Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
        ***STORY***                    2010年  アメリカ
ニューヨーカー誌の調査員ソフィ(アマンダ・セイフライド)は、婚約者ヴィクター(ガエル・ガルシア・ベルナル)とともに旅行でイタリアのヴェローナを訪れる。だが、料理人のヴィクターは、間もなく開店する自分のレストランのためにワインや食材の仕入れに夢中。ほったらかしにされたソフィは彼と別行動を取る。ヴェローナには、『ロミオとジュリエット』のジュリエットの生家と言われる家があり、恋の悩みを綴ったジュリエット宛ての手紙が、世界中から年5000通も届いていた。                                        gooより
 
ヴェローナにあるジュリエットの生家に届く世界中からの手紙をきっかけに、かつての恋人に
再会しようとする女性とその孫、彼女の手紙を読んだ若い女性の旅を描く。
 
メインストーリーはわりあい、ありがちな展開で進んでいくのですが、ロマンティックで心温まる、
素敵な映画でした。
 
アメリカの人たちにとってイタリアは特別な思い入れがある、憧れの国。
ソフィもそのひとりで、イタリアンレストランを始めようとしてる恋人とのイタリアへの
プレ・ハネムーンに心躍らせていました。
 
ところが彼はイタリア料理の素材の輸入元をめぐる旅にしてしまいます。
ワインのオークションに参加したり、チーズ工房を訪ねたり、実際の普通の家庭でお料理習ったり・・
本来旅の形としてはこちらの方が数段上だけれどでも初めて訪れたヴェローナですから
ソフィは普通に観光したいし、ムーディーなレストランでディナーとりたいですよね。
 
仕方なく別行動してるとひょんなことから、ジュリエット宛ての手紙に返事書いてるボランティアの人たちと
知り合うことになりますが、これはひとつの人生相談のようなもの。
恋愛や家族の問題についての返事を書いてるのですが、ジュリエットクラブといって実在します。
素敵な活動ですよね。
 
そしてソフィが書いた手紙のレスポンスは、
50年前の恋人に再会したいというイギリスの女性の出現となります。
 
昔の恋人に会う
これってほんとむずかしいことですよね。
まず両者とも外見的に大きく変わってるわけで失望する可能性があります。
またそれにより、家族に波紋を起こしてしまうこともあるし、
もし亡くなっていた場合、大きな悲しみを抱えることにもなりかねません。
だから会わない方がいいっていう考え方もありますよね。
 
でも”もしあの時”をそのまま抱えていくというのも辛いこと。
う〜ん・この映画のような別れ方をしてしまっていたら、このあたり考えてしまいますよね〜
積極的な行動を起こすことも大切かもしれません。
 
舞台のほとんどが、イタリアの田舎。
ヴェローナの脇は通ったのに寄らなかったのですが、ああ・やっぱり中世の面影の残る
素敵な街並みですね。
また彼女が後半ステイするのが、シエナ。
世界一美しいと言われてるカンポ広場を俯瞰するシーンもあるし、フィレンツェと肩を並べる芸術の
都市なのでゴシック建築の建物が並んでいて美しい〜
そしてここを拠点にドライブするトスカーナの田舎はオリーブの木立に小麦畑
外の、ぶどう棚の下での食事はとてつもなくおいしいのでしょうね。
フランスもそうですがイタリアも農業国だしスローフードの発祥の地ですからそういうのが改めて
羨ましく映りました。
 
ソフィア役がアマンダで、きれいなんだけれど、なんといってもヴァネッサ!!
『jジュリア』で理知的な活動家の役で本当に素敵でしたが70歳を超えた今でも
あの凛とした美しさと上品さをキープしていてほんときれい!!
こうなりたいものですね。
 
 
監督 ゲイリー・ウィニック 
製作 エレン・バーキン
マーク・カントン 
脚本 ホセ・リヴェーラ
ティム・サリヴァン 
撮影 マルコ・ボテコルヴォ 
音楽 アンドレア・グエラ 
キャスト(役名)
アマンダ・サイフリッド (Sophie)
ヴァネッサ・レッドグレイヴ (Claire)
ガエル・ガルシア・ベルナル (Victor)
クリストファー・イーガン (Charlie)
フランコ・ネロ (Lorenzo Bartolini)
 

閉じる コメント(33)

顔アイコン

Papillonさん。ああ・その『欲望』見たいです。
最近”つぐない”とかけっこう色々出てらして、息が長いですね。

2011/5/30(月) 午後 9:28 car*ou*he*ak 返信する

アバター

これは素敵な映画でしたね〜♪
ベタな展開ながら、とってもロマンティックで綺麗で、女性ならどの年代の人もうっとりできる作品ですね。
ヴァネッサのクレアに共感できたのか(笑)我が家の70代の母も大絶賛でしたよ〜^^;
TBさせてくださいね♪

