こぶ〜がふらふら

9月からはこちらでぽつぽつ書いていこうかと… https://ameblo.jp/ccobouex

全体表示

[ リスト ]




ヒットメーカー、ホン・ジョンウン、ホン・ミラン姉妹(以下 ホン姉妹)が脚本を担当したホラーコメディ、「主君の太陽 주군의 태양 [ちゅぐね てやん] 2013 SBS (水木)」を、お題にしています。

相変わらずあまりにマニアックで細かな事柄ばかりですが、どうかご容赦ください。
また、ここからネタバレ気味での進行となる事を、予めご了承ください。


これまで延々と、日本での放送版の残念な曲の差し替えを挙げてきましたが、今まで数多く観てきた韓国ドラマの中で、個人的に「主君の太陽」の第16話が、最も残念な差し替えでした。そう感じた理由をこれから少々。(延々と?)


今回のお話の中心人物、
右、テ・ゴンシル = テヤン(コン・ヒョジン 俳優名 以下同)−幽霊 *1 が見える
左、チュ・ジュンウォン = チュグン(ソ・ジソプ)−幽霊を消せる
イメージ 1

*1 「幽霊」
「귀신 鬼神(くぃしん)≒幽霊」(これ以降 幽霊)


「主君の太陽」は当初全16話の予定が、韓国ドラマではよくある途中延長が決まり、全17話に。この増えた1話分の使い方が、ちょっと変わっています。

物語進行は全16話構成を変えず、
14話、テヤンがチュグンから離れる訳、
15話、序盤からの伏線を回収、テヤンが離れる訳をチュグンが納得、
(追加された16話)
最終17話、エピローグ。

15から17話に飛んでも差し支え無く、物語進行を少し離れた挿入句のような16話では、登場人物それぞれが抱え込む「理由」、(自分は)何故そう行動するしかないのかという「理由」を考えたり、少しでも明らかにしようと試みるのです。

いわば、それまでの行動の視点を変えた見直しです。(それって反省会?)



そんな16話、チュグンとテヤン、思惑抜きでの初めての食事が何故か「うどん」。
イメージ 2

ここで互いの好みをようやく知るのですが、話はやはり幽霊の方向に。
それを打ち切ろうとチュグンが、「(これを)美味しく食べて、これからはうどんを見る度に(この瞬間を思い出し)苦しむんだ。」と述懐します。

第1話からここに至るまで、様々な出来事があった筈なのに、それらは全て幽霊を巡る騒動に過ぎず、実は何も知らないままだという、苦い思いを噛み締めるのでした。


今まで一緒に食事をしたのはおそらく、第8話のホテルでの一回のみ。
けれどもこれは、プールの幽霊を見つける作戦の一環に過ぎませんでした。



そして、(個人的に)韓国ドラマで最も残念な差し替えシーンに移ります。

公園に流れる歌が、ふたりの足を止めます。
イメージ 4




1′50″から2分間、流れるのはその歌だけ。セリフは「テ・ゴンシル、行くな」のみ。
尚、動画は上記うどんシーンの最後から始まります。

(埋め込み再生不可のため、「 YouTube でご覧ください」をクリックし、別タブで再生してください。)
(16-08)

うわあ、これを差し替えるって、もう、い け ず…


公園で歌われているのは、
キム・グァンソク(김광석)の「사랑이라는 이유로 [愛という理由で]」。

しかも、男性が歌うオリジナルではなく、テヤンの視点に向くよう、女性ボーカリスト、チャ・ヨウル(차여울)を起用し、公園で実際に歌うという凝り方なのに。
イメージ 5

オリジナル・サウンド・トラック(以下 OST )収録外だからって、普通は切らないでしょうというこの流れ。

こちらがチャ・ヨウルが歌う、「愛という理由で」フルバージョン。


音でこちらを選択しましたが、画像はこちらが安定しているかも(ただ音量が低い)

チャ・ヨウル(차여울)は、OST 参加も多い実力派シンガーです。
その長いリストは、

曲名 − ドラマ名
「Wait A Minute  彼女はといえば 2018 SBS」
「Destiny  スイッチ 2018 SBS」
「君  素晴らしき私の人生(ブラボー・マイ・ライフ) 2017 SBS」
「言いたいけれど  今日妻やめます(食卓を整える男子) 2017 MBC」
「I miss U  サムマイウェイ 2017 KBS2」
「どうしたら  芝居が終わったあと 2016 tvN」
「Rune  RPGゲーム AIMA 2015」
「Give Me Give Me  お義母さんは私の嫁 2015 SBS」
「私の愛私の運命  猫がいるニャー(猫は見た) 2014 KBS1」
「愛したDay  天まで届けこの想い 2013 KBS1」
「懐かしさに会うには  明日が来れば 2011 SBS」
「愛なのよ  僕の妻はスーパーウーマン(内助の女王) 2009 MBC」
「あなたは知らない  アクシデントカップル 2009 KBS2」


しかも、「愛という理由で」という理由で… が、曲の中にもあるのです。
以下、超絶意訳のいい加減さで(あまり信用しないでくださいね)。

愛という理由で
白むまで過ごした 多くの夜が
今は遠ざかる
記憶の中に 埋もれてゆく
共に交わした 私たちの
たくさんの話は 胸に残るはずなのに
今はもう 思い出の微笑だけが
私に残る
私の涙が あなたの後ろ姿であふれても
私はあなたから 離れられない(事を知っている)
愛という理由で
紡いできた 多くの日々は
何時か 共に過ごせる 時のため(なのでしょうか)

