HUGE STONE・CURIOUS STONE

巨石・奇石・磐座を巡り。尾道市編に突入!

全体表示

[ リスト ]

三上山と周辺の磐座10

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

本シリーズ「三上山と周辺の磐座8」でお話をした「ネコ岩」を発見する事が出来たので、ここに御紹介する。

その10:ネコ岩編

発見への経緯はこうだ。

「三上山と周辺の磐座8」で田中山の名前に関して書込みして下さった柴田昭彦殿著書「旗振り山」。ブログでもちょくちょく御紹介してる本だ。

紹介してるわりには当の私は購入をせず、ろくに読んで無い愚か者だった。改めて読んでみると知らない石の事が書いてあり、その出所となった本も御紹介されていた。

かなりローカルな本「野洲町物語」及び「湖国百選 石/岩」に紹介されているので、ひょっとしたら「ネコ岩」の事も載ってるかもと期待をして調べると野洲市図書館に2冊ともある事が判明。

前々から現地の図書館には行かなければならないなあと思ってたので昨日行く事にした。

結果から言うと、その2冊には「ネコ岩」に関する事は無かったが「湖国百選 石/岩」の情報源の豊富さには驚いた。

タイトル通り滋賀県内にある名前の付いた岩などがテンコ盛りで私が野洲市民なら即借りていた一冊だ。

それらの置いてあるエリアが「郷土資料」、当然と言えば当然だ。野洲市で郷土に関すると言えば「銅鐸」、「野洲町物語」と同じ並びにあった。

銅鐸に関する資料も数冊あり、その中で見覚えのある著者の名があった。「井上香都羅」さんだ。

「三上山と周辺の磐座8」で 「MURY」さんの書込みであった名前だ。気になったので手にとってパラパラめくっていると、こぼれた一言「あ、あった。」。

なんと「ネコ岩」が写真入りで載っているではありませんか!

場所こそ簡単な手書き図で絶対ココ!という場所は判らないが本文中にも手がかりとなる一文があるので何とかなるだろうと思い近くの銅鐸博物館に寄ってから探す事にした。

ネコ岩の場所
なにはともあれ、場所を御紹介する。田中山の麓というより旗振山の麓と言った方がよいか。目印は「銅鐸博物館」。ネコ岩発見に至るに欠かせないキーワードの一つとなる。右上に辻町というバス停があるが、その線の延長上に「野洲市図書館」があり目と鼻の先だ。

銅鐸出土の碑
本の地図に書かれていたキーポイント「銅鐸出土記念碑」。上記地図で言う「にっこり作業所」と書かれている下の横向きの二等辺三角形型の三又路にある。

麓の鳥居
後は道沿いに進むとフェンスに囲まれた中に鳥居が見える。鎖や針金で固定されているが鎖はフック状になってるので外せる。元々獣避けのフェンスなので自由に出入りしてよい。出入りする時は閉じまりを忘れずに!

鳥居と手洗い場しか無い境内!
中に入ると建物が何も無い。しかし本に「麓に鳥居が...」とキーポイントが書いてあったので疑う事無く進む。

途中にある拝所
最近整備された登り易い道を登る。途中には上迄登れない為の拝所だろうか?

拝所
そして、終点の拝所に辿りつく。立派な物を建ててある。

拝所から眺める。
拝所から上を見る。...あった、あれが「ネコ岩」だ。

ネコ岩
拝所よこから「ネコ岩」を見る。実はここに到着した時、地元の人と思われる先客がいたので「これはネコ岩ですか?」という問いに「違う」言われた。「場所はご存知ですか?」の問いにも「聞いた事があるが場所は知らない」と言われた。少なくても「井上香都羅」さんの本の写真とは同じなので現状ではこれを「ネコ岩」とするしか無い。

ネコ岩アップ
想像力と見方を色々試せば「ネコの手」に見えなくは無いか???

偶然とは恐ろしいものである。「三上山と周辺の磐座8」の内容で80%は答えが出ていたのである。それに気付くか否かで努力は報われる。あれ?某発明家も似た様な事を言ってたような...。

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

よく見つけましたね!堪能しました。

にしても、鳥居の量や灯籠の大きさ、注連縄の新しさからして、信仰者の熱意が伝わりますね。これはきっと、近くにこの岩のことを知る詳しい人がいるはず。
居合わせた人が「ネコ岩とは違う」とコメントしているのが気になります。井上さんが取り違えたのかどうか・・・。でもそれなら、別にネコ岩があるということに・・・。この山の周辺は謎に満ちていますね。

ついでに、甲山の名称が後世の混同であるという柴田さんのコメントも読みました。納得。私のサイトにも訂正を入れておきます。 削除

2008/2/3(日) 午後 8:49 [ MURY ] 返信する

井上さんがその本で曰く、「甲山」はたいてい「神山」という解釈も納得できます。柴田さんのコメントも納得できます。
ただ、これだけ地元の人の信仰心が高いのですから、まだ地図も無かった頃は「甲山」(神山)と地元で呼んでいた頃もあったのでは無いかと思います。

2008/2/3(日) 午後 9:16 letsgo 返信する

顔アイコン

自分のサイトを訂正しておきました。ついでにここのブログにリンクを入れさせてもらいました。
田中山を縦に書いて甲山なんて、我ながら冴えてるなあ、なんて思ったものですがw 削除

2008/2/4(月) 午前 0:29 [ MURY ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事