Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
ロシアのクレムリンで爆破事件が発生。その容疑がIMF(極秘スパイ組織・不可能作戦班)のイーサン・ハント(トム・クルーズ)とそのチームにかけられる。米大統領は政府が事件に関与した疑いを避けるため、「ゴースト・プロトコル(架空任務)」を発令。イーサンチームはIMFから登録を抹消されてしまう。国や組織という後ろ盾を失ったまま、クレムリン爆破の黒幕を追い、さらなる核テロを未然に防ぐというミッションの遂行を余儀なくされるイーサンたち。 gooより
そもそもこのシリーズは日本でも人気だったアメリカのテレビドラマ『スパイ大作戦』の映画化作品。
1996年に第1回作品を撮り、好評だったので2000年には続編『M:I-2』。
2006年には『M:i:III』が公開されました。
 
主演のトム・クルーズがこの作品で初めて映画プロデューサーに挑戦し、毎回監督さんを選んでいます。
こういうのって面白いですよね。
タイプの違う監督さん抜てきすることによってシリーズ化してもマンネリしないわけです。
 
そして今回選ばれたのは、「Mr.インクレディブル」、「レミーのおいしいレストラン」で
2度アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞しているクリエイター、ブラッド・バード監督。
彼にとっては初めての実写映画でもあります。
え〜実写が初めてなのにいきなりこんな大作を?と思いますが、でも結局のところ
アニメだろうと実写だろうと同じなのでしょうね。
そしてまたレミー〜は好きな作品ですがあの作品に通じる何かがあったように思います。
 
さて物語は刑務所からの脱走から始まってブタペスト、ロシア、ドバイ、インド・・と
まさに息つく間もない展開なのですが最近ありがちのバリバリのCGじゃなくて色々ちゃんと
アナログで撮ってるし、どこかレトロ感があってなかなかいい感じです。
 
また今回はイーサンだけでなく、ほか3人のキャラも立っているのも見所。
ジェーンは恋人の復讐をかけてそれは見事なアクションを見せてくれて完璧なのですが
ふたりの男性はけっこう怖がりでジャンプするところでは腰が引けてたりするシーンもあり
ユーモアセンスもあります。
 
そして007でも一番面白いのは最新鋭の、そしてカラクリっぽい武器たち。
今回スポンサーになってるのかアップルのものがメインだあったせいか、妙に現実味もありました。
しかしリアルの世界でこの分野が進んでくると、未来の新兵器のネタってなくなってきてしまうでしょうね。
そういう意味で今回一番面白かったのはまばたきカメラでした。
 
ところで今回の悪者の声明文に
広島・長崎に原爆が投下されたのに見事に復活したから、地球も同じようにリセットしたい
(大体ですが)っていうようなセリフがありました。
むむ?これはちょっと・・
もちろん素晴らしい復活を遂げました。でもその痛みを思うとこれは辛いですよね。
 
アクションの最大の見せ場は予告でも何度も見たドバイの世界一高いブルジュ・ハリファビルのシーン。
実際トムはワイヤーで吊るされていたそうですから、さぞかし怖かったでしょうね。
あとラスト近くのクルマのプールでのシーンも相当な迫力でした。
そしてそしてラストには
ちょっとじーんとくるような・・ある人の登場が・・
それは見てのお楽しみですね。
 
トムはもちろんですが、今回すごいアクションを見せてくれたのは
デンゼル・ワシントン主演「デジャヴ」で、ヒロインをつかんだ女優ポーラ・パットン。
ゴージャスなドレスもお似合いですが、ひとたびアクションシーンになるとその迫力たるや・・
まだ出産後間もないのに毎日2時間以上空手やボクシングの練習と武器のトレーニングを
積んだそうです。
 
監督 ブラッド・バード 
脚本 ジョシュ・アッペルバウム
アンドレ・ネメック
クリストファー・マッカリー 
原作 ブルース・ゲラー 
製作 J・J・エイブラムス
ブライアン・バーク
トム・クルーズ 
音楽 マイケル・ジアッチーノ
トム・クルーズ (Ethan Hunt)
ジェレミー・レナー (Brandt)
ポーラ・パットン (Jane Carter)
サイモン・ペッグ (Benji Dunn)
ジョシュ・ホロウェイ (Trevor Hanaway)
ヴィング・レイムズ (Luther Stickell)



閉じる コメント(26)

私もコンタクトレンズがああいうアイテムになっているとは、すっごく驚きでした。面白いですよね〜。
カーターは緑のドレスが似合っていましたね。このシリーズの華やかなパーティーシーンも好きだったりします(笑)
TBさせてもらいました♪

2011/12/18(日) 午後 11:30 [ - ] 返信する

高所恐怖症なもんでして(笑)
でも他人がやってるのは大丈夫。
トムさんもあの歳で頑張ってるなぁ♪

2011/12/19(月) 午前 0:22 marr 返信する

面白かったですね〜。まさにエンタメ作品。毎回毎回、国際的な豪華なキャストと、トムの命知らずのアクションで絶対楽しませてくれるのは本当に素晴らしいですね♪ああ、ポーラはデジャヴの美人さんもやってましたか!そうそう、それぞれのキャラが立ってたのも良かったです!オープニングもラストも工夫があってよかったですね!
TBさせてくださいね。

