Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

*プレシャス*

イメージ 1
     ***STORY***                    2009年  アメリカ          ニューヨーク・ハーレムに暮らす16歳の黒人少女プレシャスは、二人目の子どもを妊娠していた。二人とも、実の父親に性的虐待されてできた子どもだ。彼女は実の母からも虐待を受けている。妊娠の事実が学校に知れ、プレシャスは学校を退学になる。代替学校に通い始めたプレシャスは、レイン先生と出会い、文字が読めるようになり、自分の感情を文字で人に伝える方法を知る。そして、劣悪な環境から抜け出そうと戦い始める…。           gooより
 
ニューヨークのハーレムでソーシャルワーカーや教師をした経験を持つ女性詩人のサファイアの原作。
『チョコレート』を製作後、、『サイレンサー』で監督デビューし、これが二作目となります。
 
と〜っても良かった!今年のベスト入りです。
1987年のハーレムを舞台が舞台。プレシャスはかなり肥満し、お世辞にもかわいいと言えない
外見の上、ほとんど文盲。そのうえ二人目の子供をみごもってることが学校に知れ、退学処分に
なってしまいます。
でもすごいのはそんな彼女を引き受けるオルタナティブスクールがあること。
そこにはプレシャスと同じくらいの年齢の少女たちが通って来ているのですが、どうしたわけか
彼女たちも見事に落ちこぼれてしまってます。
普通の公立の学校では決して発言できなかったプレシャスがまず人前でしゃべれるようになるところが
早くも感動的。文盲であることも発言しなかったことも日本では考えられませんが、実際あるのですね。
 
あ〜それにしてもお母さんもヒドイ!!
レイプしたお父さんだけでも充分なのにそのうえ、お母さんも生活保護を受けて、何もせずテレビを見て
プレシャスにゴハンを作らせ、罵るだけの毎日。
実際アメリカにはこういう家庭もあるようですが、そんな親の元で育てられた子供には
明るい未来などなくなってしまいます。
 
ところが彼女がラッキーだったのはオルタナティブスクールの先生と福祉課のケースワーカーの人が
プレシャスを見捨てなかったことです。
特にレイン先生は特別に個人レッスンするのですが、まずアルファベットを読ませ、dayがデイ・・と
ひとつひとつ根気良く教えていきます。
しかもお母さんの元い帰れなくなってしまったプレシャスを個人的に面倒見てくれるのですが
美しく、聡明なレイン先生にも社会的に負になる状況であることも明かされるところもうまいです。
 
この映画のクライマックスはプレシャスの出産かと思いきや、その後、ラストのお母さんの独白に
ありました。確かにヒドイお母さんではあったけれど、彼女なりに辛かったのですね。
同情もできますし、感動的!!
 
そしてラストは非常に残酷でもあり、明るい未来を暗示させるものでもあり・・と
観客の想像に委ねられてるところもとても良かったです。
 
 
それにしてもあるひとりの男性のケタ外れの傲慢さとワガママにより、普通に幸せに暮らせるはずだった
一家が不幸のドン底に・・
そのお父さんにも事情があったかもしれませんが、といってこんなことは決してしてほしくないですね。
またどこの国でもかかわらず、教育がないということは未来がありません。
働くにしても文字が読めなければ就ける仕事は限られてしまいますからどんな子でもひとしく
教育の場が与えられ、また落ちこぼれてしまった子たちを受け止める場がありますように・・
 
全編にわたりハーレムでの暮らしぶりもみんなの状況も悲惨で暗いので、普通なら見づらい映画になります。
ところがこの映画のいいところは冒頭からラストに至るまで、
何かのパーティーに招ばれてフラッシュを浴びてるシーン、
イケメンの彼がピカピカのバイクで迎えに来てくれるシーン、
雑誌のモデルさんになって撮影されてるシーン・・
とプレシャスの夢物語が挿入されてるいるので、見てる方としては一瞬でも華やかさで楽しい
気分を味わうことができエンタメ性が高くなってます。
 
これを見ながら思い出したのは、『しあわせの隠れ場所』 です。
きちんとした教育を受けられない子供へ手を差し伸べる話で、こういう人たちが実際いるということに
希望がありますし、また映画としてどちらもベタつかずただのお涙ちょうだいモノになってない
ところが素晴らしいです!!
 
2009年1月のサンダンス映画祭でプレミア上映され、最高賞にあたる審査賞グランプリと、
観客賞など3部門で受賞。
5月には第62回カンヌ国際映画祭のある視点部門に出品されました。
9月のトロント国際映画祭でも最高賞にあたる観客賞を受賞。
第82回アカデミー賞で脚色賞・助演女優賞を受賞(コメディアンのモニーク)
 
また、ソーシャルワーカー役でマライア・キャリーが出てるのですがほとんどノーメイクで、
プレシャスの話を涙ぐみそうになりながら静かに聞く姿がとってもいいです。
看護士役でミュージシャンのレニー・クラヴィッツが出演。
 
 
 
監督・脚本 : リー・ダニエルズ 出演 : ガボレイ・シディベ 、 モニーク 、 ポーラ・パットン 、 
マライア・キャリー 、  シェリー・シェパード 、 レニー・クラヴィッツ

閉じる コメント(47)

コメ&TBありがとうございました(^0^)
酷い母親でしたね(-_-;) どんな理由があろうと許せないです。
プレシャスはもっと小さい頃から虐げられていたのだと思うと・・・
あんな運命の子供たちがもう出てこないよう願いたいです。
人生には「出会い」「教育」「愛」が大切ですね!
しかしラストは光が見えつつも残酷でもあった、プレシャス頑張れ!
私からもTBお願いしますね♪

2010/5/7(金) 午後 2:13 [ Golgo15 ]

