Cartouche

肺炎で入院中。リコメ・ご訪問遅れております。

ロードショー*2011

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

*ブラック・スワン*

イメージ 1
 
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、元ダンサーの母親・エリカ(バーバラ・ハーシー)の寵愛のもと、人生の全てをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。だが純真な白鳥の女王だけでなく、邪悪で官能的な黒鳥も演じねばならないこの難役は、優等生タイプのニナにとってハードルの高すぎる挑戦であった             gooより
 
 
思っていたよりホラー度が高く、ナイフや傷口などバンバン出てきてひゃ〜〜っ。
でもそれも意味あることで、映画として素晴らしいです!!
 
主人公二ーナはバレリーナ。同じくバレリーナだったお母さんは自分の夢をかなえるために
娘二ーナを溺愛し、また時には厳しく二ーナを育ててきました。
夜遊びしたり、男性とつきあったこともない・・
つまり純粋培養状態なのですね。
お母さんの部屋に貼ってあるたくさんのポスターや絵と二ーナのベッドの脇に置いてあるオルゴールが
その象徴で、ここが大きなポイント。
この束縛というか過剰な期待と愛が彼女にとっては大きな重荷でした。
 
二ーナの属するバレエ団で次の公演、『白鳥の湖』のための準備が始まりました。
これは初演のとき白鳥と黒鳥と踊ったプリマの人が好評だったため、
以降ひとり二役が定着してますが、相反する役がらを演じ分けるって大変なことですよね。
ポートマン演じる主人公、二ーナは純真なこの白鳥役にはぴったりですが
セクシーさと天真爛漫さが求められる黒鳥を踊るにはその素養に欠けてました。
 
一方、ライバル的存在のリリーは彼女の逆。
私生活でも奔放な生活を送る彼女には邪悪な黒鳥がぴったりですが、白鳥はむずかしかったことでしょう。
そのキャストと決めるのはフランス人監督さんのトマスで二ーナをプリマドンナに大抜擢しました。
劇団員はもちろんのこと、スポンサーから観客までが注目してるのですから
大抜擢されたのは光栄なことだけれど、反面大きな大きなプレッシャーを抱えてしまうのは当然のことでした。
 
またそれまでのプリマだったベスの半狂乱ぶりも彼女の精神に大きな影響を与えていき
次第に幻影を見るようになっていきます。
 
もともと精神的に弱かったようですが、でもこれだけの大役ですから、彼女の気持ちが
すごくよくわかります。
自分の中に黒鳥の要素はあってもそれに向き合う勇気がなかったとも言えるでしょうか
いい子として育ってきた彼女にとって邪悪な要素を引き出すことは
自分を追い詰めることでしか得られなかったのです。
 
ところでこの題名にもなってるブラックスワンには隠された意味があります。
<むかし西洋では、白鳥と言えば白いものと決まっていたのですが
オーストラリア大陸の発見によって、黒い白鳥がいることがわかりました。
白鳥は白いという常識は、この新しい発見によってくつがえってしまったのです
つまり「ブラック・スワン」とは、ほとんどありえない事象、誰も予想しなかったことが
強いインパクトをもたらす
という意味もあるのです。
 
トマスはきっとこのブラックスワンを理解していたのでしょうね。
多少私情をはさんだ部分もあるし”あるきっかけ”があったにせよ、どう見ても白鳥の二ーナの中に
黒鳥があることを嗅ぎ分けたのでしょう。
 
それにしても二ーナの葛藤は壮絶なものでした。
その心理を見事に描き出していたのはちょと陰りのあるモノトーンに近い、そしてとても美しい映像。
コワイシーンもけっこうあったけれど半狂乱になっていく二ーナの心情を
表すにはこれも必然でした。
 
*追記*
後になって、ハネケの『ピアニスト』を思い出しました。
同じく過干渉の母がいてその影に脅かされていたうえ、彼女の場合はピアニストには
なれていませんでした。その歪みは・・というもの。
ちょっと違うものの、バレエ界も音楽界もこういう傾向がありますよね。
 
 
 
なんといってもポートマンの演技です。
撮影の10か月前からバレエの猛特訓を受け、バレリーナらしいしなやかな身体つきと
優雅な身のこなしを手に入れました。
ほとんど吹き替えなしというのも驚きます。
第83回アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞、シカゴ映画批評家協会賞、ラスベガス映画批評家協会賞
ほか全26の主演女優賞を受賞。
『レオン』で2000人以上の候補者からマチルダ役に選ばれ、映画デビュー
『クローサー』でアカデミー助演女優賞ノミネート
『ブーリン家の姉妹』でのアン・ブーリンでも着実な演技を見せましたが
私が好きなのはなんといっても『マイ・ブルーベリー・ナイツ』です。
そして2010年にこの作品、11年に『抱きたいカンケイ』で今までと違った役にも挑戦し、
もうこれで押しも押されぬ大女優さんですね。
因みにこの作品の振付師だったフランス人ベンジャミンさんと婚約、妊娠してることも発表しました。
 
