Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
ある朝。コルター・スティーヴンス(ジェイク・ギレンホール)は列車の座席で目覚める。目の前の女性(ミシェル・モナハン)が、親しげに話しかけてくる。だが、コルターには自分がなぜここにいて、彼女が誰なのかわからなかった。陸軍大尉のコルターは、アフガニスタンで戦闘ヘリを操縦していたはずなのだ。鏡を覗きこんだ彼の眼に映ったのは、見知らぬ別人の顔。所持していた身分証明書には、“ショーン・フェントレス:教師”と記されていた。そのとき突然、車内で大爆発が発生。なす術もなく炎に飲み込まれていった……。 
                                                gooより
 
死者の死ぬ直前8分間の意識に入り込むことができる“ソースコード”というプログラムを利用し、
電車爆発テロの犯人を暴くこととなった軍人の奮闘を描くタイムリミット・サスペンス。
 
去年のマイ・ベストの一番が『月に囚われた男』だったので、とても楽しみにしていた作品です。
前作ほど哲学的でなく倫理観にも触れてないけれどやっぱりこの監督さんの作品は好きだわ〜。
トリックを見破ろう〜みたいな見方をせず、ご覧になってください。
 
 
冒頭、シカゴ周辺の街をカメラが舐めるように俯瞰しながら映していきます。
ああ・アメリカの都市って高速道路や鉄道のレール、運河を渡る道路もすべて
整然と造られていてまるで幾何学模様のようできれいです。
 
 
ある日コルターが目覚めるといきなり列車の中で、前に座ってる女性が親しげに
話しかけてきます。
ん?
と思ってるうちに、靴にコーヒーがこぼされ、切符の検閲があり・・。
シカゴの1つ手前の駅で降りる人がけっこういるけれど、そのまま乗ってると列車が大爆発!
 
記憶の中に入っていって・・というと思いだされるのが『インセプション』。
そして同じ事象が何度か繰り返されるというと『バンテージポイント』がありましたね。
繰り返されるごとに核心に迫っていく・・というところが似てますが
ここで複雑なのは死者が亡くなる前の8分間の記憶が残されていてそこに入り込むという設定です。
過去の事象はもう動かせないのですよね。でも・・
 
ネタばれってほどではないのですが、一応反転しておきます。
 
こういう作品っておしなべていかにトリッキーであるかとか謎解きに関心が集まりがちです。
でもこの作品はそこにポイントがあるのではなく、高度なプログラムと先進技術によって行われてることでも
結局人間の情がからむということ。
 
主人公は繰り返すことによって芽生える恋愛感情に・・
操作する方の人は人間として・・
 
そしてまたぐっといいのは父と息子の物語です。
そうそう。死をどう受け入れるか・・
それには心残りがあるかどうかで大きく違ってくるのですよね。
ここで泣かされました。
 
ラストはどう解釈していいのかわかりませんし、ツッコミどころもあるかもしれませんが
私はあまり深く考えずそのまま受け止めました。
 
ああ・でもやっぱりこの監督さんの作品、いいわ〜
ってまだ2作目ですけれどね。
何か、すっごく温かなものをじんわり〜と感じます。
 
主役のジェイク・ジレンホールのとことんどうにかしたいという気持ちがいっぱいの大きな、
見開かれた目がが印象的でした。
なんといっても『ブロークバック・マウンテン』のジャック役が最高。
英国アカデミー賞 助演男優賞を受賞、アカデミー助演男優賞にノミネートされました。
最近では『マイ・ブラザー』の劣等感でいっぱいのトミー役もなかなかでした。『』
 「ピープル」誌の「最も美しい人50人(50 Most Beautiful People)」のひとりに選ばれています。
 
『縞模様のパジャマの少年』ではのんびり〜とした美しいお母さんの役『マイレージ、マイライフ』のクールなキャリアウーマン役、そして今回、任務を遂行しつつも悩む役も良かったです。
 
 
監督 ダンカン・ジョーンズ 
製作総指揮 ハワード・W・コッチ・ジュニア
ジェブ・ブロディ
ファブリス・ジャンフェルミ 
製作 マーク・ゴードン
フィリップ・ルースレ
ジョーダン・ウィン 
脚本 ベン・リプリー 
撮影 ドン・バージェス 
美術 バリー・チューシッド 
音楽 クリス・ベーコン 
ジェイク・ギレンホール (Colter Stevens)
ミシェル・モナハン (Christina Warren)
ヴェラ・ファーミガ (Colleen Goodwin)
ジェフリー・ライト (Dr. Rutledge)
キャス・アンヴァー (Hazmi)
 
 

閉じる コメント(40)

