全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

いまだに、空中のプラズマ生物としてクリッターなるアメーバ状の“何か”を写した写真類が、紹介されることがあります。
これは、1950年代にトレバー・ジェイムズ・コンスタブルと言う人が米国のモハーベ砂漠で赤外線フィルムを使用して、感性の任せるままに空中を写した写真に表れたものとして、その著作(THEY LIVE IN THE SKY,COSMIC PULSE OF LIFE,SKY CREATURES等)で紹介したものです。
コンスタブルによれば、クリッターはプラズマ状の薄膜に包まれたガス状生命体で、形体や密度、大きさを自由に変化させることが出来、赤外線の波長領域に生息しているとのこと。

赤外線の波長領域というのが少々分かりづらく、そうであれば明るく写るのではないかと思います。
赤外線フィルムで暗く写っているということは、これらの物体は赤外線を吸収していることになります。

それはそれとして、クリッターは時として地表近くまで降りてくることがあり、一時的に可視化することもあって、そのような時には発光体や、アメーバ状、金属質的外観に見えることがあり、これがUFOの正体の一つでもあるというわけです。
ここに掲載した一連の写真はコンスタブルが紹介したもので、いずれも赤外線フィルムを使用して撮影されています。
ご存知の方も多いと思いますが、赤外線フィルムは取扱いが難しく、現像ムラを起こしやすいので、これらの写真に写った物体も概ねそういった原因のものでしょう。したがって、残念ながら不可視の空中生物をキャッチしたものではないと思います。

しかし、私はこういった異端的な考え方が好きで、知人に頼んで紹介記事を書いてもらい、20年ほど前の機関誌に掲載したことがあります。
とは言え、空中生物の証拠としてよりも、赤外線フィルムを利用したUFO観測の可能性をそこに見出したことの方が大きな理由でした。
例えば、私がこのブログでよく紹介する雲状の物体も、あるいは赤外線フィルムを利用して撮影すれば、その中に存在する本体を明瞭に写し出す可能性があるかもしれない・・・と考えることもできるのではないかと思います。
といって、試したことはないのですが・・・。

UFO空中生物説の正否はともかくとして、UFO騒動の初期のころには、このように半ば偏執的ではあってもホットな気概に満ちた研究者が沢山いました。
自分こそ、UFOの真実に近づきつつあるという期待感も多分にあったのだと思います。
翻って現在はどうでしょうか?
ちょっと、寂しい気持ちになりますね。

◇核兵器なき世界

イメージ 1

特に紹介はしませんが、UFOの着陸跡等から自然界における通常値よりも多い放射能が測定された例を報告している信頼に足るUFO実例は結構あります。
放射能の原因をUFOの推進装置に起因するものと考えている研究者もいるようですが、私はそうは思いません。
生物の体に極めて有害な推進装置を持つ乗物を、普通であれば利用するはずはないからです。
したがって、UFO飛来時や飛来後に測定される放射能は、UFOの推進装置に起因するものではなく、やむにやまれぬ事情によるものか、そうでなければ地球人へ向けた何らかのメッセージであると捉えるべきなのではないでしょうか?

さて、放射能と言えば、大部分の人は核兵器を連想するはずです。
核実験回数とUFO目撃回数は明らかに相関関係があるとする研究報告もあります。
その上、UFOは核兵器廃絶を訴えていると考えている研究者も数多く存在します。

話は変わり、掲載の写真は今年(2009年)4月12日の夕方、UFO観測中に撮影したものです。
一見、原爆の“きのこ雲”に似た雲(水色の矢印)が見え「珍しい形の雲だな」と思って見ていたところ、その下に中くらいの形の整った楕円型の黒い“雲”が7つ(赤色の矢印)と、小さめのものが3つ(黄色の矢印)、横一列に並びました。
そこで、UFO現象と確信したわけではないのですが、珍しい“空の模様”といった感覚で撮影したわけです。
そのときは気づかなかったのですが、左端のものは、土星型円盤を側面から見た形にも似ています。

