ここから本文です
CARRY’s 360
*Old CARRYの憩いの場!*
初代セドリックのカタログに度々登場する謳い文句、フラットライドならぬ、ふら〜っと、夜な夜なセドリックを先日行いました〜

イメージ 1

satosatoさん、Y野さん、お疲れ様でした〜
ほんの少しの時間でしたが、湿気も少なく、涼しくて、最高なドライブでした〜

イメージ 2

こう言う、突然のユル〜イ集まりも、最高ですね〜
また集まりましょう〜

おまけ
以前、satosatoさんから頂いた、昭和なお父さんアイテム使わせて頂いております

イメージ 3

車庫の中なんで、いつもボンネットが半開きですね…

おまけ2
遂に、タンスの肥やし?段ボールに封印?状態だった、61セドリックバン達も、カッコ良く飾れました〜

イメージ 4

まだまだ駐車スペースにゆとりが有りますので、駐車に困ったら、無断駐車して下さいませ〜

おまけ3
昭和な画像を検索していましたら、地元の良い写真を発見しました〜

イメージ 5

イメージ 6

写っている車達から、大体な年代が判断出来ますね〜
自分の知っている地域の古い写真等をみると、不思議な感覚になりますね〜

以上、お尻ペッタンでした〜

イメージ 7

この記事に

開くトラックバック(0)

暑い日が続いていますね…
時間があっても暑すぎて、中々古い車に乗れません…
そんな時期なんで、以前より、ず〜っと温めていた?リアバンパー周りのお化粧直しに着手しました〜
バンのリアバンパーは、3分割になっています コーナー左右は予備は無く、所々サビが浮いていたり、メッキの傷みが出てました
センターは、新品予備部品を入手済みでしたが、角に少々メッキの浮きが出てしまっていました…

そんな感じでしたので、コーナー左右、センター新品、計3本を再メッキに出しました〜
今回、いつも色々とお世話になっている、ボディーショップA井さんにお願い致しました〜
A井さん曰く、補修メッキで、バッチリ大丈夫って言う事だったので、コーナー左右は補修メッキセンターは、再メッキって感じと、裏側をサビ防止で、シルバー塗装仕上げをお願いしました
そして、待つ事3週間
A井さんから、出来たよ〜って連絡を頂き、早速セドリックバンに投入致しました〜

先ずは、確認

イメージ 1

想像以上の仕上がりに、大満足と、ビックリです
裏側も〜

イメージ 2

新品のセンターは勿論綺麗ですが、コーナー左右も、サビ除去の跡は残りますが、綺麗に防錆塗装仕上げをしてあります

イメージ 3

取り付けステーも、サビサビだったんですが、テカテカ黒々塗装仕上げをして下さいました〜

イメージ 4

サビサビだった貴重なインチ規格の取り付けボルト類も、欠品する事なく、K野さんのお陰で、復活

イメージ 5

役者も揃った所で、いざ投入この時がいつも最高な瞬間です
先ずは、センターを投入

イメージ 6

続いて、左右コーナーピカピカステーを、ピカピカボルトで固定して

イメージ 7

投入

イメージ 8

そして、ナンバー灯を今までのセンターから移植して、保護ビニールを剥がすと〜

イメージ 9

完璧になりました〜
以前は、ズレていた左コーナーと、センターも…

イメージ 10

ピッタリスッキリしました〜テールランプの写り込みの違い分かりますか?

イメージ 11

そして、車庫から出して、確認

イメージ 12

セダンと違い、3分割の為、面合わせや、チリ合わせに、思いのほか苦戦しましたが、完璧に原点回帰しました〜
新車時のメッキよりも、最高な感じがします
バンパーが綺麗過ぎて、ヤレたボディーには、若干浮いてしまっていますが、年々違和感が無くなると思います

今回、A井さん経由で、補修メッキ、再メッキをして頂きましたが、3週間弱と言う、スピーディーな期間で、最高な仕上がり皆さんに、自信を持ってお勧めします
A井さん、K野さん、色々とお世話になりました〜
有り難う御座いました〜

おまけ

イメージ 13

製造時のプレスのシワも、綺麗に修正されていました〜

イメージ 14


おまけ2
以前、ネットニュースに出ていましたコレっ

イメージ 15

これは、マズイ補修ですよね…
賛否両論あると思いますが、古い車の補修や、レストアも、こうなってしまったら、全く別物な気がします……
私は、なるべく当時の仕様や、当時の姿のままで乗って行きたいです

