The House of Nomad

暫くお休みしていましたが、始動しました!宜しく

映画

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全63ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 映画のインテリアといえば、真っ先に名前が上がるのは、
ロマコメ映画の監督、脚本で人気のナンシー・マイヤーズ
 
インテリアが大好きなナンシー・マイヤーズは、映画に登場する家を映画の主役と思っている。
家が、その映画の登場人物を語っている。
たとえば、キッチンがガランとして物が置いてなかったら、その家に住む登場人物は、外食ばかりする人。
キッチンにたくさん物があって、オリーブオイル瓶のオイルが減っていたら、料理をする人だってわかる。
彼女の映画の登場人物は、まさに、本当に、そこに住んでいるのだ。
 
彼女の映画のインテリアは、インテリアのプロから一般の主婦に至るまで、絶大な人気で、
特に「恋愛適齢期」「ホリディ」「恋するベーカリー」は、まさにオシャレなインテリア教本のような映画。
実際、アメリカのあるインテリア・ショウルームでは、少なくとも1週間に一回は、誰かが「恋愛適齢期」「恋するベーカリー」DVDを持ってきて、『この映画のようなキッチンが欲しいんだ!』と言う。
某家具屋では、映画に使われているテーブルをずっと作り続けていて、「恋愛適齢期テーブル」という名前がついているそうだ。
また、ある人はヘリコプターを借りて、ニューヨークの郊外の高級リゾート地ハンプトンズへ飛んで、映画に出ていたビーチ・ハウスを捜し、実際に映画で撮った家を見つけて、その家は売りにはでてなかったが、その家のドアをノックして家主に『あなたの家を買いたい。好きな金額を言ってくれ!』と言ったとか。
日本でも「恋するベーカリー」を観た私の友人が、映画のイメージでキッチンを改装してしまったくらいだ。
 
ナンシー・マイヤーズ自身が言うように、
彼女の映画に登場する家は、皆の憧れの家、ドリーム・ハウスといえるだろう。
映画の中のインテリアは、登場人物のキャラクターやバックグランドを、説明する重要なポイント。
 
独身で、超リッチに暮らす男性の家は、20世紀の建築家が設計したようなモダンスタイルの家だったり、NYの高級タウンハウスのような黒とブルー、ブラウン基調のややコンサバ+モダンなハイエンドな家に住んでいたりする。
 
企業家や作家など、自分でバリバリお金を稼ぐ独身女性の家は、モダン+クラッシックな家やオシャレなNYのタウンハウス、海辺のリゾート地のビーチハウス、時にはスペイン風やフレンチ風の素敵な庭つき一軒家や、キッチンも魅力的でインテリア雑誌に特集されるような家に住んでいたりする。
 
旦那が一流企業勤めのリッチな専業主婦の中には、通りで一番大きなコンサバでクラシックな家に住み、これから改装する部屋の壁紙やカーテンの色や柄をどうするか、アンティーク屋で見つけたジョージアンスタイルのコンソールテーブルをどこに置くかを思案中だったりする。
 
映画の中のインテリアを通して、ストーリーや台詞以外で語られるキャラクターの人生、バックグラウンドを垣間見ることができる。
 
インテリアは、そのキャラクターに膨らみをもたらす重要な小道具でありポイントである。
 
これから、映画に出てくるインテリアについて、シリーズで語っていきたいと思います。
 
イメージ 1
 
久しぶりの更新です。去年の夏以来、記事を更新していませんでしたが、気が付けば、もう恒例のアカデミー賞ノミネーションの発表です。
去年までなら、ちょっと前からアカデミー賞候補作品についての記事をアップしていました。すっかり怠けグセがついてしまったのと、なかなかタイミングに乗れない感じで、例えると、グルグル回る縄跳びの輪の中に入っていけない感じでした。これを機会に少しづつ、更新していきたいと思います。
 
