今日もありがとう

発表会無事に終わりました。よかったー。

最新記事

すべて表示

「ひかりをすくう」橋本 紡

橋本さんの小説は透明感があります。 それに心のひだとひだの間のじっと見つめないと見逃してしまうような想いも丁寧に描いてくださるのでとても読みやすいし共感しやすい。 この小説でもパニック障害を抱えてしまった ...すべて表示すべて表示

「真友」鏑木 蓮

2017/7/27(木) 午後 9:33

鏑木さんの小説は過酷な現実の中でも何とか前を向いて生き抜く人々がたくさん出てくるので希望と感動をおぼえます。 中学2年の隆史と伸人は親友で父親はどちらも警察官。 どちらも父親を尊敬していた。それなのにある日大変な事件 ...すべて表示すべて表示

藤堂さんの小説にも以前はまりました。 さらっとした文体ではないけど、心の動きがよくわかるので感情移入してしまいます。 今回の小説は父親は亡くなっていて61歳の母駒子と36歳の独身女性 沙良の二人暮らしの家族の物語。 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事