この記事に

開くトラックバック(0)

♢ Mr.ベースマン!♢

を聴きながら、ボンボン、バーバー口ずさんでいます〜

イメージ 1



関東周辺は、明日?今日の朝から、台風接近予報…
皆様、気をつけましょう

今回は、ベースネタです…
昨日のブログで、若干紹介しましたが、実は、ベースを少々やっております
やっていると言っても、ほんの趣味程度で、学生時代から、バンドのコピーをやっていました〜
そんな感じで、エレキベースは、特殊な技?は出来ませんが?何気に弾けますが、ウッドベースは…
ただ持っているだけの人状態でした…
折角なら、死ぬまでには、カッコ良く、バッチンバッチンベースを弾きたいと思い、20数年間の眠り?を解きました〜先ずは、ロカビリーなイカした兄貴達の姿の様に弦を必死に引っ張りました…
しかし、ど〜にも動きが硬い…ロカビリーの兄貴達の様に、滑らかな引っ張りには行きません…
そして、今は時代が良いですね〜… ネットで調べると、柔らかい弦が売ってる事を知りました〜

イメージ 2

その中でも、ナイロン弦だと、ピックアップが音を拾い辛い等……
20数年間で、初めてのウッドベースの弦交換…最低ですね…
マメな兄貴達は、半年に一度は交換する様でした…
しかも、ウッドベースの弦が、高い
最近、エレキベースの弦も、交換なんかしてませんが、確か5千円位で買えましたが、ウッドベースの弦は、桁が違います……
それを、半年に一度なんて、兄貴達は素晴らしいです…

色々とありましたが、交換
確かに、今までの20数年物の、購入時より張ってあった弦より、だいぶ柔らかい弦になってくれました〜そして、やっぱり、音も柔らかい感じです
しかしながら、まだ、弾き辛いです… またまた調べると、弦高が影響していると言っている方がいました〜
なるほど〜
って事で、私も、加工しました

イメージ 3

駒?ブリッジ?正式名が分かりませんが、アジャスト機能が付いている物も売っている様ですが、手っ取り早く、うちの息子が小学生の頃に買った、彫刻刀セットで、弦の当る部分を削り込み

イメージ 5

指板と弦を近付けました〜

イメージ 4

しかしながら……なんかイマイチ何ですよね…
変に腕が疲れてしまい、1曲保ちません……
ロカビリーな兄貴達の様に、滑らか、簡単?、流れる様な?右手の動きが出来ません……

練習あるのみ何ですかね?
どなたか、アドバイス下さい〜

おまけ
観覧注意です
第1段階…

イメージ 6

第2段階…

イメージ 7



おまけ2
A井さんの所へ、ケンメリRを見に行って来ました〜
先ずは、私のRも、恥ずかしい鉄ちん仕様から、14ワタナベにして〜

イメージ 8

バッチリです

イメージ 9

そして、夕方にも関わらず、熱風を浴びながら、首都高を走り〜到着

イメージ 10

1/197が有りました〜

イメージ 11

ケンメリは、丸テールが良いですね〜

イメージ 12

点火系と、排気系のライトチューンがされていました〜

イメージ 13


久々ハコスカで、少し遠乗りしましたが、暑い車ですね…

以上、ウッドベースのコツを教えてくださいブログでした〜

この記事に

開くトラックバック(0)

を弾きながら?弾きつつも?
セドリック遊戯をしております

イメージ 1

時期的に、暑くて乗れない間に、リアバンパーの再メッキと考えて、色々と動き始めましたが、やっぱり乗りたくなってしまうのが性です…
せっかくの休みの日地元をパトロールしてしまいました〜

イメージ 2


前回の続きです
そして、ボディーショップA井さんに到着
バンパーの状態を確認してもらいました〜

イメージ 3

因みに、左に写る眼鏡の方は、satosatoさん 右側の方がA井○泉洋さんです
この助手席側のコーナーのヤレ具合個人的には好きなんですが、センターがヤレヤレ過ぎるので、再メッキしてもらいます
下側が、年式相応の錆びが出てしまっています…