また、話は変わります。
今日(8月1日)、ある方と電話で話をしました。
その方は、UFOを通じて核兵器廃絶を世界へ訴え続ける活動を行なっていたこともある方です。
電話で、米国のオバマ大統領が今年の4月にプラハの首脳会議に出席した際の演説で核兵器廃絶の提案を行なったことに話がおよびました。
私は、その時の4月というキーワードと、核兵器=きのこ雲という連想から、掲載の写真のことを思い出しました。
電話の後、インターネットを“4月12日”と“オバマ大統領”のふたつの言葉で検索すると「今日のマスコミ 4月12日」で、このプラハでのオバマ大統領の演説記事が出てきました。
演説の日付そのものは4月5日なのですが、私がきのこ雲と10個のUFO的な雲を撮影した日付で検索することで、この記事が出てきたことに驚きました。
UFOと確信できないながらも、ずっと「何かのメッセージが秘められているのでは?」と掲載の写真のことが心に引っ掛かっていたためです。

今年も8月6日の原爆記念日には、広島で平和祈念式が開かれます。
また、長崎ではオバマ大統領の長崎訪問を求め、5万人を目標とした署名運動が続けられています。
誰にとっても核兵器なき世界は望ましいものです。
その世界の実現が一刻も早く行なわれることを願います。


※UFOを目撃、撮影したら御連絡を。
※CBA(宇宙友好協会)の資料を探しています。お心当たりのある方はぜひご連絡ください。
   天空人協会 ; sky-people@jcom.home.ne.jp

イメージ 1

本日(2009年7月25日)午後4時半から午後7時の間でほとんど定例となったUFO観測を行ないました。
観測場所は神奈川県相模原市です。

観測を始めてかなりたった6時22分。頭上に繭のような質感の、周囲の雲とは明らかに異質な楕円形の物体が浮かんでいました。
まるで、透明化したUFOの周囲を蒸気が覆っているようなそんな印象です。
全天を見回しながら観測していましたので、ほんのちょっと前まではその場所にはそんな物体は無かったはずです。
まさにいきなり現れたわけです。
これは!と思いすぐ撮影に入りました。
物体は比較的大きいものでしたので、あまりズームにすると周辺の状況が分からなくなります。そのため、ズーム度合いを変えながら4枚撮影した時、えっ!?と思うことが起こりました。

なんと、写真で見れば分かるとおり周囲の雲はほとんど形も変えずにその場所にあるのに、物体だけが急速に消失したのです。
これまでも急速に消失する雲状のUFOは目撃してきましたが、今回は消失度合いがあまりに早いので思わず唖然としてしまいました。
とりあえず気を取り直して、その消失状況を2枚撮影しておきました。
ご覧のように、物体だけが無くなっていく様子がよく分かると思います。
発見から消失まで約1分半ほどの出来事です。

さて、UFOは不可視の状態を維持することが出来るようです。
そして、その際に周辺を雲状の大気が取り巻くことがあります。
それが、今回の発見時の状態です。
ですので、時として物体は今まで何も無かった空間にいきなり現れることがあるわけです。
そしてその後、本体が飛び去ってしまえば、雲状の大気のみ残されることになります。これは場合によってはしばらくそのままの状態で浮遊することがありますが、気象状況によっては今回のように急速に消失します。
まぁ、こういった話は推測に過ぎませんが、目撃を重ねるにつれ、今ではこの考え方でほぼ間違いないと考えています。

しかし、空に浮かんだその姿の美しさには思わずハッとするものがありました。
観測は退屈ですが、こういった瞬間があるからこそ、続けられるものだと思います。


※UFOを目撃、撮影したら御連絡を。
※CBA(宇宙友好協会)の資料を探しています。お心当たりのある方はぜひご連絡ください。
   天空人協会 ; sky-people@jcom.home.ne.jp

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

以前、ご案内したとおり、去る6月28日に新宿住友ビル48階「スカイルーム」できよりんさん主催の第四回天空人報告会が開催されました。
当然のことながら私もスタッフとして全面的に協力しています。
今回は例年より少なめの参加者でしたが、内容そのものは例年以上の素晴らしいものでした。
当日の演目は以前ご紹介したとおりで、私も3つの演目で講演させていただきました。

どうも、数週間前から体調が悪く、当日も朝から貧血状態とめまいに悩まされておりましたので、これは大丈夫かな?と正直不安だったのですが、何とか乗り切れました。ほっと安堵です。

