Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

*Dr.パルナサスの鏡*

イメージ 1

   ***STORY***
現代のロンドンに奇妙な舞台と旅芸人の一座が現れる。1000歳以上という老人のパルナサス博士、娘のヴァレンティナ、曲芸師のアントン、そして小人のパーシーが一座のメンバーだ。ある晩、博士の前に悪魔のニックが現れる。博士はかつて悪魔と不死と引き換えに、「娘が16歳になったら差し出す」取引をしていた。一方、ヴァレンティナは橋で若い男トニーを助ける。記憶喪失の彼はそのまま一座に加わるが、それは悪魔の企みだった。   gooより


モンティー・パイソン・シリーズの元演出家で、夢と現実、嘘と真実の境目が
あいまいになってしまったところでもがく主人公を描くのが得意なテリー・ギリアム。

その彼の作品になくてはならないのがヒース・レジャーで、この作品でもナゾの青年トニー役でした。
ところが現実の世界を撮り終えたところで急死・・
このトニー役は舞台の前にに集まった人たちをするりと鏡の中へと誘い込む役目でした。

そこで監督さんが思いついたのは、幻想世界では、鏡に入った観客の人の願望に従って
トニーの容貌も変化するということ。脚本を大きく変えることなく撮影は進められました。

その役をまず最初に受けたのがジョニー・デップ。
それに続き、ジュード・ロウ、コリン・ファレルもこのある意味で大変名誉なこの役を
引き受け、そのギャラをヒースのお子さんに贈りました。

この映画のメインストーリーはとてもシンプルなのですが、ひとつひとつのシーンは
決して直球ではありません。
元々この監督さんは単館系の人たし、上の二点がわかってないと頭の中が少々??に
なるかもしれませんのでご注意。


ヴィクトリアン調な旅芸人の一座の舞台には鏡があり、それは別世界へとつながっていて
それをひとつの売りモノにしてました。
彼らが舞台を終えて引き揚げるときに橋のたもとで発見したのが、縛り首になっていた
青年トニー。
なんだかいわくがありそうですが、そのまま連れて帰り、そのうちその一座に彼も
加わるようになっていきます。

この鏡の中の世界はほんと独特!
今までたくさんのファンタジーものを見てきましたが、それでも驚くような美しさ。
ちょっとダークさもあって個性的です。

特にある日の、多分ロンドンで一番豪華で美しいショッピングアーケードでの舞台に
集まってきたのは高価なアクセサリーを身に付けた上流階級の人と思われるご婦人がたでした。
テリー・ギリアムの作品によく出てくるのが、こういうおばさま方。
いつも彼の批判の対象らしくて、『未来世紀ブラジル』での扱いに似ていて
彼女たちがひとりづつ鏡の中に入るとトニーは、ジョニー・デップやジュードへと
変わっていくのでした。
こういうシーンも甘いかと思えばかなりキビシくてその人の持ってる”本質”を
みせつけられてしまいます。

そして・・

この後の展開もこれまた彼の作品のモチーフのひとつである
”報道は真実か?”とか
”選択”
とかが出てきて、スリリングでとってもワイドな映像とともに描かれていきます。
そして最後は厳しくもあり、安堵もあり・・

私は元々テリーギリアムのファンなので楽しめましたが、少々クセありで最後まで
行くので、戸惑う方も多いかもしれません。

紅一点、博士の娘役がリリー。
スタイルバツグンだけれどお顔が丸くてかわいい・・
プラダ、シャネル、エルメスなどのスーパーモデルですが、ケンブリッジ大学でお勉強中で
まさに才色兼備です。

監督: テリー・ギリアム
製作総指揮: デイヴ・ヴァロー
ヴィクター・ハディダ
脚本: テリー・ギリアム
チャールズ・マッケオン
撮影: ニコラ・ペコリーニ
衣装デザイン: モニク・プリュドム
編集: ミック・オーズリー
音楽: マイケル・ダナ
出演:
ヒース・レジャー
クリストファー・プラマー
ヴァーン・トロイヤー
アンドリュー・ガーフィールド
ジョニー・デップ
コリン・ファレル
ジュード・ロウ

閉じる コメント(69)

顔アイコン

marrさん。縛り首のシーン、びっくりでしたよね〜
なるほど。そうですね。悪魔が悪いときめつけてしまってますが
実はそうではないかもしれません。
ギリアムですからそのくらいひねってあるのかもしれませんね。

2010/1/31(日) 午後 10:28 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

私に分かるかしら?と若干不安でしたが、モンティ・パイソンテイストが好きなせいか、映像にストーリーにキャストと楽しめました。いろんなメッセージが隠されていたと思いますが、それが全部分からなくても、はたまた自分なりの解釈で観ても楽しめるストライクゾーンの広い作品だったかな?と思います。
TB頂きますね♪

2010/2/3(水) 午前 0:23 M 返信する

顔アイコン

Mさん。私もたくさんのメッセージのほとんどわかってないと
思いますが、それでも充分楽しめました。
ほんとそうですね。ストライクゾーンの広い・・という言い方が
ぴったりです。

