ジェラート星人はヒルクライマー?!

食べ歩き好きなサイクリストの非日常的な生活?

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

ジェラート2連荘のあと向かったのがこの日のメインイベント。
幸せのケーキ共和国(http://www.hitobito.net/np/cake.html)主催の
『クープ・ド・モンドおめでとう!会』。

フランス・リヨンで今年行われたお菓子のワールドカップとも言える
『第10回クープ・ド・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー』。

その大会で日本が見事!優勝したのを祝って、
代表選手が所属するお店のお菓子を味わおう!
という華やかなスイーツ食べまくり企画。

以下その代表選手のお店とシェフのお名前(敬称略)

『グランドハイアット東京』(六本木) 藤本智美シェフ
『名古屋マリオットアソシアホテル』(名古屋) 長田和也シェフ
『帝国ホテル』(日比谷) 市川幸雄シェフ

見ての通り普通なら名古屋のお店は諦めるか
焼き菓子などを味わうことになるんですが。。。

そこは恐るべし!もとい誇るべし!共和国のネットワーク(笑)。
名古屋の共和国メンバーの方が生ケーキを
手に駆けつけてくれましたぁ〜♪o(^-^)o

普段は味わうことの難しい貴重なケーキ。
お疲れ様でした。ありがとうございまっす。(^^)b

さらに今回の団長を務め、御自身も第4回の代表選手だった
『パティスリー タダシ・ヤナギ』の柳正司シェフのケーキに、
お土産のリヨン郷土菓子をプラス。

その豪華なラインナップは以下の通り。

グランドハイアット東京(六本木)
☆リヴェルテ・ソヴァージュ
☆潮騒(SHIOSAI)

名古屋マリオットアソシアホテル(名古屋)
☆ノルマンディ
☆マンディアン
☆ムースショコラ
☆Nari(也)

帝国ホテル(日比谷)
☆ボンボンショコラ
☆生チョコレート

パティスリー タダシ・ヤナギ(海老名)
☆シンフォニー・ド・ユズ(プティガトー)
☆シンフォニー・ド・ユズ(アントルメ)

リヨン郷土菓子お土産
☆クッサン・ド・リヨン
☆ココン・ド・リヨン
☆クネル・ド・リヨン

さっそく味わっていきます。
まずは順番通りグランドハイアット東京から。

☆リヴェルテ・ソヴァージュ

簡単に言ってしまうとショコラとバナナのケーキ。
でももちろんそんな単純な作りではなく、
味わいと食感の異なる5層からなるケーキ。

サクサクとしたクルミ、甘さの異なるチョコレートムース、
ラム酒でフランベしたバナナのソテー、ショコラバナナムース。

様々な味と食感が口の中で混ざり合って、う〜〜ん、美味しいっ。
この旨みを巧く表現できないのがもどかしい。
もともとバナナは好きじゃないんだけど、これは別格だなぁ〜。

程良く熟したバナナの風味とショコラの甘味が渾然一体。
見事なバランスで融合してます。改めて美味しいっ!

☆潮騒(SHIOSAI)

ムースショコラの中にクレームブリュレカフェ。
ジャワペッパーを加えたクルスティアンが特徴的。

口当りなめらかなムースショコラの甘味に
クレームブリュレカフェのほのかな苦味。
そしてジャワペッパーにクルスティアンのざくざく感。
これまた味、食感ともにいろいろで、
それが一体となって口の中に広がって。。。
これもいい感じですなぁ〜。見たままそのまま好みの味。(^^)b

続いては名古屋マリオットアソシアホテル。
右上から時計回りに食べた順で。

ノルマンディ、マンディアン、ムースショコラ、Nari(也)。

では早速・・・、と思ったところにこのケーキ。
差し入れということで追加されたカシスムースを先に。
同じく名古屋マリオットアソシアホテルのもの。

メレンゲの溶ろける甘味にカシスムースの酸味がいい感じ。
ラインナップ外なので1つを5人で分けてだったけど
それでも味わいしっかりで美味しかったなぁ〜。
いつか是非丸ごと1個味わってみたい!

ということで、次(http://blogs.yahoo.co.jp/casati1999/45263840.html)はラインナップ上のケーキに参ります。
(丸ごと1個じゃないけどねぇ〜。どれも分けて食べてます。)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事