さて、本題の第83回アカデミー賞ノミネーションです。
コリン・ファースの活躍については、去年からずっと書きたくてウズウズしていました。「英国王のスピーチ」でのコリン・ファースの主演男優賞候補はもちろん、作品賞など主要な部門での最多12ノミネートは、私個人としては実に嬉しいことです。この作品での、衣装賞と美術賞のノミネートは、必然でしょうから差し引いて10部門と計算しても、最多ノミネーションは素晴らしい!しかしながら、過去に何度も最多ノミネートされて、ほとんどオスカーを獲れなかった作品は幾つもあるので、あまり期待せず受賞式を待ちたいと思います。
 
『英国王のスピーチ』に関しては、文句なしに私好みの作品ですので、この手の作品が最多ノミネートされるのは、とても嬉しいことです。
従来のアカデミー賞作品らしい、堅実で、見ごたえのある、よく出来た映画といえます。
ここ数年、メッセージ性の高い作品や、インディーズ系の映画への傾向が続いていたので、この映画の最多ノミネーションは、まったく期待していませんでした。しかしながら、この映画と対照的に、フレッシュで、今の世相を描いた『ソーシャル・ネットワーク』がトップでノミネートされなかったのが、ちょっと意外な感じもします。90年代は、英国系のスノッブな映画がアカデミー賞では人気がありましたが、アカデミー会員の嗜好が、過去に戻ってしまったのでしょうか? また機会がありましたら、受賞式前に、じっくりと『英国王のスピーチ』の分析をしたいと思っています。
 
いずれにせよ、去年はトム・フォードの『シングルマン』で男優賞にノミネートされながら、だめだったコリン・ファースですが、今年はやってくれています!一歩出てきましたね〜!あ〜、長かった〜!!ずっと「高慢と偏見」のダーシー様の影をひきずり、ヒュー・グラントと同等の評価に甘んじてきましたが、(ヒュー・グラントは嫌いじゃないのですが・・最近の「噂のモーガン夫妻」はさんざんな評価をもらっています。)ゴールデン・グローブ賞も獲ったし、その勢いで是非アカデミー賞男優の仲間入りをしてほしいです。
 
その他ですが、マーク・ラファロの助演男優賞ノミネートとヘレナ・ボナム・カーターのノミネートも嬉しいです。ヘレナが、赤の女王でノミネートされたらもっと嬉しかったですが・・。マーク・ラファロは、味のある役者さんながら、地味めだったので、ノミネーションは本当に良かったと思います。
「インセプション」は、公開されてから時間がたっていますが、いまだに関心を集めている映画でリピーターの観客が多かったというのもうなずけます。アニメながら「トイ・ストーリー3」もあなどれませんが、今年のオスカー作品賞の行方に注目したいです。
司会は、今、ノリノリのアン・ハサウェイとジェームス・フランコの二人。いや〜本当に、228日の受賞式が待ち遠しいです!
 
主な部門のノミネート以下の通り。
作品賞 
『ブラック・スワン』 
『ザ・ファイター』 
『インセプション』 
『キッズ・オールライト』 
『英国王のスピーチ』 
127時間』 
『ソーシャル・ネットワーク』 
『トイ・ストーリー3』 
『トゥルー・グリット』 
『ウィンターズ・ボーン』 
監督賞 
ダーレン・アロノフスキー『ブラック・スワン』 
デヴィッド・O・ラッセル『ザ・ファイター』 
トム・フーパー『英国王のスピーチ』 
デヴィッド・フィンチャー『ソーシャル・ネットワーク』 
ジョエル&イーサン・コーエン『トゥルー・グリット』 
主演男優賞 
ハビエル・バルデム『BIUTIFUL(原題) 
ジェフ・ブリッジズ『トゥルー・グリット』 
ジェシー・アイゼンバーグ『ソーシャル・ネットワーク』 
コリン・ファース『英国王のスピーチ』 
ジェームズ・フランコ『127時間』 
主演女優賞 
アネット・ベニング『キッズ・オールライト』 
ニコール・キッドマン『ラビット・ホール』 
ジェニファー・ローレンス『ウィンターズ・ボーン』 
ナタリー・ポートマン『ブラック・スワン』 
ミシェル・ウィリアムズ『ブルー・バレンタイン』 
助演男優賞
クリスチャン・ベール『ザ・ファイター』 
ジョン・ホークス『ウィンターズ・ボーン』
ジェレミー・レナー『ザ・タウン』 
マーク・ラファロ『キッズ・オールライト』 
ジョフリー・ラッシュ『英国王のスピーチ』 
助演女優賞 
エイミー・アダムズ『ザ・ファイター』 
ヘレナ・ボナム・カーター『英国王のスピーチ』 
メリッサ・レオ『ザ・ファイター』 
ヘイリー・スタインフェルド『トゥルー・グリット』 
ジャッキー・ウィーヴァー『アニマル・キングダム』
 
