Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

 
温泉というと日本独特のものと思いがちですが、そうではなく古代ローマの頃から世界中の
人々に愛されてきています。
ローマ人はイギリスに渡った時作った町がバースだし、イタリアでも田舎に行くとスパ村みたい
なのがあって20軒くらいのホテルが温泉ホテルが集まっている所がありました。
あ・そういえばニュージーランドでも温泉に入ったな〜
 
・・でこの番組は世界の温泉を巡る旅で第一回目はハンガリーでした。
この国の温泉の起源まずは2000年以上前古代ローマ時代にまでさかのぼります。
以来ハンガリーの人たちは温泉と暮らしてきました。
 
まずはブダペストの観光
ドナウ川が南北に走り、ブダとペストに分かれます。
くさり橋はユネスコ世界遺産に登録されました。
ブダ宮・・マジャール人がこの地に定住したことからその歴史が始まります。
ペスト地区セイイシュトバン聖堂
1000年を記念して建て垂れた教会1905年に完成

そのブダペストの東駅は1832年に建てられた駅舎でなんともいえない味わいがあります。
そこから列車でエーゲルという町まで2時間20分
着くとそこはバロックの町〜
人口5500人
おとぎ話に出てくるような家が建ち並びます。
美女の谷の近くには200のワインセラーが。
このあたりは石灰岩が多いのですが、気温を一定に保ってくれるのでワインの保存に
最適だそうです。
 
そこでワイン蔵を営むモジュマーシー夫妻が週に一回行くのはエゲルサローク温泉
石灰棚から流れるお湯がきれい〜
露天で水着着用です。
 
さてブダペストに戻りセーチェニ温泉へ
ローマの宮殿をモチーフに建てられたものですがこれがすっごく美しい〜ため息モノ。
美術館かはたまた宮殿かと思うほど。
YouTUBEの映像がそれです。
タイルをはめ込んで作られたモザイク画がクリムトしてます。
ここは社交場としての温泉でもあり市民の憩いの場です。
入場料は1000円〜1600円
国の援助によって運営されていて、病状によってお値段が変わるそうです。
治療の一種なんですね。
18もの浴槽があり、デザインも色々。
うわ〜お風呂の中でチェスしてる〜

外に出るとイシュトバーンの泉というのがあり温泉水の販売をしています。
1リットル20円ってお安い
 
次は温泉と関係ないkれどカフェニューヨーク
1894年にオープン イタリアルネッサンス式の店内は素敵でここでは
新しいハンガリー料理が味わえます。
 
さて次はドナウ川の中州にある温泉です。
マルギット島といって川にぽっかりと浮いているのですが丸ごと市民の公園
100ヘクタールもあります。
ここにあるのがグランドホテル
うわ〜ここまた重厚な石造り
内科と関節の専門医がいますし湯治プログラムというのがあり、まずここに到着すると
カウンセリングがあってプログラムを組んでくれます。
治療法はなんと30種類も
また泥パックもありますがこれは豊富なミネラルを吸収することができるそう。
他にもハイドロマッサージや塩の洞窟といってただその洞窟にいるだけで
お塩の効果で皮膚病や関節炎が治るそうです。
 
温泉とお塩。
日本でも豊富にありますからもっともっと活用して、病院や薬に頼らないで
健康を維持していきたいですね。
 
 
 

閉じる コメント(10)

イギリスをうろついている頃
バースにも立ち寄りました
泊めてくれた家のお姉ちゃんが可愛かった〜

で、温泉で
じっくり疲れを取りたいです
肩凝りなんです

2010/10/8(金) 午前 1:16 [ HK ]

ホントですね、、、日本ももっと上手に温泉を取り入れた健康法考えた方が良さそう〜!

2010/10/8(金) 午前 10:56 mora

顔アイコン

HKさん。あら素敵。イギリスをうろうろしてたことが
あるのですね!
イギリスって危険度が低くて旅行しやすいですよね。
私も肩こり・・

2010/10/8(金) 午後 5:27 car*ou*he*ak

顔アイコン

moramoraさん。日本にもスパってあるけどあyたら高いから
こうして公共で、素敵なスパ療法できる施設とかあったら
いいですよね。医療費も下がるかも・・

2010/10/8(金) 午後 5:28 car*ou*he*ak

あ〜この番組見たかったです。
ハンガリーはテニスのコーチがハンガリー大使館にいた事からお話凄く聞いててハンガリーは温泉王国(笑)なんだってきいてました。
コーチ温泉を巡り巡って楽しかったと言ってました(笑)
建物も素敵なんですね〜残念でした・・・

2010/10/8(金) 午後 5:40 ひかり

ブダペストの温泉いきましたよ〜。水着 着て入りました(笑)ほんの数十分だけれど・・・。
マジャール人って我々と同じように姓名の順だい、蒙古はんもあるんですって。ハンガリー、ちょっと近く感じます。

2010/10/8(金) 午後 5:54 アンダンテ

顔アイコン

ひかりさん。え〜テニスのコーチがハンガリー大使館にいた
なんて素敵!
この建物ものすごく素敵ですよね。
きのうが一話目で毎週木曜に各地の温泉が紹介されます。

2010/10/8(金) 午後 9:54 car*ou*he*ak

顔アイコン

アンダンテさん。ええ〜〜ブダペストの温泉に行ったなんて
羨ましすぎ。なかなかいないですよね。
そうなんですか。蒙古はんが!
気になります。ハンガリー。直行便がなさそうだけど・・

2010/10/8(金) 午後 9:56 car*ou*he*ak

顔アイコン

ハンガリーと温泉ってイメージがつながりませんでしたが、↑の方が書かれている通り、フン族=The Huns由来の方々ですものね。今は人種がまざってそうでもないそうですが、元来黒髪・黒い瞳の人が多く、苗字名前の順に名乗る欧州唯一の国だとむかーし世界史で習いました。
ブダペストは『ドナウの旅人』を読んで以来ぜひ一度行ってみたいところです^^

2010/10/14(木) 午後 9:45 M

顔アイコン

Mさん。え〜そうなんですか!フン族が語源だったのですね。
そして黒髪で名前も・・しかしむか〜し私も習ってるのかも
しれないけれど、端っこも思い出せないです。
宮本輝さんの『ドナウの旅人』。私も読みました。
行ってみたいですよね〜。

2010/10/14(木) 午後 11:18 car*ou*he*ak


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事