ライバル役のリリー、ミラ・キュニスはウクライナ出身。
この作品で第67回ヴェネツィア国際映画祭でマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)を受賞しました。
 
監督 ダーレン・アロノフスキー 
脚本 マーク・ヘイマン
アンドレス・ハインツ
ジョン・マクラフリン 
原案 アンドレス・ハインツ 
撮影 マシュー・リバティック 
プロダクション・デザイン テレーズ・デプレス 
音楽 クリント・マンセル 

ナタリー・ポートマン (Nina Sayers)
ヴァンサン・カッセル (Thomas Leroy)
ミラ・クニス (Lily)
バーバラ・ハーシー (Erica Sayers)
ウィノナ・ライダー (Beth Macintyre)
 
 
 
 

開く トラックバック(63)

*抱きたいカンケイ*

イメージ 1
 
今から15年前のサマー・キャンプの夜。14歳のエマは言い寄って来たアダムをはねつける。エマ(ナタリー・ポートマン)とアダム(アシュトン・カッチャー)、それが初めての出会いだった。それから何度か偶然の再会を重ねるが、決してトモダチ以上にならなかった二人。だがある日突然、その場の勢いで男女の一線を越えてしまう。元カノのヴァネッサ(オフィリア・ラヴィボンド)が、人気TVスターだった父親(ケヴィン・クライン)と付き合っていると知ってショックを受けていたアダムは・・                    gooより
 
<抱きたい時だけのカンケイだった男女の恋の行方を描くラブロマンス。「マイ・ブラザー」の
ナタリー・ポートマンが製作総指揮と主演を務めている。
 
これ悪くないです!
ストーリー展開にサプライズはないけれど、イマドキの女の子の恋愛関係を見事に
描ききった作品です。
 
出会いは14歳のころのサマーキャンプ。
そのころからエマはしっかりしてました(笑)
以降もマサチューセッツで着実に勉強し、ついにはドクターに。
つまり彼女はすでに一人で生きていけるだけの地位と収入を確保したわけです。
だから面倒くさい恋愛なんて必要ないわけ。
だから彼女がアダムに提案したのは
*デートも恋愛感情も一切ナシ
*嫉妬や束縛は厳禁
*どちらかが恋したら即カンケイ解消
というものでした。
 
ひと昔前はカッコよくてお金持ちの男性が女性を振り回すのが恋愛映画の定番だったけれど
今やナタリー演じるエマが振り回します。ブンブンと・・あはは・・
 
でもこの映画が見てて気持ちいいのはふり回せるアダムも決して負けてはいないところ。
テレビ番組の助手だったアダムも自分なりにがんばる。
ここがいいところですね。
 
またラブコメには欠かせない回りの友達もグッド。
それぞれつかず離れず、ふたりを影で応援していきます。
 
果たしてふたりは・・
 
つまりエマって恋愛アレルギーを持っていたのですね。
これはイコール人間関係アレルギーでもあり、最近多くなってきてると思います。
一人は寂しくていやだから、しょっちゅう、今ゴハン食べたとことかお茶してる
とかケイタイメールで連絡し続けるけれど、なかなかそれ以上の友達や恋人がいない。
つまり何かあったときケンカして傷つくのをすごく恐れているからなのでしょう。
でも”この人は”と思える人と出会ったら、素直に向き合うことが大切です。
うん。なかなかいい映画でした。
 
舞台はアメリカ・西海岸のロス周辺。
9.11も3.11もなかったかのような、明るい太陽とゴージャスなパーティーシーンの連続で楽しいです。
やっぱりこういう映画もいいですね。
あ〜妹さん、サンタバーバラで結婚式も羨ましい〜
 
 
女性の気持ちを繊細にうまく描けてるのはナタリー・ポートマンが製作に関わっているからでしょうか
女優さんが製作総指揮といって思い浮かぶのはなんといってもドリュー。
『25年前のキス』以降『そんな彼なら捨てちゃえば』まで6作(多分)関わり、ついに
『ローラーガールズ・ダイアリー』で監督デビュー。
素敵な作品ばかりだからこれからもこういう女優さん&製作に期待です。
 