 

開く トラックバック(1)

イメージ 1
ずっと前から、気になって私の読みたい洋書リストに入っていたのが、最近ジュリア・ロバーツが主演の映画『食べて、祈って、恋をして』の2006年出版の原作『Eat Pray Love』(『食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探求の書』翻訳:那波かおり)。
作家エリザベス・ギルバートの回想録が原作で、NYで作家として成功した著者が、離婚、失恋後、自分探しの旅に出るお話です。イタリアで食べまくり(Eat)イタリア語のお勉強、インドの瞑想道場で、瞑想し(Pray)スピリチュアルな世界にどっぷり浸かり,バリ島で治療師の元で人生についての秘儀の教えを受ける、そして恋に落ちる(Love)。
 
3年ほど前から書店の洋書棚に行くとかならず置いてあったので、相当なベストセラーだろうなと思い調べてみたら、ヒラリー・クリントンは絶賛するはで、700万部(現在)を突破する大ベストセラー本でした。
大好きなイタリアとバリ島で展開されるお話は、好奇心をそそられましたが、その時すぐに買って読まなかったのは、たくさんの好評な書評にまじって、作家という特権階級の金持ち女の我がままで、贅沢な旅行記・・などと書かれたネガティヴな書評があったのと、他にも読まなきゃいけない本があったので、また後日と思いつつ過ごしていたら、今年の813日にアメリカで映画が公開されると発表されて、おお!あの本がやっぱり映画化された!と思い出した次第です。
 
先日、書店に行ったら、去年の暮れにやっと出版された翻訳本が店頭に特集で並べられていました。ジュリア・ロバーツ主演で映画化された話題も手伝って、結構売れているようです。内容的にもお笑いスピリチュアル系で、パワースポット巡りが好きな今どきの日本女性には受けると思います。
 
同じような話で思い出したのが、ダイアン・レイン主演の2003年の映画『トスカーナの休日』です。こちらは、フランシス・メイズの小説が原作で、サンフランシスコ在住の同じく作家が主人公で、離婚をきっかけにイタリアに旅して、そこで家を買い、新しい人生と恋人を見出すというストーリー。家の修復や、イタリアで知り合った友人達、ポーランド移民の人達との心温まる交流、それに情熱的でハンサムなイタリア男性との恋愛とダイアン・レインとサンドラ・オーの好演もあり、私のお気に入り映画の一つであります。
 
映画『食べて、祈って、恋をして』は、主演ジュリア・ロバーツ。監督ライアン・マーフィー、共演は、ハビエル・バルデム、リチャード・ジェンキンス、ジェームス・フランコ、ビリー・クラダップ。
ひさびさに、ラブ・ロマンス系の映画に出演するジュリア・ロバーツですが、爆発的な大ヒット『プリティ・ウーマン』から20年。当時22歳だった彼女は、その後ずっと大スターの名を欲しいまんまにしてきました。その間、2度の結婚、3人の子供の出産、2000年の『エレン・ブロコビッチ』でアカデミー主演女優賞受賞。大ヒットした『マイ・ベスト・ウェディング』、『ノッティングヒルの恋人』を含む、30以上の映画に出演してきました。
2004年『クローサー』と2007年『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』でジュリアと仕事をした監督マイク・ニコルズは、彼の“最も愛する3人の女性”として、実際の妻であるダイアン・ソーヤー(アメリカABCの人気ニュース・キャスター)とメリル・ストリープと共に、ジュリア・ロバーツをあげています。ニコラス監督によれば、ジュリア・ロバーツは、知的好奇心が旺盛で、役を演じるために、徹底的に準備をし、演じるキャラクターを完全に理解して、どんな小さなシーンでも完璧に役柄を演じるそうです。
 
