全体表示

[ リスト ]

☆Foo-Fighter その1

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

フーファイターとは“炎の戦闘機”を意味する言葉で、米国のパイロットが使用し始めたものと伝えられています。
その実体は第2次世界大戦の後半に戦場の空で目撃された知的コントロールを受けた金属質あるいはその名のとおりオレンジ色の“火の玉”的な物体だったようです。
主に戦闘機や爆撃機のパイロットから翼端付近を追尾するかのように集団で飛行しているところが目撃されていて、一般的には数10センチ程度の小型の物体であったらしく、今で言う記録用円盤(Registering Discs)だったのだろうと思われています。

1960年代のCBA(宇宙友好協会)の先駆的研究によれば、日本軍では“火玉”や“火弾”など思い思いの呼び名で呼んでいたとのことです。
一方でもっと大型の物体も滞空監視員や潜水艦乗組員などから報告されていますが、これらもフーファイターであったと考えられています。
したがって、フーファイターという言葉は第2次世界大戦中に現れたUFOの総称として現在では使用されていると考えてよいでしょう。

ちなみにフーファイターの大規模な出現は、太平洋戦争末期の沖縄戦で米国機動艦隊に対して行なわれています。この報告は初期のUFO研究者から提出されたものですが、確実な情報だとするならば、まるで戦争終焉の合図とでもいうべきUFO側の意図を感じざるを得ないものです。

1945年のその日、沖縄攻略展開中の米国機動艦隊の1つが、200機〜300機もの正体不明航空機の大編隊をレーダースクリーン上に捕捉します。それは、時速1200キロメートル以上という、当時としては考えられない速度で、機動艦隊に接近しつつあり、しかも、その大編隊は徐々に左右に広がり、米国機動艦隊に対して明らかな包囲陣形を敷いたとのことです。
太平洋戦争で投入された最速の戦闘機P51ムスタングが最高時速750Km程度であったと伝えられていますから、この速度は驚異的です。
そこで、日本軍の最新兵器による攻撃と色めき立った米海軍では、即時に臨戦態勢をとったのですが、奇妙なことに、レーダースクリーン上で十分視認できるほど接近していたはずの飛行物体群が、晴れわたった空のどこにも存在しなかったとのことです。
米国機動艦隊の頭上を不可視の大編隊は攻撃もせず通過し、米海軍に肩透かしを食わせることになったのです。
この現象がレーダーの故障ではないことを示す証拠に、他の機動部隊でも、大編隊をキャッチしていて、しかも、この“不可視の大編隊”は、その後の数週間、幾度となく米国機動艦隊上に出現と伝えられています。
私はこの事件を、故高梨純一氏が主催していた近代宇宙旅行協会の機関誌「空飛ぶ円盤情報」で知りましたが、その出所は米国の著名な研究家であったドナルド・キーホーだったのだろうと推測しています。(文献的な裏づけができていないのですみません。ご存知の方ご一報ください)

1947年6月24日の米国ケネス・アーノルドの目撃による“空飛ぶ円盤”伝説が始まる以前から、このような飛来があったということ一つとっても、UFOsの実在は疑えないもののように思えます。

ここでは、いくつかフーファイターをキャッチしたものと言われる写真を紹介します。SPAが独自に収集したものも含みますので、これは貴重な記録です。

※CBA(宇宙友好協会)の資料を探しています。お心当たりのある方は、ぜひご連絡ください。
   天空人協会 ; sky-people@jcom.home.ne.jp

閉じる コメント(1)

顔アイコン

本日のSPA考古学研究部門のアドバイザーである沼川氏からの私信によれば、やはり沖縄戦でのFoo-Fighterの情報はドナルド・キーホーでした。1955年の著作「The Flying Saucer Conspiracy」第15章に記録されているとのことで、早速確認しました。

2007/8/14(火) 午前 11:53 [ cba*i*t ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事