The House of Nomad

暫くお休みしていましたが、始動しました!宜しく

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

歴史的な黒人初の大統領誕生に沸くアメリカ。
大きな変革の時代の到来を予感させます。

1998年の映画『ディープ・インパクト』で、モーガン・フリーマンが
アメリカの大統領を演じているのを観た時に、
いつか黒人が大統領に選ばれる日が来るかもしれないと思ったのですが、
ついにそれが実現したのです。

米大統領選に勝利したオバマ氏は、
11月4日夜にシカゴで10万人以上の支持者を前に、
歴史に残る素晴らしい勝利宣言のスピーチをし、支持者達を感動の渦に巻き込みました。

一方で、大統領選に大差で敗れたマケイン氏ですが、
アリゾナで、悲しみに沈む感情を心に秘めて、潔く敗北を認め、
支持者をなだめ、新しい大統領に協力するよう訴え、
時々声を詰まらせるなど、共和党、民主党どちらの支持者の心にも響くマケイン氏の演説も、
また歴史に深く刻まれることでしょう。

さて、MTVムービーのサイトなど、アメリカの映画オタクの間で話題になっているのが、
その先日のオバマ氏とマケイン氏の勝利/敗北宣言のスピーチで流れた音楽です。

両者のスピーチとも、偶然にも、ある同じ人物を連想させる音楽を使っていたのです。

その人物とは、デンゼル・ワシントン。

両者とも素晴らしいスピーチが終わった後、聴衆をバックに歩いて去る時に、
流れていた音楽が、どちらもデンゼル・ワシントンが主演した映画のテーマ曲だったのです。

マケイン氏の敗北宣言の時に流れていたのが、
1995年『クリムゾン・タイド』からハンス・ジマー作曲のこの曲。
http://jp.youtube.com/watch?v=F2fMDeihaU4&feature=related

トニー・スコット監督の『クリムゾン・タイド』では、潜水艦の艦内で、実戦経験豊富な叩き上げの大佐の艦長(ジーン・ハックマン)とハーヴァード大出のエリートで、黒人の少佐である副艦長(デンゼル・ワシントン)が、訓練方針などをめぐって対立、通信装置が損傷したなかで、ミサイル発射攻撃の決断に際し、ついに黒人の副艦長が、経験豊かな艦長を、軍規に違反するとして、解任してしまう。
というあらすじです。

ベトナム戦争で実戦経験もあり、政治経験の豊富なマケイン氏と、
ハーヴァード大出のエリートで、政治経験の浅いオバマ次期大統領の関係を、
ピッタリと連想させる映画ですよね。

またオバマ氏の勝利宣言の時に流れていたのは、
2000年『タイタンを忘れない』からトレヴァー・ラビン作曲のこの曲。
http://jp.youtube.com/watch?v=vdvObnaHLQ0

ボアズ・イエーキン監督。実話を映画化したもので、1971年、公民権運動によって人種差別撤廃が叫ばれていた時代、ヴァージニア州の田舎町で、白人と黒人の高校が町の猛反対を押し切って統合され、フットボールチームタイタンズが結成される。
白人のヘッド・コーチをさしおいて、新しくヘッド・コーチになった黒人のハーマン(デンゼル・ワシントン)は、苦労しながらも人種的に対立するチームを、まとめあげ、やがてチームを州大会のチャンピオンへと導く。
というあらすじです。

これまた、黒人初の大統領に選ばれて、まだまだ人種的な偏見も残っているといわれるアメリカで、
人種の壁を越えて、協力して素晴らしいアメリカを作っていこう!と
変革を訴えるオバマ氏に、最高にピッタリの映画でしょう。

偶然の一致なのか、誰かの意図なのかわかりませんが、
この素晴らしい音楽の演出には、脱帽です。
やっぱりアメリカって、こういうエンターテイメントな部分の演出にかけては、
右に出るものはいませんね。

閉じる コメント(16)

アバター

私はちょっと「24」の影響もあるかな〜なんて思いました(^。^;;
しかし、凄いですね〜!
まさにピッタリな選曲!q|゚Д゚|pワオォ
素晴らしいです♪
盛り上げるのも、自分たちで盛り上がるのも上手だな〜といつも思います(^。^;;