2011/12/19(月) 午前 8:41 + kuroneko + 返信する

顔アイコン

やはり往年のファンは出だしから惹きつけられましたね、、トム君の張り切りようが良ーく判りました。あと3年くらいで5作目を作らないと、、(笑)。イギリスの007VSアメリカのMIか、、見逃せない展開が続きます、、。fpdさんのところから飛んで来ました。

2011/12/19(月) 午後 6:20 guch63 返信する

顔アイコン

SHIMAさん。あのまばたきコンタクトはすごかったですよね。
そうそう。私も世界各地に舞台が変わったり、豪華なパーティー
会場になったりするところも好きです。

2011/12/19(月) 午後 9:18 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

marrさんも?私もです。
コワイけれど、でもまあこういう映画だから大丈夫って
言い聞かせながら・・
ほんとおトシなのに感じさせませんよね。

2011/12/19(月) 午後 9:19 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

くろねこちゃん。まさにエンタメ作品。
いくら命綱があるといってもトム、怖かったでしょうね。
ほかの俳優さんたちも豪華でした。
そうですね。オープニングとラストも印象的でした。

2011/12/19(月) 午後 9:20 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

guch63さん。私もデビュー当時から知ってるのでやはり
応援したくなってしまいますね。
ほんとあと3年くらいのうちに作らないと、彼もキビシイですよね。
あ〜確かに雨エリカとイギリスという、そういう対比もできますね。

2011/12/19(月) 午後 9:23 car*ou*he*ak 返信する

広島長崎のくだりは私もむむって思っちゃいました。
狂った犯人の台詞とは言え、核を浄化と言ってる訳ですもんね。。
でも映画はユーモア満点で面白かったし、クルーズの勇気あるアクションにも拍手で楽しめました。
TBさせてくださいね。

2011/12/20(火) 午前 8:34 pu-ko 返信する

顔アイコン

今回は色々なトラブルがあってちょっと違った感じの作風でしたね。あのまばたきカメラは確かに凄いあぁと思いました。更に見破るのも凄いですよね(笑)こちらからもTBお願いします。

2011/12/20(火) 午後 0:48 dance 返信する

顔アイコン

PU-KOさん。悪者の言ったこととはいえ、広島、長崎のセリフには
ちょっと反応してしまいますよね。
映画は全体にユーモラスで、見やすくて、楽しくて・・
良かったです。

2011/12/20(火) 午後 4:28 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

danceさん。まばたきカメラ、すごいですよね〜
あんな風にプリントして出てきちゃうなんて・・
見破る方もすごいし全体におもしろかったです。

2011/12/20(火) 午後 4:29 car*ou*he*ak 返信する

カルさんってやっぱり凄〜い!この記事だってめっちゃわかってるって(笑)そそこの作品って案外アナログでちゃんととってるんですよね。トムも頑張っていましたし〜いつもと違ってたのはやっぱり監督さんんの色も出てたんでしょうね。TBお願いします。

2011/12/20(火) 午後 11:15 ひかり 返信する

顔アイコン

ひかりさん。あはは・・会って話してるとなんだかもう〜ですが
自分でも文章だとちゃんと書いてるな〜って(笑)!!
しかも怪我してたのにね。
監督さん変えることによってそれぞれの色を変えてるって
ところがすごいですよね、トム。

2011/12/20(火) 午後 11:41 car*ou*he*ak 返信する

顔アイコン

登場するスパイ兵器の数々がすごいんですが、肝心なところで足を引っ張るというパターンが笑えました。全体にコミカルな味わいをつけているところに、シリーズもの4作目の余裕を感じてしまいました。変な気負いのない、お気楽に楽しめる娯楽作品に仕上がっていたように思います。TBさせてください。

2011/12/24(土) 午前 8:16 [ einhorn2233 ] 返信する

トム・クルーズ、来年50歳とは思えない圧巻のアクションでしたね。
メインキャラであるベンジー、ジェーン、ブラントはそれぞれがいい味を出していて、作品としても魅力のあるものに仕上がっていたと思いました!
ユーモアもいろいろと織り交ぜられていたのも良かったです★

2011/12/24(土) 午前 8:58 ken 返信する

アバター

今回はチームでという感じがでていて良かったです。
使っているガジェット類は最新鋭だけど格闘シーンなんかはアナログで、その辺がちょっとTVシリーズも思い出す感じですよね。
面白かったです!
TBさせてくださいね。

2011/12/31(土) 午後 10:18 木蓮 返信する

アバター

私もあのコンタクトカメラは面白かったです。(^^ゞ
現代ではどんなスパイのアイテムも可能のような感じがしちゃいますよね。凄い時代です。
しかしエンタメとしてこの手の作品は楽しめますね!さすがトム・クルーズでした!(笑)
大変遅くなってすみません。TBさせてくださいね♪

2012/1/5(木) 午後 8:27 choro 返信する

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
私も観ましたが、高所恐怖症の方は見るだけでかなりの恐怖を味わったでしょうね。
アクションはド派手でよかったですね(^^)

2012/1/9(月) 午後 11:47 タミック 返信する

今回も、楽しみました。エンターテイメントとして観るには楽しめる映画でした。ここで、細かな情報を読んで楽しんでいます…。疲れているとき、忙しいときに、観る映画として最適でした。たしかに、いままでと違い人間味があったような…。

2012/7/5(木) 午前 9:18 NZ_RR 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(34)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事