こぶ〜がふらふら

9月からはこちらでぽつぽつ書いていこうかと… https://ameblo.jp/ccobouex

全体表示

[ リスト ]

MD90最後の西へ その3

 
 
 
 
広島空港を出発した、MD90のラストフライトに搭乗中。
 
 
3/30 JAL1614便 広島19:40⇒羽田20:55 MD90 (JA8029)
 
前回の記事で書き忘れてしまいましたが、
広島空港を離陸した際、見送ってくれる皆さんに翼を振って別れを告げました。
 
 
まもなく羽田空港に到着です。
 
 
 
マグドネルダグラスの証がほとんどの窓に付いているって、贅沢です。
 
あ、今思えばフロッタージュして拓本を採っておけば良かった…
 
 
 
 
 
まもなくベルトサインが点灯するはずです。
 
 
 
 
 
とうとう羽田空港に到着してしまいました。
 
 
 
 
 
「17年分の感謝をこめて MD−90 ありがとう」 のメッセージが、最後まで上手く撮れませんでした。
 
 
 
 
 
いよいよお別れの時が来ました。 塗装の痛みが活躍の証だったのだと思います。
 
 
 
 
 
到着口では、沢山の方々がお出迎えしてくれました。
 
 
 
 
 
行先表示のブランクが、この日ばかりは少し物寂しげに見えました。
 
 
 
 
 
地上スタッフの皆さんも機体の周りに集まっているようです。
 
 
 
 
 
この飛行機に関わって来られた皆さんは、どんな思いでMD90を今見上げているのでしょうか。
 
 
 
 
 
名残は尽きませんでしたが、出口に向かわなくてはなりません。
 
最後の時を少しでも後にしたかったのか、45分遅れての到着となったようです。
 
 
さすがにちょっと寂しいよね…
 
 
 
「さあ、げんきだして、おうちにかえりましょう。
また、たのしいであいが、まってるです。」
 
そうだね。 また楽しい出会いが、きっと何処かで待っているよね。
 
 
 
それではバスに乗っておうちに帰りましょう。
 
 
 
 
独特な形や、独特なエンジン音。
個性的だった最後のダクラス機、MD90の運航も終了してしまいました。
けれど、今もどこかにあのエンジン音が残っている気がします。
 
 
「後方のコアなお客様は、MD90のエンジンサウンドをお楽しみ下さいませ。」
 
 
 
 

頂いた記念品

 
 
 
今回のラストフライトでは、各方面から沢山の記念品を頂いてしまいました。
 
 
 
 
 
MD90運航乗員部の方々からの、「『九十魂』 手拭い」
やはり何かの折には、これを鉢巻にして 「九十魂」 スピリットを見せたいものです。
 
 
 
 
 
当日の1614便、飛行計画書。 
この写真では細かすぎて何だか分からないですね。
 
 
 
 
 
広島の整備スタッフの皆さんからの、整備報告風搭乗証明書(左)と、
地上スタッフの皆さんからの、ルートマップ(右)。
 
 
ルートマップの裏面は、航空地図を切り抜いた、MD90のシルエットが貼り付けてありました。
 
 
 
 
 
貨物スタッフの皆さんからの、ローディング・チェックリスト、スペシャル版(左)と、
広島空港スタッフの皆さんからの、特製航空券。(右)。
 
 
 
 
 
1613便 羽田⇒広島 の搭乗証明書。 右上のJASのマークが泣かせます。
 
 
 
 
 
羽田整備の皆さんからの、「Mobil Jet Oil Ⅱ」
これさえあれば、高速回転に耐えられる事請け合いです。
 
 
 
 
 
航空路地図でつくられたブックカバー。
このプックカバー、ほかの機会にも頂いた事があるのですが、もったいなくて未だに一枚も使えてません。
 
 
 
 
 
ステッカーも各種いただきました。
 
 
 
 
 
そして機長さんズからいただいた、サイン入り記念写真。
 
 
 
 
 
更に、広島空港からの記念品。
 
 
朱白もみじ饅頭。
ちなみに「朱」はいちご餡、「白」はミルク餡が入っていました。
包装をむいてしまうと、区別が難しいようでした。
 
 
 

こんな時でも買っている お土産

 
 
 
 
さすがに今回は時間がなかったので、定番を速攻で購入しました。
「くらさき 『牡蠣の飯狩』」 と 「瀬戸内サンキ 『鯛の生茶漬』」
 
 
MD90ラストフライトはこんな顛末でした。
 
 
 
 
改めて、
 
 
 
おしまい。

閉じる コメント(20)

グッズの数がハンパないです!!