2010/2/3(水) 午後 5:32 car*ou*he*ak 返信する

こんにちは☆

ストーリーが難解で自分には合いませんでした^^;
世界観は素敵でした♪

2010/2/7(日) 午前 4:03 れじみ 返信する

アバター

遅ればせながら、観て参りました^^v
これはもう、趣味趣味な作品で、もう、ギリアム・ワールドどっぷりでした〜〜♪
ヒースの遺作に相応しい、伝説の作品になりそうですね☆
ストーリーが地球を回しているんですね。。。

2010/2/7(日) 午後 10:37 紫桜 返信する

顔アイコン

rejimiさん。確かにこれ独特の世界なのでわかりにくいかも
しれませんね。そういう意見もあると思います。

2010/2/8(月) 午後 8:52 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

紫桜さん。ほんと趣味〜の世界ですよね。
これはどっぷりかちっともか・・どちらかになるようです。
確かにこれは遺作としてもずっと語られるようになるでしょうね。

2010/2/8(月) 午後 8:54 car*ou*he*ak 返信する

トラバお返ししますね♪

2010/2/8(月) 午後 9:02 れじみ 返信する

鏡の中なら演じ分けられても違和感が無かったですね〜
もしもヒースが全編演じていたらどんなかんじだったろう?と思うと切なかったですけど・・。
キャストがそれぞれ魅力的で、映像も楽しめました♪
'選択'がキーになってましたね。人間、欲望にばかり流されていてはダメですね^^;
TB,させて下さい☆

2010/2/11(木) 午前 0:51 A☆co 返信する

顔アイコン

rejimiさん。はい。ありがとうございます。

2010/2/12(金) 午後 5:28 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

A☆COさん。ほんとすごいアイディアですよね。
私もファンではないのにヒースが出てくるたび、悲しくなって
しまいました。
ほんとそれがこの映画のメッセージですね。

2010/2/12(金) 午後 5:30 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

こんばんは。テリー・ギリアム監督が創り出す世界は、本当に摩訶不思議でしたね!メルヘンでいて、ブラックなところもあって、とても面白かったです(^o^)。クセのある男を演じるヒース・レジャーは、改めて素晴らしい俳優さんだったんだなってしみじみ思いました☆トラバさせてくださいね♪

2010/2/24(水) 午後 8:43 re_re 返信する

顔アイコン

re_reさん。ほんとこの監督さんの作品の持つ世界観は独特。
メルヘンっぽくもダークっぽくもありましたね。
私も特にファンではなかったのですが、彼の姿が出てくると
悲しかったです。

2010/2/24(水) 午後 9:11 car*ou*he*ak 返信する

友達との約束があって(2/22)にやっと観ました〜v
ギリアム大好き!の2人で観たので盛り上がりました‼(笑)
ヒースは現実世界のPartを撮り終えていて…上手く繋げることが出来て、本当に良かったですよね。もういないなんて残念です。。
トム・ウェイツは年取ったけど…傘さして雲に乗る姿とか最高!
コリンはちょっと濃いですが(笑)、観てると気にならなくなって^^;
ジュード・ロウの梯子の竹馬は、ダリ?、とか…(爆!)
面白く、ギリアム世界を堪能しました‼
遅くなりましたが…TBさせて下さいね〜♪

2010/2/25(木) 午前 9:23 ふぇい 返信する

顔アイコン

フェイさん。やはりギリアム、お好きですか。
近未来モノもすごかったけれど、こういうダークめの
ファンタジーの世界も独特ですよね。
ほんと私ヒースのファンではないですが、寂しくて仕方ありません。
もったいないですね。
あ・そうそう。ダリっぽいところもありました。

2010/2/25(木) 午後 10:17 car*ou*he*ak 返信する

ヒース最高!!
ということで、本当にこの映画が公開されて良かったです。それだけで嬉しいですね。
たくさんの人に愛されていたヒースだからこそ、無事に完成した「愛」の詰まった作品だと思います。
ギリアムの苦労話も入れた私の駄目文レビューでよろしければ・・・TBさせてくださいませ〜♪

2010/3/31(水) 午後 5:43 映画大好き人間 返信する

顔アイコン

こうして作品が友人たちによって完成して公開され観客が喜ぶ姿を見てきっとヒースも喜んでるだろうな。
TBさせてください。

2010/4/2(金) 午後 1:06 かず 返信する

顔アイコン

映画大好き人間さん。ほんとヒースって最高。
みんなの友情の温かさも感じる素晴らしい作品でした。
苦労話も書かれてるのですね。
これから拝見します。

2010/4/2(金) 午後 7:23 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

かずさん。そうですね。ヒースも天国でとても喜んでいる
ことでしょう。ヴァリエーションが豊かでより魅力的な作品に
なってました。

2010/4/2(金) 午後 7:24 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

あたしは、途中の警察官にギリアムかんじてしまいました〜

TBおねがいします

2012/1/29(日) 午後 0:55 る〜 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(53)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事