Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

   ***STORY***                2006年  カナダ
フィオーナとグラントは結婚して44年。かつて大学教授時代には教え子との浮気でフィオーナを苦しめたグラントだったが、結局は妻のもとに帰り、今は仲睦まじく湖畔の家で暮らしていた。ところが、フィオーナにアルツハイマー型認知症の症状が現れ始め、彼女は自ら介護施設への入所を決める。面会に訪れたグラントはフィオーナが自分を認識できず、車椅子の男性オーブリーと親密に過ごす姿を目の当たりにする。   goo より

もう〜・・あまりに良かったので、まだ考えがまとまりません。
今年のベスト入り間違いない作品です。

『死ぬまでにしたい10のこと』で主人公を熱演したサラ・ポーリーが今度は自らメガホンを
とった作品です。
最近、イーサンやジュリーの作品を見たばかり。
そのどちらも俳優さんが監督さんになった・・という域を超えていましたが
サラの場合そのもっともっと上を行くものでした。

カナダオンタリオ湖に近い、それは静かで一面の銀世界の中にある家に住んでいる夫婦の
物語です。
冒頭、バッハのアベ・マリアをバックに映し出される夕暮れ時のその美しさったら!

夫・グラントは知的でありながらもこなれたところがあり、かつてはさぞかしモテモテだった
ことが明らかです。20年前までは大学教授でしたが、女学生と次々と愛情関係をもっていました。
中のひとりとどうも深刻だったために夫婦関係に亀裂が入ってしまったよう。
グランドは結局妻との生活を選び、多分かなり早く大学を辞め、田舎に引っ込みました。

ところが最近妻は洗ったフライパンを冷凍庫に入れようとしたり、花の色がわからなくなったり
迷子になったり・・
調べるとアルツハイマーの初期でした。

悩んだ末に、ふたりはホーム行きを決意するのですが、そこの規則は厳しくて
奥さんが入所してから1ヶ月は面会禁止となります。
ホームシックを避けるためですね。
さて1ヶ月経ってグランドが行くと・・
そこには夫婦のように仲むつまじいカップルが!
ひとりは妻フィオーナでした。

これはもしかしたら恋に落ちたのか?
それともそれまでグラントがさんざん女性問題でメイワクをかけたからその仕打ちなのか?
最初そのどちらかだと思いました。
でも・・フィオーナは”あなたといると混乱するけれど、彼といるとしないの・・”と
言ってました。
つまり正常な人といると自分がヘンだということが逆に鮮明になってしまいます。
でもこの相手の人はフィオーナより症状がすすんでましたから、彼といると
まだ自分の方が正常だと思えてフィオーナにとって心が平和だったのかもしれません。

ここまでだけでも充分映画になります。
ところが!ここからまた2回転半くらいするのです。
その展開の仕方もおもしろいし、どれもナットクできるもの。
そして親のことやそのうち自分も?とか思うとどの立場の人にも共感してしまって
ずっと悲しくて、感動しっぱなしとなります。



私の母は元々病気の上、最近かなりボケてます。
耳が遠くなっているせいもあるのですが、そうなると父はものすごい孤独感を感じているよう。
精神的に不安定になり、私にしょっちゅう電話してくるようになりました。
長く連れ添った相方がボケたりすると混乱するのは男性側だと思います。
普通の夫婦というのは男性は仕事で外に出て自分の都合で生活していきます。
一方妻は家で”待つ”ことがほとんどで相手に合わせていきます。
だから妻は相手の変化に合わせることができるけれど、夫側はそういう訓練はしてないのですね。

う〜ん。この映画から考えられることはまだまだたくさんあって到底まとまりません。
でも決してむずかしい映画でなく、話の運びもスムーズで見やすいです。
若いとわからないかもしれませんが、ある程度のトシをいった人であれば
何かしら感じるシーンがあるでしょう。
映画館は満席でそのほとんどが女性でしたがこれは男性にも見て欲しい作品です。

**サラ・ポーリー**
1979年生まれ。
両親ともに役者という家庭に生まれ、早くから子役として活躍。
デビュー三作目は9歳のときの出演作「バロン」(テリー・ギリアム監督)でした。
(うわ〜そうでしたか。)
その後、TVシリーズ「アボンリーへの道」などで順調にキャリアを積み重ねます。
そしてアトム・エゴヤン監督の下で主演した「スウィート・ヒアアフター」で高い評価を受けます。
ハリウッド嫌いを公言する彼女は、現在もカナダを中心に女優の活動を続ける一方、
99年には、短編映画「Don't Think Twice」で監督・脚本デビューを果たすなどさらに活躍の場を
広げています。
代表作は『あなたになら言える秘密のこと』,『アメリカ,家族のいる風景』
それにしてもまだ27歳なんですね。
一体どうして高齢の人の気持ちがこんなにわかったのでしょう!


そしてそしてこの映画がこんなに澄んだ感じがするのは風景はもちろんのことですが、
ジュリー・クリスティの美しさにもあります。
映画ファンならええ?あの『ドクトル・ジバコ』や『華氏451』の!って思われることでしょう。
確かにおトシではあります。でも若いころよりも透明さが増していて、より線が細くて・・
ほんときれい〜

そしてまたオリンピア・デュカキスも後半大活躍します。
『月の輝く夜に』,
『マグノリアの花たち』で見たとき
すでにお母さん、おばあちゃん役でしたが、この方もきれい。
どの役も”自分本位”なところがあってひょうひょうとしていて、いいですね〜







監督: サラ・ポーリー
製作総指揮: アトム・エゴヤン
原作: アリス・マンロー 『クマが山を越えてきた』
脚本: サラ・ポーリー
音楽: ジョナサン・ゴールドスミス
出演: ジュリー・クリスティ /ゴードン・ピンセント /オリンピア・デュカキス
マイケル・マーフィ /クリステン・トムソン /ウェンディ・クルーソン /アルバータ・ワトソン

開く トラックバック(28)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事