イメージ 4

そして、バンパーの取り付けボルト等も、今後の為に再メッキを掛けてもらいます

イメージ 5

一応、8月半ば仕上がり予定ですので、楽しみです
仕上がりましたら、また報告させていただきます〜

おまけ
新品のセンターも、一応当てがってみました〜

イメージ 6

コーナー部とも、バッチリOKでした

今までのセンター部と、新品の比較

イメージ 7

表、裏、一目瞭然です

イメージ 8


おまけ2
実は、セダン用のバンパーを3分割して、バンに投入する計画を練りましたが、色々と大変?だと分かり、お蔵入りとなりました
その1つがココ

イメージ 9

赤丸で囲んだ、コーナーと、センターの段差です
センターが、コーナーよりも下側が短くなっていましたコレは、リアゲートを開けた時に、センターも一緒にゲートと動くのですが、開けた時、短く無いと車体に当たります… その為の逃げでした
もう1つが、コーナーの取り付け用ステーも、セダンとは違う為、付け替える必要があります
以上の事を行うと、当然ながら、溶接、再メッキ、が必要になります…….

ど〜してもの場合にした方が、良いと判断しました

おまけ3
リーゼントなサラマンダー兄貴元気でした〜

イメージ 10

ハンバーグ美味かったです
いつの日か、カムバックセドリックを、楽しみにしております
サラマンダー兄貴より、お宝を頂きました〜

イメージ 11

今回のリアバンパーの作業で、早速インチ用のタップと、ダイスを使わせて頂きました
有り難う御座いました

おまけ4
実は、中学生の頃から、バンド等を組み、ベースを弾いております
高校生になって、ウッドベースに憧れ、購入しましたが、エレキベースとの違いに、思う様に弾けず正にタンスの肥し?になってしまっておりましたが、この度、折角なら弾ける様になりたいと、引っ張り出して練習を始めました〜

イメージ 12

ウッドベースのスラップ弾き 得意な方、教えてくださいませ〜

わたし、指が、ブッチギレそうです…

この記事に

開くトラックバック(0)

♢ フラミンゴーズ!♢

を聴きながら、夜な夜なセドリックバン弄りをしております〜
日中この所の暑さでは、仕事も遊びも、はかどりません…

前回の続きです
皆さんご察しの通り、年季の入ったセドリックバンのリアバンパーを、遂にお化粧直し?する事に致しました(以前31ワゴンさんが撮影してくれた写真)

イメージ 1

日中、遠目で見ると然程?気になりませんが、近くで見たり?夜中見ると?だいぶ草臥れたバンパーでした…しかしながら、わたしの所にセドリックが来た時からこのバンパーだったのと、車体全体がヤレヤレだった為、気にせず?そのままでした…
今回、部品も色々と揃った?のと、時期的な事も考えて、遂に着手しました
先ずは、現状の確認

イメージ 2

バンは、リアゲートの関係から、コーナーと、センターの、3分割に分かれています画像手前側は、チリや、出具合も大体良い感じでした

イメージ 4

画像奥側が、コーナーとセンターの隙間は良い感じでしたが、出具合が面一では無かったです…

イメージ 3

バラして行って分かりましたが、3分割の構造上?バンパーステーの取り付け穴が、割と長穴?アバウト?になっていて、車体による個体差による調整が、だいぶ出来る作りになっていました

イメージ 6

なので、一応基準となる、センターとボディーの隙間を測っておきました〜

イメージ 5

ジャスト3センチ

イメージ 7


この隙間が3ミリ位、左右で違っていましたその違いが、面のちがいになっていました
そんな感じで、リアバンパーを外し終わりました〜

イメージ 8

そして、外したボルト12本インチネジの貴重なボルトなので、たな中くんが丁寧に錆びたネジ山を修正してくれました〜

イメージ 9

そして、以前から温めておいた、お宝御披露目

イメージ 10

縦目バン用のセンターバンパー新品です

イメージ 11

1/289のバンパー約60年経過した現在、何本のバンパーが残って居るのでしょうか?
貴重なバンパーを譲って下さったR商會のK野さん有難く使わせていただきます

イメージ 12

裏側も、バッチリ

イメージ 13

スタンプも、バッチリ

イメージ 14

表側の保護テープもそのままでした…

イメージ 15

しかしながら長期在庫品、新品状態である事自体奇跡ですが、残念ながら表側に小さくメッキに浮きが出て来てしまっていました

イメージ 16

今回、左右のコーナー部の入手は不可能?な為、現状のコーナーを再メッキに出すのと、メッキの質感も合わせたいので、センター、コーナー、共再メッキする事にしました
そして、初代セドリックのボディー修理と言えば、ボディーショップA井さん
早速A井さんの所へ、バンパー、ステー、ボルト、預けに行って来ました〜


画像がいっぱいで入らないので、続きは次回へ〜

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事