Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

      ***STORY***           2006年    アメリカ
ローマ帝国の崩壊後、イギリスは事実上、アイルランド王の権力下にあった。各地に割拠する部族長の1人・マーク候は、幼いトリスタンの命を救い、孤児となった彼を大切に育てる。9年後、立派に成長したトリスタンは戦いで負った傷から瀕死に陥り、葬船に乗せられ海に流される。やがてアイルランドの海岸に流れ着いたトリスタンは、薬の知識を持つ王の娘イゾルデに救われる。若い2人は間もなく深い仲になるが、葬船がアイルランド軍に発見されたトリスタンは、この地を去らねばならなくなる。こうして引き離された2人は、思わぬ形で再会することに。イゾルデがトリスタンの恩人であるマーク候と、政略結婚することになったのだ。トリスタンは忠義心と愛情の間で苦しみながらも、イゾルデと密会を重ねるが……。                                 gooより     


私的には「トリスタンとイゾルデ」といえばヴァーグナー。彼は中世の悲恋物語であるトリスタン伝説にもとづいて、自ら台本を書いて楽劇にしました。とっても官能的で陶酔的な音楽です。しかも大学生のときにドイツ語の授業で教材としてこのオペラの基となる本を読んでいたので、かなり違うストーリに”あら媚薬は??”とアタマが混乱しました。

調べてみたらこのお話は色々なヴァーションがあることがわかってきました。
1500年前にケルトの伝説として誕生、吟遊詩人らによってヨーロッパ中に広められ、やがて宮廷詩やアーサー王伝説の一部として語り継がれていった悲恋物語が元です。そしてその後、12世紀の中世フランスで物語としてまとめられ、まもなくドイツにも伝えられました。ヴァーグナーが元にしたのはこの本ですし、オペラなので、時代背景はあまり書き込まれていなかったので、お話の背景はわかっていませんでした。ただ、この頃のことについては”ローマ人の物語”をはじめとして数冊読んでいるので、なんとかついていけましたが、何も知らないとちょっとツライと思うので以下歴史を少し。。


紀元 409年ローマ帝国はブリタニアを放棄した.残されたサクソン・アングル・ジュート族や先住のピクト族など諸部族は群雄割拠の時代に突入する.タンタロン城のアラゴン王は合従策を唱え諸部族を糾合しようとした矢先,ダンルース城のアイルランド王ダンカンによって殺され,息子トリスタンはコーンウォール王マークの右手を代償に救われる.マークと彼の甥でトリスタンの盟友メロートらは9年の時を経てコーンウェル再建に成功.しかしそこにダンカン旗下の奉行モーホルトが示威行動に現れたため,トリスタンたちは逆襲を計る.しかし致命傷を負ったトリスタンは葬船に乗せられアイルランドに漂着し,イゾルデと乳母ブランジァンに救われるのだった。

ああこれでオペラの方も含めてすっきりしました。

ようやく本題ですが、恋愛、不倫というよりはむしろ忠誠心がメインになっていきます。
私がトリスタンよりも気になったのはマーク。トリスタンのことを小さなときから命をかけて守り、自分の息子以上に慈しんで育ててきました。そしてイゾルデのこともすごく愛しているし大事にしているのです。そしてラスト付近の彼の決断たるや。。素晴らしい!!です。人間としての器が大きい!

それに比べてワルイ奴はアイルランド王。モーホルトがいなくなった今、イギリスの領主達が一致団結することを恐れたアイルランド王は、イギリスの各領主達を競わせて勝者に姫を召す・・というのですが、
これも同盟のため。しかも後にこれを破ろうとまでするんですから。。


後半オペラ版とは全然違う展開になっていきますが、ストーリーとしてこちらの方が好みかもしれません。


リドリー・スコットが製作総指揮しているので豪華絢爛な歴史絵巻になっていますが、闘いの場面が多く、画面もかなり暗めです。暗黒時代の荒涼たる英国を、アイルランドやチェコに再現して撮影したそうです。私としてはとっても好きですが、歴史モノが好きな方にのみお奨めします。


トリスタンを演じるのは、「スパイダーマン」シリーズでおなじみのジェームズ・フランコ。かなり甘口のお顔で私の想像していたトリスタンと違い、最初はちょっとがっかりでしたが、慣れるに従ってまあいいかなと。。「ソニー」のときのあのけだるさはなく、凛々しかったので許します。





監督:ケヴィン・レイノルズ
製作総指揮:リドリー・スコット トニー・スコット 他
脚本:ディーン・ジョーガリス
音楽:アン・ダッドリー
出演:ジェームズ・フランコ/ソフィア・マイルズ /ルーファス・シーウェル/デヴィッド・オハラ 他

開く トラックバック(43)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事