Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

*空気人形*

イメージ 1

   ***STORY***             2009年  日本
古びたアパートで持ち主の秀雄と暮らす空気人形は、ある朝、本来は持ってはいけない「心」を持ってしまう。彼女は秀雄が仕事に出かけるといそいそと身支度を整え、一人で街へと歩き出す。メイド服を着て、おぼつかない足取りで街に出た彼女は、いろいろな人に出会っていく。ある日、レンタルビデオ店で働く純一と知り合い、そこでアルバイトをすることになる。ひそかに純一に思いを寄せる彼女だったが……。     gooより

業田良家の短編集「ゴーダ哲学堂 空気人形」の一篇を原作に、『誰も知らない』の
是枝裕和監督が、心を持ってしまった“空気人形”の恋を描いたラブ・ファンタジー。

ん?ラブ・ファンタジー。
確かにそういう要素もありますが、”心をもった空気人形”が感じる生きることの素晴らしさ!!。
それに対してここに登場する人たちはみんな”身体も心もあるのに”精神的にからっぽな人たちで
その対比の鮮やかさがリアルに伝わってくる秀作でした。

最初ラブドールと暮らす・・ということで『ラースと、その彼女』を思い出したのですが、あのラースは
ある一時期だけ人間との関わりの代わりにビアンカを求めました。
ところがこの主人公、秀雄は失恋した経験からか、多分このまま一生、次々と新しいものに
代えながら、しかも深く愛しながらラブドールとの生活を続けていくのです。
しかもラースにはそんな彼を静かに、そして温かく見守ってくれる近所の人たちがいました。
ところが秀雄は彼女とお散歩にも行くけれど、誰も彼のことを見守ってはくれません。
この差は大きくて、深いです。

去年見た『TOKYO!』というオムニバスのひとつ、『引きこもり』に似ていて、一応、彼は外に働きに行くけれど、友人や恋人がいない生活で基本的には同じようなことのように思えました。
そして『引きこもり』には未来があったけれど、秀雄はこの生活にギモンを持ってなくて満足してしまっているのがコワイところです。
実際東京の片隅で暮らす、こういう人たちがいるのでしょうね。

人と人が交じればいいことも楽しいこともあるけれど、時にはケンカしたり、失恋したり・・と
辛いこともたくさん。
それを全部回避してしまってラブドールに走る・・
この世のすべての面倒なことはしたくないということでしょう。

そこまでではないけれど、他の登場人物もしかり。
他にすることがなく、毎日交番に通うのが趣味の未亡人、
若さには絶対勝てないことを知って過食症になる女性、
代用教員だった老人・・
みんなどうにもならない空虚さを持て余して生きているのです。

ところがそんな人たちが暮らす隅田川沿いの町で、お人形が人のこころを持ってしまいました。
彼女が自由に動き回れるようになり、空気を、空を、町を生き生きと感じるシーンが
と〜ってもいいです。私たちには日常のことですが、平和に夜が明け、ゴミだしが行われ、
人々が動き出す町、そんななんでもないことひとつひとつが実は素晴らしいことなのですよね。

そして彼女はビデオ店で働き始め、多分恋に?落ちます。
これまたイマドキの感じなのでしょうか
ふたりとも基本的に淡々としています。
でもこころを持った彼女が抱えている空虚感は純一が空気を吹き込むことで満たされました。
多分純一も彼女の命ギリギリのところまで持っていき、それを自分の手でそれこそ息を吹き返させる
ことにものすごく愛と生きがいを感じたことでしょう。
とても余韻の残る作品でした。

この作品はストーリー的にすごくわかりやすいけれど、少し抽象的なことを描いていて
そのヴァランスがいいのだと思うのですが、そろを支えているのが映像でした。
撮影監督はリービンビン=李屏賓(り へいひん)という方で台湾出身。
トラン・アン・ユンの『夏至』や『花様年華』『春の雪』など撮っているので、
タワーマンションの見える都会だけれど、二階建てのアパートが並ぶあたりは下町のようで
そのあたりを異邦人のような目で撮られてました。
風になる風鈴やたんぽぽのシーンなども素敵です。
また空気人形が光にあたって透ける様子をはじめCGを使ってないとのことですし
息を吹き返すシーンもすごかったです。


この作品は第62回カンヌ国際映画祭のある視点部門で、またトロント国際映画祭「マスターズ」
部門で公式上映されました。
是枝裕和監督のこれまでの7作全てがトロントに出品されてるということです。
ヴェネツィアは塚本監督、カンヌは河瀬直美監督、トロントは是枝監督・・
とそれぞれの映画祭で愛される監督さんっているのですね。

**是枝裕和監督作品**
誰も知らない(2004)
花よりもなほ(2006)
歩いても 歩いても(2008)
大丈夫であるように -Cocco 終らない旅‐(2008)

監督・脚本・編集・プロデューサー: 是枝裕和
原作: 業田良家
企画: 安田匡裕
プロデューサー: 浦谷年良
撮影監督: リー・ピンビン
美術監督: 種田陽平
美術: 金子宙生
照明: 尾下栄治
録音: 弦巻裕
装飾: 西尾共未
衣装デザイン: 伊藤佐智子
人形造形: 原口智生
助監督: 西山太郎
キャスト;
ペ・ドゥナ
ARATA
板尾創路
高橋昌也
余貴美子
岩松了
星野真里
丸山智己
奈良木未羽
柄本佑
寺島進
オダギリジョー
富司純子

開く コメント(61)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事