報告会の内容はきっといろんな方がネット上でUPすると思いますので、ここでは、当日の様子と私の演目のスライドを少しだけ掲載しておきます。

さて、天空人報告会は現代のバベルの塔とでもいうべき高層ビルの上階で行なわれますが、バベルの塔の逸話と異なるのは、報告会が自らの名を上げるためではなく、天空人への報告という主旨で開催されていることです。
旧約聖書の時代、バベルの塔をはじめとしたジッグラトは、本来、天空人とのコンタクト施設として構築されたものでした。
ところが、バベルの塔の逸話では、その本来の意味を逸脱した行動をとったがために天罰を受けたわけです。
それから数千年の時を経て、日本という国で本来の意味どおりの催しが行なわれる不思議さ。
面白いと思います。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

以前、装飾古墳のUFOLOGY ( http://blogs.yahoo.co.jp/cba_int/26733461.html )( http://blogs.yahoo.co.jp/cba_int/25816513.html )で不知火のことに触れました。
その中で、不知火はよく言われている蜃気楼とは別の、海中に発生源を持つ人工的な灯ではないかと推測し、きよりんさんの撮影したビデオの紹介もしましたが、最近不知火発生の海である八代海(不知火海)の海底に奇妙な構造物のあることが発表されました。
今のところ人工物だとの見解は出されていませんが、不知火海の海底にこんなものがあるとは!
偶然にしては出来すぎのような気もします。
思わずドキドキしてしまいました。

以下、配信されている記事と写真を紹介しておきます。

●『八代海に謎の海丘群 高さ5メートル、80個密集』
6月3日7時8分配信 西日本新聞
 海上保安庁は2日、八代海南部の海底で、直径50メートル、高さ約5メートルの円形の丘が80個近く密集する世界でも珍しい海丘群を発見したと発表した。海丘は形も大きさもほぼ同じで、表面は貝類でびっしりと覆われているが「いつ、どのように形成されたのか不明」(海洋調査課)という。
 海丘群が見つかったのは、熊本県水俣市から西南西約10キロにある水深約30メートルの海域。平たんな海底から盛り上がるように海丘が次々と出現し、北西‐南東方向に約3キロにわたって並ぶ。海図作成のため近海を音波で探査していた第10管区海上保安本部の測量船が発見した。
 潜水調査したところ、海丘自体は砂や泥で構成され、その表面をカキなどの貝類が覆っていた。周辺の平たん部には貝がほとんど生息しておらず「貝で固めた円形の古墳が並んでいるようなイメージ」(同)。
 海上保安庁によると、旧日本海軍が1913年に作成した八代海の海図にも海丘群に似た記述がある。船の航行などに支障はなく、専門家は「水流の影響で丘が形成され、集まったプランクトンを食べに貝が集まったのではないか」と推測している。
=2009/06/03付 西日本新聞朝刊=

●<謎の海丘群>円すい形で80個密集 熊本・八代海の海底
6月3日19時27分配信 毎日新聞
 熊本・八代海の海底に、ほぼ円すい形の海丘(かいきゅう)が約80個も密集していることが海上保安庁の調査で分かった。どうやってできたかは、全く分からず、八代以外では見つかっていないという。海保は「専門家はぜひ研究してほしい」と呼びかけている。
 「謎の海丘群」が見つかったのは、熊本県水俣市の西南西約10キロにある水深約30メートルの海底。海底地形調査で04年に偶然見つかり、解析を進めてきた。
 約80個の海丘はいずれも直径約50メートル、高さ約5メートルでほぼ同じ大きさ。南北3キロ、東西2キロの範囲に、北西から南東へと並んでいる。付近に海底火山が活動した形跡はなく、成分は泥と砂。潜水士が海丘を掘ったが、中に生物はおらず、表面はカキの仲間のカキツバタに覆われていた。
 人工的と思えるほど奇麗な円形のため、同庁海洋調査課は当初、土砂や廃液の投棄を疑った。しかし、大正時代の海図でもこのエリアだけ水深が浅く、当時からあったと考えられるため、人工的なものではないと判断。火山活動が過去にあったとしても、これだけ密集するのは説明が付かなかった。【石原聖】


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事