Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

1938年。ユダヤ人画商一族・カウフマン家は、ムッソリーニも欲するほどの国宝級の代物・ミケランジェロの絵を密かに所有していた。ある日、一家の息子ヴィクトル(モーリッツ・ブライブトロイ)は、親友ルディ(ゲオルク・フリードリヒ)に絵の在りかを教えてしまう。ナチスに傾斜していたルディは、軍で昇進するためにそれを密告、一家は絵を奪われ収容所へと送られる。 gooより
第80回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞した『ヒトラーの贋作』の制作会社プロデューサーが手掛けた作品第二次世界大戦のさなか、ナチスと命を賭けた取引をするユダヤ人の物語です。
 
今までナチスを扱った作品というのはその残虐性や事実を伝えるためであったり、
そこで生まれた人間ドラマを描くものでした。
でもこれはもしかしたらナチスという舞台を借りただけで、監督さんが一番描きたかったのは
相反する立場にある男性ふたりの心の動き。
立場が違うと上下関係ってこんなににも変わるものなんですね。
 
ユダヤ人画商一家・カウフマン家は相当な資産も教養も持ち合わせた一家。
美術館のような豪邸に住み、名画を扱うほどの格の画商を営んでいました。
ところがナチスの台頭によってそれは一変してしまいます。
元々どうしてあんなに国民をあげてナチに傾倒していったかって考えると、それはやはり
ユダヤ人があまりにも賢く、お金を稼ぐのもうまかったからで立場の逆転を試みたと
願う一般の人も多かったからなのですよね。
ルディはあのままでは一生、どうしてもカウフマン家に頭が上がらなかったことでしょう。
 
しかし逆転されたと思っていたら今度はヴィクトルが・・
どうしてこうなったかは伏せておきますが、このあたりの機転のきかせ方とか最高ですね。
 
権力には無縁と思われていたヴィクトルですが、それはそれで悪くない様子。
人間ってやはり偉くなったり権力握ったりすることに力を傾けるのは当然なんだな〜って
思わされます。
 
ところで政局ですが、ナチスは絵を取引の材料にイタリアと優位な条約を結ぼうとします。
あ〜ここ!。
少し前からムッソリーニとヒットラーの関係性についてすごく気になっているので
ほんの少しだけまとめておきます。
 
元はといえばヒットラーの独裁政治はムッソリーニの影響が大だったかもしれません。
でもムッソリーニの方が年上で学識や政治経験は上だったためヒトラーのことをバカにしてました。
ところが1933年アドルフ・ヒトラー率いるナチスがドイツを掌握し、瞬く間にドイツ強国に変貌させました。
ムッソリーニはそのうちヒトラーに圧倒されるようになり1937年には日独防共協定に参加。
 
ムッソリーニの力自体は強かったけれど、でも実はイタリア軍は世界最弱(笑)
ドイツに尻拭いしてもらうような状態にまでなっていたのですがそれでも最後の切り札的に
ミケランジェロの絵が欲しかったのでしょうね。
 
・・がそうこうするうちにシチリア島に連合軍が上陸してあっさりムッソリーニは解任。
パルチザンの勢いもすごかったですし。
 
まあ一応このあたりのことはわかっていたのでそんなに血眼になって探さなくても
ムッソリーニはそのうち・・って思っていたらから余計面白かったです。
あ・もしかしたら全然映像にはなっていないけれど、ふた組の男性の物語でもあったのかもしれません。
 
それにしてもあのラスト!!
見てる方にしてみると”してやったり”。
爽快感を感じました。
 
あ・ところでコロコロと変わるふたりの状況により変わっていった人間関係ですが
後で考えてみるとヴィクトルは常に紳士的でムディのことを想っているのに
ムディは自分の欲望のままに彼に接してました。
ヴィクトルのお父さんも収容所で人々に敬愛されてたようですし、カウフマン家の人というのは
立派な方たちだったのですね。
 
監督 ヴォルフガング・ムルンベルガー 
プロデューサー ヨーゼフ・アイヒホルツァー 
脚本 パウル・ヘンゲ 
原作 パウル・ヘンゲ
モーリッツ・ブライブトロイ (Victor Kaufmann)
ゲオルク・フリードリヒ (Rudi Smekal)
ウーズラ・シュトラウス (Lena)
ウーヴェ・ボーム  
マルト・ケラー (Hannah Kaufmann)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事