映画『食べて、祈って、恋をして』では、どのシーンにもジュリアが出演します。そのため4ヶ月にも及ぶ数カ国での海外ロケは、彼女にとっては子供を生んで以来、最も大変な撮影だったそうですが、疲れたけど、どんな時も素晴らしかったと語っています。
最初に本が送られてきた時、30ページほど読んで、すぐに本の虜になったといいます。その本の主人公に深く共感したと語るジュリア。自身の離婚経験も含め、共感できる部分がかなりあったようです。
母として女優として幸せなことに、今回の撮影では、ニューヨーク、ローマ、インド、バリで家族とずっと一緒に過ごせたことです。彼女にとって家族こそが人生そのものなのです。
 
もうすぐ45歳になるジュリア・ロバーツですが、まだまだ仕事のオファーは沢山あります。しかし、最近のジュリアは役選びにこだわります。通常、ある年齢以上になると、女優に回ってくる重要な役は少なくなります。キャサリン・ヘップバーン、シャーリー・マクレーンように何歳になっても重要な役で活躍する女優はとても少ないのです。
現在、熟年女優で最も活躍しているのはメリル・ストリープでしょう。
ジュリア・ロバーツは、才能、ルックス、業績の面で、メリル・ストリープとは別のテイストの役を演じる熟年女優として、将来の活躍が期待されています。
ジュリア・ロバーツは、女優としてのキャリアと家庭との両立を上手にこなしている女優として、フランシス・マクドーマンドとアネット・ベニングの二人の名前をあげて、とても感心しています。
そしてもちろん、言うまでもなくメリル・ストリープを絶賛しています。
 
 『食べて、祈って、恋をして』公式サイト 日本では917日公開です。
イメージ 1
アメリカ映画における英国人俳優の役は、悪役が多いのが通説です。
 
悪役の代表的存在である『羊たちの沈黙』のアンソニー・ホプキンス。
『ダイハード1』でスマートなドイツ系テロリストの演技で悪役として強烈な印象を残したアラン・リックマン。
『ダイハード3』でのジェレミー・アイアンズ。『レオン』のゲイリー・オールドマン。
『ダビンチ・コード』のポール・ベタニー。
『ロード・オブ・ザ・リング』のイアン・マッカラン。
『スター・ウォーズ』のクリストファー・リー。
ヘレン・ミレンは、「英国人俳優は悪役にキャスティングされることが多い。」と文句を言ったそうですが、最近ではこの傾向が変わってきていて、アメリカのTVドラマシリーズなどで、英国人俳優の需要が高まっているようです。
 
もともとのアメリカでの英国人俳優の活躍のパイオニアは、英国サリー州出身のケリー・グラントといえるでしょうが、(彼をずっとアメリカ人俳優と思っていた人は多いです。)
最近特にアメリカで無名の英国人俳優が、アメリカのドラマで有名になるパターンが多くなってきています。
 
まずは、ヒュー・ローリーは、近年のアメリカドラマの英国人俳優ブームの草分けで、
2004年(日本では2005年)から始まったFOX制作の人気医療ドラマ『HOUSE』では、独特のシニカルな英語が評判を呼んで一躍スターになりました。
ヒュー・ローリー演じる医者ハウスは、偏屈で怒りっぽい診断医ですが、日本でもアメリカ版ブラック・ジャックとして話題になっていました。
 