監督 アイヴァン・ライトマン 
製作総指揮 ナタリー・ポートマン
ロジャー・バーンバウム
ゲイリー・バーバー
トム・ポロック
ジョナサン・グリックマン 
製作 アイヴァン・ライトマン
ジョー・メジャック
ジェフリー・クリフォード 
脚本 エリザベス・メリウェザー
マイク・サモネク 
撮影 ロジェ・ストファーズ 
音楽 ジョン・デブニー
ナタリー・ポートマン (Emma)
アシュトン・カッチャー (Adam)
グレタ・ガーウィグ (Patrice)
ミンディ・カリング (Shira)
クリス・“リュダクリス”ブリッジス (Wallace)
オリヴィア・サルビー (Katie)
イメージ 1
 
ディーン(ライアン・ゴズリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)の夫婦は、娘のフランキー(フェイス・ウラディカ)との3人暮らし。長年の勉強の末、資格を取って病院で忙しく働く妻・シンディに対し、夫・ディーンの仕事は芳しくない。お互い相手に対し不満を抱えているが、口に出せば平和な生活が壊れてしまうことも知っている。出会った頃の二人は若く、夢があった。お互いに相手に夢中で毎日が輝いていた幸せな日々……。
 
 
<病院で看護師として忙しく働く妻と、朝からビール片手にペンキ塗りをして一応の収入を得ている夫――
そんな若い夫婦の間で、2人の感情が変化していくどうしようもない現実と、だからこそ輝かしい、
愛が生まれる瞬間を丁寧に紡ぐ。
 
ストーリーは至ってシンプルですが、ロマンティックな感じではなく、表現の仕方も内容も極めてリアル。
エンタメ度は意外にもかなり低いかもしれませんが、ゴロっとした石がぶつかってくるような
そんな映画でした。
 
だんだん二人の関係が混沌とし、むずかしくなっていく現代と、出会ってから少ししてきらめくような日々に
なり結婚に至るまでの瑞々しい日々が交互に描かれていきます。
いきなり場面が変わるので戸惑う人もいるかもしれませんが、軽やかな動きの過去と
見かけ上も変化し、何をするにも倦怠感がつきまとう現代との比較が鮮やかなのでその点は
わかりやすく出来ています。
 
ああ・それにしても”現代”を見てるとヒリヒリ感がじかに伝わって来ます。
きっとどんなカップルでも似たりよったり。彼らと似てるところがありますよね。
シンディは勉強家で資格を取り、今では看護婦さん?。
病院で働き、帰ってきて家事をこなす忙しい主婦です。
それに比べてダンナさんディーンの方はテレビ見て、ビール飲んで・・
仕事もペンキ塗りや引っ越し業。人生の夢も目標もないようで、私でもこういう
ダンナさんはいやだな・・
忙しいのに彼はあれこれ言うのも悪いけれど、
終始ブスっとしていてただ用事を黙々とこはすだけのシンディもシンディです。
映画としては多分奥さん側にもダンナさん側、どちらにも肩入れせず平等に描いていて
見ててどちらにもうなずいてしまいます。
だんだんと心がすれ違って行く様子もほんと自然。
 
一方の過去。
偶然の出会いを重ねながらもシンディにひと目ぼれしたディーンが強引にアタック。
シンディはすごくかわいいのでかなりモテモテのようですが、あまり心を開くことはなかったようでした。
ところがある日、歌を通して打ち解けるところが多分ひとつのキーポイント。
急速に距離が縮まっていきます。
 
でも結婚となるとブルーカラー系の家のディーンと、そんなにお金持ちっていう感じではないものの
中流家庭で医師を志すシンディとではなんとなく不釣り合い。
 
それらが交互に描かれていくのですが、見てるときにはどうしてもシンディ側に共感する部分が多く、
病院にまで来てしまうディーンにイラツキましたし、ふたりの不釣り合いさが居心地悪かったです。
でも観終わって時間が経つと・・
ディーンのストレートな愛に対する気持ちが増してくるのです。
向上心のない男性はいやだけれど、でもシンディのことをあんなに愛してくれる人は
他にはいないはず。
そして妙にディーンが懐かしくなってしまいました。
 
う〜ん・・うまい。
人間の割り切れない感情をこうして表現できるなんて・・
 
 
表現しにくいこの映画をここまで成功させることが出来たのはなんといっても主演の
ふたりの演技力です。
出会ったころのライアン・ゴズリング は甘く、そしてやさしいの対し、現代ではおでこも広くなり
倦怠感と行き詰まり感がたっぷり。
またミシェル・ウィリアムズはすごくかわいいのに、どこか人を寄せ付けないところがあって
そこがぴったりでした。
ふたりとも”現代”をリアルに演じるため、ゴズリングは6キロ。ミシェルは7キロ体重を
増やしたそうです。
 