2011/5/30(月) 午後 9:33 choro 返信する

顔アイコン

Choroさん。ベタなんですが私も大好き〜
あ・お母さまも一緒に共感されたっていいですね。
そうそうどの年代の人にも通じるものがありますね。

2011/5/30(月) 午後 9:36 car*ou*he*ak 返信する

新旧のロマンスが、素敵に展開(*^^*)ありがちなストーリーですが、イタリアの風景とヴァネッサとフランコの風格で、納得!
DVDでもワイン片手に愉しみたい!と思いました。
TBさせてくださいね。

2011/6/2(木) 午前 9:11 アンダンテ 返信する

顔アイコン

アンダンテさん。そうなんですよね。
展開は普通なのに、なんだか心温まる素敵な作品でした。
イタリアの風景も充分楽しめますね。

2011/6/2(木) 午前 9:28 car*ou*he*ak 返信する

どちらかと言えば女性向けの作品なのでしょうが私でも十分に感動をもらうことができました。ジュリエットは誰でも知っているものですしあまり話題になっていないのがちょっと残念ですね。トラバさせてくださいね。

2011/6/3(金) 午後 10:53 いっちー 返信する

顔アイコン

これでもかの、ロマンチックつるべ打ちの映画でしたけど、中年オヤジの私には、あの若い二人は大丈夫なのかなって、老婆心ならぬ、老爺心が起きてしまいました。TBさせてください。

2011/6/4(土) 午後 11:55 [ einhorn2233 ] 返信する

顔アイコン

いっちーさん。あ・男性の方でも感動されたのですね。
そうですね。これはミニシアターものですが、いい意味で
メジャー公開でも良かったと思います。

2011/6/5(日) 午前 8:49 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

einhorn2233さん。あはは・・ちょっとご心配ですか。
かなりロマンティックなストーリーでしたね。

2011/6/5(日) 午前 8:50 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

こちらを拝見して急いで今日見に行ってきました♪すっごく素敵なお話で泣いたり笑ったりしてしまいました。こういう単純にハッピーエンドなお話大好きです。昔の恋人を探すおばあちゃんも魅力的で本当にこうなりたいと思いました。ストーリーの中でももてまくりでしたね。素敵な映画をご紹介いただきありがとうございました。

2011/6/8(水) 午前 1:02 ☆☆ななこ☆☆ 返信する

顔アイコン

ななこさん。それは良かったです。
これはほんとストーリーシンプルだし、
展開ありがちなのですが、ほっとして心温まるとってもいい作品。
そうそういくつになってもこういう気持ちを忘れたくないですね

2011/6/8(水) 午前 9:31 car*ou*he*ak 返信する

タイへの1泊3日という弾丸ツアーの機内映画で観ました.牧歌的なイタリアの風景とほのぼのとした恋愛風景に、灼熱スコールのバンコックより、ヴェローナ、シエナへの想いをつのらせてしまいました(笑).トラバさせてくださいね.

2011/7/3(日) 午前 6:30 チャコティ副長 返信する

顔アイコン

チャコティさん。えーータイへ1泊3日で行ってらしたのですか?
ヴェローナやシエナ、すごく美しいですね。

2011/7/3(日) 午前 9:41 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

アメリカはこういう「ちょいと素敵な恋の話」がコンスタントに生まれますね。日本の幼稚な恋バナとは大違い。大人というか。成熟というか。みんな見た人たちは笑顔で帰って行った。

2011/7/17(日) 午前 0:33 [ ner*ma5*55 ] 返信する

顔アイコン

ner*ma5*55さん。ほんと。確かにそうですね。
日本は20代がターゲットの恋愛映画が多すぎますよね。
オトナが見られる成熟した邦画の恋愛映画を見たいです。

2011/7/17(日) 午前 9:43 car*ou*he*ak 返信する

これはとてもロマンチックな映画でしたね。
古き良き時代のハリウッド的で楽しめました。
やっぱり一度はイタリアに行きたくなりますね。
TBさせて下さいね♪

2011/7/23(土) 午前 11:18 marr 返信する

顔アイコン

marrさん。そうロマンティック。
そして心温まる作品でした。
そうですね。ヅル気ハリウッド的な雰囲気もありましたね。
イタリアは素敵です。

2011/7/23(土) 午後 5:17 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

実話を基にしているということでしたが、こんな素敵なことがあったなんて素晴らしいですね〜。
西洋にありそうな話ですよね!
TBお願いします!

2011/8/3(水) 午後 5:39 かず 返信する

顔アイコン

かずさん。こういうことがあったなんてほんと素敵〜
恋愛だけでないところが良かったです。

2011/8/4(木) 午後 11:27 car*ou*he*ak 返信する

今頃観ました^^;
ベタな展開&設定にいちいちツッコんで観てしまったせいでいまひとつ酔いしれることができなかったのですけど、映し出される風景が美しく、観光促進プロモビデオの100倍の威力があるだろうなぁと思いました^^
ヴェネッサ・レッドグレーヴ、素敵でしたね。
TBさせて下さいませ。

2013/10/14(月) 午後 9:28 M 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(16)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事