2008/11/7(金) 午後 8:25 木蓮

顔アイコン

ハリウッド映画で10年くらい前から映画に黒人の大統領が出ていて、
アメリカ国民は潜在的には既に黒人大統領に慣れていると云われてましたよね。
nomadさんがあげているBGMもそうですが、ハリウッド映画がいかに知名度。影響力共に高いか、を表していますよね。
黒人俳優の中ではデンゼルがどの年代にも知名度が高いのかな?
ともあれ、おっしゃる通り、エンターテイメントの部分はすごいですよね。

2008/11/8(土) 午前 2:26 [ miskatonic_mgs_b ]

顔アイコン

オバマ氏が勝ちましたね〜。 一応決着したということで、封印されていた?ペイリンさんのおバカ発言がヤフーのトピックスなどにも載ってましたが、彼女の話題も少なくなってしまうのは残念なような…(笑) それにしても、”アフリカを大陸ではなく国名だと思っていた”というのは本当でしょうか?(^^;;;
で、へぇ〜! 勝利宣言、敗北宣言の裏で、そんな演出がされていたのですか! いつもながら上手いですね。
が、私、両作品とも一応観ているのに、テーマ曲と言われると浮かんでこなかったり…(^^;
もっとも、『クリムゾン・タイド』なんて、一瞬だけ出演のライアン・フィリップ目当てだったりするのですが…(苦笑)

2008/11/9(日) 午前 3:39 kim

新大統領オバマ氏が誰かに似てると思っていましたが、そう、デンゼル・ワシントンに似ています。黒人大統領誕生は、まるで映画を見てるようでした。とかくなんだかんだと言われてるアメリカですが、やはりアメリカはすごい。アメリカンドリームが現代でもあるんですね。

2008/11/9(日) 午前 9:03 kanjin

顔アイコン

なるほど〜そうでしたか。
すごいことに気づかれましたね。
最近ブッシュさんのせいもあってアメリカのイメージはとても
悪くなってました。でもこうした変わろうとする気持ちがあり
そういう人を選べることにやはり力を感じます。
また演説もエンタメ性がありショーのよう。もちろん内容もありますから人々を説得することができるのですよね。

2008/11/9(日) 午後 10:39 car*ou*he*ak

顔アイコン

もくれんさん、今回のアメリカの大統領選は、ヒラリー・クリントンとの民主党一騎打ちから、初の黒人大統領が生まれるのか?どんどん面白くなってきて、世界中で注目されていましたから、やっぱり最後の勝利宣言と敗北宣言は、エンターテイメントの極みだったんでしょうね。もちろんスピーチの内容も素晴らしかったので、その原稿を作ったライターも凄いですが、周りを盛り上げる音響や舞台装置など、日本の首相が決まった時とは、レベルが違いますね。感心しました。

2008/11/15(土) 午後 2:04 [ nomad ]

顔アイコン

アメリカの大統領選挙って、スタイリストと演出家が大活躍してるんでしょうね。
マケインの敗北の曲、ショーンコネリーとニコラスケイジの「ザ・ロック」の音楽にも似ている。

2008/11/15(土) 午後 2:21 [ - ]

顔アイコン

miskatonicさん、ハリウッドでは、潜在的にリベラルな人が多いので、映画制作の過程で、大統領をアフリカ系にするなど実際の政府よりは、先進的な考え方をしていましたね。そういう意味で映画『トップガン』などが戦争推進への潜在的な役割を果たしたのと同様に、デンゼル・ワシントンがつく配役などを通して、アメリカ人は潜在的にオバマさんを受け入れる準備ができていたのかもしれません。
予想以上に、ハリウッドが政治や社会に果たす役割は大きいといえますね。
デンゼル・ワシントン、フォレスト・ウィティカー、ウィル・スミス、ジャイモン・フンスー、サミュエル・L・ジャクソン、ジェイミー・フォックスをはじめ最近は、黒人の俳優の活躍はめざましく。アカデミー受賞者も増えてきましたし、黒人しか登場しない映画もヒットしてきています。

2008/11/15(土) 午後 3:40 [ nomad ]

顔アイコン

Kimさん、そうそうペイリンさん、是非これからもサタディナイト・ライブでお笑い知事として、頑張ってほしいですね。あれはあれで、人気出てたんですよ。で、アフリカが国?発言ですが、実はブッシュ大統領もアフリカを国と発言してますので^^;
で、『クリムゾン・タイド』何回か観てますが、ええ〜;;ライアン・フィリップ君が出てましたか???今度、また観る機会があったらしっかり目を凝らしてみたいですが、どの役なんでしょうか?

