Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
 
パリ市内の病院に勤務する看護助手のサミュエル(ジル・ルルーシュ)と、出産間近の妻ナディア(エレナ・アナヤ)は慎ましくも愛情にあふれた毎日を過ごしていた。ところがある日、サミュエルが帰宅すると謎の侵入者に突然殴られ気を失ってしまう。携帯電話の音で目覚めると、電話の向こうから妻の泣き声とともに「今から3時間以内にお前が勤める病院から警察の監視下にある男を連れ出せ。さもなければ妻を殺す」という脅迫の声が。  gooより
 
すべて彼女のために」のフレッド・カヴァイエ監督によるサスペンス。
誘拐された妻を救うため、平凡な男が孤立無援の状態で疾走する姿を描く。
 
冒頭、何もわからないままものすごい逃亡劇にいきなり放り込まれます。
追われていた人は交通事故に遭ってしまいもう即死?かと思いきや生きていて病院へ。
集中治療室にいたのですが、彼の元に白衣を着た怪しい人物が現れ、酸素ボンベを抜いて
行ってしまいました。
それを見つけたのはこの主人公となるサミュエル。
すんでのところで応急処置をし、その患者さん=サルテの命を救います。
 
ところがある日の朝、家に何者かが侵入し、身重の奥さんが奪われ、彼は殴られて失神してしまいます。
そこにかかってきた脅迫電話はその謎の患者さんを3時間以内に病院の外へ連れ出せ
というものでした。
 
つまり素人がいきなり事件に・・という巻き込まれ型の作品で、最近では『96時間』というのが
ありましたね。
サミュエルも平凡な人だったのですが、イザをなると頼もしく、そんな難題を切り抜けようとします。
それから看護師助手っていうのもミソ。
傷を負った犯人にしてみれば心強いですよね。
 
すんなりと彼と奥さんを交換できればよかったのですが、そうは終わらないのが映画(笑)
また後半になるとその背景にあった巨大組織とそこに関わる大きな陰謀が明らかになり・・
まあこれまおありがちな展開ではありますが、この腐敗度はかなりのものだわ。
 
一番の見どころはなんといっても長回しの地下鉄での逃走シーンでしょう。
きゃー人がたくさんのエスカレーター逆走するわ、自動改札を乗り越えるわ
すごい運動神経と持久力です。
フランスの地下鉄=メトロの大きな乗り換え駅ってほんと迷路のよう。
ヒミツの抜け道があったり、あ・人が住んでいた『サブウェイ』もありましたね。
カーチェイスシーンはありがちだけれど、こういうのは新鮮です。
 
そうそう。
でも一番の柱はサミュエルと奥さんとの愛。
奥さんナディアはこれがまたとってもかわいくて素敵。
男の人だったらサミュエルでなくても絶対守らないと・・と思うハズです。
火事場の馬鹿力という言葉がありますが、ふたりともまさにそうですね。
 
ただひとつ惜しいのはサミュエルとサルテとの男同士の友情?です。
もうちょっとだけ深く描いてくれていたら・・
何しろサミュエルはごくごく普通の感じでサルテは生まれながらのエッジの利いたギャング風。
このふたりの取り合わせってなかなか面白いのです。
サルテにしてみた何度も命を救ってもらってるし、彼は”使える”から最高の相棒だったわけだし
サミュエルももう二度とこんなことはイヤでしょうが、彼のことは悪くは思ってなかったことでしょう。
 
まあでも85分という時間の中にぎゅっと凝縮されていて楽しめました。
 
**フレッド・カヴァイエ監督**
監督デヴュー作『すべて彼女のために』がフランスで大ヒットを記録し、ポール・ハギスによって
ハリウッドリメイク、『スリーデイズ』(主演ラッセル・クロウ)としてこの秋日本での公開が決まっています。
願わくばこの監督さん、リュックベッソンのようにメジャー化しないで〜
 
 
 
監督 フレッド・カヴァイエ 
脚本 フレッド・カヴァイエ
ギョーム・ルマン 
撮影 アラン・デュプランティエ 
音楽 クラウス・バデルト 
編集 ベンジャマン・ワイル 
ジル・ルルーシュ (Samuel Pierret)
エレナ・アナヤ (Nadia Pierret)
ロシュディ・ゼム (Hugo Sartet)
ジェラール・ランヴァン (Commandant Patrick Werner)
ミレーユ・ペリエ (Commandant Fabre)
クレール・ペロー (Capitaine Anais Susini)
 

閉じる コメント(24)

顔アイコン

この監督の作品好きなんですよねー。
フランス映画祭では時間が合わずスルーでしたが、早く一般公開でよかったですね。
面白かったです。

2011/8/16(火) 午後 9:07 [ rose_chocolat ]

顔アイコン

なかなか面白そうなサスペンスですね〜。 テンポもよさそうな感じで。
あ、そういえば『96時間』ってまだでした。
『すべて彼女のために』も評判いいですよね。
観たいのがいろいろあります。^^;

2011/8/16(火) 午後 9:46 サムソン

顔アイコン

rose_chocolatさん。私も映画祭では見られなかったので
今回良かった〜。でも『すべて彼女のために』の方が好きかな・・

2011/8/17(水) 午前 9:19 car*ou*he*ak

顔アイコン

サムソンさん。そうそう。まさにテンポがいい!
『96時間』と似てて、素人巻き込まれ型です。
前作もお薦め〜

2011/8/17(水) 午前 9:21 car*ou*he*ak

まだ記事書いてませんが、初日朝一で観てきました♪ほ〜んと面白かったですよね〜!私の大好きな「逃亡者」にもどこか似ていたように思いました。そうそう、あの地下鉄のシーンは凄かった!あの持続力ったらないですね〜。思いっきり興奮しました。
そして、相棒(?)もかなり良かったですね。かっこよかった〜。
記事書いたら、また来ますね。

