全体表示

[ リスト ]

argument

英語の argument は 「議論」 と訳されることが多いが、本来は 「主張と根拠 (のセット)」 という意味である。
ボクは英語ネイティブじゃないんで細かいニュアンスはよく分からんが、辞書で引くとそういうことらしい。
つまり一人でやるにせよ複数人でやるにせよ、自分の主張を支える根拠をきちんと示すのが argument である。
その発想に立てば、議論は 「主張し合う」 ことではなくて、「根拠を評価し合う」 ことだといえるだろう。
そうやって 「論を組み立てる」 ことが 「argument = 議論」 だということになるのだろう。

誰かが 「明日は晴れる。 下駄を投げたら、表だったもんね」 と言ったとする。
根拠として適当かどうかはともかく、「主張と根拠のセット」 になっているから形式的には argument である。
さて、その発言にどのように反応あるいは批判したらいいのだろう。

   A : 違うね。 明日は雨だよ。
   B : 天気予報によると、明日は雨だ。
   C : はぁ? お前、大丈夫か?

A , B , C は相手の示した根拠に触れていないから、これらは argument ではない。
さらに加えて、A は自分の主張を述べているだけで、その根拠を示していない。
B は単体で見れば argument といえるが、相手とかみ合っていない。 これは反論ではなくて、異論である。
C はもとの発言と無関係なことを述べている。

   D : 本当に表が出たのか?
   E : ところで、下駄と天気にどんな関係があるの?
   F : だからと言って、明日晴れるとは言えんでしょ。

こんな反応が正しい。 それでこそ、argument である。
D は根拠が正しいかどうかを確認し、E は根拠と主張のつながり具合を質問している。
F は根拠が正しくても主張につながらないことを指摘している。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

久しぶりですm(__)m
英語のことはわかりませんが勉強になりますわぁ〜
私はいつもAかも(・・。)ゞ テヘ

2009/7/8(水) 午後 9:44 菫

顔アイコン

<菫さん>
お久しぶりです。
皆既日食の日に上海に行く予定を立てていますが、もう上海にはいらっしゃらないんでしたよね。

> 私はいつもAかも(・・。)ゞ テヘ
実は B のような発言が多いんじゃないかと思います。
言ってる本人はかみ合ってるつもりでいて、実はズレてることに気づいてないケースが多そう。

D の発言はトンチンカンなように見えて、意外にもばっちりかみ合ってる。

2009/7/8(水) 午後 10:20 omori

顔アイコン

( ̄▽ ̄;)!!ガーン・・・確かにそうかも(///▽///)

omoriさんパワーアップしましたね( ^-^)/:★*☆オメデト♪

2009/7/9(木) 午前 1:38 菫

顔アイコン

<菫さん>
先ほどのコメントの後ろ3行は 「一般論」 のつもりでした。
「B のような発言をして、気づいていない人が多い」 と言いたかったわけです。
菫さんのことを言ったつもりはありませんでした。
が、菫さんのことを言ってるように読めてしまいますね。
大変失礼しました。 お許し下さい。 (ホントなんだから ・・・)

2009/7/9(木) 午前 5:21 omori


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事