〜 元祖 Kalinjin cafe 〜 夏林人の庭

★ ★ ★ ・・・・・・ 咲くも無心、散るも無心 ・・・・・・ ★ ★ ★

全体表示

[ リスト ]

ヤマユリの神秘力

イメージ 1
                                       <photo> by : Kalinjin .K
 
 
東北南部、里山の道端などにヤマユリの花を見かける季節になりました。
 
とても大きく立派な植物なので、ハッと眼が覚めるような思いがします。
 
蒸し暑さの中にも一瞬の清涼感を抱かせてくれますネ!   
 
本日の御題は医食同源の象徴「ヤマユリ」です。
 
 
                        
 
 
ヤマユリはユリ科の多年草です。
日本特産の固有種なのですが、食用・薬用としての百合根はいくつかの
種類が当てはまり、ヤマユリ・ササユリ・コオニユリ等をひとつのグループと
して扱い、百合根・・・・・・と一般には呼んでいます。
 
 
ササユリ、コオニユリ等は広く東アジアに自生しています。
日本のヤマユリは主に中部地方から東北地方の野山に自生しています。
九州地方にも数多くの目撃証言があります。
昔は関西地域にもたくさん自生していたのですが、乱獲により激減したと
伝えられています・・・・・。     
 
 
地域により特有の呼び名があり、比叡山に自生しているエイザンユリ、
愛知の鳳来寺に由来するホウライジユリなど、それぞれの地域の歴史に
根ざした植物でもあります。
 
 
草丈は1.5mを超え、7〜8月に開花する花はユリ科の中では最大級で、
その豪華な風貌は観る者に「自然界の女王」をイメージさせます。     
 
 
19世紀末、1873年ウィーン万博のときに、日本を代表する華として紹介され、
たちまちヨーロッパの人々の心を鷲掴みにしました。
優雅な花弁の形状といい香りといい、もう・・・・・メロメロになってしまったのです。
 
 
ヤマユリを母株とした園芸品種の開発が需要を伸ばし、日本から膨大な数の
ヤマユリが運び込まれました。関西地域で激しい山採りが強行された時期と
ぴったり一致します。    (・ム・)?
 
 
それもそのはず・・・・・。
19世紀末まで、ヨーロッパのユリ科植物と言えば、マドンナリリーだけが唯一
ご自慢の花であり、それ以外のユリ科の花は日本や中国のユリを輸入して
新品種改良したのですから・・・・・。    
 
 
ところで、母国・中国や日本においてはどのような存在であったかと言えば、
またさらに深い深いお話が続くわけです・・・・・。
 
 
わが国における百合根食用の歴史は非常に古く、江戸時代説や鎌倉時代説は
新しいほうであり、何と! 縄文時代から食べられていたとの説もあるのです。
 
 
たしかに苦味が少なく、かすかな甘味があり、ほくほく&もっちりした食感は
他の食材には無い魅力があります。    
 
 
そして、中国においては何と言っても薬用効果が高く評価されていました。
百合は最古の薬草事典『神農本草経』にも登録されています。
 
 
イメージ 2
                    < 神 農 像 >
 
 
百合根の薬効としては「鎮咳」「去痰」「滋養強壮」が挙げられ、
古式の表現では「潤肺止咳」「清心安神」との言葉で言い表されていました。
 
 
つまり、「肺の働きを整え」「精神の安定を図る」・・・・・という意味です。  
 
 
ここで主な漢方処方の例を挙げます。
 
 
 
 
           百合根を用いた漢方処方
 
 
 
 百合地黄湯  ( 百合病の初期段階に用いる )
 
 百合知母湯  ( 百合病の後期段階に用いる )
 
 百合固金湯  ( 肺結核の治癒に用いる )
 
 辛夷清肺湯  ( 鼻炎や呼吸器系の症状緩和 )      
 
 
 
 
中国医学の底知れぬ深さがここに証明されています。
上述の「百合病(ひゃくごうびょう)」とは、めまい・動悸・耳鳴り・不眠・
食欲不振・気力の減退など・・・・・、さまざまな症状が襲う病気であり、
現代医学に置き換えて言えば「うつ&パニック障害」の合併症のような
症状と言えるでしょう。      
 