思わず文字が小さくなってしまいます(笑)
うわぁ、名曲を無理やり意味取るって強烈に恥ずかしい(^^ゞ


そんな大掛りな反省会を締めくくる最後のひと言が、チュグンのつぶやく、

「『愛している』とは、最後まで言わなかった。」
イメージ 6

「愛という理由で」は引き留められない、そしてそうすべきではないと知るのです。
公園で聴いた「愛という理由で」は、言えない、そして言うべきではない言葉の象徴でもありました。


実はこの大掛かりな反省会にはもうひとつの要素、「キャンディ・キャンディ」 *2 問題があるのですが、どうしても長くなりそうなので、今回は省きます。

*2 「キャンディ・キャンディ」
水木杏子原作、いがらしゆみこ作画の1975〜79年のコミック、並びに1976〜79年の TV アニメ。
韓国ドラマのストーリー構造に大きな影響を与えた。
「主君の太陽」ではその構造について、「キャンディは… 」等のセリフを通じ頻繁に言及する。
とりわけ16話では、「キャンディ構造」の可能性と限界について詳細に論じている。

また、正式な題名は「キャンディ♥キャンディ」だが、ここでは便宜上「キャンディ・キャンディ」と表記する。




キム・グァンソク(김광석)が歌う、「사랑이라는 이유로 [愛という理由で]」。

キム・グァンソクは1964年生まれのシンガーソングライターで、32歳の誕生日を目前に控えた1996年01月に夭逝してしまいました。本当に残念な事です。

あまりにも生き急いで去りましたが、彼の残した功績はとても大きく、その曲は今も数多くのドラマや映画に使われ、更にセリフなどでも頻繁に引用されます。


例えば、「空港に行く道 2016 KBS2」の第10話、チェ・スア(キム・ハヌル)に電話の向こうから突然、「好きな歌手は?」と訊ねられたソ・ドウ(イ・サンユン)が、
イメージ 7

スア(女性)は、「好きなのはキム・ドンリュル、愛の表現が素敵で憧れた。」と返し、
ドウが、「じゃあ今度聞いて、歌詞を分析してみよう」と応じます。
このやり取りで、ソ・ドウが相当な堅物らしいと分かります。

ちなみにキム・ドンリュル(김동률)は、1974年生まれのシンガーソングライターで、抒情的なバラードの先駆者とされています。
日本で例えたら… さだまさし? (例えが適切かどうかは全く分かりません(笑)
ともあれ、この選択で、スアが乙女な一面を持っていると伝わります。

ドラマ設定では、ふたりは1980年前後の生まれ。
キム・グァンソクの最期、キム・ドンリュルのデビュー時にティーンエイジャーです。



映画で思いつくのは、「클래식(クラシック) 邦題;ラブストーリー 2003」、
「너무 아픈 사랑은 사랑이 아니었음을 苦しすぎる愛は愛ではなかったものを]」

ベトナム戦争が引き裂く、ふたりの心情が…


おっと、こんな調子で続けたら延々とリストが続きそうです(笑)
なのでこの続き、キム・グァンソクについては稿を改め、また何時か。







残念な曲の差し替え大ネタ編が一応の決着を見たので、小ネタ編をひとつ。


第7話、
0′00″幽霊ランナーにお願いされてしまったテヤンが、レースを準備します。
(埋め込み再生不可のため、「 YouTube でご覧ください」をクリックし、別タブで再生してください。)

30秒ほどの短いシーンですが、

疾走中は、映画「Chariots of Fire [炎のランナー] 1981年」のテーマ。

ゴールを迎えた歓喜は、1988年ソウル・オリンピックテーマ曲「Hnd in Hand」。

という、無駄に豪華な選曲。
「Chariots of Fire [炎のランナー]」は、2012年ロンドン・オリンピックで使われ、
「Hand in Hand」は、2018年平昌・冬季オリンピックでも使われた有名曲。

もちろん日本版では、このどちらも使われる事はありませんでした。




「キャンディ・キャンディ」問題と、キム・グァンソクの続きを積み残したままですが、


強引に最終17話、ドラマ序盤から密かな活躍?をして来たごみ箱の幽霊に、実は妻が居た事が判明します。  [17-07] 0′00″
イメージ 8

そして妻の回想により、ごみ箱の幽霊となった理由が明らかにされます。

この方も、よく見かけるんだよなあと思っていたら、「いとしの『ソヨン』」母でした。
イメージ 9

ソヨンの母イ・ウンスクは物語序盤で亡くなった筈。そうすると、ごみ箱の幽霊の妻も実はゆぅ… (だからぁ、違う話を混ぜるなって… )

妻と母を演じたのは、キム・ミンギョン(김민경)

1960年生まれで、’80年代から映画を中心に活動しています。
時代劇もこなし、「オクニョ (獄中花) 2016 MBC」ではキム尚宮、文定王后の側近でした。


おまけの話。
韓国語で「김민경(キム・ミンギョン)」と検索すると同姓同名が多く、1981年生まれの女性コメディアンを筆頭に複数の人物が出てきます。
それを避けるため、「김민경 1960」「김민경 1981」など、生年を加えて検索する方法が一般的なようです。

リストや記事に生年の記載が多いのは、年功序列重視が理由と思っていましたが、検索に役立つ意外な効用があるのでした。


とりあえず、この項はこの辺で。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事