大変遅くなりましたが、カジノー通信14号が完成しました。
第5回定期総会と現在行われている統一地方選についての記事を掲載しています。

言うまでもなく、私たちはカジノ(IR)に反対です。
経済効果もない(カジノは民設民営であり、公営ギャンブルと違って、カジノ業者は利益の最大化を図るため、利用者から収奪しようとするのが本質です。)うえ、ギャンブルの対象となるのは北海道民です。その中には当然のように、ギャンブル依存者も生まれるわけで、何のメリットもありません。

以上から、統一地方選において、カジノ(IR)に反対の候補が当選することを願っています。

是非とも、それぞれの候補の公約を吟味してご判断いただくよう、お願いいたします。

カジノ通信14号は下記のとおりですので、ご覧ください。

イメージ 1



イメージ 2


開く コメント(0)


9月7日に予定されていた、カジノ誘致に反対する小樽市民の会の定期総会が、胆振東部地震の影響で変更されました。

新しい日時等は下記のとおりですので、多くの皆様のご参加をお願いいたします。

日 時 10月5日(金)午後6時〜7時
場 所 小樽生涯学習プラザ(レピオ)
         (住所 小樽市富岡1−5−1)
         (℡ 0134−24−3363)


    
 

開く コメント(0)

定期総会のお知らせ


カジノ誘致に反対する小樽市民の会定期総会を開催します。

日時 9月7日(金)午後6時から
場所 レピオ(小樽市生涯学習プラザ)
       小樽市富岡1丁目5番1号
       TEL 0134−24−3291
内容 一年間の総括と今後の方針等

会員の皆さま、そしてカジノ誘致に関心のある市民の皆さまのご参加をお願いいたします。

政府はカジノ実施法を7月20日に審議時間を打ち切って、自民党・公明党・維新の党などで強行採決をしました。
北海道では高橋はるみ知事が、IRカジノを誘致しようとしています。
小樽以外であってもカジノ(賭博)は良くないのは明らかです。
皆さまのご参加をよろしくお願いいたします。 


開く コメント(3)

 9月9日にカジノ誘致に反対する小樽市民の会の2017年度総会が開催されました。
遅くなりましたが、簡単なご報告をします。

 総会は「いなきたコミュニティセンター」で9月9日午後2時から行われました。

 会員77名中、出席者は23名、委任状36名で59名の参加で総会は成立しました。

 「カジノ誘致に反対する苫小牧市民の会」と「全国カジノ賭博場設置反対協議会」からメッセージが寄せられました。(内容は省略)

 その後、1号から5号までの議案が承認され、決議文を採択して終了しました。

 会は引き続き「カジノ誘致」の動きに反対し「カジノに頼らない小樽の街づくり」に取り組みます。

 今後とも多くの市民の皆様のご支援をお願いいたします。
 決議文は後日、高橋はるみ北海道知事に送付され、9月20日に受理されました。高橋知事がカジノ誘致推進をやめて、北海道の魅力を生かした政策に取り組むことを強く要求します!


イメージ 1

             総会の様子イメージ 2

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

 市民の会総会のお知らせ

大変遅くなりましたが、「カジノ誘致に反対する小樽市民の会」の定期総会を以下の日程で開催しますので、会員のみな様及び会の運動にご賛同、ご協力いただけるみな様のご出席をお願いいたします。

日時 9月9日(土)午後2時から
場所 いなきたコミュニティセンター
    (小樽市稲穂5−10−1)
    (℡ 0134−29−7676)
内容 定期総会
    (講演等の予定はありません)
       ※ 駐車場がありますが台数は40台ですのでご注意ください。
          総会は1時間以内を予定しています。


開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事