Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]


 
この番組の①であるローマの休日も深いものであったけれど、これまたすごい!
2回シリーズで終わってしまうのが残念でなりません。
 
さて今回はイージー・ライダー。
私、実は未見でして、すみませ〜ん。
 
ピーター・フォンダとデニス・ホッパーによるアメリカン・ニューシネマの代表作。
その衝撃的な結末で知られる。1969年(第42回)アカデミー賞で助演男優賞と脚本賞にノミネートされた。
1998年にはアメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録された。
 
メキシコからロサンゼルスへのコカインの密輸で大金を得たワイアット(キャプテン・アメリカ)とビリーは、
金をフルカスタムされたハーレー・ダビッドソンのタンク内に隠し、カリフォルニアからマルディグラ(謝肉祭)の 行われるニューオリンズ目指して旅に出る。
まずはアメリカの歴史から
30-40年代 ハリウッド全盛期
50年代   テレビの出現により映画は斜陽産業へ
 
そこに登場したのがアメリカン・ニューシネマです。
代表作は『俺たちに明日はない』、『真夜中のカーボーイ』などなどで、これもそのひとつ。
37万ドルの低予算で作られ、6000万ドルの収益を上げました。
 
物語は西海岸LAからニューオリンズへと向かう旅。
南部の人たちの敵意
カー二バルの様子を撮ったゲリラ撮影なども有名です。
 
ベトナム戦争を背景に、アンチハリウッド的で手が届く感じの映画でもありました。
あ・これってヨーロッパでいうと、ヌーヴェル・バーグですね。
 
アメリカンドリームが失われ始めたころのことで、今までのアメリカの歴史と逆行するようなところも・・
イギリスからやってきた人たちが西へ、西へ・・と向かったのが、アメリカ開拓の歴史でした。
ところがこれは南へと向かいます。
それは制服欲とか、物質主義への抵抗であったのかもしれません。
 
しかも69年というとベトナム戦争も終わりの方。
国に騙されてると思った人たちも出始めたころなので、アメリカ探しでもあったのですね。
ヒッピー・コミューンとのも深い関わりがあります。
 
 
 
ところで男性2人が南へ行くという設定は何作かありますが、そのベースとなるのが
ハックルベリー・フィンの冒険。
白人社会への抵抗でもあります。
あ・ほんと。これはまた『ブローク・バック・マウンテン』との共通点でもありますね。
 
つまりアメリカって自由な国と思われてるけれど実はとても保守的な部分もあり
BBMでもゲイというだけで事実上抹殺されてしまいました。
 
また後半宗教性も強くなり、合衆国VS聖書
という意味合いも帯びてきます。
 
アメリカの罪をあがなうものでもありました。
 
ヴェトナム反戦運動が下火になると共に、アメリカンニューシネマの人気も下降し、
再び夢とロマンを大作に求めるようになります。
 
でもこういう映画やアメリカンニューシネマが私は好きだし、映画ファンにとっても貴重なもの。
こうした背景を知った上で、作品を見ると、より深く理解できることでしょう。
 
出演*藤原帰一,  中村うさぎ,  井筒和幸,  高橋源一郎,
 
 

閉じる コメント(10)

顔アイコン

「イージーライダー」の結末は、「俺たちに明日はない」「明日に向かって撃て!」と同様のラストですが、一瞬のことで、インパクトがありました。TBさせてください。

2011/5/29(日) 午後 2:03 fpd 返信する

顔アイコン

残念なことに、カルさんのように映画に対して真摯な姿勢で
観る人たちが今の日本には少ないような気がしてなりません。
書く言う私も、若い頃は多分何も考えずに見ていたのです。
このイージー・ライダーも内容は全く知らないので観ていないのかも?
ただ、音楽だけは好きで昔はよく聴いたものです。
手元にあるのでじっくりと観てみたいと思います。

2011/5/29(日) 午後 2:10 sanae 返信する

子供の頃からから何度か観ましたが最初はよく判らなかったですね。
今でも判ってるとは思わないけどその時々に何かを感じるこの作品はやっぱり名作だなと思いますね♪

2011/5/29(日) 午後 2:25 marr 返信する

顔アイコン

歴史と切っても切り離せない映画ってありますよね。
アメリカン・ニュー・シネマはたぶん、それまで権勢を誇っていたヘイズ・コードと云うレイティング・システムが終わったことによる影響も強いと思います。
ベトナム戦争の影響も大きいですね。
ハリウッドの映画はどうしてもアメリカの政治や社会傾向などの影響を受けているので、そう云う部分も見ていくと面白いですよね。

2011/5/29(日) 午後 9:08 [ miskatonic_mgs_b ] 返信する

移民に対しては自由を掲げる国ですが、実は超保守的なお国アメリカ
地方へいくほどよそ者は受けつけないんですね〜
この映画とともに僕はバイクと映画に目覚めたので一番印象的な
一本です。TB&ぽち

2011/5/30(月) 午後 3:17 pony 返信する

顔アイコン

fpdさん。私未見なのですが、この番組でラストもわかってしまいました。ほんとインパクトありますね。

2011/5/31(火) 午後 10:50 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

sanaeさん。ありがとうございます。
やはりその映画の背景や歴史を知って見ることってとっても
大事ですよね。
そうでないと半分くらいしかわかったとはいえません。
今度じっくりご覧になってください。

2011/5/31(火) 午後 10:52 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

marrさん。すごい。子供のころから見てるのですね。
見る年代によって感想が違うというは名作です。

2011/5/31(火) 午後 10:53 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

miskatonic_mgs_bさん。レイディング・システムですか
低予算で、インディーズのような、こういう作品が
ヒットしたというのはすごいことでしたよね。
ほんとそう思います。
映画って背景や政治のことまで知らないと理解できませんね。

2011/5/31(火) 午後 10:55 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

ポニーさん。まさにその通り!!
表面的には自由ですが、とってもとっても保守的でも
ありますよね。特に田舎は・・

2011/5/31(火) 午後 10:56 car*ou*he*ak 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事