ここから本文です
ヨンフォアで行く北海道⁉
旧車に乗るのって、けっこうしんどいっすよ…

WOOD JOB!




空前絶後のォォ‼



好天である。



朝から下の息子に声を掛けたら、今日は友達と遊ぶ約束をしているらしい。



そうとなれば御墨付きを得たも同然、単独行動に出発!



さて目的地であるが、ご覧頂いている皆様は「WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜」という映画は御存知だろうか?



今から3年程前に公開されたとても面白い映画なので、見てない方は今すぐレンタル店へ直行して頂きたい(笑)



話が後先してしまったが、その映画の主なロケ地が三重県津市美杉町という所であり、そのロケ地巡りをしてやろ〜じゃんというのが今日の目的である。



まずは京都市内を出発して、府道3号(通称宇治川ライン)〜国道422号〜国道368号と走ってオークワ名張西原店へ。



イメージ 1



ここは、勇気・ヨキ・ミキらが買い物に来ていたスーパーである。



そして携帯ショップ。



イメージ 2



残念ながら向かいにニューヨークというスナックはない。



ここまでは名張市内だが、そこから約30km程走ると「道の駅美杉」がある。



イメージ 3



ここには今でも映画のディスプレイがしてある。



イメージ 4



かつてはここでロケ地ガイドマップを配布していたようだが、残念ながら今はない。



それでもネットではダウンロードが可能なので、スマホの画面を頼りに徘徊を開始することにする。



イメージ 5



まず最初に立ち寄ったのが、中村林業の製材所。



イメージ 6


イメージ 7



お次は三重大学演習林。



イメージ 8



勇気が研修を受けた施設らしいが、門が閉まっているためこれ以上は入れない。



そして、最もディープなエリアへ。



イメージ 9



まずは直紀の家。



イメージ 10


イメージ 11



今にも長澤まさみが駆け降りて来そうだ(笑)



続いてヨキの家。



イメージ 12


イメージ 13



上の写真に写っている飯田家の前の狭い道は実は国道422号線なのだが、このままずっと走っていくと最後はなんと行き止まりになる(徒歩なら通行可能だが3km、2時間の山道らしい)。



そこから来た道を引き返して北上すると直紀が教える小学校がある。



イメージ 14


イメージ 15



最後は中村林業の親方の家。



イメージ 16



あとは国道165号から国道422号に出て、往路と同じ道を帰って来た。



往復で約300km、山道が多かったんで左手と内股が痛くなってしまいましたとさ(笑)




この記事に

車検2




車検のために愛車を大阪狭山市のヨンフォア専門店、ア○インさんに預けて既に2週間が経過した。



車検以外にもフロントフォークやマスターシリンダーのオーバーホールなんかを頼んであったので、ある程度の日数が掛かるのは覚悟していたものの2週間はさすがに長く感じ「なんか致命的なトラブルでもあったんやろか?」とか悪い想像ばかりしながら悶々とした日々を送っていたのだが、ついに昨日(土曜日)の朝にメカニックさんから電話がかかって来た。



私の勤める会社は完全週休二日制ではないので既に出勤してしまっていたのだが、「早退して取りに行こうか?」とか本気で考えたりしながらも、当日(昨日)の天気予報が余り良くなかったのと翌日(今日)の天気予報がやたら良かったために思いとどまり、日曜日の今日取りに行くことにした(昨日と今日の天気予報が逆だったら間違いなく早退していたと思う)。



そして快晴の空のもと、ダウンのコートをまとったおばさんやTシャツ短パンの青年など、メチャクチャな季節感の人々に囲まれながら既に冷房の効いている電車を何本も乗り継ぎ、再び南海電車高野線北野田駅へとやって来た。



イメージ 2



ア◯インさんのHPには「※ご連絡頂ければスタッフが駅までお迎えに上がります。」と書いてあるのだが、とても良い気候だしノンビリと歩いてみることにする。



スマホのナビを頼りに住宅街の狭い道をクネクネと歩くこと約30分、額に汗がにじみ始めたころにやっとの思いで到着(笑)



イメージ 1



お店の建物を生でこの方向から見たのはたぶん初めてではないかと思う。



さて、無事に想定内の金額に収まってくれた車検その他の費用の支払いを済ませたら待ちに待った至福の時間!



最寄りの阪和道の美原北ICから高速に上がり、近畿道から第二京阪へ。



イメージ 3
近畿道 八尾本線料金所



イメージ 4
第二京阪 京田辺PA



このまま帰ってしまうには余りにも勿体無いぐらいの素晴らしいお天気なので何処に寄り道しようか現在考え中(笑)



この記事に

車検




約3ヶ月半ぶりの更新である。



4月に入り、季節もいよいよ春本番という感じになってきた上に、素晴らしい好天なので久しぶりに愛車のエンジンに火を入れることにする。



とは言っても冬の間は全く乗っていなかったということもあり、セルを回して一発始動とは残念ながらいかない。



それどころか、そもそもセル自体が回らない。



一応は冬眠中も定期的に充電はしていたのだが、安物で済まそうとしたバチが当たったのか、バッテリーが一年持たずにご臨終なさってしまったのだ(泣)