第26回サンダンス映画祭で初上映
第63回カンヌ国際映画祭では「ある視点」部門に出品。
第68回ゴールデングローブ賞ではライアン・ゴズリングとミシェル・ウィリアムズがノミネート。
 
 
監督 デレク・シアンフランス 
脚本 デレク・シアンフランス
ジョーイ・カーティス
カミ・デラヴィーン 
撮影 アンドリー・パレーク
ライアン・ゴズリング (Dean)
ミシェル・ウィリアムズ (Cindy)
フェイス・ワディッカ (Frankie)
マイク・ヴォーゲル (Bobby)
 
 

*100,000年後の安全 *

イメージ 1
 
 
         ***STORY***                  2009年  デンマーク
原子力発電所から多量の高レベル放射性廃棄物が排出される昨今、それらの廃棄物は暫定的に
集積所に蓄積される。このままでは自然災害や人災の恐れもあるため、フィンランドでは世界初の
高レベル放射性廃棄物の永久地層処分場建設を決定。雄大な北欧の大地の奥深い場所に、
廃棄物は今後10万年もの間保持されることになる。             シネマトゥデイより
 
フィンランドのオルキルオトに世界で初めて建設されることになった、高レベル放射性廃棄物の
永久地層処分場にカメラを向けたドキュメンタリー。
 
 
今、私たちの目の前には制御しきれてない福島第一原発がありそれだけでももう〜〜大変な
ことなのにその次にはこんな問題が待っていたのですね。
え!しかし、高レベル放射性廃棄物の最終処分場を持つ国は、この映画に出てきたフィンランドの
オンカロしかないなんて!
 
日本では?って調べたら今まで使用済燃料の再処理を、イギリスとフランスに委託してきたのですね。
青森県六ヶ所村に建設中ですが試運転中で、完成は予定より2年ほど延びています。
日本の現状はこちら
 
・・と私は日本の現状もおぼつかなかったのですが、この映画はミカエル・マドセン監督が
オルキルオトに行き、関係者たちに取材。
未来の人に向かって静かに語りかけるという形をとっています。
 
前半は、火を発明した人類が他の動物と違って高度に発達することが出来たこと
でも1895年 放射線の発見。レントゲンが謎のビームX線を発見して放射線というのを
見つけてしまいました。
あ・キュリー夫妻のラジウムを発見で放射線の研究が始まったのですか

そして使用済み廃棄物をどうして地下500メートルのところにこういう施設を作って埋めることに至ったか
その施設の全体の設計図とか中の様子とかが映し出されます。
どこかで何か故障があっても他に影響しないよう、”魚の骨のような形”にしたというところに大きく納得。
 
この施設は2012年から100年稼働してその後封印し、なんと10万年もそのまま保管しなければ
ならないのです。
 
そして後半になると、ここでオドロキの事実がたくさん!
なにしろその10万年っていうのが想像を絶する時間なのです。
 
10万年後のことなんて今まで考えたこともありませんでしたが一番ショックだったのは
科学技術が進歩するとは限らない後退することもありうる
その時代の人が今の私たちの文字を読めるかどうかわからない
ということです。
 
なるほど。言われてみれば、そうですよね。
例に出てましたが、私たちはエジプトのピラミッドの本当の目的さえわからないのですから
だから後世の人たちがお宝発掘調査隊的な気持ちでこれを掘り起こしてしまっても
不思議はないわけなのです。
う〜〜ん。
自分が生きてきた〇十年って地球にとってみればほんのほんの一瞬のこと。
とりあえず平和で技術は著しく発達してきたけれど、これはあくまでも奇跡的なことだったのですね。
 
他にも戦争が起こるかもしれないし、ローマ帝国のようにヨーロッパ自体が滅びてしまうことも
考えられます。
ああ・もう大変。
 
あ〜私たちが今まで何気なく使ってきた電気のために、気の遠くなるような未来の人たちにまで
こんなに負の遺産を遺してしまうなんて・・
 
私が考えてどうこうなる問題ではありませんがとりあえず、こういうことを知っておくというのが
大事だと思います。
 
ちょっと重複するようなインタビューもあるし、基本的にドキュメンタリーなので見やすいとは
言えないのですが、映像がきれいだし、クラシック音楽の使い方もとても素敵で
格調高い作品に仕上がっていました。
 
2010年パリ国際環境映画祭グランプリ
2010年アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭 最優秀グリーン・ドキュメンタリー賞受賞
2010年コペンハーゲン国際ドキュメンタリー映画祭 有望監督賞受賞
 