最近では、アメリカのボルティモアを舞台に、都会に渦巻くドラックや犯罪など社会的な暗部をリアルに描いた人気のドラマ『ザ・ワイヤー』で、中心的存在の刑事ジミー・マックノルティを演じるドミニク・ウエスト(『300』)が、賞賛されていますが、
どのくらいのアメリカ人視聴者が、彼がイギリスの由緒ある男子全寮制パブリックスクールのイートン校出身のバリバリの英国人であることを知っているでしょうか?
このドラマはクセのあるボルティモア訛りのアメリカ英語ですが、英国人俳優は、ドミニクの他にも参加していて、ストレンジャー・ベルを演じているアイドリス・エルバは、生粋のロンドンっ子です。
最近の英国人俳優は、そつなくアメリカ英語を喋って、アメリカのドラマに溶け込んでいるのです。
 
どういうわけか、アメリカ人視聴者は、昔のローマ人は英国英語を喋ったに違いないと決めつけているのか、HBOとBBC合作の『ローマ』では、出演者のほとんどが英国人とアイルランド人で占められていました。
古代ローマ系映画やドラマには英国人の活躍が多いのが特徴です。
 
近年の英国人俳優のアメリカにおける活躍の理由の一つには、不況のせいでアメリカ人人気俳優をドラマで使う余裕がなくなってきたことがあげられるようです。
 
『ザ・ワイヤー』のドミニク・ウエストは、「英国人俳優はアメリカ人製作者にとって、お買い得品なんだよ。」と言っています。
「経験豊富なアメリカ人の俳優だったら、もっとギャラが高かったと思うよ。
僕らは安いのさ!」
 
『ローマ』でアントニウスを演じた英国人俳優のジェームス・ピュアフォイは、
アメリカ人の同僚の間では、英国人俳優は安い労働力と見なされていると言っています。
「僕らは、ロサンジェルスでは、しばしば白人系メキシコ人と見なされていたよ。」
 
アメリカ人製作側は、最高の才能ある俳優を求めているけれど、アメリカ人俳優を配役すると費用が高くつきますし、その俳優が有名であればあるほど、いろいろ難しい部分が出てきます。
 
その点、英国人俳優は皆、トレーニングもされていて演技力もあり、お行儀も良く、何よりもアメリカ人視聴者にとっては、新鮮なイメージがあるようで、これが彼らが演じるキャラクターのリアリティさに繋がるといいます。
 
もちろんそこには、英国人の発音とアメリカ人の発音の差が問題になるかもしれませんが、英国人俳優は小さい頃からアメリカのテレビを観ながら育ったので、アメリカ発音で喋ることにほとんど抵抗はないらしいです。
そのうえアメリカ人は、アメリカ以外のテレビで話す英語の発音をほとんど知らないので、他国の英語の発音に寛大な面があるそうです。
 
ドミニク・ウエストは、「僕の発音は完璧ではないけど、誰もが僕をアメリカ人だと思っているよ。僕らは『スタスキー&ハッチ』などで育ったから、アメリカ発音を学ぶのは簡単なんだ。けれども、もしアメリカ人俳優が英国に来て英国発音を話したら、正しい発音でなければ英国人は、皆イライラするだろうね。」
 
アメリカのテレビ製作は、厳しいスケジュールで運営されていますが、その点でも英国人俳優は融通がきくようです。
ドミニク・ウエストは、「僕らは、共同作業でうまく仕事ができるし、大スター扱いされないことに慣れているからね。」
これが超人気のアメリカ人俳優なら、スケジュールの調整も大変だし、スター扱いされなければ機嫌もそこねるし・・しかもギャラも高いし、まあ、いろいろ大変なのでしょうね。
 
けれども、そんな英国人俳優でも人気が出てブレイクすれば、アメリカの大スターと同等の扱いをうけることになるのでしょうが・・。
 
いずれにせよ、日本人の俳優がアメリカのテレビで活躍するよりは、英国人の俳優の方がずっと有利である事は確かなようです。マシ・オカや真田広之とか頑張っている人もいますが、日本人にとって言葉の壁は、まだまだ厚いです。
注:写真は、『ザ・ワイヤー』のドミニク・ウエスト(Super! drama TVのサイトから)

全63ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事