 
この症状に百合根を用いて治療したので、その名がつけられたと
書物には書かれてあります。
 
 
さらに驚かされるのは1000年も前に調合された肺結核の治療薬である
百合固金湯(ひゃくごうこきんとう)が今も現役でその有効性を発揮して
いるという事実です。
 
 
新薬は結核菌を殺す目的で処方されますが、耐性菌が出れば、即座に
薬としての機能が無効になります。それに対して、自然治癒力を高める
百合固金湯は無限の力を引き出す可能性を秘めています。    
 
 
近年、百合根の成分分析も進み、グルコマンナン等の薬理作用が注目されて
いるようですが、まだまだ未解析の植物であり、微量に含まれる有効成分の
今後の研究報告が期待されています。   
 
 
スーパーマーケットでも栽培品が市販されていますネ ^ ^ 。
私は普通に茹でて、軽く塩を振り、そのまま食べちゃうのです〜!
とても美味しいと思います。
 
 
                        
                
 
イメージ 3
 
 
 
 
   立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花〜♪ 
 
 
                                     (*^m^*)?
 
 
 
皆様の御言葉をお待ちしています。 

この記事に

閉じる コメント(29)

こんばんは〜♪^^

>新薬は結核菌を殺す目的で処方されますが、耐性菌が出れば、即座に・・・自然治癒力を高める百合固金湯は無限の力を引き出す可能性を秘めています

おお!☆\(◎o◎)/!百合根って凄いですね〜。
見て良し、食べて良し、治って良しと三拍子そろっているのですね〜。

茶碗蒸しとか天婦羅とか、手間のかかる食べ方しか知らなかったので、あまり食卓に登りませんでしたが

>普通に茹でて、軽く塩を振り、そのまま食べちゃうのです〜!とても美味しいと思います。

これなら気軽に頂けそうです〜(*^^)v(#^.^#)
今度、スーパーで安売りしてるの見つけたら早速挑戦して
みたいと思います〜Y(^q^)P

ところで百合根の旬っていつなんでしょうね(・・?

2011/7/30(土) 午後 11:46 [ ] 返信する

顔アイコン

おはようございます。

日光地方の山百合はここ数年、猿に掘り起こされて食べられることなく、かなり増えてきました。
ゆり根は寒村の貴重な食料でもあったようです。

記事転載させてくださいね。
傑作ポチ☆です。

2011/7/31(日) 午前 7:00 [ rasen ] 返信する

顔アイコン

石ころ草むら 様
とても風流なコメントをいただきました。
まず香りを感じて、振り向くと・・・・。山の中で、美女
に出会ったような気分になりますネ〜。
日本のヤマユリは世界の品種の母株ですから、もっと誇り
に思ってもイイと思います・・・。

百合根にクワイ、食感が良さそうです! ☆(^o^)

2011/7/31(日) 午前 8:50 夏林人 返信する

顔アイコン

いなみ先生
あ・・・、やっぱり、そうですよネ!
今回、ヤマユリのことを調べていく中で、おかしいナァ〜
と思ったのは、ほとんどの文献に「中部以北に自生」との
記述があることでした・・・。
九州にもいっぱい咲いていますよネ〜!
この点は強く是正しなければと、痛感しました〜!

オニユリは苦いのですが、ヤマユリは甘く、あのホクホク
感がたまらなく美味しいです♪ ☆(^o^)

2011/7/31(日) 午前 8:56 夏林人 返信する

顔アイコン

ひまわり 様
あ〜、何と、花のアレルギーですか。残念です。
是非、遠くから観賞なさって下さい・・・。

自然界では種子で増えますが、栽培の場合は地下の鱗片を
分けて増やす・・・と聞いたことがあります。☆(^o^)

2011/7/31(日) 午前 9:00 夏林人 返信する

顔アイコン

舞 様
生薬の無限性に驚かされます・・・。
現代医学の新薬はしょせん一時的な効果に過ぎませんが、
百合根パワーは人体の治癒力を支えてくれますネ。

一般に百合根の旬は11月〜12月と言われていますが、
最近は9月頃でも市販されています。

茶碗蒸し、天麩羅・・・、最高ですネ♪
あ・・・、ヨダレが・・・。失礼しました。☆(^o^)

2011/7/31(日) 午前 9:08 夏林人 返信する

顔アイコン

月光山洗心庵 様
Oh〜! 日光のヤマユリが回復傾向に・・・。
とても素晴らしいと思います。各地の野山で減少している
と聞いていましたので、嬉しい限りです。

昔から、貴重な食糧だったヤマユリ・・・。
今も、その価値は変わりませんネ。
転載、御自由にご活用下さい〜♪ ☆(^o^)