私も今年のベスト入り確実です。暗いお話なのですがなぜか希望や人間って案外強いって思わせてくれて良かったです。
そう泣かせようとしたり変にべたついてないところが良かったですね。私も幸せの〜を思い出しました。
そそ母親役のモニークの激白の場面の迫力凄かったですね。
TBお願いいたします。

2010/5/7(金) 午後 2:37 ひかり

予告を観て、重そうだとかなり覚悟していきました。
でも確かに悲惨過ぎるくらい悲惨な話なのですが、それを上回って強い希望の光も感じられるいい作品でしたね。
私も頑張らないと!と思いました。
TBさせてください。

2010/5/16(日) 午後 6:36 daisygips

顔アイコン

L&Pさん。まさにそうですね。出会い、教育、愛・・
子供は自分で環境を選べませんからかわいそうです。
お母さん、理由があるにせよひどかったですね。
でも何か希望を感じる作品でした。

2010/5/17(月) 午後 11:44 car*ou*he*ak

顔アイコン

ひかりさん。ひどい環境だし、お話も暗い・・
それなのになぜか希望を感じさせてくれました。
お涙ちょうだいっぽくないところがいいですよね。
モニークの激白場面も迫力ありました。

2010/5/17(月) 午後 11:46 car*ou*he*ak

顔アイコン

デイジーさん。暗くてヒドイ話なのに挿入される夢想シーンが
あるからか、常に前向きなプレシャスのおかげなのか
希望を感じられる作品でした。

2010/5/17(月) 午後 11:47 car*ou*he*ak

この悲惨な状況に絶句しましたが、プレシャスが負の連鎖を断ち切って、愛を見つけていくのが感動的でしたね。
ほんとほんと、どんな子供にも等しく教育の場が与えられる社会になってほしいですね。TBさせてくださいね。

2010/5/20(木) 午前 11:54 + kuroneko +

いつも後ろの席だったのに、フリースクールでは1番前の席に。そして自分から発言したりと、良き先生に出会って、少しずつ変わっていきましたね。家庭内では精神的にも肉体的にも苦しめられていて、逃げ道が無くてかわいそうでしたが、芯のが強い子で良かったです。妄想シーンも、10代の子らしさがありましたよね。ほんと、お母さんが怖かったですね。。。素晴らしい演技でした。TBさせてくださいね。

2010/5/23(日) 午前 2:03 [ - ]

顔アイコン

くろねこさん。すごく悲惨な状態なのにプレシャスが前向きに
生きていこうとするので救われました。
世界中の子供たちがちゃんと教育を受けられるといいですね。

2010/5/23(日) 午前 10:59 car*ou*he*ak

顔アイコン

SHIMAさん。そうですね。どんな状況でも芯が強ければ克服して
生きていうことができます。
しかしお母さんも迫力の演技。
夢想シーンと彼女の力強さに救われました。

2010/5/23(日) 午前 11:01 car*ou*he*ak

顔アイコン

母親がかわいそうというのは、最後まで感じませんでした。(私は冷たいのかな)ラストのソーシャルワーカーと同じ視線になっちゃいましたもの。この映画からプレシャスの未来に希望を持つのは難しいような気がしましたが、それでも、最初の校長とかレイン先生とか教育の立場にある人が彼女を気遣うところに教育に対する希望が感じられました。TBさせてください。

2010/6/9(水) 午後 9:16 [ einhorn2233 ]

顔アイコン

einhorn2233さん。そうでしたか。でもダンナさんにそんなことされた彼女もかさいそうな人であり、つまりあのお父さんがすべて悪いのですよね。そうなんですよね。絶望感が大きいのになぜか希望も
感じます。

2010/6/10(木) 午前 9:25 car*ou*he*ak

ご無沙汰です(ペコリ)
一人の教師との出会い・・・美しい光でした。
演じるポーラがとっても綺麗でした・・・☆
トラバお願いします!

2010/6/27(日) 午後 8:36 くるみ

顔アイコン

くるみさん。こちらこそ〜
いい教師と出会うことが人生変えてしまいますよね。
いい作品でした。

2010/6/27(日) 午後 9:02 car*ou*he*ak

顔アイコン

きっとプレシャスは子どもと強くたくましく生きていくんだろうなと感じましたね。
もちろんいろんな壁がこれからも待ち受けているのだろうけど乗り越えられる強さがプレシャスから伝わってきました。
TBさせてください。

2010/6/28(月) 午後 11:19 かず

顔アイコン

かずさん。そうですね。絶望的でもありますが希望もあります。
強くなったプレシャスがまぶしかったです。

2010/7/3(土) 午前 10:06 car*ou*he*ak

顔アイコン

アメリカ映画なので、イギリス映画ほどのドロドロ感がなかったですね。貧乏悲惨虐待系は見すぎて免疫ができているのか、このくらいでは甘いと思ってしまいましたが(現実の方がもっとひどいと言う意味で)いい作品だったと思います。
TBお願いします。

2010/8/19(木) 午後 10:57 オネム

教育が本当に大切ですね。教育が本当に子供の未来に光になります。
子どもにとって母親は全て、母親の言うことが絶対なので、知識を得るまでプレシャスには母親と決別するという発想すら持てませんでした。
希望があるということがとても救いになりました。

2011/2/5(土) 午前 10:20 ちいず

顔アイコン

オネムさん。そうですね。現実の方がもっとひどいのでしょうね。
ラストは救いがないのに希望を感じました。

2011/2/8(火) 午後 10:07 car*ou*he*ak

顔アイコン

ちぃずさん。ほんと子供の教育が次世代の社会を作っていきますね。
ラストはヒドイのに希望を感じました。

2011/2/8(火) 午後 10:08 car*ou*he*ak

開く トラックバック(26)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事