全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

1970年代後半から1980年代初頭にもなると当時のUFO大ブームはほとんど収まっていました。
そういったタイミングで、私はSPA顧問である並木伸一郎氏が主宰する日本宇宙現象研究会(Japan Space Phenomena Society)へ入会しました。
JSPSのメイン機関誌は「未確認飛行物体 - 情報とその研究」と言い、本格的な論文と体裁で作られていました。

入会した当時は、同誌が既に10号くらいまで出ていたでしょうか?
私はその頃高校生でしたが、発行が遅れてなぜか年末近くになると到着する「未確認飛行物体」誌が本当に楽しみでした。

ところで、私は当時大分県の別府市に住んでいました。
家のすぐ近く、歩いて5分もないほどの距離に、ハンディキャップを持った人たちの「太陽の家」という大きな施設がありました。
そこは、私にとって知人も多くごく身近なところだったのですが、驚くべきことに、「未確認飛行物体」誌はそこの印刷センターで印刷されていました。
「こんな偶然ってあるのかな?」と思いました。
近所で作成された機関誌が、東京のJSPS本部を通して、また印刷所のすぐ近くに戻ってくるなど、これは不思議な縁を本気で感じましたね。
そのため、私は自分が主宰する会の機関誌は、必ず「太陽の家」の印刷センターで作ると心に決めて上京して来ました。
まぁ、どうでもいい話ですが、今でも当時の気持ちを懐かしく想い出すことがあります。

そういえば、『最も美しいUFO研究会機関誌は何?』を前回( http://blogs.yahoo.co.jp/cba_int/16519418.html )考えましたが、JSPSの「未確認飛行物体」誌も負けず劣らず美しいです。
「人に媚びない実直さ」の極致がここにあります。
特に1977年の第7号は秀逸です。
ちなみにSPAの初期機関誌「空飛ぶ円盤フェノメナ」の数号は「未確認飛行物体」を手本として編集しています。
並べて見るとよく似ていますよね。
もちろん印刷は「太陽の家 電子印刷センター」です。
ある意味、これは、私の夢がかなった瞬間でもありました。

さて、私のUFO活動は機関誌の編集作業と表裏一体です。
思っている以上に機関誌の編集は過酷な作業ですが、機関誌は美しいに越したことはありません。
選ばれた13名の方にしか送られていない「The Sky People」誌はそれを優先的に考えて編集しています。

掲載写真はJSPS「未確認飛行物体」癸掘SPA「空飛ぶ円盤フェノメナ」創刊号、そして今編集作業中のSPA「The Sky People」12です。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

「太陽の家」という印刷所で、日本に影響を与えた2種類の美しいUFО機関誌が印刷されていた、凄い奇跡的な話に思えます。宇宙の美しさを代表して汚染惑星の浄化に訪れるかのような円盤群を扱うには、こうした「美しさ」や「思考の緻密さ」などが理想的に思います。なかなか出来ないことですが。

2007/8/15(水) 午前 6:35 [ きよりん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事