Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

*大奥*

イメージ 1
 
     ***STORY***                 2010年  日本                 男だけを襲う謎の疫病が席巻した江戸、徳川の時代。日本は8割の男が死に至り、その数、実に女の4分の1に減少していた。全ての重要な仕事に女が占め、男が体を売る男女逆転の浮世。そんな世で最も贅沢を尽くした場所。それは、1人の女将軍に、3000人の美しき男たちが仕える女人禁制の男の園、大奥だった。そして今、一人の若き侍が、その扉を開けようとしていた……。 gooより
まったく同じ題名なのでややこしいのですが、06年に同名映画がありました。
大奥史上最大のスキャンダル「絵島生島事件」のこと描かれた作品で、豪華キャストで
見ごたえありました。
そしてこちらは2009年度手塚治虫文化賞を受賞した、よしながふみの人気コミックを映画化したもの。
来週封切られる『死刑台のエレベーター』もフランス映画と同名ですが、こういうのってなんか
どうにかならないものでしょうか
 
それはさておき・・
男性だけが罹ってしまう疫病がはやり、8割もの若い男性が亡くなってしまいました。
そのため、要職は女性が務め、女郎屋さんのようなところには男性が・・
でもこの場合は”子供がほしい”という女性の切なる願いのためです。
ま・つまりこの映画、全体に男女逆転してるわけです。
19歳の青年・水野祐之進は、そういう女性に貢献?する人ですが、貧しい旗本である実家を
大奥にあがることにします。
 
この大奥の世界はけっこう面白い〜.
最初にピラミッド形のイラストが出て、丁寧に説明してくれるのですが、
下は御犬子供といって奥男中の雑用をする人たちから、上は上臈御年寄まで
実際権力を握っているのは年寄御のようでした。
水野は御三の間というランクだったのですが、元々武道に長けていたこともあり、メキメキと出世。
ついには御中臈 という位になります。
これは将軍付で身辺の世話をし、御寝の相手ともなるのですが、この位の人もあくさんいますから
ご指名されなければいけません。
さて水野はご指名されるのでしょうか・・
 
という出世物語なのですが、いきなり出世うするということはそれだけ敵も多いということです。
当然上の位の人からは敵視され、密かに決闘も・・
その彼が言ったのが、この大奥で生き抜くには美しくあり、処世術に長けること
とありますが、まさにこれ女性のセリフのようですね。
この映画はそういう意味で、”今”を切りとっているのかもしれません。
 
その他にもお料理場、衣裳係の人たち・・と大奥で行われてる仕事場が
紹介されるし、香道のシーンもあり、楽しめます。
 
ただ・・これは原作がコミックですし、エンタメ作。
言葉づかいもたまに”・・つーかー”とか”てやんでー”とか現代語も飛び交うし、コメディっぽいシーンも・・
時代劇好きの人にはお薦めできませんが、ニュー時代劇と割り切って見るにはいいと思います。
 
 
主人公水野役は二宮クン。線が細くて頼りない感じがしますが、いえいえどうして
ちゃんと男らしいし、剣術の場面も立派です。
後に彼に仕える役に安部サダヲさん。彼を見るとどうしても反射的に、『舞妓Haaaan!!!』や
『ヤッターマン』などを思い出してクスっとしていまうのですが、今回彼は大まじめ。
地味な役なのですが、達者にこなされていて、この映画を引き締めるてるといってもいいほどでした。
 
監督:金子文紀
 

閉じる コメント(32)

すごい設定ですねー。大奥というとドロドロを期待しちゃいます。男の嫉妬も怖そう〜。

2010/10/2(土) 午後 6:04 [ - ]

顔アイコン

女の園の妬み嫉みはキツそうだよなあっていつも思うのですが、男の園の大奥の場合ですと、やはり女とは違うキツさがあるのではないかという点で興味あります。男と女の本質を問うのに、男の園はいい題材のように思えますもの。でも、記事を拝見すると、何だか出オチみたいな予感も。そうだ、今、流行りのBL要素もあるのかしら。

2010/10/2(土) 午後 10:43 [ einhorn2233 ]

顔アイコン

たこさん。この設定ってスゴイですよね〜
でも女性の大奥のドロドロ感はなくて、足出してつまづかせたり・・と単純。この方が明るいですね。

2010/10/2(土) 午後 11:33 car*ou*he*ak

顔アイコン

einhorn2233さん。女性とは違うキツさですが、こちらの方が
数段明るいですし、単純です。
ま・とにかく気楽に楽しむ作品ですね。
BLってブラック?