そこで今回は贅沢にも国産バッテリーを投入!(笑)



イメージ 2



さて、無事にバッテリー交換が終わったら、いつものように自宅から広い通りまでバイクを押して歩き、キルスイッチをOFFの状態で数回に分けてセルを回してドライスタートにならないようにオイルを循環させてやり、アクセルを何回か煽るFCR独特のチョーキングを繰り返した後にエンジンを始動、掛かった後もいつも以上にアイドリングに時間をかけてゆっくりと目覚めさせる。



で、本日の走行の目的はというと、実は我がヨンフォアの車検が今月末で切れるのでバイク屋さんまで持ち込むだけである。



とはいえ、非常に特殊(?)なバイクなので、その辺のバイク屋さんに依頼するのは少々気が引けるため、大阪狭山市にあるヨンフォア乗りなら誰でも知っている(はずの)専門店まで全線高速でバビューンと到着。



イメージ 1



以前、予約を入れようと電話したら「いつでも直接来てもらって結構ですよ〜」ってことだったので、アポ無し訪問だったが、車検の依頼であることと気になる点をいくつか伝えた上で、依頼書に住所と名前と電話番号を書いたらおしまい。



でも、せっかく久しぶりに来たので店内外を少し見学。



イメージ 3

イメージ 4

イメージ 6



私の他に、もう一組名古屋から来たというカップルのお客さんがいて、聞けば女性の方が購入を検討中らしい。



本当はもっとゆっくりして行きたかったのだが実はこのア◯インさん、スゲー田舎(失礼)にあるのでバイクを預けてしまうと自力で帰宅するのが困難なため、社長のお父様(社長本人は今日は鈴鹿でレースとの事)直々に最寄りの駅まで車で送っていただいた。



イメージ 5



そこから電車を何本も乗り継いでやっとの思いで帰宅。



逆のコースで引き取りに行かねばならないのかと思うと今からゾッとするのであった(笑)



この記事に

大文字山




今日の日本列島は高気圧に覆われ、全国的にほぼ快晴の予報。



本来であればバイクでGO!となるところなのだが、お天気がいい分やはり朝のうちの気温はとても低いし、そもそも先週に冬支度を終えているのでなんとなくいまさら感も漂う。



それでも自分ひとりならまだ出動もありなのかもしれないが、今日も例によって下の息子とセットなので、一桁前半の気温の中をバイクで走るなどという苦行を強いるのはさすがにかわいそうだし、そもそもそんな経験をさせたら二度と一緒にバイクで出掛けてくれなくなる可能性もある。



そこで本日は当ブログでは初の試みである、バイクに乗らないお出かけレポート(笑)



まずは京都市営地下鉄の蹴上駅で降りて、ねじりまんぽと呼ばれてるいるレンガ造りのトンネルをくぐる。



イメージ 2



くぐったらすぐに右に折れて、インクラインの横を通って



イメージ 3



1500年以上の歴史があるという日向大神宮に出る。



イメージ 4



正面の石段を登り、左に折れたら登山道のスタート。



イメージ 5



とても歩きやすい人気のコースなので、多くの人とすれ違ったり追い抜かれたりする。



イメージ 6



そして三角点に到着。



イメージ 7



そこから少し下って大文字の火床に出る。



イメージ 9



三角点からも見えるが、やはりここからの景色が最高だ。



イメージ 8



お湯を沸かして昼食を食ったら後は下山するだけ。



イメージ 10



下りた先には超観光名所の銀閣寺(東山慈照寺)があり、その参道は多くの観光客で賑わっている。



真っ直ぐ西に向かい、白川通まで出て振り返ると先程までいた山が見える。



イメージ 1



いや〜久しぶりなので疲れた疲れた!



これから銭湯に行って汗を流してくるとします。




この記事に

冬支度




10月は結構あっちこっち出掛けていたが、気が付けば11月は一度も乗らないまま終わってしまった。



でもその間にも物欲だけは満たすべく、トルクレンチや



イメージ 2



スタッドボルトリムーバーなんかを買ってみたりはしていた。



イメージ 3



まあ私の場合、自分でする整備なんてたかが知れているので、自己満足と言うか宝の持ち腐れなのだが(笑)



さて、さすがに12月に入ると急に冷え込んで来たのだが、今日はまあまあ天気がいいので年内ラストランのつもりで少しだけ走って来た。



イメージ 1



久しぶりなので最初のうちはノリノリだったが、しばらく走っていると当たり前だが寒い。



陽が傾く前には撤収しないと死んでしまいそうなので、GSに行ってガソリンを満タンにする。



さらに自宅に近づいて来たら燃料コックをOFFにして、キャブ内のガソリンを使い切る。



そう、冬籠りの準備という訳だ。



あとはバッテリーチャージャーを繋いで、フル充電になるまで放置。



体の芯まで冷え切ってしまった人間の方は、これから熱燗で回復させる事にしよう。



この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事