全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

UFO研究会機関誌についての思いなどを少々。 

高校生の頃ですから、今から25年ほど前でしょうか。
当時はSPA顧問でもある並木伸一郎氏の日本宇宙現象研究会や、故高梨純一氏の「近代宇宙旅行協会」(後に日本UFO科学協会に会名変更)がまだ活動していました。
私も、単なる機関誌購読会員でしたが、これらの会には所属していました。
 
分かる人には分かると思いますが・・・・、自分の所属する会から送られてきた機関誌の、その美しい表紙を目にした瞬間、内包された未知なる知識への期待で、胸が高鳴るのを覚えたことがありますよね?
何が美しいのか?と言われると困るのですが、商業誌のように人に媚びない実直さを美しいと感じていたような気がします。
 
で、話は変わりますが、CBA(宇宙友好協会)をご存知でしょうか?
CBAは「空飛ぶ円盤ニュース」という機関誌を1958年から1967年までの9年間に月刊ペースで99まで発行したと聞いています。その後は「UFOニュース」という機関誌を発行し、活動を限定しながら1980年代後半まで機関誌名を変えつつ活動を続けていたようです。
 
ここからは、私の生まれる前の話も含みますので、少ない手持ち資料と伝聞から組み立てたものです。

35・36合併号まではB5横サイズのどちらかと言えば海外コンタクティー情報の垂れ流し的な内容のものだったということです。
とはいえ、それはCBAが自ら述べていたとおり、まずは会員への情報提供が第1優先であったためと言われています。

「空飛ぶ円盤ニュース」が大きな変貌を遂げるのは、1961年の半ば以降のことで、B5縦のサイズとなった同誌は、それまでの翻訳記事主流から、会としての総力的な論文主体となっていきます。
 
ここでまた回想です。あれは20年ほど前になるでしょうか?
UFO関係の洋書を買い漁っていたころのことです。
ドイツの古いUFO研究書の中で「空飛ぶ円盤ニュース」が紹介されているのを見つけました。それは、1962年4月号、「古代オリエントの円盤」と題する論文が掲載された記念すべき号でした。
私は写真で掲載されていたその表紙の美しさに思わずびっくりしました。まだCBAの発行物を見たことも無かったその頃。日本で、それも私が生まれる以前に、こんな洗練されたデザインの機関誌が存在したなど想像もしていなかったからです。

そういった理由で、私が、世界も含めてもっとも美しい表紙を持つUFO研究誌を選ぶとしたら、まず第1にあげるのが「空飛ぶ円盤ニュース」1962年4月号でしょうね。

ちなみに、私が生まれた頃にはとうに活動休止状態でしたが、日本円盤研究の祖と言われる故荒井欣一氏の日本空飛ぶ円盤研究会の会報「宇宙機」も、ガリ版刷り(一部オフセット印刷)ながら、表紙絵がいつも凝っていて良い感じです。
その中でも1959年の創刊30号記念特大号の表紙は、一見マンガチックな宇宙人の絵が並んでいて、格別に味のある表紙です。
いかにも昭和前半の同人誌的な香りがしてこれも好きですね。

CBAと日本空飛ぶ円盤研究会は、両者ともが活動していた当時、それぞれの活動方針をめぐって様々ないざこざがあったと聞いています。
そういった両者の機関誌が並んで紹介されるのは、もしかするとこれが歴史上初めてかもしれません。

※CBA(宇宙友好協会)の資料を探しています。お心当たりのある方はぜひご連絡ください。
 天空人協会 ; sky-people@jcom.home.ne.jp

閉じる コメント(2)

顔アイコン

順調に記事が増加していますね。この『空飛ぶ円盤ニュース』誌の表紙のテーマはまさに歴史的と言われるものです。エリシャの師エリヤが空飛ぶ乗り物で昇天する物語を描いた絵と、現代の空に現われ、円盤の搭乗者となった人物を見送る写真構成、そして無数の古代文書は、この天と地の接触の瞬間「古代=現代」を伝えるためにこそ在った、という解説でした。

2007/8/11(土) 午後 4:52 [ きよりん ] 返信する

顔アイコン

きよりんさん。貴重なる解説ありがとうございました。

2007/8/11(土) 午後 10:25 [ cba*i*t ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事