たちも
彼と一緒にその旅に参加することになるのです。
そうするとそれは82年のレバノン侵攻やサブラ・シャティーラの虐殺について
原因があることがわかってきます。
しかし・・私この問題についてのことは知識がなくて、わからなくて・・・
この映画はちゃんとエンタメとして出来ているので、詳しくなくても大丈夫ですが
やはり知っておくと理解度が深まることでしょう。

話が進むにつれて色々なことが明らかになっていくのですが、しかしこれは
武装してない一般の女性や子供たちまでもがいとも簡単に虐殺されていて、ひどいこと
だったのですね。
それもホロコーストで苦しんだユダヤ人が・・というところが引っかかるし、許せません。
自分たちがあんな想いをしたのにどうして他人にそんなことができるのでしょう。

事実以外で気になったことは兵士とカメラマンや記者などジャーナリストの人たちとの
受け止め方の違いです。
兵士たちはその後口をつぐんでしまいますが、ジャーナリストたちは雄弁になります。
もちろんそれが仕事だし、世界に伝えなくてはいけないのですが、やはり自分が
人を殺してないからこそできることなのでしょう。
カメラマンさんがファインダーを通して戦争に接しているときには戦場にいても
客観的だったのに、ある光景を見てしまってからは、精神的にダメージを受けてしまった
シーンが印象的でした。
もちろん私たちだってそうで、いくらどこで戦争が起きてもごはん食べながら見てたり
するのですよね。矛盾を感じるけれど、仕方ないっていうか・・

そんな映像の積み重ねの後のラスト・・
カメラマンさんと同じような体験を私たちはすることになり、それまで客観的だった痛みが
ダイレクトに襲ってきました。

ゴールデングローブ賞外国語映画賞、全米映画批評家協会賞最優秀作品賞、
セザール賞外国語映画賞、国際ドキュメンタリー協会賞長編ドキュメンタリー章受章。
アカデミー賞外国語映画賞や英国アカデミー賞外国語映画賞、にノミネートされました。

監督・脚本・音楽・声の出演
アリ・フォルマン

閉じる コメント(33)

顔アイコン

これはとても見たい映画です。結局民族紛争って根が深いので難しいですよね。
アニメですが、映像的にもよさそうなのでそう云う点も注目です。

2009/12/24(木) 午前 3:20 [ miskatonic_mgs_b ]

顔アイコン

じゅりさん。『おくりびと』の受賞は嬉しかったですが
本当はこちらが良かったような・・
中東問題はむずかしいですが、ちゃんとエンタメになってます。

2009/12/24(木) 午前 9:44 car*ou*he*ak

顔アイコン

miskatonic_mgs_bさん。はい。表面的にはむずかしくないのです
けれど、やはりちゃんと知ってないとわからない部分が・・
DVDで再見しないといけません。
アニメといってもかわいらしくなく、切り絵のようで
とっても素敵です。

2009/12/24(木) 午前 9:45 car*ou*he*ak

心にズシンととても重くのしかかった作品でしたね。
忘れたいけど忘れちゃいけない。そしてそれを映像にして残し伝えたって凄いって思いました。そしてエンタメ性ありでアニメーションとの融合ってほんと〜意外だってし素晴しい作品でしたね。TBお願いいたします。

2009/12/24(木) 午前 11:20 ひかり

顔アイコン

ひかりさん。ちょっと背景がむずかしい部分もありましたが
といってエンタメ度もあり、見ごたえありました。
そうですね。他国のことだからといって忘れてはいけません。
アニメのこういう使い方もすごいですね。

2009/12/24(木) 午後 5:40 car*ou*he*ak

そのスタイリッシュなアニメで楽しめてしまった分、最後が衝撃的でした。
単館系なので、ちょっと遠くの映画館だったんですけど、わざわざ足を運んだ甲斐がありました。
TBさせてください。

2009/12/24(木) 午後 10:42 daisygips

顔アイコン

劇場で観ちゃいました〜。^^
これは監督の想いがしっかりと届く作品でしたね〜。
手法としては斬新だったと思いますが、戦争映画として思うことは同じでした。 考えさせられる一作ですね。
TB、お願いします。^^

