Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

*シングルマン*

イメージ 1
 
    ***STORY**                2009年   アメリカ                 1962年11月30日。8ヵ月前に、16年間ともに暮らした愛するパートナー、ジムを失ったジョージは、この日で人生を終わらせようと決意、死の準備を着々と整えていた。だが、今日が人生最後の日だと思って眺める世界は少しずつ違って見えてくる。英文学を教える大学の講義ではいつになく熱く語り、いつもならうっとうしい隣家の少女との会話に喜びを感じていたのだった…。   gooより
グッチ、イヴ・サンローランのクリエイティヴ・ディレクターを歴任、ファッションデザイナーとして
成功を収めたトム・フォードの映画監督としてのデビュー作です。
クリストファー・イシャーウッドの同名小説が原作。
映像が美しく、感覚的に訴えてくる作品で、と〜っても好みでした。
 
 
突然のクルマのスリップ事故によって16年連れ添ったパートナーを亡くした
英国人大学教授が主人公。
8か月前に失ったパートナーのことが忘れられず、毎晩のように夢を見ていて未だ
絶望の底にあり、この日、一日を最後に命を絶とうとしています。
一方で描かれるのはそのパートナーとのことなのですが、教え子である男性で、
彼と暮らした日々のことがさかのぼって挿入されていきます。
普通現在がカラーで過去がモノクロですが、この映画では逆で、現在がモノクロとまでは
いかないのですが、トーンが抑えられています。
それだけ過去が鮮やかだということなのでしょう。
 
現在の一日のラスト近くで描かれているのは女性の元恋人と過ごすひととき。
元は恋人同士だったふたりですが、多分ジョージが結婚に踏み切ろうとしないため
彼女は他の人と結婚し、そして離婚に至ったのでしょう。
経済的には満たされているようですが、今では深い孤独を抱えていてしきりにジョージとの
復縁を求めてきます。
でも・・彼にとってはやはり何かが決定的に違うのですね。
それが何であるか言葉では言い表せないけれど、映像を見ていてなんだかわかった気がしました。
あくまで私の推測ですが、彼は元々生産的なこと、
結婚すること=子供が出来る=家族を持つ
ということ自体を拒否したかったのだと思います。
隣家はご夫婦に男の子と女の子がいる典型的な家族でしたが彼はそれを羨ましくも
疎ましくも思っていたようでした。
 
きちんと整頓された家に暮らし、音楽を聴きながら静かに本を読み、講義をし・・
という元々”ある殻”の中でだけにいたくて、一般的な”生活”はしたくなかったのでしょう。
それを壊さず、自分と同じような殻に入っていたのが亡くなった元・恋人だったのです。
 
そしてまた彼らはこの世から浮いていたようでもありました。
途中で何度かふたりの間の会話の中に”透明な”という言葉がありましたが
それが彼らの在り方でもあったのでしょう。
ほとんどがガラスで出来た家に住んでいるのですが、ガラスの家も彼にぴったりのものだったのですね。
 
ところでこの映画は1962年11月30日と限定されていることに又意味があると思います。
62年といえばキューバ危機。
アメリカとソ連、いえ世界中が今までで一番核戦争に近かった年でした。
恋人を失った後、両国の危機が高まり、最高蝶に達した・・
これは絶望を抱える彼に拍車をかけ、より死を近づけてしまったように思いました。
 
色々なことが言葉でより映像で語りかけてくる作品ですが、とても見ごたえあり素晴らしかったです。
 
監督さんがデザイナーであることがこの映画にとって大きなことで、もう〜最初から最後まで
すごい映像美でした。
特に印象に残ったのが彼が住むグラスハウス。
周りの木々と家が一体化しているのですが実在する家で、ジョン・ロートナーという
フランク・ロイド・ライトのお弟子さんが建てたものだそうでなるほどです。
 
また衣装にも当然気が遣われていて・・
ジュリアン・ムーアが着ていたのは白と黒のモダンでサイケな雰囲気のあるドレス。
髪型もメイクも完璧で、60年代風の最高に美しいマダムでした。
ジョージがあるシーンで机の上にスーツを置くのですが、それも明らかに仕立てが良さそう〜
整然と置かれた小物たちにもこだわりが感じられました。
 
 
主演のコリン・ファースがアカデミー賞主演男優賞ノミネート。
そのほか各国の主要映画賞で23部門にノミネート、14部門で受賞を果たしています。
 
原題:A Single Man
監督・脚本・製作:トム・フォード
原作:クリストファー・イシャーウッド
撮影:エドゥアルド・グラウ
音楽:アベル・コルゼニオフスキー
美術:ダン・ビショップ
コリン・ファースジュリアン・ムーアニコラス・ホルトマシュー・グードジョン・コルタジャレナ

閉じる コメント(38)

記事にしたのでTBお願いします。↑来月って(笑)