マイケル・マドセン監督
1971年生まれ。映画監督、コンセプチュアル・アーティスト 。
ストリンドベリの「ダマスカスへ」をベースに、都市と景観を上空から撮影した映像
 作品「To Damascus」(2005)のほか、何本かのドキュメンタリー作品を監督
 
 
 

*木漏れ日の家で*

        ***STORY***                   2007年  ポーランド
ワルシャワ郊外の緑に囲まれた木造の古い屋敷。91歳のアニェラ(ダヌタ・シャフラルスカ)は、戦前に両親が建てその家で生まれ、育ち、結婚して一人息子ヴィトゥシュ(クシシュトフ・グロビシュ)を育ててきた。夫はとうに他界、結婚したヴィトゥシュもすでに家を出ていた。愛犬と静かに暮らす彼女は、この家で息子一家との同居を願っていたが、彼らにそんな考えは全くなかった。日々をほとんど家で過ごすアニェラの日課は、双眼鏡で両隣の家を覗き見ること。一軒は週末だけ訪れる成金の愛人宅らしく、アニェラは彼らを嫌っていた                                                                                  gooより
 
 
緑に囲まれた木造建築の美しい家は、ヒロインの人生そのものだ。結婚も子育ても、
共産主義時代の息苦しさもすべてそこで過ごした時間と重なる。
自分に残された時間が僅かであることを自覚した老女は、人生の始末をつけるべく英断を下す。
 
全編モノクロでどのシーンも切りとってとっておきたいような美しさ。
そして静かに進行するお話に心の底からじーーんとしてしまいました。
 
91歳のアニュラは冒頭、町に出てあるクリニックを訪ねます。
恐る恐る部屋に入ると女医さんは冷たく”はい服脱いで”って言います。
すると彼女、ええ?いきなり脱いでってどういうこと?って憤慨して帰ってしまいます。
このワンシーンですでに彼女の性格を表しているのですが、かなり恥じらい深く
怒りっぽく、そして年寄り扱いされるのを嫌っています。
 
そんな彼女の家は郊外の森の中に建つ、かなり大きな2階建の家。
木造で、1階部分のダイニングはガラス張りで木々と一体化していてほんと素敵です。
毎日朝、時計を巻き、バターをつけたこちこちのパンを食べ、紅茶を飲み、
そして残ったパンを愛犬フィルに・・
唯一の楽しみ?は隣家の覗き。一軒は週末だけ来る愛人宅で、もう一軒は子供たちの音楽クラブです。
 
彼女は一人暮らしですが、息子がいます。
でもアニュラは息子に同居してと言いますが息子はそれを拒絶するうえ、彼女のことが相当重荷な様子。
 
そんなアニュラの最高の友達はわんこのフィル。
相当訓練されてるようで、アニュラの問いにうなずくわ、電話が鳴ったら取るわ
ものすごい演技力でこの子との日常が淡々と描かれていきます。
途中回想をはさむことによって、アニュラがどのようにして生きてきたのかがわかるのですが
いくらトシとってもまだまだ彼女の心は少女のまま。
ダンナさんとの出会いのシーンや昔のドレスを探して鏡の前で当ててみる姿など、乙女そのものですね。
 
後半は彼女のある決断へ・・
それにしても家というのもまた人生そのものなのですね。
いくら息子でも傍から口出せることではありませんし、肉親っていうのは時に残酷ですね。
 
先日同じ岩波ホールで見た『クレアモントホテル』は外のホテルに居場所を求めたけれど
アニュラはあくまでもずっと住み続けた家に執着します。
でも体調も悪くなったときに出した彼女の答えとは・・
 
こういう老後の姿は誰にとっても現実に起こりえることだから、あらゆることに共感してしまいました。
 
アニュラ=木造の家=わんこのフィラ
この3つが主人公だったのですね。
 
2007年グディニャ・ポーランド映画祭主演女優賞・観客賞
2008年サンフランシスコ国際映画祭観客賞
 
 
監督 ドロタ・ケンジェルザヴスカ 
製作 アーサー・ラインハルト 
プロデューサー ピョトル・ミクラシェフスキ
アーサー・ラインハルト 
脚本 ドロタ・ケンジェルザヴスカ 
撮影 アーサー・ラインハルト 
美術 アルビナ・バランスカ 
音楽 ヴウォデク・パヴリク
ダヌタ・シャフラルスカ (Aniela)
クシシュトフ・グロビシュ (Aniela's Son)
パトリツィア・シェフチク (Aniela's Granddaughter)
カミル・ビタウ (Dostojewski)
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事