2010/1/3(日) 午後 0:58 サムソン

顔アイコン

デイジーさん。前半はというかほとんどクールなアニメで
ワンクッションあったのにラストで現実が・・
とてもショッキングでした。
単館なのが残念ですよね〜

2010/1/3(日) 午後 1:57 car*ou*he*ak

顔アイコン

サムソンさん。ご覧になったのですね。
そうそう。やはり当時生で体験された監督さんだからこその作品
でした。戦争の悲しさ、悲惨さがひしひしと伝わってきましたね。

2010/1/3(日) 午後 1:58 car*ou*he*ak

やっと、最終日に観られました〜(^^ゞ
人の本質的な身勝手さ…歪められた記憶を手繰り寄せる…
どちらの側にも及ぼす戦争の代償を描いて、シンプルにして大胆でした。
90分に収まってるのも凄いですね!観られて良かったです。
TB下さり、有難うございました。お返しさせて下さいね〜♪

2010/1/17(日) 午後 2:59 ふぇい

顔アイコン

フェイさん。人や国って結局自分のことばかり考えているのですよね
アニメという手法があったからこそ表現できてることがたくさんで
とても良かったです。

2010/1/19(火) 午後 5:56 car*ou*he*ak

顔アイコン

辛い記憶を忘れるってやはり自己防衛機能ですよね。
そうでなければ人間生きていけません。
そこをあえて掘り起こしていった監督さんに頭の下がる思いです。
ラストはホント衝撃的でした。
TBさせてくださいね。

2010/5/26(水) 午後 8:43 Swan

顔アイコン

Swanさん。そうですね。人間の忘却機能って良く出来てると
思います。
でもそれをちゃんと見つめ直し、こうして映画化された監督さん
素晴らしいですね。

2010/5/26(水) 午後 8:59 car*ou*he*ak

顔アイコン

あたかも戦場にいるかのような臨場感をもったアニメーション映画でした。TBさせてください。

2010/8/24(火) 午後 11:26 mossan

顔アイコン

もっさんさん。ほんと臨場感がありましたよね。

2010/9/29(水) 午後 3:52 car*ou*he*ak

顔アイコン

映画としてのバランスも良くて、音楽の使い方も面白い作品でした。
やはり、この映画の興味深い点はレバノン侵攻をイスラエル人の側から描いている事ですね。
今この時代のレバノンを扱った映画は多いのですが、その辺は時期的な問題かもしれません。
>それもホロコーストで苦しんだユダヤ人が・・
と云う点はこの間とても興味深いドキュメンタリーを見ました。その事についても記事で少々触れています。
どんなに不況でもこう云う作品を配給するのは止めないでほしいですね。
TBさせてくださいね。

2011/2/21(月) 午前 5:47 [ miskatonic_mgs_b ]

顔アイコン

miskatonic_mgs_b さん。アニメだからこそ見られた作品でした。
これ実写だったらたまらないですよね。
そちらの記事でわからなかった背景が少しクリアになりました。
ホロコースト症候群!!知りませんでしたがそんなこともあるのですかそういうのって許せませんね。
そうですね。マイナーレーヴェルの会社が倒産してますが、こういう作品を供給してほしいです。

2011/2/21(月) 午後 5:16 car*ou*he*ak

アバター

アニメーションでなければ見てなかった題材なので、そおいう意味では効果的だったのかもしれませんね。
これは現実なんだというラストも効いてました。
TBさせてくださおね。

2011/4/24(日) 午後 11:13 木蓮

顔アイコン

もくれんさん。ほんとこれ実写だったら重すぎて
見られなかったかもしれません。
ラストが効いてますよね!

2011/4/24(日) 午後 11:16 car*ou*he*ak

顔アイコン

やっと観ました。
なるほど、最初にビデオ撮影してからアニメ化していくのですねー。
私も中東事情に疎くて後回しにしていましたが、そこで起きていたことの凄惨さに衝撃を受けました。「知らない」「わからない」ではすまないなとも思いました。
TBさせて下さいm(_ _)m

2012/3/27(火) 午後 9:39 M

開く トラックバック(23)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事