全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

1990年11月3日午後1時頃、長野県松本市で旅行中に撮影した球形の金属物体です。連続5枚中の2枚で、物体を追いかけながら刈り取られた田んぼの中から撮影したものです。
最初に見つけたときは発光していたのか、光の塊のように見え、西から東へ飛行していました。
接近するにつれて、球状をした物体の金属的外観が識別できましたが、撮影のためにあたふたしている間に遠ざかってしまい、写真にはごく小さくしか捉えることができませんでした。
したがって、掲載写真はかなり拡大しています。
それでも、物体の右側が光を反射しており、金属的なものであることがわかると思います。挿入の図を参照ください。

物体との距離は目測で約1km、物体の直径は約3mと判断しました。
これは、目撃時の印象と原版の写真に写った景色などから、若干遠慮して数値を割り出したものです。
ちなみに直径3mというと結構大きいですよ。
写真では到底分かりませんが、目撃時にはもっと大きいのではないかと思えるほど迫力がありました。

物体はずっと直線的に同一の高度を飛行しているように見えましたが、かなり遠ざかったところで急に垂直上昇して飛び去って行きました。

ちなみにこの10年後、やはり同じような球形の比較的大きな物体を、東京町田市で踏み切り待ちの車の中から目撃したことがあります。
このときはカメラを持っていなかったので、撮影できませんでした。
(SPA 佐藤)

※UFOを目撃、撮影したら御連絡を。
天空人協会 ; sky-people@jcom.home.ne.jp


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事