2011/7/31(日) 午前 9:13 夏林人 返信する

顔アイコン

中国の方は凄いですね@@
体に良い物を見つける天才です(*^_^*)
自然の物で体を治すなんて 本来の治癒する力をあわせるようで
体に優しい感じがします!ポチ☆

2011/7/31(日) 午前 9:56 chiaki 返信する

顔アイコン

ちあき 様
ハイ〜、ほんとうに中国古医学はよく考え抜かれた秘術が
たくさんあり、それらの多くが現代医学に負けていない点
がスゴイと思います・・・。

百合根は食べても美味しいです・・・ネ♪ ☆(^o^)

2011/7/31(日) 午前 10:25 夏林人 返信する

アバター

ヤマユリを見る目付きが、変わってしまいましたよ〜美味しそう。。。って(笑)

2011/7/31(日) 午後 4:09 いなみ先生 返信する

顔アイコン

いなみ先生
目つきが変わりましたか〜! 美味しそう・・・!
わっはっはははは〜♪

本文を少し修正しました。
九州にもヤマユリがある〜・・・と。 ☆(^o^)

2011/7/31(日) 午後 6:39 夏林人 返信する

確かに山ゆりは、こちらでは見かけません。
山の中で見つけたら、はっとするような美しさですね。
ゆり根を食用にしているのは、中国と日本だけのようですが・・・?

2011/8/1(月) 午前 7:22 [ シェ・陽子 ] 返信する

顔アイコン

シェ・陽子 様
じつに不思議な話だと思います。花の存在や印象としては
明らかに洋風の趣きが感じられるのですが、日本が起源だ
ったという事実に驚かされます・・・・。

改めて日本と欧州のつながりを感じます。

食文化は何故か日本と中国だけのようです。
フランス料理にもお使い下さ〜い♪ ☆(^o^)

2011/8/1(月) 午前 10:11 夏林人 返信する

山に寄生してたの?
ユリって?知らなかった
いつもお花屋さんで買ってきて、供えたりしてた。
そういう緩和する働きがあるとはね。凄いねっ

ユリは好き

大きな花びらを咲いています!って強調してて、枯れやすいけど(笑)
花粉も凄いけど(笑)

ヨーロッパね洒落てるねロマンチックだぁ

2011/8/1(月) 午後 10:11 [ Reia ] 返信する

顔アイコン

NANA 様
ハイ〜、日本の山に自生していますヨ〜!
栽培モノは高級食材として流通しています。

花を見るだけでも心癒されますネ・・・。

百合根は弱った体を元気付けるパワーがありますので、
是非、お試し下さい〜。 ☆(^o^)

2011/8/2(火) 午前 8:36 夏林人 返信する

顔アイコン

いっこ♪様
おはようございます〜、にゃ!

百合根はお値段が・・・・高いですよネ。
とくに都市部では高級食材のカテゴリーだと聞きます。
田舎の市場では安く売っているのですが・・・・!

いっこ♪サンの腕前なら、百合根料理もきっと素晴らしい
作品になると思います。。。☆(^o^)にゃー

2011/8/2(火) 午前 8:42 夏林人 返信する

アバター

食べる百合根ってどの種類だろう?なんて思っていたので、勉強になりました。
我が家では甘目に煮てしまうんですが、なるほど、茹でてお塩でという方法ですか。
今度やってみます!

2011/8/5(金) 午後 4:56 な〜が 返信する

顔アイコン

な〜が 様
ハイ、一般に「百合根」として市販されていますので、
地上部が何であるか不明ですよネ・・・。
種類によっては少々苦味があったり、無かったり。

甘く煮るのもイイですね♪ 塩降りホクホク系もジャガ
イモっぽくて美味しいです。 ☆(^o^)

2011/8/5(金) 午後 6:19 夏林人 返信する

顔アイコン

アゲハ蝶みたいな艶やかな花を咲かせて
私たちの目を楽しませてくれている上に
根は、食用にできるなんて・・・・・驚いてしまいます(@@)!!

2011/8/9(火) 午後 9:22 [ otoe826 ] 返信する

顔アイコン

otoe 様
植物の世界は神秘に満ちていますネ・・・。
地上に咲く花の印象、地下に貯えられる成分の力・・・。

誰から教えられたというわけでもないのに、見事に仕事を
成し遂げています〜! ☆(^o^)

2011/8/10(水) 午前 8:52 夏林人 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事