ここから本文です
限りなくアスペルガー傾向が強い49歳零細企業社長の夫に日々蝕まれる、間違いなくカサンドラ症候群な私の、日々雑感です
気が付けば3か月たっていました。
お世話になった方に不幸が立て続けにあり、私は、
次は自分なのではないかという強迫観念にとらわれて、
ここしばらく写経をしていました。

そのおかげか、私自身の心身はずいぶん落ち着いていたのですが



知らない間(もちろん察知はしていたけど、私に何の相談もなく)に、ダンナが車を買い換えました。外車から外車に。

最近、不動産関係を整理したりしたので、一時的に銀行残高が増えたので、
買えると思ったみたいだけど・・・そうじゃないから。そうじゃないから。
そのお金は、いずれ出ていくものなんだから。

ばかじゃねえのか?

しかも、あいかわらず、自分のことしか考えていない。
ふつう、自分に大きなプレゼントをしたら、まわりにも気を遣うものだろう。

でもちがうんだよな。

俺のものは俺のもの。
お前のものも俺のもの。

俺は俺。
お前ら全部、俺のもの(=思い通りになるもの)


いつか罰が当たらないかと念じ続けていたら、
先日、高速で玉突き事故に巻き込まれ後ろから衝突されたそうです。
しかし事故になったときに彼が乗っていたのは
友達が運転する車。それも高級車だったので、怪我もありませんでした。
「○○ツだったから全然大丈夫だったよ~」
なんて、のんきに言っていたけど、
友達にしてみたら車に傷はついたわけだし、心穏やかではないよね。それなのに。
もう少し人の立場で考えてやれよ

もし事故にあったのが自分の車だったら・・・

どんなにちいさな傷であっても発狂して、
半狂乱で相手に殴り掛かっていたかもしれないね。
なんといっても、自分の次に大事なのは、車なんだから。


それにしても、せっかくのチャンスをのがしたというか
事故にあう、というめぐりあわせは、なかなか起きないことだろうし。
あ〜あ


などと考える私は
もっと写経に打ち込まないといけないでしょうか笑



↓よろしければポチっとお願いします↓
 (カサンドラ症候群の投稿一覧に戻ります)

この記事に

ここしばらくの間、ASPYダンナの毒に心底参っており、
アウトプットする心の余裕もなく、
とにかくダンナを避け遠ざけるために心血を注いでおりました。


が、猛烈な暑さも徐々にやわらぎ(って今日なんかめちゃ暑いですけどね)
私の頭も少しずつ冷静になってきたようです。

野波ツナさんが紹介されていた本を、読み始めました。

夫がアスペルガーと思ったときに妻が読む本


まだ4分の1ほど読んだところですが、けっこうストンと腑に落ちる内容だと感じました。タイトルには入っていませんが、カサンドラさんに寄り添った視点で書かれているので(いまのところ)読んでいてドキドキしたり、はしません。

最後まで、読んでみたいと思います。

しかし実際のところ、うちのASPYダンナは加齢とともに悪くなる一方。
心の底から、軽蔑してます(毒)
離れる以外に、良い方法なんてホンマにあるのかいな・・・??




↓よろしければポチっとお願いします↓
 (カサンドラ症候群の投稿一覧に戻ります)

この記事に

さまざまなブログ

ここ最近、ASPYダンナのイヤな面を次々に見せつけられ、
胸の中に重くて大きな塊をかかえて、ダンナの姿を見ただけで吐き気がします。
ほんとうに吐いてしまうことも。

こういうときは、なるべく他の方の、特に自分がダメージを受けそうなブログを見ないように心掛けてはいるのですが

なぜか、間違えて読んでしまったりすると、
いつもであれば、「ああ、そういう立場ならそういう見方もできるでしょう」と、
理解しようと努力もするのですが、

心の狭い今の私は、もうそれだけでいやな気持ちになり、
胃がキリキリ痛んでしまいます。
ブログ村のアンケートにもお答えしたのですが、
ブログのカテゴライズの方法、なんとかなりませんでしょうか?




↓よろしければポチっとお願いします↓
 (カサンドラ症候群の投稿一覧に戻ります)

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事