ここから本文です
逆流性食道炎のあれこれ
手術することにしました。
O大学附属病院で。

また、手術の前後レポートする予定です。


昨夜は、みぞおちの真ん中あたりが痛かったので、ベルソムラで寝ました。
今朝は痛みはありません。

やっぱり、胃の中がむず痒いような感覚もあります。
頻繁に出るゲップもあいかわらずあります。

このまま治らないのかな、とも思ったりします。


先週まで、お腹が空いてきたときに、みぞおちの真ん中あたりが、
むず痒いような感じがしていたのですが、本日はかなりマシです。

強いて言えば、みぞおちの左下の方が、むず痒いような感じがします。

先週の鍼灸院の先生の感触では、
舌診では、かなりマシになっており、背中の凹みも、かなりマシ。
このとき、舌の真ん中がピリピリしていたのですが、
上記のような診断でした。

上記の事柄はは、唾液を頻繁に飲み込むようになったからだと考えています。
唾液は、優秀な緩衝溶液だそうで、酸性にもアルカリ性にも対応可能ということです。
それで、私のGERDにも良い影響をもたらしてくれたのではないかと。

このままの状態が続くように!!


この土曜日にかなりマシになったのです。

しかし、
昨日は、食事の量がそのままにもかかわらず、
昼間からみぞおちからへその上あたりが筋状に重く、
夕方から、みぞおちあたりが、重くなってきました。

これはいかん、とローラ練を14:30ー16:30まで
続けたのですが、若干軽くなるていどでした。

就寝時はベルソムラを服用しました。

そして、
睡眠薬を服用したにもかかわらず今朝の目覚めはよかったです。
また胃も軽くなっていました。

このままの状態が続いてくれれば良いのですが。


痛いという感じはなくなりました。
お腹が空いたときのみぞおちの左側から背中にかけての重い感じと、
唇がピリピリする感じ、
食事直後のなにかつっかえた感じ、
はありますが、
チリチリとした焼けるような感じはなくなりました。

このままの状態が来週も続きますように!!




[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事