2008/11/15(土) 午後 3:49 [ nomad ]

顔アイコン

閑人さん、お久しぶりです!
そうなんです。デンゼル・ワシントンに似てるなどと、前から噂されてました。本当に今回の大統領選は、凄かったですね。
4年前は誰もオバマさんなんて知らなかったのに。
ヒラリーさんとの予備選の頃から、世界中で注目されていましたが、終盤に入ってからは、日本でも毎日のようにニュースで報道されてきましたね。アメリカでは特に若者が皆、オバマさんに寄付して、最後の方の盛り上がりは凄かったですね。この2年間を通じての選挙戦は、近々、実際に映画化されるらしいですよ。本当に実際、映画なんかよりも面白かったです。日本の選挙は、いまいち盛り上がりませんし、なんだかアメリカン・ドリームなんて程遠いですよね。

2008/11/15(土) 午後 3:56 [ nomad ]

顔アイコン

cartoucheさん、オバマさんの勝利宣言もマケインさんの敗北宣言もどちらも素晴らしいスピーチでした。
特に意外だったのが、マケインさんので、彼の今回の選挙戦のスピーチの中でもベストに入るくらいで、民主党支持者からも深い同情をもらってました。今さら遅いのですが^^;
こうした歴史的事実は、映画の中で作られたお話より面白いですね。
また、ここまで盛り上げるアメリカの演出力や、策略力は凄いと思いました。ただ、ここからがオバマさんにとって、さらに大変になっていくと思いますが、是非、公正な政治を行なって、世界を良い方向へ変化させて欲しいです。

2008/11/15(土) 午後 4:04 [ nomad ]

顔アイコン

zombieさん、アメリカの大統領は、威厳や見た目の良さなども重要な要素ですものね。スタイリストや演出家も大活躍のはずです。ちなみにブッシュ大統領はずっとエルメスのネクタイですね。政治家にエルメスのネクタイは多いですよ。なんだかんだフランスに首絞められてるんでしょうか^^;
「ザ・ロック」の音楽を調べてみましたら、マケインさんの選んだ『クリムゾン・タイド』と同じハンス・ジマーが音楽を担当してました。
さすがzombieさんです!

2008/11/15(土) 午後 4:09 [ nomad ]

金キャリー取引でドルは、米当局による延命策で生き延びている状態になっていることは確かなようです。しかし、いつ崩壊するのか、次々と新たな延命策が出てきて意外に持つのか、ドル以外の通貨や欧米に対抗しうるBRIC経済が先に崩壊して結局ドルは生き残るのか、先行きは不透明です。こんなコ状況のときに、大統領になった人は、この先とても大変かもしれません。だから、尚更。オバマさんに対する期待は、とても大きいはず…。
先日、ノーベル経済学賞をもらったMIT教授のクルーグマンが、こんなことを書いています。↓
http://www.iht.com/articles/2008/11/10/news/edkrugman.php

2008/11/15(土) 午後 4:53 NZ_RR

顔アイコン

nzさん、記事読みました。本当に、経済政策で失敗すれば、即行オバマ政権は危なくなるのですね。本当に大変だと思います。だったら何もしないで失敗するよりは、大胆な景気刺激策を行ないすぎて失敗したほうがずっといいと言ってるのでしょうか?
この1年、民主党陣営の正念場ですね。オバマさんも勝利の余韻に浸っている暇なしです。その点、ブッシュさんはお気楽なもんですね。
先日の国際緊急経済会議でも、一人で記者会見してたし、質問もなしでしたしね。共和党は、もう捨ててる感じです。

2008/11/18(火) 午後 6:14 [ nomad ]

顔アイコン

へ〜〜そうだんったんですか。そんな演出があったとはさすがnomadさん、フィラデルフィアの頃からデンゼルワシントンのファンなので、とっても嬉しいです。honeymoon periodがいつまで続くか心配です。

2008/11/24(月) 午前 9:08 ann**in_*ei

顔アイコン

ANNEさん、フィラデルフィアのデンゼル・ワシントンは、トム・ハンクスの名演に勝るとも劣らない演技でしたね。
オバマ氏も次々に、新内閣のメンバーを発表していて、新しく生まれ変わるアメリカに期待したいですね。

2008/11/27(木) 午後 11:43 [ nomad ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事