2013/4/7(日) 午前 0:40 機上空論 返信する

アバター

手作り感のあるようなものや、普段は目にすることのないような品。それぞれの部署のスタッフが考えた心温まるような記念品は、JALらしいといいますか、ファンの心理をよくわかっているなぁと感心しました。

2013/4/7(日) 午前 2:00 [ member_of_jgc ] 返信する

顔アイコン

機上空論さん、おはようございます
記念品のひとつひとつに、関係して来られた方々のこの飛行機に対する思いの強さ、みたいなものを感じました。
機長さんのアナウンスの最後にあった「DC9を見かけたら思い出して…」という言葉にも、MD90の辿ってきた道程が集約されているような気がします。

2013/4/7(日) 午前 7:03 こぶ〜 返信する

アバター

アイディア満載の記念品で貰ってとても嬉しいものですね。
一般の人がオイル缶を貰ってもゴミですが○タなら大興奮でしょうね☆(笑)
17年間、運行したMD-90日本の空からは消えますが、新天地でお活躍を願いたいと思います。

2013/4/7(日) 午前 7:07 りかおん 返信する

顔アイコン

member_of_jgcさん、おはようございます
この記念品の数々に、スタッフの方々のMD90への思いが詰まっている気がします。
「ローディングチェックリスト」に「MD90、17年間−心から感謝をした」という項目がありました。
この辺に、携わってこられた皆さんもこの飛行機が好きなんだなぁと思いました(笑)

2013/4/7(日) 午前 7:12 こぶ〜 返信する

顔アイコン

りかおんさん、おはようございます ☆ありがとうございます
オイル缶を一番喜んだのは、他ならぬ私です(笑)
JGCさんの仰る通り、このあたりの軽いノリにJALらしさを感じます。
(JASっぽいのかも知れませんが(^^ゞ
ラストフライトは予約客だけで満員という「特別な」フライトだったので、○タ色全開でもOKだったの… かな?(笑)

2013/4/7(日) 午前 7:19 こぶ〜 返信する

アバター

素晴らしい記念品の数々、全てがお宝ですね!
今回のフライト、延着を喜んだ人は多くても怒った人は少なかったのではないでしょうか(笑)
それにしてもやっぱりお土産は買うのですね、素晴らしい(爆)

2013/4/7(日) 午前 8:25 油屋 返信する

顔アイコン

油屋さん、こんにちは
関係者の方々の思いのこもった記念品が、とても嬉しかったです。
今回のフライトに関しては、多分延着に怒った方は居なかったのではないかと(笑)
元の到着時刻が21:00だったので、多分同日の乗り継ぎ便も無いと思いますし(^^ゞ

お土産を買いに走っていて、セレモニーに出遅れてしまいました(笑)

2013/4/7(日) 午前 10:50 こぶ〜 返信する

スタッフさんも乗客も、皆MDが大好きなんだな〜って、伝わってきます。
ラストフライトを終えた時、なかなか期待から離れられず、出口へ
向かう事が出来ない気持ち・・・、切ないですね。
一生モノの記念品、羨ましいです。

2013/4/7(日) 午後 0:53 [ チョコパン ] 返信する

顔アイコン

チョコパンさん、こんにちは
機長さんがどこかで「ローカル線を担っていたからこそ、乗客もスタッフもMD90を通じて身近な距離だった」と書いておられました。
この小さな飛行機は、独特なフレンドリーな雰囲気を持っていたと思います。
だからこそ最後の花道を皆で飾ってあげたい、そんな気持ちになれたのだと思います。

2013/4/7(日) 午後 4:08 こぶ〜 返信する

こんにちわ(^o^)/
記念グッズの数がものすごいですね。
MD-90が愛されていたことがよくわかります。
ファンの皆様も淋しいと思いますが、機長さん、スタッフ関係者の皆様の気持ちは感慨深いものがあるでしょうね。
素敵な思い出と宝物を大切にしながら、新たな気持ちで前に進んでいかなければいけませんね^^;