2010/10/2(土) 午後 11:35 car*ou*he*ak

二宮くんいいですよね〜!彼が出てるだけで、見たくなっちゃいますし・・・(^^*

2010/10/2(土) 午後 11:52 [ - ]

顔アイコン

カミフロさん。私はぜんぜんファンではないのですが、演技が
とてもうまくて感心してしまいました。
しかし人気高いですね。

2010/10/3(日) 午前 9:27 car*ou*he*ak

男女逆転の発想(設定)は面白いですね(*^^*)
世界遺産の仁和寺や二条城などの撮影やお衣装、映画初登場となる香道も見どころでしたね。
トラバお願いします!

2010/10/3(日) 午後 10:42 くるみ

顔アイコン

くるみさん。この発想、面白いですよね。
そうですか。ロケ地は二条城も使われていたのですね。
香道のシーンも良かったです。

2010/10/4(月) 午前 9:34 car*ou*he*ak

TVのコマーシャルを見て、DVDでいいかと思ってました(笑)何の、中々面白そうですね。

2010/10/4(月) 午後 0:31 アンダンテ

アバター

そうそう、あの図で説明してくれるのは解かりやすかったですね〜(笑)
奇想天外な設定が楽しめますよね。
漫画チックなところを楽しめばいい映画かなと思いました。
阿部さんはさすがでしたね〜地味なのに印象に残る!(笑)
TBさせてくださいね。

2010/10/7(木) 午前 9:52 choro

顔アイコン

アンダンテさん。もちろんDVDでいいのですが、ツッコミ
いれなければ思ったより楽しめます。

2010/10/7(木) 午後 10:28 car*ou*he*ak

顔アイコン

Choroさん。あのピラミッド型の図で説明してくれたから
わかりやすかったです。
そうそう。これは漫画チックって割り切ってしまえば
なかなかいいのですよね〜
阿部さんが一番素敵でした。

2010/10/7(木) 午後 10:29 car*ou*he*ak

いやぁ〜良かった、阿部サダヲが(笑).こんな真面目な演技が出来るとは….たしかに女性が多い観客の中で独り阿部サダヲに受けて…浮いちゃいました.

2010/10/13(水) 午後 11:23 チャコティ副長

顔アイコン

チャコティさん。この映画なんてったって阿部サダヲさんですよね!漫画が原作なので軽視されてるキライがあるけれど、そんなことなくてけっこう良かったです。

2010/10/14(木) 午前 0:22 car*ou*he*ak

設定は変ってますが、時代的には、06年公開の『大奥』時代的には
すぐ後ですね。映画自体はそれほど、悪く無かったですね。
ただ、二宮和也の刀を差した姿は、似合ってなかった。

2010/10/17(日) 午後 2:51 [ ティルク ]

顔アイコン

ティルクさん。あ。そうなんですか
最初の大奥のすぐ後の設定なのですね。
これ一般的に思われてるほど悪くないですよね。
あはは・・二宮くんね。

2010/10/20(水) 午後 6:21 car*ou*he*ak

アバター

処世術に長けた人物が、大奥でも出世する。これは現代の政治の世界や、
ビジネスの世界にも通じる部分がありますね。
ただ、ご指摘の通り、2006年の映画と同じタイトルというのが、ややこしいですね。
せめてサブタイトルをつけるとか、後年になってもわかるようにしてほしいですね♪。

2010/10/22(金) 午前 0:42 ffa**77

顔アイコン

ふぁろうさん。どうしてわざわざまったく同じ題名にするのでしょうね。こういうのって許されるのかしら・・
ほんとですね、処世術に長けた人が出世するっていつの世も
同じでした。

2010/10/22(金) 午後 6:30 car*ou*he*ak

顔アイコン

漫画感覚で楽しめました。
吉宗の男前っぷりがカッコ良かったです。
阿部サダヲもキラリと光ってましたね。
TBさせてくださいね。

2010/11/25(木) 午後 10:07 Swan

顔アイコン

Swanさん。ほんと漫画の世界なのですがけっこう楽しめました。
そうそう男性たちがこんなに〜。カッコいいですよね。
なんといっても阿部さんでした。

2010/11/25(木) 午後 10:42 car*ou*he*ak

開く トラックバック(22)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事