ここから本文です
メルセデス・ベンツML320とラジコン飛行機の日記
ツィッター始めましたhttp://twitter.com/nakayan_rc

XBEE MCK導入

久々の新規マシン導入
イメージ 1

XBEE MCK 基本的に推奨されるパーツのまま組んであります。

ASTROかXBEEか悩んだんですけど少数派?のXBEEをチョイス。
このフレームで初めて4in1のescを使いました、重いパーツを一つにまとめてマスの集中化を図る実に合理的な考えで機能美さえ感じますね。

この機体は純粋なレース用なのでアームも細く、必要最低限な強度を確保しているだけで対クラッシュ性は無いようです、だがそこがいい(笑)
イメージ 2

軽さのためなら何でもする、と言わんばかりの思想はカメラさえ小さく、アンテナも性能を犠牲にしてまで小さくコンパクトにまとまってます。

そもそもyoutubeでストレートを加速する映像が「瞬間ワープ」するようなモノスゴイ加速をするのを見て「なんであんな風に加速する?」と疑問に思ったのが手に入れるきっかけとなったのですが......

さあ実際とばしてみてどうだったかと言うと.....
「トンデモナイ速さだわ、目がついていかない、加速すると視界が歪んだような気がする」
軽さは正義、軽いことがここまで速さに直結するって凄いな、しかもコントーラブルで扱いやすい。
完全にまいりましたの世界ですわ。
イメージ 3

イメージ 4

今回からFCがF4になってOSDが統合されたのですが、これが使いやすいのなんの、
VTXもTBSのスマートオーディオ機能でOSD上で切り替えできるし、基本的に機体から必要な情報はテレメトリではなくOSDでほぼ分かるので素晴らしく使いやすい。
レースにも出れるようにプロポも双葉に戻したりして今後が楽しみな機体です。

★追記★
タラニスQX7を改造した方はTBSのCrossFireを組み込んでロングレンジ用にしてしまったのでそれはそれで活躍しています。
↓みたいに山撮ったりね。

この記事に

スイッチ変更

スイッチが使いずらいのでプッシュボタンに変更
イメージ 1
イメージ 2

追記

しばらく屋外と室内で使ってみたけど、屋外は絶望的に見えなくて室内はばっちり。
屋外だとドン曇りでも見えづらい、画面が5インチと小さいのもありこれでFPVは難しい....
この手のモニター付きプロポがTBSタンゴ以来出てこない理由も解りますな。
ところが室内でwhoopだとこれが最高、ばっちり見えるしゴーグルをしなくても一体感があり
お手軽度が増してwhoopが楽しくてしょうがない。
これは主に液晶の見え方が室内だと安定してるのがあるな、屋外だと色々な光が反射して
とてもFPVしようなんて気が起きない、三脚に立てたFPVモニターよりよく見えないからね。
タープでも立ててその日陰とかでやらないとちょっと無理かな。

交換したスイッチは使い易くて最高です。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事