2011/8/17(水) 午後 5:40 + kuroneko +

顔アイコン

そうか、二人の友情か。私は元々この二人は交わらないと思っていたので友情には発展しないと思ってたんですが。でも面白かったですね。TBお願いします。

2011/8/17(水) 午後 6:20 dance

今日観てきました。興奮さめやらず!です。
あまりにスピーディなストーリー展開だったので、帰りの電車の中で、冒頭のシーンからの流れを、30くらいの箇条書きにして整理してみました。(こんなことをしたのは、「ワイルドバレット」のとき以来です。)
すっきりしないところが2点ありました。どなたか、説明していただければうれしいです。
)粗で、男が追われていましたが、何をして追われていたんでしたっけ。
結末で、USBはどうやって携帯にくっついていたんでしょう。
...とにかく迫力満点のアクション映画で感心しました。
でも、ちょっと怖すぎました。
映画館の客席で、何度も(小声で)叫んでしまいました。

2011/8/17(水) 午後 9:57 s_yumi_m2006

顔アイコン

くろねこちゃん。おお初日朝一に〜。
記事楽しみにしていますね。
地下鉄のシーンは迫力もの。持続力ありますよね。
私だったら100メートルで終わりだわ・・

2011/8/17(水) 午後 11:55 car*ou*he*ak

顔アイコン

danxeさん。友情と呼ぶほどではない、でも心のつながり。
ちゃんと描かれていたのですが、もっとあってもよかったかな〜
でもコンパクトに濃縮された見ごたえある作品でした。

2011/8/17(水) 午後 11:57 car*ou*he*ak

顔アイコン

YUMYさん。メタばれにならない範囲で・・
追われていたのはサルテで、バックの黒幕に
反抗していたからでしょう。
あ〜〜確かにあのUSBはどうやってくっつけたのでしたっけ?
USBで種明かしっていうところなどイマっぽいですよね。

2011/8/17(水) 午後 11:59 car*ou*he*ak

顔アイコン

とっとこお話が進んでいくので退屈しないで楽しめました。畳み込み方のご都合主義はご愛嬌の部分もあるのですが、サルテのキャラをもっときちんと描いてほしかったなって私も思いました。でも、この監督さん、前作で細やかな展開も描ける人だけに、あんまり大味アクションに走って欲しくないなあって気もします。TBさせてください。

2011/8/19(金) 午後 11:00 [ einhorn2233 ]

顔アイコン

einhorn2233さん。そうそう。サルテのキャラをもう少し・・ですよね!同感です。まさにそう。
大味アクションに走ってほしくないですね。

2011/8/21(日) 午後 5:15 car*ou*he*ak

えっ!前作があったのぉ〜〜!?Σ(゜□゜)
きっと前作にはおよばないのだろうけど、期待してなかったわりには楽しめたかなぁ〜〜
主人公が最後まで普通の人ってのがいいネ。
そうそう、大活躍のサルテをもっと掘り下げてほしかったなぁ〜〜。友情も、あれがプロなのかもしれないけど、あっさりでしたもんねぇ
TBさせてね(。・ω・)ノ゙

2011/8/22(月) 午後 0:09 ハイダウェイ

記事やっと書きました〜〜。あはは100メートルで終わりだわに笑いましたが、考えたら同じく〜〜(笑)
あんなに走れません(笑)
そうですね〜二人の間には信頼みたいなものが生まれていたって幹事でしたね。しびれました。同じくこの監督には、メジャーになってどんどんは作って欲しくないなあ。楽しかったです。TBさせてくださいね。

2011/8/23(火) 午後 1:00 + kuroneko +

顔アイコン

hideawayさん。あ・これとはぜんぜんつながりがないのですが
この監督さんの前の作品という意味です。
そうそう。主人公が普通の人っていうのがいいですよね。
サルテの孤独とか悲しみが伝わってきたらなお良かったですよね。

2011/8/23(火) 午後 8:34 car*ou*he*ak

顔アイコン

くろねこちゃん。そうそうこの監督さんは変にメジャーになって
ほしくないですよね!
男性ふたりの間の感情をもっともっと描いてほしかったです。

2011/8/23(火) 午後 8:36 car*ou*he*ak

日曜の2本の一つはこれでした.好い作品ですね〜♪.フレンチっぽくって、ノワールで、でもハッピーエンドで、好きな味付けでした.85分と短いのも大感激!!.トラバさせてくださいね.

2011/12/4(日) 午後 11:52 チャコティ副長

顔アイコン

チャコティさん。あ・これでしたか
そうそう。フレンチ・ノワールっぽくてシンプルで
とてもいいですよね。
『スリーデイズ』は見逃してしまいました。

2011/12/5(月) 午前 9:26 car*ou*he*ak

そうそう、私もサミュエルとサルテのバディ関係をもう少し深めてくれていたら大満足だったのになぁって思いました。
緊迫感で走り抜ける感じもいいけど、あとに残るのはヒューマンな部分ですよね。
妻役の女優さんは話題のアドモドバルの新作のヒロインでした。
綺麗な人ですね〜。
TBさせてくださいね。

2011/12/10(土) 午前 7:36 pu-ko

Cartoucheさん、ちょこっとご無沙汰してました。
これはご覧になってるんじゃ?と思ってきてみたらやはりご覧でしたねー。
ほんといきなり凡人がとんでもない状況に放り込まれてしまい、あれよあれよとスピーディーに進んでいくフレンチ・ノワールでした。
TBさせて頂きますね^^

2013/4/18(木) 午前 0:08 M

開く トラックバック(11)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事