2010/10/17(日) 午後 5:18 ひかり

顔アイコン

ひかりさん。几帳面で生真面目、そして繊細な主人公でした。
ガラスの家、素敵でしたよね〜
これほんと私好み〜

2010/10/17(日) 午後 11:57 car*ou*he*ak

顔アイコン

らぐなさんもかなりツボってましたよね。
あのスーツ、見るからに仕立てが良さそうでした。
コリンの演技がまた素晴らしかったですね。
はは・・来月。

2010/10/17(日) 午後 11:58 car*ou*he*ak

顔アイコン

これは未だ観れてないですがカルちゃんの好みって雰囲気はすごくわかる気がするな〜
すごく評判もいいんで早く観たいですが・・レイトがないようで。。なかなか行けそうになくって。くぅ〜〜

2010/10/19(火) 午前 1:33 SHIGE

顔アイコン

SHIGEさん。私の好きな作品って映像で訴えかけてくるもの。
これもまさにそうでした。
そうなんですかこれあまり人は入らなそうですよね。

2010/10/20(水) 午後 6:17 car*ou*he*ak

ネガティヴな側面は全く描いてなくてゲイを扱ってる作品としては上品で観やすかったですね。
コリン・ファース、渾身の演技は静かに心に沁みました。
TBさせてくださいね♪

2010/10/31(日) 午前 10:11 marr

顔アイコン

marrさん。そうですね。確かにゲイものとしては上品で
映像がとても美しかったです。
コリン・ファースの静かな演技が素晴らしかった・・

2010/10/31(日) 午前 10:40 car*ou*he*ak

顔アイコン

やっと観れました♪・・そして満足です^^
ゲイを扱ったって事がネックに・・って話は聞きますが
この作品はそゆ事を超越した恋愛ストーリーでしたよね。
哀しく、痛かったですが・・好きな作品のひとつになりました。
TBお返しさせてくださいね。

2010/11/17(水) 午後 0:38 SHIGE

顔アイコン

SHIGEさん。男性ってゲイ映画はお嫌いなフシがありますが
SHIGEさんはそうでなかったようで良かったです。
そうそうそれにこの作品はそういうことを越えてますよね〜
痛さがある作品でした。

2010/11/17(水) 午後 9:29 car*ou*he*ak

アバター

なるほど、1962年11月30日という日付については全く考えてもみませんでした。
時代背景というのはやはり重要ですね。
僕はこの作品の映像にかなり魅かれました。監督はファッションデザイナーなんですよね。
ゲイのカップルが住んでいたのがグラスハウスというのも何か主張がありそうですね。

2011/1/11(火) 午後 11:31 出木杉のびた

顔アイコン

のびたさん。62年の頃ってアメリカの人たちはナーバスだったのですよね。多分・・そんなシーンがいくつかありました。
そうですね。この映像がなんとも言えない美しさでした。
グラスハウスにも意味がありそうです。

2011/1/12(水) 午後 0:47 car*ou*he*ak

本当、ジョージの家が素敵でした!!
とっても濃厚で、雰囲気があって、洒落ていて・・・、
そして終始ジョージの喪失感、失望、哀しみがにじんでいるような、
そんな映画でした。
ジュリアン・ムーアがまたハマってましたね!!!
TB,させて下さい☆

2011/3/30(水) 午後 4:50 A☆co

顔アイコン

雰囲気たっぷりの映像で、んもう、魅せてくれる映画でしたよね。
主人公の葛藤が静かに静かに伝わってきました。 イイ映画でしたね。
TB、お願いします。^^

2011/4/3(日) 午後 3:57 サムソン

顔アイコン

A☆COさん。そうですね。濃厚なのにオシャレで見やすくて・・
彼の喪失感もラスト付近でぐぐっと伝わってきますね。
ジュリアンムーアがきれいでした。

2011/4/3(日) 午後 10:30 car*ou*he*ak

顔アイコン

サムソンさん。この雰囲気はたまりませんね。
主人公の葛藤も見事に伝わってきました。
私もこれ好きです。

2011/4/3(日) 午後 10:31 car*ou*he*ak

劇場鑑賞を逃していました。やっと観たので、TBさせてくださいね。

2011/4/6(水) 午後 11:08 アンダンテ

顔アイコン

アンダンテさん。もうDVDが出たのですね。
はいこれから伺います。

2011/4/7(木) 午前 9:38 car*ou*he*ak

映像に終始ウットリでした
小物まで美しかったな〜
そそ、2人にはガラス張りの家にまた意味があったんでしょうね〜
TBします(●´∀`)ノ

2011/5/22(日) 午後 4:21 [ 翔syow ]

顔アイコン

Syowさん。独特な、クールな映像が素晴らしいですよね。
そうそう小物ひとつひとつにまで神経が行き届いていました。
あの家には意味があったのでしょうね。

2011/5/22(日) 午後 7:10 car*ou*he*ak

アバター

なるほど〜、殻にこもった感じでしたね。
そして過去の方が色彩鮮やかっていうのも良い演出ですね。
TBさせてくださいね。

2012/2/7(火) 午後 10:59 木蓮

開く トラックバック(23)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事