過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ガラケーの時代から携帯のテレビ電話というサービスはありました。

凝ったものでは自分の顔の部分だけ動物に変えるなど、まさにガラケー的な機能もあったのもよく覚えております。


これがリアルタイムで別端末と動画の通信をするなどとなると、とても個人では太刀打ちできそうもありません。サーバーを立てるなどSwiftだけの知識ではどうにもならないでしょう。。

こんな難しい技術である一方、このテレビ電話機能は技術力の割にはあまりユーザーに使われない、流行らないなどちょっと悲しい現状となっているような気もします。

そもそも携帯など相手の顔を見ながら話すなど、考えてみたらいくら恋人と言えど何か恥ずかしい気持ちにもなるのは共感します。

また、操作がややこしそうというものも少しネックかもしれません。Facetimeより、もっと前からiPhoneにはスカイプがアプリとしてアクセプトされ、そこではテレビ電話など常識的なものではありました。

ただ、スカイプは相手が利用していないことも多々あり、また登録のプロセスが面倒なところもあります。仕事上、便利なので同僚に登録を勧めても、しばらくしてみるとスカイプのパスワードを忘れてしまったなどよくあったものです。

この点を踏まえるとiPhone Facetimeの活用法が見えてきます。

まず、テレビ電話は相手の顔を見るために使うのではなく、ものを写すために使うという活用方法があるではありませんか。

Facetimeの通信を行った時に画面をタップするとカメラがくるっとする感じのアイコンが現れます。それを是非タップしてみましょう。

カメラがバックカメラに切り替わり、ものを写しやすくすることができます。

また、Facetimeは面倒な登録も必要なく、パスワードを覚えておかねばならないなどはありません。(Apple IDのパスワードなどは最低限必要ですが)

これは電話中に仕事相手にちょっと資料を見せたくなった時など結構使えます。

電話中に今からFacetimeにするので受話ボタンを押してと伝えれば、相手が機械の苦手な年配な方だとしても結構いけます。Facetimeは通話者のどちらかが操作に慣れていれば、難なく使えるでしょう。

ただ、電力はものすごく使われるのでご利用の際はご注意ください。


開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事