2013/4/7(日) 午後 5:07 [ michi ] 返信する

顔アイコン

michiさん、こんにちは
スタッフの方々が用意してくれた記念品が、ひとつひとつとても嬉しかったです。
MD90の系統は何故かとても親しみやすい飛行機で、何だかローカル列車みたいな雰囲気がありました。
(顔つきもとぼけてるでしょ(笑)
MD90には新天地での更なる活躍を期待するとともに、自分も少しは前に進まないといけませんよね(^^ゞ

2013/4/7(日) 午後 6:11 こぶ〜 返信する

顔アイコン

素晴らしいレポありがとうございました!

各方面からの記念品がいかにMD90が愛されていたかわかります、
JASのロゴに感動しました!

2013/4/7(日) 午後 7:14 [ Trans World A ] 返信する

アバター

今までの、引退機材で一番人間味溢れるラストフライトのような気がします。

MD90って、パイロットもそうですが、空港職員も只ならぬ思い入れがあるのかもしれませんね。

JASのレンインボーカラー・・・涙です☆

2013/4/7(日) 午後 8:49 モルシマ 返信する

顔アイコン

Trans World Aさん、こんにちは
以前CAさんと話をした時に「DC9チームは結束が固く、皆フレンドリーなんです」と言っていたのを思い出しました。
確かに不便さのあるローカル線主体の運航でしたから、チーム力で乗り越えて来たのだろうな〜と思いました。
頂いた数々の記念品にもそんな思いが込められている気がします。
さりげないJASの演出、気が利いてました(笑)

2013/4/8(月) 午前 10:10 こぶ〜 返信する

顔アイコン

モルシマさん、こんにちは ☆ありがとうございます
MD90ってあのとぼけた顔に始まり、随所に「人間臭さ」があった気がします。
そんなあたりがファンのみならず、皆に愛されてきた理由なのかなと思います。
羽田到着後地上スタッフの皆さんが集まって来て、最後のMD90を見上げる姿に、
この飛行機のいたポジションが特別なものだったという事を、改めて感じました。
やはりMD90といえばレインボーとJASは欠かせないですよね。

2013/4/8(月) 午前 10:13 こぶ〜 返信する

顔アイコン

素晴らしいグッズの数々、関係者の方々の気持ちをすごく感じることができますね。MD90は大好きな飛行機なので、デビュー時に全色搭乗しに行きましたが、退役が決まってからも全機押さえる為に熊本、岡山、広島など無理やり仕事入れて16機全て搭乗したほどです。
3月は忙しく、最終便に参加できなかったので、とても楽しませてもらっています。

2013/4/11(木) 午後 6:42 [ やきはまぐり ] 返信する

顔アイコン

やきはまぐりさん、こんばんは
数々の記念品それぞれが、MD90への思いが伝わってくるものばかりでした。
あの個性的な佇まいが、もう見られないと思うと残念で仕方ありません。

16機コンプリートはすごいですね!
今搭乗記録を見てみたら… 私、9機しか乗っておりませんでした(^^ゞ

2013/4/11(木) 午後 8:03 こぶ〜 返信する

顔アイコン

羽田空港到着時に地上スタッフさんの盛大なお迎えと記念グッズの数々に、感動して泣きそうになりました。ナイスなお別れシーンです。愛される飛行機って本当に素晴らしいです。
MD-90フライトと最後の思い出シーンは、大切な宝物ですね☆

こぶ〜さんの自宅にあるしろたんマット?が可愛いです。

2013/4/14(日) 午後 0:34 [ 虹の輪 ] 返信する

顔アイコン

虹の輪さん、こんにちは ☆ありがとうございます
羽田に到着した時、柄にも無くひとつの時代の終わりを感じてしまいました(大げさ(笑))
改めてダグラス機の持っていた独特な魅力と、JASのフレンドリーさが愛されていたのだなと感じました。

お土産品が載っているのは、実はちゃぶ台なんです(笑)
しろたんだけに、脚が短すぎて見えないという …(^^ゞ

2013/4/14(日) 午後 2:02 こぶ〜 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事