これは今一番観たい作品かな。
ダンカン・ジョーンズは一発屋じゃなかったんだなぁ♪

2011/10/30(日) 午後 4:04 marr 返信する

顔アイコン

marrさん。これ映画ファンに大評判ですね!
ほんと一発屋じゃなくて良かったです。
こうなってくると次回作が楽しみですね。

2011/10/30(日) 午後 6:49 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

設定の面白さで1時間半引っ張るのかと思いきや、きちんと人間ドラマも描いていて、主人公のラストの決断には切ないものがありました。エンタテイメントとしてもお得感の高い映画でした。TBさせてください。

2011/10/30(日) 午後 10:20 [ einhorn2233 ] 返信する

顔アイコン

お父さんとの電話のシーンは泣けてしまいました。
こういうSFもので泣けるとは思ってなかったです。
キャッチコピーは「?」でした〜^^;
TBさせてくださいね。

2011/11/3(木) 午後 4:05 Swan 返信する

顔アイコン

einhorn2233さん。そうなんですよね。この設定も面白いけれど
描かれているのは人間の気持ち。
すごくいい作品でした。

2011/11/3(木) 午後 11:11 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

Swanさん。お父さんとの電話のシーン、いいですよね。
何か気になる別れをしたままだといけないのですよね。
ほんとキャッチコピーは・・?です。

2011/11/3(木) 午後 11:12 car*ou*he*ak 返信する

3人で行ったんですが
ラスト、クラウド・ゲートのオブジェに映る
コルターの姿がそれぞれ違う風に見えた?!
ということで映画自体も
そういう作品なのかも知れません

TBお願いします

2011/11/3(木) 午後 11:13 [ HK ] 返信する

顔アイコン

HKさん。え〜みんなで違う風に見えたのですか
私はもうそのまんま、何も考えずに受け止めました。
でも人それぞれでいいのですよね〜

2011/11/4(金) 午後 11:11 car*ou*he*ak 返信する

そうですねぇ、深く考えないようにしなくては(^_^.)
あのラストも、はてハッピーなのかアンハッピーなのか それを考え出すと 頭が麻婆豆腐になってしまって(^_^.)
でも 面白かったですねぇ、90分の妙味(^^♪

2011/11/5(土) 午後 5:27 たんたん 返信する

顔アイコン

たんたんさん。あはは・・頭が麻婆豆腐!!
ほんと90分にまとめてあるところもすごいですよね。

2011/11/5(土) 午後 9:33 car*ou*he*ak 返信する

アバター

奇抜な設定でしたが、描いてるのは人間の感情でしたね。
キャストが少ない分、グッと深い感情面を短い時間で上手く見せていたと思います。
キャストはそれぞれ良かったですよね。
TBさせてくださいね。

2011/11/6(日) 午前 9:36 木蓮 返信する

昨日観ました。
面白かったです。
特に脚本と編集が素晴らしいと思いました。場所を3つに限定したのもうまいですね。
近いうちにレビューします。

2011/11/18(金) 午前 5:45 suzushim 返信する

顔アイコン

もくれんさん。そうなんですよね。
この設定はユニークですが、描きたかったのは人間の心。
キャストも良かったですよね〜

2011/11/18(金) 午前 9:19 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

suzushinさん。面白いですよね!
あ・結局そうですね。脚本と編集が練られてるのですよね。
すべてにシンプルというところもいいですよね。

2011/11/18(金) 午前 9:21 car*ou*he*ak 返信する

この映画にはやられてしまいました〜。
生と死の狭間。
生と死のつながり。微妙な行き来がなかなかでした。
あんな風に父親と話せるなんて、涙もんですね。
涙、涙の映画でした。TBさせてくださいね!

2011/11/22(火) 午後 6:33 iruka 返信する

顔アイコン

オープニングからどんどん引き込まれてあっと言う間に終わってしまいました。面白かったですね!ダンカン監督の今後が益々楽しみでうね。ヴェラ・ファーミガは綺麗でしたね。この髪型が一番似合うと思いました。TBお願いします。

2011/12/7(水) 午後 1:30 dance 返信する

顔アイコン

irukaさん。そうですね。生と死のはざまでありつながりであり・・
人間の命のはかなさでもありました。
お父さんとの会話も良かったですよね。

2011/12/7(水) 午後 4:44 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

danceさん。オープニングからハラハラドキドキ・・
ほんとうまい。
ダンカン監督これから期待大です。
ヴェラも魅力的でしたね。

2011/12/7(水) 午後 4:45 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

感動でした。
特に父との電話のシーンは。。
オリジナルの脚本だし、素晴らしい出来でした!
TBお願いします☆

2012/1/25(水) 午後 9:25 かず 返信する

アイデアも良かったです。わたしも2作目ということでDVDで観ました。たしかに突っ込みはありますが、何度も観たい作品ですね。そうですよね。何か温かい人間らしさが漂っているというか・・・。

2012/3/11(日) 午前 7:57 NZ_RR 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(29)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事